Email Address
Password
 
Can be shipped in
5,000 JPY more!

Total amount 0 JPY

ALL ITEMS SEARCH About DHL s
hipping fee
ARTIST LIST
OUR DISCOGS BRANCH
TOP > ALL GENRE > > NORFOLK 1975
  NORFOLK 1975 / ERIC CLAPTON
DESCRIPTION
TITLE NORFOLK 1975
LABEL BEANO◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★REMASTERED BY GRAF ZEPPELIN
★75年ツアーではまずは聴いていただくべき代表音源の一つと言えるスコープ公演の完全収録高音質サウンドボード&オーディエンスマスター融合バージョン。

AUG.30.1975/SBD

STD. PRICE 4,200yen(42P)

■Q'TY
PROGRAM LIST
★140枚限定のナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。

 
ERIC CLAPTON - NORFOLK 1975(2CD)
The Scope, Norfolk, Virginia, USA 30th August 1975 SBD(from Original Masters)*UPGRADE
 
【75年最終公演の決定版を遂に実現!】
 今週はエリック・クラプトンの名音源が装いも新たに登場します!1975年の全米ツアー・セカンドレッグ最終日、8月30日に行なわれたバージニア州ノーフォーク、ザ・スコープでのコンサートです。この音源は過去からスタッフより流出したPAアウトのモノラル・サウンドボードソースで知られており、当店も「NORFOLK SCOPE」のタイトルでリリースしておりました。ところがこの音源、イントロや曲間、アウトロ等がカットされている上に、レギュラーセット・ラストのTell The Truthの後半が未収録で、同時に、盛り上がるアンコール前の様子もカットされているという致命的な欠点がありました。そこで当店は独自に入手したイギリス在住の重鎮テーパー所有の音質良好な同日のモノラル・オーディエンスソースから、「GREAT FINAL AT THE SCOPE」というタイトルもリリースし、完全収録も実現していたという実績がございます。しかし両タイトルを交互に聴いていただいたとしても当日のリアリティを感じていただくことは叶わないと考え、両音源をリマスターした上でメインのサウンドボードを重鎮テーパーのファーストジェネマスターで補填し、これ一つでこの日の全貌を楽しんでいただける決定版タイトルを製作したというわけです。当公演を未聴の方はもちろんのこと、既発盤をお持ちの方も改めて聴きこんでいただく価値があるのが本盤です。
 
【Laylaで幕を開けた75年全米ツアーの集大成】
 ではまずここで、この公演がこの年のクラプトンの活動上どのような位置付けになっていたのか、75年のツアースケジュールをおさらいしてみましょう。
 
≪1975年4月1日:アルバム「THERE'S ONE IN EVERY CROWD」リリース≫
・1975年4月7日~28日:オセアニア・ツアー 
・1975年6月14日~8月30日:全米ツアー ←★ココ★
・1975年9月 オフ
・1975年10月~11月:二度目のジャパン・ツアー
 
 ツアーに明け暮れた一年だったことがお判りいただけると思いますが、その中にあってもこの全米ツアーは2ヶ月半の長期に亘るメインイベントでした。ツアー名どおり、本来はリリースしたばかりのアルバム「THERE'S ONE IN EVERY CROWD」をプロモートする意味合いがあったわけですが、何とこの最終日のセットリストには、このアルバムからのナンバーはもはや1曲も組まれていないという、ある意味単にライブ好きのクラプトンらしい内容となっていました。アルバムのプロモーションというよりも、むしろセカンドレッグ開始前に緊急シングルリリースしたKnockin’ On Heaven’s Doorの方をプロモートしたかったかのではないかというような印象を受けます。前年のカムバックツアーでステージ復帰したことで、またライブがやりたくて仕方がないという勢いの下で行われたツアーのようにも感じられ、人気曲Laylaでいきなりアグレッシヴなプレイを畳み掛ける姿がそれを物語っています。2年続いてアメリカ全土を回ったわけですが、この年は前年のようなアコースティック・ナンバーは一切なし、さらに親友カルロス・サンタナをオープニング・アクトに指名したことでさらに気合が入ったツアーでした。2ヶ月半のツアーの千秋楽だったこの日の聴きどころは、本来のクラプトンらしいセットリストだと言えるでしょう。前年のカムバックアルバムで、全米ナンバーワンに輝いた『461 OCEAN BOULEVARD』からのナンバーはMainline Floridaのみ。しかも作者のジョージ・テリーをボーカル・フィーチャーしてという、ここまでの彼の貢献へのご褒美的な扱いでした。大ヒットして全米ナンバーワンを獲得したI Shot The Sheriffさえ演奏しておらず、それよりもむしろデレク・アンド・ザ・ドミノス時代のレパートリーを序盤で畳み掛けながら、Further On Up The Road 、Stormy Mondayといったブルースでも弾き捲り、レギュラーセットもまたドミノスナンバー、Tell The Truthで締めるという、ドミノス色の強い見事なステージングが魅力だった日です。セットリストが日替わりだった中、この日で特筆すべきは、この日のオープニング・アクトを務めたアメリカンバンド、ポコを迎え、アンコールでLet It Rainをプレイしたことでしょう。このツアーでのアンコールは通常カルロス・サンタナが飛入りしていましたが、この最終日はポコと共演という意外さでも聴く価値のある日だと言えます。曲中では、ラスティ・ヤングのスティール・ギターがフィーチャーされています(その後にクラプトンのソロあり)。クラプトンが敢えて最終日にこのセットリストを組んだ意味も感じ取っていただければと思います。この日の彼の内には5年前の情熱が甦っていたのです。
 
【サウンドボードソースとオーディエンスソースの自然かつ見事な融合】
 好評の「Blackbushe 1978 Revisited」に続き、この歴史的音源の復刻作業を手掛けたのは、今や当代No.1のテクニックで高い評価を受ける「GRAF ZEPPELIN」。詳しくはソングリストの後に表記しておりますが、その卓越したセンスと技術により、サウンドボードマスターではカットされていた部分をオーディエンスマスターで違和感なく補填しています。これほどの自然さが実現できた理由、それはサウンドボードマスターが元々モノラルだったことに加え、重鎮テーパーのオーディエンスマスターもモノラルだったことです。従って、重鎮テーパーのマスターで、状態が良い方のチャンネルを補填すべき曲ごとに吟味して採用し、その上で完全モノラル化してサウンドボードマスターにジョイントするという「技」を利かせています。その結果、この日のベスト・オブ・ベストタイトルが実現できました。75年ツアーではまずは聴いていただくべき代表音源の一つと言えるスコープ公演の完全収録高音質サウンドボード&オーディエンスマスター融合バージョン。この日の決定版が本盤だと断言します。初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

REMASTERED BY GRAF ZEPPELIN
Disc 1 (57:59)
1. Introduction ★丸ごとAudソースで補填
2. Layla
3. Bell Bottom Blues
4. Key To The Highway
5. Mainline Florida
6. Can’t Find My Way Home ★5:57-6:19 (曲間) Audで補填
7. Further On Up The Road ★8:02-8:19 (曲間) Audで補填
8. Knockin' On Heaven's Door
 
Disc 2 (65:34) ★前回とディスクチェンジ位置違います
1. Tuning ★単なる曲間
2. Blues Power incl. Drum solo
3. Teach Me To Be Your Woman
4. Stormy Monday
5. Tell The Truth ★8:23-14:40 Audソースで補填 / 15:09-15:38 (曲間) Audで補填
6. Let It Rain (with Poco) 10:25以降(演奏後)ディスク終了までAudで補填
 
SOUNDBOARD RECORDING
 
Eric Clapton - Guitar, Vocals
George Terry - Guitar, Vocals
Carl Radle - Bass
Dick Sims - Keyboards
Jamie Oldaker - Drums
Sergio Pastora Rodriguez - percussion
Yvonne Elliman - Vocals
Marcy Levy - Vocals, Harmonica
(メーカーインフォによる)
Today:
Yesterday:
NOV. Holiday
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Customers voices
Always great service…
About ordering and payment
Please check
Please check before inquiring
■Shipment ---------------------------------
We send your shipments by only EMS or RASP or DHL. We do not accept any other methods.
Shipping fees EMS RASP DHL 
When the total amount is under 10,000 JPY, we charge you 200 JPY as a packing fee.
When you order CD and vinyl at the same time, the shipping cost of DHL would be more expensive.
Because the package would be bigger.
We can ship the package on the same-day when you make the payment by 13:00.

■Payment Method ---------------------------

Credit card (VISA, Master) ■Paypal
You should pat:
*Purchases amount
*Shipping or credit card commission: 5% of the sum
(purchases amount + postage)


■About the delivery address----------------
*We are sorry that we do not accept orders which vendorask us tosend article to customers directly from us.
We are only able to send to the resistered address of our membership.
However in some circumstances. we accept orders which general customer ask us to send article to unresistered address.
DHL cannot be delivered to POBOX, so please give us your home address.
■Important information---------------------
●We accept your additional order only once.
 You can place additional order only once before you receive an invoice email from us.
●Regular SERVER maintenance.
 We do maintenance of the server at midnight in Japan time.
 You can not order during that time.(You can not access our website)
 Please acknowledge it.

■Our Business days-------------------------
(Kent Japan)
Fixed holiday: Saturday to Monday and National holidays
*Please check our business calender
Shop hours : 10:00 - 14:00 (JPN time)
 
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.