Email Address
Password
 
Can be shipped in
5,000 JPY more!

Total amount 0 JPY

ALL ITEMS SEARCH About DHL s
hipping fee
ARTIST LIST
OUR DISCOGS BRANCH
TOP > ALL GENRE > > ROYAL ALBERT HALL 2011 1ST NIGHT: DAT MASTER
  ROYAL ALBERT HALL 2011 1ST NIGHT: DAT MASTER / ERIC CLAPTON & STEVE WINWOOD
DESCRIPTION
TITLE ROYAL ALBERT HALL 2011 1ST NIGHT: DAT MASTER
LABEL BEANO◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★ジョイントステージの集大成音源! 驚異的超高音質!!
MAY.26.2011/AUD

STD. PRICE 4,200yen(42P)

■Q'TY
PROGRAM LIST
★最初の100枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


ERIC CLAPTON & STEVE WINWOOD - ROYAL ALBERT HALL 2011 1ST NIGHT: DAT MASTER(2CD)
Live at Royal Albert Hall, London, UK 26th May 2011
ULTIMATE SOUND(from Original Masters)*New Source★驚異的超高音質
 
【クラプトン&ウィンウッド、ジョイントステージの集大成音源!】
 今週は、ブリティッシュロック界のスーパースターの二人、エリック・クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドが4年続けてきたジョイントステージ最後の年となった2011年の、極上ステレオ・オーディエンス音源を2作同時にリリース致します!2作とも当店のクラプトンタイトルではお馴染みの、イギリス在住の重鎮テーパーから提供された、本人録音によるDATマスターです。従って、当店の独占リリースとなるオリジナルマスターとなっております。

 1作目は、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール(以下RAH)にて開催した恒例の連続公演から、ジョイントの初日となった5月26日のステージを「極上」音質で完全収録したものです。重鎮テーパーがゲットした座席は、フロア席前方の好ポジション、恐らく正面左に位置したPAスピーカーの前辺りではないかと推察されます。楽音はセンターから僅かに左チャンネルに寄っていますが、オーディエンスの拍手歓声は左右にきれいに分かれています。音質は、まさに非の打ち所のない、クリアでサウンドバランスも申し分のないもので、全編を通じて煩わしい近辺の客の話し声や咳払いなどのオーディエンスノイズが一切ないという最高の環境で収録されています。当店では以前、「ROYAL FAITH NIGHTS」(Beano-043)という6枚組プレスタイトルにて、現地テーパーの録音したオーディエンスマスターからこの日の音源もリリースしていますが、今回の重鎮テーパーのDATマスターはそれをも凌駕する超高音質となっています。まさしく最高峰のオーディエンス録音です。二人のジョイント最後の機会となった集大成ステージを是非過去最高音質でお楽しみいただければと思います。
 
【最終年に相応しい完璧なパフォーマンス!】
 実は前年の2010年にもクラプトンとウィンウッドはロンドンでジョイントコンサートを行なっていました。それは先般、当店がリリースしました「Wembley 2010 Second Night」(Beano-220)にも捉えられています。2011年のコンサートも、サポートしたバンドメンバーは2010年と同じでした。2年続いてまたロンドンで、同じバンドでコンサートを行なったわけですが、その経緯を理解する上で、前年からこの連続公演までのクラプトンの動きを追ってみますと、

<2010年>
・2月13日、14日:ロンドン、O2アリーナにてジェフ・ベックとのジョイントコンサート開催
・2月16日:ニューヨーク、BAMハワード・ギルマン・オペラ・ハウスにて「プラスティック・オノ・バンド40周年記念コンサート」に出演。オノ・ヨーコ、ショーン・レノンと共演
・2月18日~2月22日:ジェフ・ベックとの短期アメリカン・ツアー
・2月25日~3月13日:自身のバンドでのアメリカン・ツアー
・5月18日~6月13日:スティーヴ・ウィンウッドとのジョイント・ヨーロッパ・ツアー 
・6月26日:第3回クロスロード・ギター・フェスティバルをイリノイ州、トヨタパークにて開催
・6月28日~7月3日:自身のバンドでの短期アメリカン・ツアー
<<9月27日:アルバム「CLAPTON」リリース>>
・10月23日:ニューヨーク、聖ジョン・ザ・ディヴァイン教会にてクリントン元アメリカ大統領の基金のためのチャリティ・コンサート出演
・11月2日:ロンドン、BBCスタジオにて音楽ライブ番組「レイター・ウィズ・ジュールズ・ホーランド」出演
・11月17日:ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホールにて開催された「プリンシズ・トラスト」コンサートに出演
・12月31日:イギリス、サリー州ウォーキングにて恒例の「ニュー・イヤーズ・イヴ・ダンス」開催
<2011年>
・1月13日:イギリス、サリー州クランレーにてチャリティコンサートに出演
・2月11日~20日:自身のバンドでの中東&アジア・ツアー
・2月25日~3月9日:自身のバンドでのアメリカン・ツアー
・3月21日:米テキサス州のカフェにてジミー・ヴォーンのバースデイを祝うセッションに参加
・4月7日~9日:ニューヨーク、ローズ・センターにて行なわれたウィントン・マルサリス主催のチャリティコンサートに出演
・5月7日~15日:自身のバンドでのイギリス・ツアー
・5月17日~24日:自身のバンドでのロイヤル・アルバート・ホール連続公演(6公演)
・5月26日~6月1日:ロイヤル・アルバート・ホールにてS.ウィンウッドとのジョイント公演(5公演) ←★ここ★
 
 となっていました。以上から考えますと、2年続きでロンドン(UK)でジョイントを行なった理由は、①クラプトンは、盟友ウィンウッドとのライブ共演が楽しくて仕方がなかったこと。この年の11月には日本でもこれを実施したことを思うと、余程楽しかったのでしょう。活発で多彩な活動状況だったことから、クラプトンがノリにノッていたことが窺えます。②2010年にスタジオ録音の新作「CLAPTON」をリリースしており、その収録曲をライブ披露したいと考えた。このアルバムの収録曲は、クラプトン言うところの「メンタル・ジュークボックス(ずっと心の中にある思い出の曲群)」からのナンバーでした。それは同世代であるウィンウッドとの共通項でもあったため、彼と演奏したいと考えた、ということではないでしょうか(That's No Way To Get Alongがそれに当たります)。2年続けてやる限りは、クラプトンもセットリストを変えてきました。前年にはプレイしなかったHoochie Coochie Man、While You See A Chance、そしてThat's No Way To Get Alongを新たにセットインさせました。他曲は前年と同じだったわけですが、本作で聴かれる演奏は正に完璧と言う他はないほどの完成度です。特にウィンウッドをフィーチャーしたGeorgia On My Mindでのウィンウッドの歌唱と抑制の効いたオルガン、そこに挿まれるクラプトンのギターソロが絶品です。これはこの二人にしか演奏できない名演と断言していいでしょう。旧ブラインド・フェイス時代のナンバーもこなれたものですし、ジミヘンのVoodoo Chileでのクラプトンのギターとウィンウッドのオルガンの波状攻撃には堪りません。アンコールのDear Mr. Fantasy終盤の二人のギターによるインタープレイも冴えてます。4年続いてやってきた企画の上に、信頼できる前年からのバンドにサポートしてもらい、完成度が高くなるのも当然と言えば当然だったでしょうか。

 過去最高音質を実現した2011年RAH初日公演のオリジナルマスター音源。今、振り返れば貴重だったクラプトン&ウィンウッドのジョイントコンサートの決定版を是非お楽しみください。
 
Disc 1 (59:38)
1. Intro
2. Had To Cry Today
3. Low Down
4. After Midnight
5. Presence Of The Lord
6. Glad
7. Well Alright
8. Hoochie Coochie Man
9. While You See A Chance
10. Key To The Highway
11. Midland Maniac
12. Crossroads
 
Disc 2 (57:17)
1. Georgia On My Mind
2. That's No Way To Get Along
3. Can't Find My Way Home
4. Gimme Some Lovin'
5. Voodoo Chile
6. Cocaine
7. Dear Mr. Fantasy
 
Eric Clapton : Guitar & Vocal
Steve Winwood : Keyboards, Guitar & Vocal
Chris Stainton : Keyboards
Willie Weeks : Bass
Steve Gadd : Drums
Michelle John : Backing Vocal
Sharon White : Backing Vocal

(メーカーインフォによる)
Today:
Yesterday:
NOV. Holiday
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Customers voices
Always great service…
About ordering and payment
Please check
Please check before inquiring
■Shipment ---------------------------------
We send your shipments by only EMS or RASP or DHL. We do not accept any other methods.
Shipping fees EMS RASP DHL 
When the total amount is under 10,000 JPY, we charge you 200 JPY as a packing fee.
When you order CD and vinyl at the same time, the shipping cost of DHL would be more expensive.
Because the package would be bigger.
We can ship the package on the same-day when you make the payment by 13:00.

■Payment Method ---------------------------

Credit card (VISA, Master) ■Paypal
You should pat:
*Purchases amount
*Shipping or credit card commission: 5% of the sum
(purchases amount + postage)


■About the delivery address----------------
*We are sorry that we do not accept orders which vendorask us tosend article to customers directly from us.
We are only able to send to the resistered address of our membership.
However in some circumstances. we accept orders which general customer ask us to send article to unresistered address.
DHL cannot be delivered to POBOX, so please give us your home address.
■Important information---------------------
●We accept your additional order only once.
 You can place additional order only once before you receive an invoice email from us.
●Regular SERVER maintenance.
 We do maintenance of the server at midnight in Japan time.
 You can not order during that time.(You can not access our website)
 Please acknowledge it.

■Our Business days-------------------------
(Kent Japan)
Fixed holiday: Saturday to Monday and National holidays
*Please check our business calender
Shop hours : 10:00 - 14:00 (JPN time)
 
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.