洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > PARIS 1999
  PARIS 1999 / DAVID BOWIE
商品の説明
商品名 PARIS 1999
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★史上最高峰クオリティで甦ったTHE HOURS... TOUR 1999のサウンドボード・アルバム!!/OCT.14.1999/SBD//BONUS DVDR[PARIS 1999: THE VIDEO]PRO SHOT/NTSC 76min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の160枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『PARIS 1999: THE VIDEO』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


DAVID BOWIE - PARIS 1999(1CD)
plus Bonus DVDR "PARIS 1999: THE VIDEO"* Numbered Stickered Edition Only
Elysee Montmartre, Paris, France 14th October 1999 STEREO SBD
 
 わずか9公演だけだった“THE HOURS... TOUR”。そのオフィシャル級ステレオサウンドボード・アルバムが登場。永久保存プレス決定です。

 そんな本作に収められているのは「1999年10月14日:パリ公演」。その超極上サウンドボード録音です。“THE HOURS... TOUR”は慣例に従ってワールドツアーの1つとされていますが、その内実はむしろプロモ・ツアーに近い。北米はニューヨークだけですし、欧州も各国の主要都市のみ。公式化された『VH1 STORYTELLERS』をカウントしても9公演しかないミニツアーでした。その反面、プロショットやサウンドボードはハイクオリティなものが多数残されている事でも有名。当店でも、数々のタイトルでご紹介して参りました。まずは、その日程でコレクションを整理し、本作のポジションを確かめてみましょう。
 
★8月23日:ニューヨーク 公式『VH1 STORYTELLERS』
《9月21日『hours…』発売》
★10月9日:ロンドン公演 『NETAID 1999』
・10月10日:ダブリン公演
★10月14日:パリ公演 【本作】
・10月17日:ウィーン公演
・11月19日:ニューヨーク 『KIT KAT KLUB 1999』
★12月2日:ロンドン公演 『ASTORIA 1999』『LONDON HOURS』
・12月4日:ミラノ公演
・12月7日:コペンハーゲン公演
※注:TVやラジオ出演は省略。「★」印はプロショット。
 
 このツアーの象徴でもある公式作品『VH1 STORYTELLERS』も入れてはおりますが、その後アルバム発売を挟んでギターがリーヴス・ガブリエルスからHELMETのペイジ・ハミルトンに交代。ツアー本編は正味8公演だったわけです。上記のように頂点的な記録はニューヨーク/ロンドンの2都市に偏っているわけですが、本作のパリ公演はそのどちらでもない欧州大陸編の代表作とも言うべき1枚なのです。
 
【史上最高峰を大幅更新した超極上クオリティ】
 そんな本作は、まさにオフィシャル級の超傑作。これまでもプロショットが定番として知られ、当店でもギフトDVDR等でご紹介してきましたが、本作のクオリティはまったくの別次元。ミックスのバランスから察するに大元はテレビ放送用サウンドボードと同じだと思われますが、それより1分以上長く、ゲイル・アン・ドーシーを紹介する際のやりとりも長く収録されているのです。

 しかし、長さ以上に衝撃的なのはサウンドそのもの。これが超・極上。当店では、これまでも海外のボウイ研究家の監修の下、定番サウンドボードの最高峰更新クオリティ盤を多数ご紹介してきました。特に“THE HOURS... TOUR”では『LONDON HOURS(Wardour-294)』『KIT KAT KLUB 1999(Wardour-295)』が史上最高峰として君臨しておりますが、本作は、その最新弾なのです。これがまさしく「お馴染みの演奏なのに、聴いたことのないサウンド」。冒頭の「Life On Mars?」からして美しさにド肝を抜かれる。これまでのプロショット音声はぶ厚いエコーにボウイの歌声が埋もれた感じでしたが、本作はそのド真ん中からクッキリとした芯が突き抜けてくる。マイクを離して微かに叫ぶ声まで繊細で、息づかいレベルのディテールまで非常にビビッド。もちろん、歌声だけでなく、演奏音も同じ。各楽器の輪郭が綺麗に描かれ、それに伴い深い“スキマ”まで表現されている。これにより見事な立体感まで浮かび上がり、平板だったプロショット音声とはまったく別次元の聴き応えなのです。

 さらに、マスター鮮度も凄い。これまでのプロショット音声はピークがやや潰れており、ボウイの歌声もところどころで気泡が混じったような割れが起きていました。ところが、本作はそれがまったく見当たらない。終始、艶やかな鳴りがキープされ続け、ボウイが全力で叫んでもバンドがフォルテッシモ迫っても微塵も揺るがない。まさしくオフィシャル級、それも発掘音源的なものではなく、通常リリースされる名盤級のサウンドボード……いえ、それ以上かもしれません。近年の公式リリースではやたら音圧を上げて迫力稼ぎをしますが、本作はそれもないナチュラル感が瑞々しい。もし、このショウが公式化されたとしても、到底到達し得ない次元の超美音サウンドボードなのです。
 
【ボウイも絶好調な『hours…』時代のショウ】
 そんなサウンドで描かれるショウがまた絶品。先述の通り、この時期は『VH1 STORYTELLERS』が基準となるわけですが、本作は似て非なるショウ。約78分の長さはフルショウとは言い難いものの、『hours…』の新曲を軸にしつつ、歴代の名曲も濃縮。当時目玉だった60年代のシングル曲「Can't Help Thinking About Me」はもちろんのこと、25年ぶりに復活した「Drive In Saturday」、TIN MACHINEの「I Can't Read」、当時ならではの「Seven」など美味しい曲が山盛り。特に23年ぶりの「Something In The Air」や「Word On A Wing」「Changes」「Repetition」「The Pretty Things Are Going To Hell」は『VH1 STORYTELLERS』でも聴けなかったナンバーです。

 そして、そんなセットを演じるパフォーマンスも素晴らしい。他のツアーよりもアットホームなムードで、ボウイも終始リラックス。曲間ではメンバーとふざけあっては観客を笑わせています。もちろん、気が抜けているわけではない。『LONDON HOURS』では風邪気味の歌声が痛々しくもあったのですが、本作のヴォーカリゼイションは絶好調で、実に艶やか。「Thursday Child」「Repetition」は単なる貴重さを超えた素晴らしい歌声をたっぷりと聴かせてくれます。また、もう1つのポイントはギター。『VH1 STORYTELLERS』ではリーヴス・ガブリエルスがリード・ギターでしたが、本作はペイジ・ハミルトン。オルタナティヴ・メタルの旗手として一世を風靡したHELMETのリーダーで、90年代サウンドを築いた才人。そのギターワークが極上サウンドボードでたっぷり味わえるのです。
 
 『LONDON HOURS』『KIT KAT KLUB 1999』に続き、またしても史上最高峰を更新してしまった超極上のステレオサウンドボード・アルバムです。『VH1 STORYTELLERS』とはメンバーも異なるツアー本編を伝える超極上3部作の最新弾であり、絶好調なボウイの歌声もたっぷり楽しめる1枚。どうぞ、永久保存プレスCDでじっくりとお楽しみください。

(77:41)
1. Life On Mars? 2. Thursday's Child 3. Something In The Air 4. Word On A Wing
5. Can't Help Thinking About Me 6. China Girl 7. Always Crashing In The Same Car
8. Survive 9. Drive In Saturday 10. Changes 11. Seven 12. Repetition 13. I Can't Read
14. Band Introductions 15. The Pretty Things Are Going To Hell 16. Rebel Rebel
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
David Bowie: Vocals / Acoustic Guitar Gail Ann Dorsey: Bass
Mark Plati: Rhythm / Acoustic Guitar Mike Garson: Keyboards Page Hamilton: Guitar
Sterling Campbell: Drums / Percussion Emm Gryner: Backing Vocals
Holly Palmer: Backing Vocals
 
★★特別企画
★史上最高峰クオリティで甦った“THE HOURS... TOUR 1999”のサウンドボード・アルバム『PARIS 1999』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じショウを収録したマルチカメラ・プロショット『PARIS 1999: THE VIDEO』が特別に付属致します。
 
DAVID BOWIE - PARIS 1999: THE VIDEO(Special Bonus DVDR)
Elysee Montmartre, Paris, France 14th October 1999 PRO-SHOT
 
 本編プレスCDは、“THE HOURS... TOUR”を極上サウンドボードで味わえる大傑作ライヴアルバムです。その解説でも触れましたが、そのパリ公演はマルチカメラ・プロショットも残されています。そこで、名作ライヴ盤の“向こう側”を知っていただく意味でも映像版もボーナス付属いたしました。

 と言うわけで、本作に収められているのは、本編プレスCDと同じ「1999年10月14日:パリ公演」。このショウはリリース計画でもあったのか、公式にプロショット撮影。実際にシングル『Survive』に3曲分のサウンドボード・ライヴが収録されたほか、「Survive」の映像編もDVD『BEST OF BOWIE』に採用されました。本作はそんなお蔵入りプロショットの流出マスター。15曲・約82分に及ぶ長尺版なのです。

 そのクオリティは絶品。画面はやや暗く、ところどころでオーバーピーク気味になる音声は本編プレスCDにはとても及ばないものの、撮影は完璧なオフィシャル仕事。カメラワークやミックスも完璧なら凝った映像処理や「Virgin Records」のクレジットも入る完成度の高い仕上がり。同じ“THE HOURS... TOUR”の定番プロショットとしては『ASTORIA 1999』も作業用タイムコードの入る半オフィシャル映像でしたが、作品然とした気品は本作の方が上でしょう。

 そんな映像美で描かれるショウがまた素晴らしい。セットの内容は本編プレスCDの解説でも触れましたが、同じくペイジ・ハミルトン交代後の『ASTORIA 1999』と比較してもTIN MACHINEの「I Can't Read」が美味しい。そして、映像ならではの醍醐味なのが観客を前にしたコンサートの雰囲気。流暢なフランス語MCも聴けますが、ちょっと面白いのがメンバー紹介。特に「Thursday's Child」後ではコーラスを務めるエム・グリナーやホーリー・パーマーをステージ中央に呼び出すのですが、エムに変なアクションを強制したり、ホーリーががんばってフランス語の挨拶している最中に「もういいよ」と言わんばかりに追いやってしまう。そのシーンは本編プレスCDでも聴けましたが、コントのようなやりとりは映像こそ真価が伝わるのです。
 
 本編プレスCDの“向こう側”を教えてくれる映像編ではありますが、本作自体が公式化された『VH1 STORYTELLERS』や『ASTORIA 1999』と並ぶ、1999年を代表するマルチカメラ・プロショット。残念ながらオフィシャルとしてはお蔵入りになってしまったものの、ツアー本編ならではの熱気と、風邪をこじらせる前の絶好調の歌声がたっぷりとつまった1枚。どうぞ、本編プレスCDと併せてたっぷりご堪能ください。

1. Intro 2. Life On Mars? 3. Thursday's Child 4. Something In The Air
5. Word On A Wing 6. Can't Help Thinking About You 7. China Girl
8. Always Crashing In The Same Car 9. Survive 10. Drive-In Saturday
11. Changes 12. Seven 13. Repetition 14. I Can't Read
15. The Pretty Things Are Going To Hell 16. Rebel Rebel
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.76min.
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
7月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 193人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.