洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > CRYSTAL BAY 1991
  CRYSTAL BAY 1991 / JIMMY PAGE with THE SOLID GROUND BAND
商品の説明
商品名 CRYSTAL BAY 1991
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE MAY.29.1991.USA/SBD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
JIMMY PAGE with THE SOLID GROUND BAND - CRYSTAL BAY 1991(2CD)
Live at Crystal Bay Club, Crystal Bay, Nevada, USA 29th May 1991 SBD
 
 1988年の「OUTRIDER」リリースに伴う活動を終えたジミー・ペイジはZEPのリマスター作業の一方で次なる活動を模索した結果、レッド・ツェッペリンの再結成へ乗り出そうと画策。1990年のネブワース・イベントでロバート・プラントのステージに飛び入りし、そこで「Wearing And Tearing」の素晴らしい演奏を披露したことも、再結成への伏線として行われたものでした。後で明らかになったようところでは、この時期ペイジは本気でZEPの再結成を実現すべくプラントを口説いており、ボンゾに代わるドラマーの選定というところまで話が進んでいました。しかしソロ・キャリアを継続させたいプラントの意思によって再結成は頓挫、それどころかペイジとプラントの間に決定的な溝が出来てしまう結果となってしまうのです。

 ところが1991年になると事態は急展開、「OUTRIDER」時の契約レーベルだったゲフィン・レコードからの提案によって、後にカヴァーデイル・ペイジとして結実するプロジェクトが始動します。二年後にはロック界に大きな話題を振りまくデイヴィッド・カヴァーデイルとのデュオも、この時点では極秘事項。当時の日本の音楽誌などには、さして忙しくなさそうなペイジはZEPのアルバムの印税で裕福に暮らしている…などと書かれていたもの。その実カヴァーデイルとの打ち合わせやリハーサルでアメリカに滞在していたペイジは、ネヴァダのクラブに行ったついでに、そこで演奏していたハコバンに飛び入り。先のネブワースを始めとして、1990年から91年にかけていくつものステージへの飛び入りを敢行していたペイジですが、その中ではもっとも演奏時間の長い出演となったのがこのクラブでのパフォーマンス。
 
 その実態が明らかとなったはペイジ名義のブート「GIG’N MAN」に数曲の抜粋が収録され、さらに続いて90年ネブワースの写真をジャケに使った「JIMMY PAGE AND SOLD GROUND」というタイトルで知れ渡りました。もっともソリッド・グラウンドというアマチュア・バンドの演奏に加わっただけに過ぎず、サウンドボード録音ながらも大した注目を浴びることはありませんでした。それに輪をかけたのが極端に高いピッチ。いかにもライブハウスのPAからカセット録音したSBDがダビングを経由してピッチが上がってしまったことが推測されたもの。こうした二重苦な状態とも言える音源です、今ではすっかり忘れ去られたペイジのライブ音源と化してしまいました。

 今回リリースされるロウジェネレーションの音源も以前からトレーダー間に出回っていたものなのですが21世紀に入っていよいよ忘れ去られた感があり、久々のリリースが限定のプレスCDにて実現するのです。そのリリースに当たっては最大のネックだったピッチの狂いを徹底的にアジャスト。過去のリリースとはまったく次元の違う、クラブでのリラックスしたジャムの様子が初めてリアルに伝わってくるようになったのです。
 
 この音源最大の魅力は、クラブでいつになく伸び伸びとペイジが弾きまくっていることでしょう。バンドのアナウンスからすると、彼らのステージのセカンド・セットにおいてペイジの飛び入りが実現。まずは彼が得意とするスロー・ブルースから始まります。そこでは「I Can’t Quit You Baby」再びと言わんばかりのフレーズ連発、ペイジはまるで水を得た魚のよう。当然もっとブルースが演奏したくなったペイジはバンドに向けて「Tea For One」フレーズを連発し、マイナー・キーのブルースの演奏を促します。バンドも何となく3コードのブルースを始めるものの、彼らの演奏はマイナーではなくメジャー、おまけに女性ボーカリストが歌い出したのはジェームス・テイラーの「Steamroller」。にもかかわらずペイジは当初の「Tea For One」フレーズを弾き続けており、演奏は途中までちぐはぐな様相を呈していました。

 思わずペイジが「ちーがーうーだーろー!」と叫んでもおかしくない場面だったのですが、ステージに上がる前で既に聞こし召したのか、彼からメジャーに合わせてあげたのは意外でした。そもそも最初に演奏されたスロー・ブルースがテン・イヤーズ・アフターの「Spider in (My)Your Web」ですし、次に演奏されたのはジェームス・テイラー。これらの選曲からも解るように、このソリッド・グラウンドというバンドは当時20代後半から30代前半のメンバーによって結成されていたらしく、演奏されるレパートリーは明らかにペイジより後の世代。つまりピッチが格段に正確な状態で収録された今回のリリースで明らかになったのは、テープがダビングされたジェネレーション以上に、バンドメンバーとペイジのジェネレーション・ギャップだったのです。
 
 面白いことに、この後バンドメンバーとペイジの間で演奏する曲を協議する様子が聞き取れるのですが、どうやらこいつらにマディ・ウォーターズやオーティス・ラッシュのブルースなど問題外だと察したペイジと彼らの妥協案としてロックンロール「Johnny B. Goode」が演奏されます。しかし、これとてソリッド・グラウンドのメンバーからすればチャック・ベリーと言うよりも「マイケル・J・フォックスが映画で弾いていた曲」だったのかもしれません(笑)。
 そして今回のリリースに当たっては初めて正確なピッチで収録された結果として、二枚のディスクをまたぐフォーマットとなっています。二枚目ではこれまた面白いことに、ZEPが72年のアメリカ・ツアーで「Whole Lotta Love」メドレーに組み入れていたロックンロールがいくつも演奏されていることでしょう。まずは「Slow Down」なのですが、今度は困ったことにベーシストが曲を知らないのでしょう、あのリフは弾かない、おまけにブレイクで止まらないなど、今度は聴いているこっちが「ちーがーうーだーろー!」と突っ込みたくなってしまうほど。

 それでいて全体の演奏はアップテンポなので、まるで「キーを上げたZEPの’Rock And Roll’」のような演奏となってしまいます。実際にペイジも「Rock And Roll」で用いていた定型フレーズをビシバシ弾いている。もう一つの72年アメリカ・ツアーで聞かれたナンバー「Louie, Louie」が始まると、バンド全体の一体感が俄然高まります。そこから「Wild Thing」や「Hang On Sloopy」への移り変わりもなめらかですし、男女二人のボーカリストも絶好調。そう、こうしたレパートリーからも解るように彼らは典型的なアメリカのクラブにおけるパーティー・バンドに過ぎなかったのです。どうりでブルースが弾けない訳だ(笑)。しかしペイジは終始ご機嫌な様子でプレイしてみせたのだから驚き。1991年という彼の活動の空白期を埋めるレアなサウンドボード録音が久々に、しかもようやくのベスト・バージョンとしてリリースされます!
 
Disc 1 (45:03)
1. Introduction 2. Spider in Your Web 3. Steamroller 4. Johnny B. Goode
5. Hound Dog / Blue Suede Shoes 6. Smokin' Again
 
Disc 2 (36:41)
1. Introduction 2. Slow Down 3. Old Time Rock 'n' Roll 4. Kansas City
5. Louie, Louie / Wild Thing / Hang On Sloopy / Member Introduction
 
Solid Ground Band:
Chris Schauer - Drums Rene Best - Guitar, Vocal Debbie McIntyre - Vocal
Special Guest:
Jimmy Page - Guitar
 
★★音の修正について
★60~80%程度遅いピッチを修正。
修正しても1枚には収まりませんでした。(★既発は一枚モノ。それより長く収録)
★イコライズは効果が無い音質ながら下記を施術しました。
1.高音の過剰すぎる部分の軽減。
2.全編に渡る発信音を音質を変えずにピンポイントで削除。
3.左右バランスの調整。
上記により印象は変わらずも、かなり聴きやすくなってます。
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
5月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.