洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > STREET OF DREAMS: TOKYO 1997 2ND NIGHT
  STREET OF DREAMS: TOKYO 1997 2ND NIGHT / BLACKMORE'S NIGHT
商品の説明
商品名 STREET OF DREAMS: TOKYO 1997 2ND NIGHT
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CDR(WHITE LABEL)
CONDITION M+
SOURCE NOVEMBER 8 1997, TOKYO/AUD

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★名盤・名音源、再紹介(2013年2月再リリース)

BLACKMORE'S NIGHT - STREET OF DREAMS: TOKYO 1997 2ND NIGHT(2CDR)
Live at International Forum, Tokyo, Japan 8th November 1997 PERFECT SOUND(from Original Masters)
 
ファーストアルバム「Shadow On The Moon」に伴うブラックモアズ・ナイトの1997年ジャパン・ツアーは11月2日の中野サンプラザ公演を皮切りに、神戸・広島・大阪・再び東京・神奈川・仙台と、本州を縦断する形で合計7回の公演が行われ、その素晴らしいステージが各所で大きな評判を呼びました。ディープ・パープルやレインボーのリッチーとは全く異なる、アコースティック・サウンドを中心とした味わい深いライブは素晴らしく「Shadow On The Moon」収録曲、次作への予告編として演奏された「Under A Violet Moon」タイトルトラック、更には各所に組み込まれたレインボーのカバー、後半のエレクトリックパートと、決して一本調子に陥ることのない、多彩な演奏内容で、多くのファンを満足させてくれました。本盤は、ネットは勿論、トレーダー間でも一切出回っていないオリジナルDATマスターをダイレクトに使用。ツアー後半にして、東京2日目公演の、11月8日の国際フォーラムでのライヴを、高音質オーディエンス録音で、約1時間50分に渡って完全収録。音質は非常に安定しており、サウンドもクリアー。Under A Violet Moonの2:50で一瞬DAT特有のデジタル劣化が入る以外は、ほぼ完璧な内容。オープニングのSmoke On The Waterを挿入したThe Clock Ticks Onの原曲テープから、3回目のアンコールで披露されたWish You Were Hereまで、1時間50分、完全に収録。メンバー全員が中世欧州風の装束を身に纏い、ルネッサンス風音楽をテンポ良く披露していく内容は、今、音だけ聞いても十分に聴き応え有ります。当初は、一部から、リード・ボーカリストとしての実力が不安視されていたキャンディスも、各曲で実に堂々たる歌声を披露し、観客から大喝采を浴びています。ツアー直前の11月30日にはニュース・ステーションに生出演し、Spirit Of The Seaの生演奏を披露するなど、以前のリッチーからは考えられない程積極的なプロモーションを行ったリッチーですが、実際、この新ユニットに賭ける(打ち込む)姿勢は、非常に真剣そのもの。安定した深みのあるアコースティック・プレイは素晴らしいスケール感で聴き手を魅了します。実際、ステージ上でも上機嫌で観客からの「リッチー!」と言うコールに、本人が「Ritchie!」と復唱するほど。観客の熱狂ぶりも凄まじく、アコースティック・ナンバーでも曲間では熱い声援が飛びかいます。ショウ前半ではレインボートラックとしてThe Temple Of The Kingと16th Century Greensleevesが演奏されますが、キャンディスが「次はレインボーソング」と紹介すると、観客席から、待ってましたとばかりのドヨメキが起こります。キャンディスのボーカルがジャストフィットしているThe Temple Of The Kingでは、観客も静かにその美声に聞き入っていますが、16th Century Greensleevesは凄まじいばかりの手拍子が巻き起こり、楽曲がかき消されそうになるほど。続くMemminigenのラストには「ペールギュント」(グリーク)の「朝」のフレーズをチラリとプレイ。ショウ後半に差し掛かったところでレインボーのArielが原曲然としたアレンジで演奏されます。The Clock Ticks Onでショウが楽しく終了した後は、お待ちかねのアンコールタイム。エレクトリック・ギターを手にしたリッチーのStill I'm Sadの騒然とした大盛り上がりぶりには、ファンは感動の思いで聴き入ってしまう事でしょう。後半はDifficult To Cureが登場。場内はまさにお祭り状態。クラシカルなキーボードソロを挟んで「白鳥の湖」をモチーフとしたノリの良いWriting On The Wall、そして強烈なエレクトリック・リフに場内大興奮のMan On The Silver Mountainフル演奏(リッチーの曲中ソロも秀逸)、一息ついた直後にいきなりスタートするドラマチックなStreet Of Dreamsはまさに絶品で(演奏と言うより、そのチョイスが)、熱狂的観客の「特別な時を共有している」様子、そして圧倒的な高揚感が、この生々しい録音から伝わってきます。ラストは「Shadow On The Moon」アルバムラスト同様にWish You Were Hereを感動的に披露。終演後、コンサートの成功に大満足したリッチーは、最前列のお客さん達に握手して廻るというサービス。長年の夢だったルネッサンス音楽のプロジェクトを成功させ、観客から大歓迎を受けたことに、大いに喜び、満足していたのではないでしょうか。2012年の現在も精力的に活動を続けるブラックモズ・ナイトですが、残念ながら来日公演は、この1997年と2004年の2回のみ。その貴重な初来日公演から、ツアーを代表する最も大きな会場で行われた東京2回目ショウとなる国際フォーラム公演を、高音質ニュー・マスターでたっぷりとお楽しみ下さい。
 
★beatleg誌 vol.150(2013年1月号)のレビュー要約です。ご参考まで。
 
 1997年11月に行われたBLACKMORE’S NIGHTの初来日公演から、ツアー-6日目-東京(東京公演-2日目)でのステージをクリアで良好な音質のオーディエンス録音で収録したCD-R。このツアーはバンドにとっては初のツアーで、初日となった11月2日-東京(追加公演)でのステージではヴォーカルのキャンディスをはじめバンドはもとより、流石のリッチーも非常にナーバスになっていたようだ。
この日のステージはツアー6日目ということもあり、オープニングの「Shadow Of The Moon」からリラックスした雰囲気でステージが進行する。セット・リストはファースト・アルバム『SHADOW OF THE MOON』の曲を中心に当時、リリース前だったセカンド・アルバム『UNDER A VIOLET MOON』の曲、RAINBOWの曲などをミックスしたものとなっている。序盤では曲後の拍手以外、静かに聴き入っていた観客もキャンディスの「Rainbow Song!」というMCに熱く反応し、リッチーが「Temple Of The King」のイントロを爪弾くと、それまでとは異なる拍手が沸き起こるし、続く、「16th Century Greensleeves」では、観客のより熱い反応から会場が一体となった手拍子が沸き起こる。このシーンを聴いても、観客がリッチーに求めているのはRAINBOWであり、HARD ROCKをプレイするリッチーであることは間違いないだろう。後半では再結成RITCHIE BLACKMORE’S RAINBOWの「Ariel」がRAINBOWとは異なるアレンジでプレイされるのは興味深い。終盤ではリッチーがストラトキャスターを手にしエレクトリック・サウンドを轟かせて「Still I’m Sad」をプレイ。会場は当然のように、この日、一番の盛り上がりを見せ、ギター・ソロでの観客のリッチーへの歓声も凄まじく、まるで、BLACKMORE’S NIGHTのステージであることを忘れさせてくれるかのようだ。アンコールでもリッチーは観客の期待に応えるように「Man On The Silver Mountain」と「Street Of Dreams」をプレイ。「Man On The Silver Mountain」は、リッチーが流麗なソロを聴かせてくれるのが嬉しいし、「Street Of Dreams」でも完全に火のついた観客の手拍子と歓声、コーラスがバンドと一体となって最高のステージを演出するかのようだ。既に15年も前の出来事になってしまったが、リッチーの日本公演の歴史の一ページとして残るステージと言えるだろう。
 
★2012年に限定リリースされ、ファン、メディアからも好評を得た名音源タイトルが、リクエストにお応えしての正式リリース決定です。
 
Disc 1(60:15)
1. Introduction
2. Shadow On The Moon
3. Be Mine Tonight
4. Play Minstrel, Play
5. St. Teresa
6. Minstrel Hall
7. Under A Violet Moon
8. The Temple Of The King
9. 16th Century Greensleeves
10. Memminigen
11. Greensleeves
12. Renaissance Fair
13. Mund Tanz
 
Disc 2(50:29)
1. No Second Chance
2. Ariel
3. Member Introduction
4. Instrumental
5. The Clock Ticks On
6. Still I'm Sad
7. Difficult To Cure
8. Keyboard Solo
9. Writing On The Wall
10. Man On The Silver Mountain
11. Street Of Dreams
12. Wish You Were Here
 
Ritchie Blackmore - Guitars Candice Night - Vocal Jessie Haynes - Guitars Mick Cervino - Bass
Joseph James - Keyboards John O. Reilly - Drums
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 61人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.