洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 クレジットカード決済の
セキュリティ強化につき
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997
  DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997 / MEGADETH
商品の説明
商品名 DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE DEC.13.1997+SEP.9.1995//BONUS DVDR[BUENOS AIRES 1997: THE VIDEO]DEC.13.1997/PRO SHOT/NTSC 50MIN

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の140枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、『BUENOS AIRES 1997: THE VIDEO』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


MEGADETH - DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997(2CD)
plus Bonus DVDR "BUENOS AIRES 1997: THE VIDEO"* Numbered Stickered Edition Only
Ferro Carril Oeste Stadium, Buenos Aires, Argentina 9th September 1995 & 13th December 1997 STEREO SBD
 
 黄金カルテットの“頂点・極上・公式級”ステレオサウンドボード・アルバムが登場です! 「黄金カルテット」と言えば、もちろん「デイヴ・ムステイン/デイヴィッド・エレフソン/マーティ・フリードマン/ニック・メンザ」。ニックの死により、二度と蘇らなくなってしまった4人です。彼らは4枚の超名盤『RUST IN PEACE』『COUNTDOWN TO EXTINCTION』『YOUTHANASIA』『CRYPTIC WRITINGS』を残しつつ、最近までライヴ盤は不遇でした。近年になってオフィシャルで幾ばくかの復刻が行われておりますが、まだまだ全容にはほど遠い。本作は、オフィシャル復刻されていないツアーを“公式クオリティ”で補完する超絶ステレオ・サウンドボードなのです。本作のポジションとはいかなるものなのか、まずは公式作品と交えてご理解いただきましょう。
 
●『RUST IN PEACE』時代
頂点ライヴ盤:公式ボックス『WARCHEST』ディスク4
(1990年10月14日ウェンブリー・アリーナ公演)
●『COUNTDOWN TO EXTINCTION』時代
頂点ライヴ盤:20周年記念盤のボーナスディスク
(1992年12月4日カウ・パレス公演)
●『YOUTHANASIA』時代
頂点ライヴ盤:本作のディスク1 ←★コレ!★
(1995年9月9日ブエノス・アイレス公演)
●『CRYPTIC WRITINGS』時代
頂点ライヴ盤:本作のディスク2 ←★コレ!★
(1997年12月13日ブエノス・アイレス公演)
 
 ……と、このようになっています。『RUST IN PEACE』『COUNTDOWN TO EXTINCTION』時代の頂点ライヴアルバムは公式化されましたが、当然リリースされると思われた『YOUTHANASIA』の20周年記念盤は登場せず、黄金カルテットの後半期は未だにアーカイヴされていない。本作は、その残る2つのツアーの頂点サウンドボードをフォローし、黄金時代を完結させる1本。公式アーカイヴと併せ、それこそ『RUST IN PEACE』『COUNTDOWN TO EXTINCTION』『YOUTHANASIA』『CRYPTIC WRITINGS』と同等の価値を持つコレクションなのです。
 
【ディスク1:1995年9月9日ブエノス・アイレス】
 このように、MEGADETH頂点の名盤群と同価値とさえなる本作。その中身もご説明していきましょう。まずは、“YOUTHANASIA WORLD TOUR 1994-1995”の頂点たるディスク1に収められているのは、ワールド・ツアー千秋楽でもある「1995年9月9日ブエノス・アイレス公演」です。
 そのサウンドは超・極上。上記で公式盤と並べている通り、完全なオフィシャル級サウンドなのですが、ある意味それ以上。その“ある意味”とは、卓ド直結のダイレクト感です。90年代の南米というと微妙なクオリティも多いのですが、本作は“南米の荒っぽさ”が逆に良い方向に転び、欧米放送のていねいなミックスとは違う直結サウンドをそっくりパックしている。ギター弦のこすれる音の凄味から猛烈にパンするステレオ感、エフェクトの切り替えに至るまで、すべてが超絶鮮明。激レア・トラック「Victory」ではSEでムステインの笑い声も入ってくるのですが、いきなり脳ミソの中で笑われ、ビビって背筋がゾクッときるほど。大歓声さえもなく、演奏と歌声だけが猛プッシュしてくる“猛烈サウンドボード”なのです。
 『COUNTDOWN TO EXTINCTION』の成功により、“YOUTHANASIA TOUR”からサウンドボードが一気に増えてはいるのですが、ここまでの“超サウンド&完全収録”はこの1本しかありません。コレクター間には音量・音圧が多少揺れる音源も出回っており、それでも「awesome!!」「must have!!!」と激賞されていますが、本作はそんな揺れさえもない均一のベスト・マスターを使用しました。
 
【ディスク2:1997年12月13日ブエノス・アイレス】
 代わってのディスク2は“CRYPTIC WRITING WORLD TOUR 1997-1998”の頂点サウンドボード。ディスク1と同じ“アルキテクト・リカルド・エチェベリ競技場”のライヴですが、同会場だからカップリングしたわけではありません。純粋に“最長”・“最高音質”を求めた結果、全サウンドボード音源の中でトップを究めたのがたまたま、同一会場だったに過ぎないのです。このツアーで注意しなくてはいけないのがドラマーで、ツアー中の1998年7月にニックからジミー・デグラッソに交代しています。本作は1997年録音ですので、ドラマーはニックです。
 そして、そのサウンドはディスク1と1/4歩も劣らぬ激烈サウンドボード。ディスク1とは違って歓声もミックスされていますが、曲間やムステインが大合唱を誘った時に限定されており、やはり95%はド直結に脳ミソに流し込まれます。“CRYPTIC WRITING TOUR”はサウンドボードの本数こそ多いいものの、質の悪いものがほとんど。ハイクオリティ録音というとジミー交代後のアンプラグド物ばかりな中で、頂点に輝く最高サウンドのエレクトリックのフルショウ・アルバムです。こちらもコレクター間のマスターでは瞬間的な電子ノイズが入りますが、本作は100%美しいベストマスターを使用しました。
 
【“黄金の4人”だけのMEGADETH世界】
 そんなハイパー・サウンドで描かれるショウが凄まじい。公式にライヴ録音のない「Paranoid」「Victory」「Sin」を始め、今では演奏されない「A Secret Place」「Almost Honest」も披露。「Trust」にしても“黄金カルテット”バージョンで聴けるのです。
 そして、その“黄金カルテット”のアンサンブルこそが鮮烈。大表曲の数々でもオリジネイター:マーティならではの滑らかなフレーズが艶やかに流れるわけですが、それ以上に何と言っても強烈なのがニック。現在でもメタルシーンの猛者がこぞってスツールに座っていますが、つんのめり気味にシャープに切り刻むドラミングの気持ちよさは、他の誰でも味わえない。彼だからこそミドルでじっくり攻めようと、メロディアスになろうともMEGADETHだった。曲の良し悪しを超えて『RUST IN PEACE』から『CRYPTIC WRITINGS』の4枚こそが輝く理由。それが激烈ド直結サウンドボードで攻め立ててくる2枚組なのです。
 これこそ、MEGADETH。ニックの死によって二度と蘇ることのなくなった“真のMEGADETH”です。公式化された「1990年ウェンブリー」「1992年カウ・パレス」はオフィシャル品をお求めいただく(単独リリースしやがれ!)として、それだけでは方手落ち。“黄金カルテット”がスタジオ名盤を4枚作ったように、ライヴアルバムの超傑作も4公演そろって初めて完成するのです。
 その後期2公演をプレスCDでセットしたライヴアルバム。公式が出さないなら、誰かが永久保存しなくては。もはや、MEGADETHを愛する事と同義と言ってもいい絶対品。今週末、あなたのお手元にお届けいたします。

Disc 1(67:37)
Ferro Carril Oeste Stadium, Buenos Aires, Argentina 9th September 1995(SDB A+)
1. Intro. 2. Skin O' My Teeth 3. Hangar 18 4. Wake Up Dead 5. Reckoning Day
6. Angry Again 7. A Tout Le Monde 8. In My Darkest Hour 9. Jam 10. Train Of Consequences
11. Symphony Of Destruction 12. Peace Sells 13. Victory 14. Holy Wars... The Punishment Due 
15. MC 16. Paranoid 17. Anarchy In The U.K.
 
Disc 2(73:58)
Ferro Carril Oeste Stadium, Buenos Aires, Argentina 13th December 1997(SDB A+)
1. Intro. 2. Holy Wars... The Punishment Due 3. Reckoning Day 4. Sin 5. Angry Again
6. A Secret Place 7. She-Wolf 8. Almost Honest 9. Guitar Solo 10. A Tout Le Monde
11. In My Darkest Hour 12. Sweating Bullets 13. Trust 14. Paranoid 15. Peace Sells
16. Symphony Of Destruction 17. Drums Solo/Jam 18. Anarchy In The U.K.
 
Dave Mustaine - Guitar, Lead Vocal David Ellefson - Bass, Backing Vocals
Marty Friedman - Guitar, Backing Vocals Nick Menza - Drums
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
★★特別企画
 
★MEGADETHブートレッグの最高傑作とも言える絶対盤『DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997』。その誕生を祝し、初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じショウのプロショット『BUENOS AIRES 1997: THE VIDEO』が特別に付属いたします。
 
MEGADETH - BUENOS AIRES 1997: THE VIDEO(Bonus DVDR)
Ferro Carril Oeste Stadium, Buenos Aires, Argentina 13th December 1997 PRO-SHOT
 
 本編プレス2CD『DEFINITIVE BUENOS AIRES 1995+1997』はオフィシャルを補完し、“黄金カルテット”のコレクションを完成させる絶対盤。到底ボーナスなど不要の超絶ステレオサウンドボード・アルバムです。しかし、たまたま同じショウがプロショットでも残されていた。せっかくですのでボーナス盤としてお楽しみ頂きましょう。
 本作に収められているのは、本編プレス2CDと同じ「1995年9月9日」と「1997年12月13日」のブエノス・アイレス公演。当時、現地放送されたテレビ番組を収録したマルチカメラ・プロショットです。「プロショットがあるのに音声だけプレス?」と思われるかも知れませんが、実はテレビ放送は不完全もいいところ。永久保存すべき“頂点記録”ではないのです。ともあれ、詳しくご紹介していきましょう。
 まず、メインとなるのは“CRYPTIC WRITING TOUR”編の「1997年12月13日」。フルセット15曲のうち、9曲がマルチカメラ・プロショットで目撃できます。そのクオリティは絶品。いわゆる“90年代の南米物”にありがちなノイズまみれのマスターとは次元が違い、非常に美麗な画質。やや暗めな点を除けば、公式アーカイヴにも使えるレベルです。音声はクオリティこそ本編プレスCDに及ばないものの、録音自体は同じらしく、脳ミソ直結サウンドボード。本編プレスCDを初めて聴いた時はあまりの生々しさに「流出サウンドボード!?」としか思えなかったのですが、テレビ放送でも同じだった。トリートメントせずに丸出しする南米ならではの本生ミックスだったわけです。また、よーく耳を澄ますと「A Tout Le Monde」の歌い出しに1回だけ「ピッ」という瞬間ノイズが聞こえると思いますが、現在出回っているフルサウンドボードにも何ヶ所か入っています。これまで、このライヴにはノイズ入りが当たり前と思われていたのですが、本編プレスCDにはそれさえもない驚愕マスターなのです。
 ともあれ、美麗マルチ&直結サウンドで描かれる“黄金カルテット”の素晴らしさったらない。パーマを振り乱して暴れながら“本物ソロ”を奏でるマーティ・フリードマン、メカニカルなドラムキットの中で立ち上がりながらで叩きまくるニック・メンザ。この4人が揃うことはもう二度とないのです……。デイヴ・ムステインは決して“名シンガー”と呼ばれるタイプではありませんが、やはりこの歌声は唯一無二。アグレッシヴな曲をシニカルに歌い飛ばし、「A Tout Le Monde」では繊細に声の表情を使い分ける。このふて腐れていそうで真摯という不思議な歌声。その魅力がいつにも増して美しい。彼のヴォーカリスト人生でも、この1997年から1999年にかけてが頂点だったのではないでしょうか。
 その9曲に続き、「1995年9月9日」公演も3曲「Hangar 18」「Wake Up Dead」「Reckoning Day」ボーナス収録しました。同じ会場・同じメンバー(ついでにクオリティも近似)だけに1997年と混同されがちですが、もちろん別公演。1997年には黒ずくめだったムステインも、こちらでは白いシャツで弾きまくっています。
 “黄金カルテット”のライヴと言えば、オフィシャルでは『WACHEST』にロンドン公演の短縮版が収録されているだけ。METALLICAに次ぐビッグネームにしては、あまりに寂しい状況です。本作もまた不完全版ではありますが、そんな悔しみを幾ばくかでも晴らしてくれる名プロショットです。本編プレス2CDのイマジネーションを豊かにしてくれる“黄金の光景”。どうぞ、超絶ライヴアルバムである本編プレス2CDと共に存分にお楽しみください。
 
1. Holy Wars 2. Angry Again 3. A Tout Le Monde 4. She-Wolf 5. Almost Honest 6. Sin
7. Sweating Bullets 8. Paranoid 9. Anarchy In The U.K.
Bonus Tracks
Ferro Carril Oeste Stadium, Buenos Aires, Argentina 9th September 1995
10. Hangar 18 11. Wake Up Dead 12. Reckoning Day
 
Dave Mustaine - Guitar, Lead Vocal David Ellefson - Bass, Backing Vocals
Marty Friedman - Guitar, Backing Vocals Nick Menza - Drums
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.50min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
8月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 90人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
DAVID BOWIE MONTREAL…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.