洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BEAT BEAT BEAT AT THE BEEP (DAC-130)
  BEAT BEAT BEAT AT THE BEEP (DAC-130) / ROLLING STONES
商品の説明
商品名 BEAT BEAT BEAT AT THE BEEP (DAC-130)
レーベル DAC
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE 63-65 BBC RADIO

通常価格 ¥5,000 (50P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
ブライアン・ジョーンズ在籍時の初期ストーンズが’63年から’65年までの3年間に英BBCに残したラジオ番組出演時の現存する音源全てを2CDにまとめたタイトルです。 ‘60年代から’70年代にかけてのロックの人気アーティストのBBCスタジオ・ライブは現在そのほとんどが容易にCDで聴くことが可能ですが、 ストーンズに関してはBBC音源のCD発売がなく、つい先日50周年記念のベスト盤「GRRR!」豪華版で'64年のBBCライブ・テイクの4曲のみがボーナスEPとして正規リリースされたにとどまっています。
 
単品としての発売が行われない理由は、ほぼ一発録りのライブ収録でレコード音源と比べて音が薄いことや、 ビートルズのようにレコード未発売の豊富な楽曲群がストーンズのBBC音源には少ないこと、リリースに耐える 状態の良いマスターの現存分が少ないこと等が考えられます。 これまでストーンズのBBC音源集の代表作は INVASION UNLIMITEDより’94年にリリースされた「BEAT BEAT BEAT AT THE BEEB」とされてきました。 年代順に音源を集めて並べており手軽に聴き通せることからリリース当時は人気盤だったようですが、 アナログ・ブート起こしのパートが多いため音質がやや荒く、元々の音源にはなかったリバーブがCD全体に 強くかけられていたり、日付のクレジットミスやある程度補正されたピッチが実際の演奏よりやや早めであったりと、 細かくチェックしていくとキリがないほど随分とアラの多い内容であることが分かります。今回のリリースでは 基本コンセプトやジャケ等は前述のINVASION盤と同様ですが、手持ちのオリジナル・エアチェックテープや ’80年代の再放送音源から厳選して全てのトラックで現行ベスト音質と考えられるソースからリマスター収録して います。エアチェック音源の大きな受信ノイズ等は手作業にて可能な限り除去し、DISC-2の’65年の「TOP GEAR」、 「YER! YER!」、「SATURDAY CLUB」の、後に海外オンエア用に「TOP OF THE POPS」として再編集されLPに カッティングされた後、オリジナルのマスターテープ自体が破棄されてしまった3つの番組については、現存する トランスクリプション・ディスク音源にデクリック処理を施し、TSP等の過去盤で目立っていたスクラッチ・ノイズを 軽滅して大幅に聴き易くしてあります。 またそのうち’65年8月20日のセッションからの6曲分ですが、過去盤 では全て「OH BABY」と「THE SPIDER AND THE FLY」の2曲で極端にピッチが落ちて音質が大幅に劣化した ものが収録されていますが、本作では初めて6曲全てを高音質かつ正確なスピードにて収録させました。「OH BABY」 も既発盤ではフェードアウト処理され聞こえなかったチャーリーのスネアのフィルまで聞こえます。 DISC-1、トラック8の 「YOU BETTER MOVE ON」は2番歌詞後半のサビ前の音飛びがなく、同トラック21の「WALKING THE DOG」 では通常エンディング前にフェードアウトしますが、ここではエンディングまで完奏するテイクで収録する等、内容的にも 大きくグレードアップしています。 またリリースされる毎にいつも録音データが曖昧なDISC-2のトラック10の 「AIN’T THAT LOVING YOU BABY」とトラック11の「IT’S ALL OVER NOW」の2曲については、番組クレジットに 関して前者は’64年10月31日の「RHYTHM AND BLUES」、後者は’64年7月17日に「JOE LOSS POP SHOW 」 に出演した際のリハーサル・テイクとする説があるようですが、この2曲を初めてリリースしたと思われるアナログブート 「GRAVESTONES & RAPE OF THE VAULTS」(R.S.V.P.)の元となったと思われるトレーダーズ・テープで本作の DISC-2のトラック7、8の「IF YOU NEED ME」、「I CAN’T BE SATISFIED」と共に上記の2曲が「’64年2月1日の SATURDAY CLUB」と誤記されてはいるものの一箇所に纏めて収録されており、4曲とも楽器のトーンやバランスが極めて 近いこと、また’64?’65年頃のビートルズやストーンズといった人気グループはBBCラジオの出演番組で6?7曲演奏 するのが通例だったこと、「IT’S ALL OVER NOW」では「JOE LOSS POP SHOW」が観客を前にしたライブ番組であった のに、このテイクは完全なスタジオ・バージョンであること、またこの「IT’S ALL?」の冒頭に「TOP GEAR」のMC役だった DJのブライアン・マシューの声が被せられていること、時期的に’64年7月23日オンエアの「TOP GEAR」がDISC-2の トラック6?9の4曲のみの出演だった(’80年代に出版されたGOLDMINE誌の特集が出典と思われる)としてしまうと 当時の最新シングルで、TV/ラジオ出演時にはプロモーションのため必ずや演奏されるべき「IT’S ALL?」が抜け落ちて しまっているのは不可解であること等から判断して、本作ではDISC-2のトラック6?11の6曲分のクレジットを’64年 7月23日の「TOP GEAR」といたしました。実際最近の他のBBC 関連のCDリリースでは同じ収録日であるとされる 「AIN’T THAT LOVING YOU BABY」とトラック12のインスト曲「南ミシガン?」では楽器の音色やエコー処理がまるで異なり、 少なくとも同じ番組内でオンエアされたようには感じられません。逆に「AIN’T THAT?」とトラック6の「AROUND?」では 録音したアマチュア・テーパーの音源が両者では異なるものの、キースのリード・パートの音質、ビルのベースのトーン、 チャーリーのスネアの抜け等が聴感上酷似しておりますので、やはりこのDISC-2のトラック6?11の6曲分は同じ収録日/ 同じプログラムからの音源と判断してほぼ間違いないものと思われます。2枚目のディスクの最後にはジャケのレアなドイツ 10インチ盤のデザインにあやかって、ここ最近発掘された‘65年西ドイツ、ミュンスターでのサウンドボード・ライブ音源3曲を 追加収録しており、収録曲一曲一曲毎の丹念なピッチ調整や可能な限りの音質改善に取り組み、細部にまで渡って徹底的 にこだわったストーンズBBCライブの新たな決定版として、デビュー後間もない躍動感溢れるバンドとオーディエンスの 終わりなき熱狂を余すところなく収めた名作と言えます。
 
DISC-1
1.Come On
2.Memphis, Tennessee
3.Roll Over Beethoven
4.Don'T Lie To Me
5.Mona
6.Walking The Dog
7.Bye Bye Johnny
8.You Better Move On
9.I Wanna Be Your Man
10.Roll Over Beethoven
11.Beautiful Deulah
12.Route 66
13.Cops And Robbers
14.You Better Move On
15.Mona
16.Hi-heel Sneakers
17.Little By Little
18.I Just Want To Make Love To You
19.I'M Moving On
20.I Just Want To Make Love To You
21.Walking The Dog
22.Not Fade Away
23.Beautiful Deulah
24.Hi-heel Sneakers
25.Carol
26.Down In The Bottom
27.You Can Make It If You Try
28.Route 66
29.Confessin' The Blues
30.Down The Road Apiece
 
DISC-2
1.It's ALL Over Now
2.If You Need Me
3.Conefessin' THE Blues
4.Carol
5.Mona
6.Around And Around
7.If You Need Me
8.I Can'T Be Satisfied
9.Crackin' Up
10.Ain'T That Loving You Baby
11.It's All Over Now
12.2120 South Michigan Avenue
13.Everybody Needs Somebody To Love
14.Down The Road Apiece
15.The Last Time
16.Interview With Mick Jagger And Brian Jones
17.Mercy Mercy
18.Oh Baby
19.Interview With Mick Jagger
20.Satisfaction
21.The Spider And The Fly
22.Interview With MICK JAGGER
23.Cry To Me
24.Fannie Mae
25.Around And Around
26.Satisfaction
27.I'm Allright
 
DISC-1 1-3 SATURDAY CLUB
RECORDING: SEPTEMBER 23, 1963,BBC MAIDA VALE STUDIOS, LONDON
BROADCAST: OCTOBER 26, 1963 HOST: BRIAN MATTHEW
 
4-9 SATURDAY CLUB
RECORDING: FEBRUARY 3, 1964, BBC MAIDA VALE STUD10S, LONDON
BROADCAST: FEBRUARY 8, 1964 HOST: BRIAN MATTHEW
 
10-11 SATURDAY CLUB
RECORDING: FEBRUARY 8 - MARCH 7, 1964,UK TOUR
BROADCAST: MARCH 7, 1964 HOST: BRIAN MATTHEW
 
12-15 BLUES IN RHYTHM
RECORDING: MARCH 19, 1964, CAMDEN THEATRE, LONDON
BROADCAST: MAY 9, 1964 HOST : LONG JOHN BALDRY
 
16-19 THE JOE LOSS POP SHOW
LIVE BROADCAST : APRIL 10, 1964, THE PLAYHOUSE THEATRE, LONDON HOST: JOE LOSS
 
20-25 SATURDAY CLUB
RECORDING: APRIL 13, 1964, BBC MAIDA VALE STUDIOS, LONDON
BROADCAST: APRIL 18, 1964 HOST: BRIAN MIRTHEW
 
26-30 SATURDAY CLUB
RECORDING : MAY 25, 1964,BBC BROADCASTING HOUSE, LONDON
BROADCAST : JUNE 6, 1964 HOST : BRIAN MATTHEW

 
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 166人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.