洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > ON AIR 1979
  ON AIR 1979 / JUDAS PRIEST
商品の説明
商品名 ON AIR 1979
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 4CDR
CONDITION M+
SOURCE OCT.17+NOV.4+12.1979/SBD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
JUDAS PRIEST - ON AIR 1979(4CDR)
Live at Coliseum Arena, Seattle, WA. USA 17th October 1979 SBD
Live at The Palladium, New York City, NY. USA 4th November 1979 SBD
Live at Jaap Eden Hall, Amsterdam, the Netherlands 12th November 1979 SBD
 
 「デイヴ・ホランド版UNLEASHED IN THE EAST」とも言うべきサウンドボード・セットが登場です。本作に収められているサウンドボードは、1979年の3公演。「10月17日シアトル公演」「11月4日ニューヨーク・シティ公演」「11月12日アムステルダム公演」。すべて『KILLING MACHINE/HELL BENT FOR LEATHER』時代でありながら、スツールに座るのはデイヴ。一般に彼は『BRITISH STEEL』から加入したと思われがちですが、実はその少し前のツアーから参加していた。本作は、そんなデイヴ加入直後のサウンドボードを一網打尽にした4枚組なのです。その辺の事情をご理解いただくためにも、『KILLING MACHINE』時代のタイムラインを確認してみましょう。
 
【1978年】
《10月9日『KILLING MACHINE』発売(UK)》
“X CERTIFICATE TOUR”
・10月23日-11月24日:英国#1(29公演)
【1979年】
“HELL BENT FOR LEATHER TOUR”
・2月9日-15日:日本(7公演)
《2月28日『HELL BENT FOR LEATHER』発売(US)》
・2月27日-5月6日:北米#1(43公演)
・5月12日-31日+7月1日:英国#2(20公演)
《8月:デイヴ・ホランド加入》
“UNLEASHED IN THE EAST TOUR”
・9月1日-11月4日:北米#2(35公演)←★ココ★
・11月11日-12月15日:欧州(28公演)←★ココ★
 
 ……と、このようになっています。スタジオアルバム1枚にツアーが3本とやけに複雑ですが、さらにメンバーチェンジも発生。8月にレス・ビンクスが方向性の違いから脱退、代わって元TRAPEZEのデイヴ・ホランドが加入し、80年代の黄金期メンバーが完成したのです。このツアーのド定番サウンドボードと言えば、オフィシャルの大名盤『UNLEASHED IN THE EAST』とアングラの超名盤『UNLEASHED IN NEW YORK(Zodiac 039)』が2大頂点。前者は「日本」、後者は「北米#1」で両方ともレス。それに対し、本作は「北米#2」と「欧州」のサウンドボードであり、デイヴ交代後になるわけです。この「デイヴ加入→BRITISH STEEL録音前」に残されたサウンドボードは3本のみで、本作はその全部入りなのです。それでは、各サウンドボードを個別にご紹介していきましょう。
 
【ディスク1-2:1979年10月17日シアトル公演】
 まず登場するのは、「北米#2」27公演目にあたるサウンドボード。CBS系列の米ラジオ局KZOKで放送されたFM音源です。古くから『TAKE ON THE WORLD』等の既発で有名なサウンドボードですが、本作はその後に登場したマスターで、当店でも『HELL BENT FOR SEATTLE』として人気を博したアップグレード版です。
 そのサウンドは素晴らしいFMサウンド。伝統盤『TAKE ON THE WORLD』ではキンキンと耳にキツいサウンドでしたし、ピッチも狂っていれば、曲間も大胆に編集してCD1枚に詰め込まれていました。それに対し、本作はナチュラルでピッチも正常。もちろん、2枚組でラジオ放送を完全収録しているのです。
 そのサウンドで繰り広げられるショウがまた素晴らしい。セットも『UNLEASHED IN THE EAST』とは異なっており、オープニングから「Exiter」ではなく「Hell Bent For Leather」。アメリカで知名度の低い『STAINED CLASS』ではなく、最新作で北米攻略を目指す狙いがハッキリと現れています。さらに『UNLEASHED IN THE EAST』でも聴けない「White Heat, Red Hot」や「Take On The World」も美味しいですし、「Delivering The Goods」「Starbreaker」も貴重なホランド・バージョンで聴けます。
 
【ディスク3-4:1979年11月4日ニューヨーク・シティ公演】
 続くは、本作でも最高峰クオリティのサウンドボード。「北米#2」ラストのニューヨーク公演で、地元のラジオ局WNEWで放送されたFM音源です(前述の超傑作プレスCD『UNLEASHED IN NEW YORK』もニューヨークですが、完全に別公演です)。セットはシアトル公演と同一ですが、サウンドはこちらの方が2枚ほど上手。さすがに『UNLEASHED IN NEW YORK』ほどのオフィシャル超越サウンドとはいきませんが、70年代エアチェックとしては最上級。バツグンにクリアなダイレクト感、ダビング劣化もほとんど見られない瑞々しさが素晴らしい。『HELL BENT FOR PALLADIUM』として初登場したマスターですが、本作ではディスク1-2と同様に最新リマスタリングで仕上げました。
 そんな最高峰サウンドで描かれる新生PRIESTのアンサンブルは鮮烈。アメリカ攻略を目指していたPRIESTが欲しがったのはグルーヴィなドラミングで、それが原因でレスは脱退してしまいました。もちろん、デイヴはその求めに見事に応じており、シャープな手数で暴れまくっていたレスとはまったく違う。ややシンプルになりながらもビートはグッと安定感が増し、ショウをグイグイ引っ張っていく。ドラミングだけを抜き出せばレスの方が攻撃的にも感じますが、ビートがタイトだからこそ、ギターやヴォーカルのエッジが鋭く際立ち、金属感が増している。特にこの録音は重低音ベースがクッキリと艶やかに録音されており、イアン・ヒルのラインも超克明。イアン&デイヴによる黄金期グルーヴで生まれ変わった70年代ナンバーがたっぷりと味わえるのです。
 そして、特に注目していただきたいのは「Take On The World」。公式盤や『UNLEASHED IN THE EAST』、BBC放送等々など、数々の70年代の代表サウンドボードに収録されず、このディスクこそがベスト・テイク。唯一、オフィシャルに肉薄するクオリティで聴ける秘宝の頂点サウンドボードなのです。
 
【ディスク4:1979年11月12日アムステルダム公演】
 最後は、北米からヨーロッパに戻った「欧州」レッグ。その2公演目にあたるオランダのFM放送です。クオリティはシアトル公演に近く、放送枠に沿って3曲「Running Wild」「Diamonds & Rust」「Beyond The Realms Of Death」のみ。上記2本のサウンドボードと同じ曲ではありますが、貴重度は遙かに上回る(この公演のオーディエンス録音も出回っていますが、放送分はこの3曲だけだったようです)。本作で初めて耳にされる方も多いのではないでしょうか。何より、この3曲が加わることで「KILLING MACHINE時代+デイヴ」のサウンドボード・コレクションがコンプリートになるのです。
 
 デイヴ・ホランドが加入し、黄金のラインナップが揃ったJUADS PRIEST。“メタル神宣言”となった『BRITISH STEEL』の直前であり、世界制覇の第一歩。その強靱なアンサンブルの端緒をサウンドボードで味わい尽くす4枚組です。「デイヴ・ホランド版UNLEASHED IN THE EAST」というだけでなく、“HARD ROCK”フィールドから“HEAVY METAL”へ踏み出した鋼鉄神の記録。ぜひ、たっぷりとご堪能ください。
 
Coliseum Arena, Seattle, WA. USA 17th October 1979
Disc 1(44:29)
1. Hell Bent For Leather 2. Delivering The Goods 3. Running Wild 4. The Ripper
5. Beyond The Realms Of Death 6. Diamonds & Rust 7. White Heat, Red Hot
8. Sinner 9. The Green Manalishi (With the Two Pronged Crown)
 
Disc 2(51:49)
1. Victim Of Changes 2. Genocide 3. Starbreaker 4. Take On The World 5. Tyrant
 
The Palladium, New York City, NY. USA 4th November 1979
Disc 3(43:20)
1. Hell Bent For Leather 2. Delivering The Goods 3. Running Wild 4. The Ripper
5. Beyond The Realms Of Death 6. Diamonds & Rust 7. White Heat, Red Hot
8. Sinner 9. The Green Manalishi (With the Two Pronged Crown)
 
Disc 4(52:59)
1. Victim Of Changes 2. Genocide 3. Starbreaker 4. Take On The World 5. Tyrant
 
Jaap Eden Hall, Amsterdam, the Netherlands 12th November 1979
6. Running Wild 7. Diamonds & Rust 8. Beyond The Realms Of Death 
 
Rob Halford - Vocals Glenn Tipton - Guitar K.K. Downing - Guitar
Ian Hill - Bass Dave Holland - Drums
 
FM BROADCAST RECORDING
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
5月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 86人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
ROLLING STONES LICKS…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.