洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 大雪や荒天にともなうお
届け遅延について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > HAMMERSMITH STORY 1975-1976
  HAMMERSMITH STORY 1975-1976 / BLACK SABBATH
商品の説明
商品名 HAMMERSMITH STORY 1975-1976
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 4CDR
CONDITION M+
SOURCE OCT.22.1975+JAN.13.1976/AUD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
BLACK SABBATH - HAMMERSMITH STORY 1975-1976(4CDR)
Hammersmith Odeon, London, UK 22nd October 1975 & 13th January 1976 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND
 
 BLACK SABBATH史50年で最多公演が行われた名会場“ハマースミス・オデオン”。その70年代記録をコンプリートするオーディエンス・セットが登場です。

 今週リリースされるのは2タイトル。“SABOTAGE TOUR”のハマースミス公演を総括する本作と、“TECHNICAL ECSTAY TOUR”/“NEVER SAY DIE TOUR”の『HAMMERSMITH STORY 1977-1978(Shades 1025)』。この2本で70年代に残されたハマースミス記録をコンプリートできます。まずは、ハマースミス全公演とシリーズの構成を整理してみましょう。
 
●“SABBATH BLOODY SABBATH TOUR”
・1974年5月21日
●“SABOTAGE TOUR”
・1975年10月22日【本作:DISC 1-2】
・1976年1月13日【本作:DISC 3-4】
●“TECHNICAL ECSTAY TOUR”
・1977年3月12日
・1977年3月13日【第2弾:DISC 1-2】
・1977年3月14日
・1977年3月15日
●“NEVER SAY DIE TOUR”
・1978年6月1日
・1978年6月10日【第2弾:DISC 3】
・1978年6月19日【第2弾:DISC 4-5】
 
 これが70年代に行われたハマースミス・オデオン全10公演で、そのうちオーディエンス録音が残されているのは5公演。本作は“SABOTAGE TOUR”で実現した2公演をセットした4枚組です。それでは、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。
 
【停電騒ぎも起きた1975年10月22日】
 まず登場するのは、伝統の名録音。『SABOTAGE』の英国リリースから2ヶ月後に行われた「1975年10月22日」のフル録音です。古くから1975年屈指の録音として知られてきましたが、本作はその最高峰。従来版より格段にクリアなアップグレード・マスターで、当店では『SUPERSONIC YEARS』としても人気を呼びました。実のところ、このマスターは「Supertzar」や1曲目「Killing Yourself To Live」の冒頭部(合計1分40秒ほど)が欠けていたのですが、そこは従来マスターで補完。この部分でグッと音が良くなることからも、そのアップグレードぶりを実感していただけるでしょう。数少ない“SABOTAGE TOUR”のフル録音であり、サウンドボードの超名盤『LIVE LONGEST… DIE AT LAST』に次ぐオーディエンス最長録音でもあります。

 そして、アップグレードしたクオリティこそが絶品。空気感が異様に透き通っており、素晴らしくオンな芯が真っ直ぐに飛び込み、ディテールまでクッキリ。70年代オーディエンスの常識外とも言うべきクリアさでありながら、客録なればこその生々しい現場感まで吸い込んでいる。冒頭1分40秒の音質が今ひとつなためにプレス化が見逃されているものの、十分にプレス級の極上録音なのです。

 そのサウンドで歴史に名高い“SABOTAGE TOUR”を体験できるわけですが、さらにこのショウだけのスペシャルがある。それは停電トラブル。「War Pigs」が終了し、さぁ次は目玉の大曲「Megalomania」……となったところで曲が始まらない。実は、このとき会場のライトが落ちてしまった。もともと暗い客席はあまり気にしていないものの、ステージ上の4人はアンプが生きているか確認したり(落ちたのは照明だけだったようです)、ジャムを始めそうで始めない……。そして、照明トラブルは2分半ほどで回復。結局「Megalomania」は演奏されず、巨大ジャム・セクション「Sabbra Cadabra」へと突入していく。その間の「どうしたもんか」感、そんなメンバーを目の当たりにした会場の同様もリアルに記録されているのです。
 
【SABOTAGE TOUR屈指の名録音1976年1月13日】
 続くは3ヶ月後にハマースミスへ戻ってきた「1976年1月13日」のオーディエンス録音。1976年というと『TECHNICAL ECSTAY』のイメージがありますが、それは10月以降。この日は11月に一度キャンセルされた公演の振り替えで、“SABOTAGE TOUR”の最終日でした。

 これもまた“SABOTAGE TOUR”屈指と誉れの高い伝統の名録音で「ハマースミス75(ディスク1-2)より良い」と評価するトレーダーもいるほど。あくまで好みの差ではあるものの、1975年よりさらにクリア感が鮮烈。その要因は高音の伸び。アイオミのヘヴィ・リフやギーザーのうねるベースランも克明ですが、そこから突き抜けるオジーのシャウトが超クリア。『SABOTAGE』時代と言えばヴォーカリスト:オジー・オズボーンの全盛期にあたり、後年とは比較にならないほど気持ちよく声が出ている。いっぱし以上のハイトーン・シンガーだったオジーの真価がたっぷりと味わえるのです。

 そのサウンドで描かれるのは、ノー・トラブルで「Megalomania」もブチかまされる“SABOTAGE TOUR”の真骨頂。まず何より、セットが美味しすぎる。初期BLACK SABBATHはツアーが違っても大きくセットを変えず、ツアー中のマイナーチェンジを積み重ねて変化していったバンドでした。しかし、この“SABOTAGE TOUR”だけは特別。これ以前の“SABBATH BLOODY SABBATH TOUR”とも異なれば、その後の“TECHNICAL ECSTAY TOUR”とも連続性がない。この後、演奏されなくなる「Killing Yourself To Live」での開演も独特なら、鍵盤奏者ジェラルド・ウッドルフを帯同させた事で可能になった「Spiral Architect」、『SABOTAGE』の超名曲「Hole In The Sky」「Megalomania」と、このツアーだけのナンバーもたっぷり。「Children Of The Grave」も、この後は省略される「Embryo」付きです。

 さらに中間部のジャム・セクション「Sabbra Cadabra」も絶品。ギター/ベース/ドラムのソロやジャム、「Sometimes I'm Happy」を盛り込みつつ、「Supernaut」「Iron Man」も大胆に組入れた37分に及ぶ一大メドレー。“SABBATH BLOODY SABBATH TOUR”とは違ってウッドルフによるキーボードも加わって鮮やかですし、コーダには「Sabbra Cadabra」のリプライズではなく、重厚極まる「Black Sabbath」が炸裂する。“TECHNICAL ECSTAY TOUR”以降には別の趣向を試みていくわけですが、ドラマティシズムと良い、フレキシブルさと良い、“SABOTAGE TOUR”こそがベスト。70年代を丸ごとかけて熟達していったメドレーの極みであり、本作こそがその最後の1回。それを極上サウンドで楽しめるのです。
 
 1976年編は「Children Of The Grave」の途中で録音が終了してしまうために完全記録とはいかないのですが、他に欠点らしい欠点がない。コア・マニア達が「サバス史上最高のツアー」と断じる“SABOTAGE TOUR”の本国2公演を極上サウンドで楽しめてしまう極上ライヴ・セットです。

 伝統会場“ハマースミス・オデオン”コレクション・シリーズの第1弾ではありますが、それ以上に本作自体が極めつけすぎる4枚組。全録音コレクションに興味がない方でも、絶対不可避の大傑作が登場です。
 
Hammersmith Odeon, London, UK 22nd October 1975
Disc 1(47:57)
1. Supertzar 2. Killing Yourself To Live 3. Hole In The Sky 4. Snowblind
5. Symptom Of The Universe 6. War Pigs 7. Light Goes Off 8. Sabbra Cadabra 9. Jam
 
Disc 2(50:36)
1. Guitar Solo 2. Sometimes I'm Happy 3. Drum Solo 4. Supernaut 5. Iron Man
6. Guitar Solo 7. Black Sabbath 8. Spiral Architect 9. Embryo/Children Of The Grave 10. Paranoid
 
Hammersmith Odeon, London, UK 13th January 1976
Disc 3(41:00)
1. Supertzar 2. Killing Yourself To Live 3. Hole In The Sky 4. Snowblind 5. Symptom Of The Universe
6. War Pigs 7. Megalomania
 
Disc 4(46:03)
1. Sabbra Cadabra 2. Jam 3. Sometimes I'm Happy 4. Drum Solo 5. Supernaut 6. Iron Man 
7. Guitar Solo 8. Black Sabbath 9. Spiral Architect 10. Embryo/Children Of The Grave
 
Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
Gerald Woodroffe - Keyboards
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 186人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.