洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 大雪や荒天にともなうお
届け遅延について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > IN NIAGARA FALLS 1976/1978
  IN NIAGARA FALLS 1976/1978 / BLACK SABBATH
商品の説明
商品名 IN NIAGARA FALLS 1976/1978
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 4CDR
CONDITION M+
SOURCE DEC.10.1976+SEP.8.1978/AUD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
BLACK SABBATH - IN NIAGARA FALLS 1976/1978(4CDR)
Convention Centre, Niagara Falls, NY, USA 10th December 1976 & 8th September 1978 TRULY AMAZING SOUND
 
 70年代末期に行われた因縁深き“TECHNICAL ECSTASY TOUR”と“NEVER SAY DIE TOUR”。その同会場コレクションに新たなる傑作が登場です。そんな本作に記録されているのは「1976年12月10日+1978年9月8日ナイアガラ・フォールズ公演」。双方の超個性派オーディエンス録音です。
 
【因縁深い同会場コレクションの最新弾】
 いかに同会場とは言っても、年の違うライヴをカップリングしているのには意味があります。本作に目を留められた方ならご存じかも知れませんが、この2つのツアーは本当に因縁めいている。一般には「オジー時代の後期」以外の意味はありませんが、コレクターには違う。ツアーを代表する極上音源がことごとく同会場で記録されているのです。当店では、そんな同会場ライヴアルバムをシリーズでアーカイヴ。本作は、その最新弾にあたるのです。まずは、そのコレクションを整理しておきましょう。
 
【北米編】
●ピッツバーグ公演(’76年12月8日/’78年9月2日)
 →プレス3CD『PITTSBURGH 1976/1978: THE ULTIMATE EDITION』
●フレズノ公演(’76年11月9日/’78年9月22日)
 →プレス3CD『IN FRESNO』
●ナッシュヴィル公演(’77年2月9日/’78年11月19日)
 →プレス2CD『IN NASHVILLE 1978』&ボーナス2CDR『IN NASHVILLE 1977』
●ナイアガラ・フォールズ公演(’76年12月10日/’78年9月8日)
 →4CDR ★本作★
【欧州編】
●オッフェンバッハ公演(’77年4月7日/’78年10月11日)
 →4CDR『IN OFFENBACH』
●ハマースミス公演(’77年3月13日/’78年6月10日+19日)
 →5CDR『HAMMERSMITH STORY 1977-1978』
 
 以上、6作品。公式級サウンドボード『PITTSBURGH 1976/1978: THE ULTIMATE EDITION』を筆頭に、奇跡の超絶オーディエンス『IN FRESNO』等々、SABBATHの70年代後期を代表する名作がズラリ。コレクターなら1本ならずとも聴いたことのあるのではないでしょうか。これだけの傑作群が同会場というだけでも因縁めいていますが、さらにセットも酷似。キーボーディンスト:ジェラルド・ウッドルフの有無は大きな違いではあるものの、「Symptom Of The Universe」で開演して新曲を交えてコンパクトに楽曲を聴かせる前半、「Dirty Women」から各種ソロやジャムで遠大に盛り上がる後半と、ほとんど同じ流れになっている。これほど定点観測に相応しいツアーは英国ロックでも極めて珍しいのです。
 
【怒号飛び交う一触即発なショウの現場】
 さて、本作はそんなシリーズ最新弾。ディスク1-2(1976年編)は従来から有名な録音ですが、ディスク3-4(1978年編)はこれまで存在は知られていてもコアなコレクター間でしか流通してこなかった貴重なもの。それをカップリングした4枚組オーディエンス・セットです。そのクオリティは見事なリアル・オーディエンス。1976年編(ディスク1-2)は“TECHNICAL ECSTASY TOUR”の有名録音だけにクリアさが素晴らしく、1978年編もこれまで秘匿されてきたのが不思議なほどオンな芯が力強く、真っ直ぐに飛び込む安定感もズバ抜けている。さすがにどちらも奇跡の『IN FRESNO』には及びませんが、じっくりと演奏に浸りきれる名録音。もちろん、細心マスタリングで磨き上げており、1976年編(ディスク1-2)ではピッチ既発で大幅に狂っていたピッチを整え、1978年編(ディスク3-4)にしてもやや丸みのある原音をブライトに調整。録音自体の可能性を最大限に引き出しただけでなく、カップリングに相応しいサウンドを実現しました。

 そして、ベストに仕上がったサウンド以上に本作を際立たせているのは現場のリアリズム。実のところ、1976年編(ディスク1-2)は殺伐とした客席ムードでも有名な音源でして、冒頭「Symptom Of The Universe」が終わるや「座れ!」「座れつってんだろ、この豚野郎!!」といった怒声が飛び交うのです。「War Pigs」辺りで一度は落ち着くものの、再び炎上。「うるせぇ、黙れ!」と返す観客もいれば「座りやがれぇ♪」とふざけて歌い出す輩まで出てくる始末。何とも殺伐としているのです。これだけでも個性的ですが、実は2年後の1978年編(ディスク3-4)も同じだからビックリ。1976年ほどしつこくはないものの、中盤「Black Sabbath」が終わった後で「座れ!」の大騒ぎが巻き起こる。「同じショウ!?」と耳を疑うほどですが、確実に演奏が異なりますし、なにより「All Moving Parts (Stand Still)」や「Gypsy」「Never Say Die」といった各ツアーの象徴ナンバーが演奏されているのだから同じハズがない。“ナイアガラ・フィールズ”のロックファンが殺気立っているのかも知れませんが、それにしても会場中で同じ騒ぎが起きているとは考えづらく、奇跡的な類似なのです。やはり“TECHNICAL ECSTASY TOUR”/“NEVER SAY DIE TOUR”には、何か因縁があるとしか思えない……。
 
 本来であれば“TECHNICAL ECSTASY TOUR”では珍しい「Megalomania(再結成後も演奏されず、本作が歴史上最後の記録です)」や、やけにハッキリ聞こえる「She's Gone」のアウトロにも触れるべきなのですが、それ以上に殺伐としたムードが圧倒的すぎる。姉妹ツアー“TECHNICAL ECSTASY TOUR”&“NEVER SAY DIE TOUR”の同会場コレクションでも飛び抜けて個性的な4枚組です。怒号が乱れ飛ぶ殺伐とした現場で70年代SABBATHの熱演を実体験できる超リアル盤。ぜひ、たっぷりとご堪能ください。
 
Niagara Falls Convention Centre, Niagara Falls, NY, USA 10th December 1976
Disc 1 (39:17)
1. Supertzar
2. Symptom Of The Universe
3. Snowblind
4. All Moving Parts (Stand Still)
5. War Pigs
6. Gypsy
7. Black Sabbath 
 
Disc 2 (51:49)
1. Intro. 
2. Megalomania 
3. Dirty Women 
4. Drum Solo 
5. Guitar Solo 
6. Rock 'n' Roll Doctor
7. Jam
8. Iron Man
9. Children Of The Grave
10. Paranoid
 
Niagara Falls Convention Centre, Niagara Falls, NY, USA 8th September 1978
Disc 3 (34:48)
1. Supertzar
2. Symptom Of The Universe
3. Snowblind
4. War Pigs 
5. Never Say Die 
6. Black Sabbath 
 
Disc 4 (51:57)
1. Intro. 
2. Dirty Women 
3. Rock 'n' Roll Doctor 
4. Drum Solo/Jam 
5. Guitar Solo/Jam
6. Electric Funeral 
7. Iron Man 
8. Fairies Wear Boots 
9. Paranoid 
10. She's Gone Outro.
 
Ozzy Osbourne - Vocals
Tony Iommi - Guitar
Geezer Butler - Bass
Bill Ward - Drums
Gerald Woodroffe - Keyboards (on Disc 1 & 2)
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 178人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.