洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > HARRISBURG 1982
  HARRISBURG 1982 / RAINBOW
商品の説明
商品名 HARRISBURG 1982
レーベル BLACK BOX◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★驚愕の超高音質タイトルです。演奏内容も素晴らしい!★/JUN.21.1982/AUD//BONUS DVDR[LIVE BETWEEN THE EYES: ALTERNATE CAMERA ANGLE EDITION]PRO SHOT/NTSC 75min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の200枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『LIVE BETWEEN THE EYES: ALTERNATE CAMERA ANGLE EDITION』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。
 
RAINBOW - HARRISBURG 1982(1CD)
plus Bonus ★DVDR "LIVE BETWEEN THE EYES: ALTERNATE CAMERA ANGLE EDITION"* Numbered Stickered Edition Only
 
City Island, Harrisburg, PA, USA 21st June 1982 TRULY PERFECT SOUND
 
 激レアな「Jealous Lover」も収録した驚異の新発掘マスターが登場。緊急、永久保存プレス化決定です!
 今回の衝撃マスターはRAINBOW。“STRAIGHT BETWEEN THE EYES TOUR”の一幕「1982年6月21日ハリスバーグ公演」を記録した極上オーディエンス録音です。もちろん本作最大のポイントは貴重極まる「Jealous Lover」の生演奏や美麗なサウンド。しかし、その内容に迫る前にショウのポジション。このツアーには公式映像『LIVE BETWEEN THE EYES』も残されておりますので、それとも比較してツアー概要から確かめておきましょう。
 
・5月7日-6月9日:北米#1a(20公演)
《6月10日『闇からの一撃』発売》
・6月10日-6月29日:北米#1b(15公演)←★ココ★
・7月10日-8月23日:北米#2(32公演)←※公式映像
・9月24日-25日:北米#3(2公演)
・10月12日-22日:日本(8公演)
・10月29日-12月3日:欧州(23公演)
 
 これが1982年のRAINBOW。アルバム発売前から約5ヶ月をかけて北米を巡り、その後に日本→欧州という流れ。本作のハリスバーグ公演は、その序盤となる「北米#1b」9公演目。『LIVE BETWEEN THE EYES』の約1ヶ月前にあたるコンサートでした。

 そんなショウを記録した本作は、とにかく瑞々しいオーディエンス録音。実は現在、発掘の名門「Krw_co」から「luvsufo」なる録音家のマスター・コレクションが大量に発表されており、世界中のコレクターが色めき立っている。本作もその1つとして登場したものなのです。サウンドボードと間違えるようなド密着録音ではないのですが、かと言って遠いわけでも(決して)ない。ディテールも鮮やかな芯が真っ直ぐ手元に飛びこみ、歌詞の1語1語も綺麗に聴き取れ、シンセも繊細に味わえる。ベースだけはやや遠いものの、ドラムはクッキリとしており、何より肝心要のストラト・サウンドが超弱音のちょっとしたフレーズまで艶やかに楽しめるのです。そして、美しい。マスター・カセットからダイレクトにデジタル化されているだけにダビング痕もなく、とにかく美麗。トロけるようなロングトーンは揺れも歪みもなく滑らかに伸び、キレのあるリフやささやかな遊びフレーズも現場そのままに再現される。曲間では観客の熱狂も拾ってはいるものの、肝心の演奏音はまるでキニー録音のように美しいのです。

 しかも、本作はそんな極上録音をさらに細心マスタリングで磨き上げ。大幅に変えてはおりませんが、各所を微調整し、音楽作品としての完成度を高めました。いろいろとあるのですが、特に大きいのは歪みの補正。原音も驚異的に安定していたものの、完璧ではなくイントロの「威風堂々」でテープが揺れ、最後の「Woman from Toyko」のリフでキュル音が発生して半音ほどピッチがズレていたのです。「Krw_co」はマスターの真実を正確に残していましたが、本作ではそうしたパートも綺麗に補正。ついで(?)にわずかに欠けていた「Power」冒頭リフの頭部分も他パートから継ぎ足して完全体にしました。それぞれ小さな補正ではありますが、それによってフルショウを何の引っかかりもなくシームレスに味わえる。逆に言えば、この程度の補正で完璧になるほど、元録音も優れていたわけです。

 そんなサウンドで描かれるショウは、貴重曲「Jealous Lover」も眩しいレア・ショウ。“STRAIGHT BETWEEN THE EYES TOUR”と言えば『LIVE BETWEEN THE EYES』が基準になりますので、それと比較しつつセットを整理してみましょう。
 
●DOWN TO EARTH(2曲)
・All Night Long
・LIVE BETWEEN THE EYESで聴けない曲:Since You Been Gone
●DIFFICULT TO CURE(4曲)
・Spotlight Kid/Can't Happen Here/Difficult To Cure
・LIVE BETWEEN THE EYESで聴けない曲:I Surrender
●Straight Between the Eyes(4曲)
・MISS Mistreated/Tearin’ Out My Heart/Stone Cold/Power
●その他
・Blues/Smoke On The Water
・LIVE BETWEEN THE EYESで聴けない曲:Jealous Lover
 
 メドレー的に触りだけの曲もあるので必ずしも完奏とは限りませんが、このようになっています。“STRAIGHT BETWEEN THE EYES TOUR”の基本に忠実ながら、伝統の公式映像でも聴けなかった「Since You Been Gone」「I Surrender」も美味しい。そして何より「Jealous Lover」。普段ならドラム・ソロに続けて「Long Live Rock’n’Roll」へ雪崩れ込むところですが、この日は「Jealous Lover」を演奏するのです。正確に何公演演奏されたかは分かりませんが、音源では5公演ほどしか記録にない激レア・ナンバーであり、しかも有名なニューヨーク録音よりも長く2コーラス演奏している。さらに言えば、「Smoke On The Water」でもイントロにリッチーが「No Release」もレアですし、アンコール・ラストの「Woman from Toyko」のイントロを弾き始めたところで会場の時間制限が来てしまい、ジョーが観客に謝っているシーンも珍しい。それらすべてを極上のサウンドで楽しめるのです。

 37年という長大な時間を超えたマスター発掘だけでも素晴らしいのに、期待以上のサウンドと貴重な「Jealous Lover」まで味わえる衝撃の1枚。どうぞ永久保存プレスCDでいつでも、いつまでもご堪能ください。
 
★驚愕の超高音質タイトルです。演奏内容も素晴らしい!
 
(76:19)
1. Land Of Hope And Glory
2. Over The Rainbow
3. Spotlight Kid
4. Miss Mistreated
5. I Surrender
6. Can't Happen Here
7. Tearing Out My Heart
8. Blues
9. All Night Long
10. Keyboard Intro (incl. Child In Time)
11. Stone Cold
12. Power
13. Difficult To Cure
14. Keyboard Solo
15. Difficult To Cure
16. Drum Solo
17. Jealous Lover ★★必聴!!
18. Since You've Been Gone
19. Smoke On The Water
20. Woman from Toyko
21. Joe Lynn Turner Announcement

★アンコール・ラストの「Woman from Toyko」のイントロを弾き始めたところで会場の時間制限が来てしまい、ジョーが観客に謝っているシーンも珍しい。。。
 
Ritchie Blackmore - guitar
Joe Lynn Turner - lead vocals
Roger Glover - bass, backing vocals
Bobby Rondinelli - drums
David Rosenthal - keyboards, backing vocals
 
------------------------------------------------------------------
 
★★特別企画
★貴重な「Jealous Lover」も楽しめる新発掘マスター『HARRISBURG 1982』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、伝統プロショットの最高峰版『LIVE BETWEEN THE EYES: ALTERNATE CAMERA ANGLE EDITION』が特別に付属致します。
 
RAINBOW - LIVE BETWEEN THE EYES: ALTERNATE CAMERA ANGLE EDITION(Special Bonus DVDR)
Live at Convention Center, San Antonio, Texas, USA 18th August 1982 PRO-SHOT(HIGHEST QUALITY EVER)
 
 本編プレスCDは、“STRAIGHT BETWEEN THE EYES TOUR”の新定番となる極上ライヴアルバムです。そのボーナスには、伝統のオフィシャル映像『LIVE BETWEEN THE EYES』の史上最高峰クオリティ&別アングル・バージョンをご用意しました。

 本作は、もちろんファンにはお馴染みの「1982年8月18日サン・アントニオ公演」のマルチカメラ・プロショット。この映像はすでに公式にDVD化もされていますが、実は公式DVDの内容はかなり微妙でもありました。公式化とは言ってもビデオ・マスターを元にしており、映像には波形状のノイズが入り、サウンド的にもベストとは言い難い。未だに「本当にオフィシャル?」の疑問が頭をよぎってしまう仕上がりだったのです。

 では、「ベスト」とはどれなのか。それは90年代に公式リリースされ、とうの昔に廃盤となっている日本盤レーザーディスク。規格的にビデオよりも解像度が高いだけでなく、再生ムラや経年劣化にも強く、サウンドも最高音質。何よりも、ビデオとは別アングル編集もされた完全な“別物”なのです。当時は特に喧伝されていませんでしたが、両者を知るコレクター間では「レーザーディスクの方が画質が良い」「ショットもド迫力」と定評となっていました。本作は、そんな日本盤レーザーディスクのミントクオリティ盤から精緻にデジタル化したもの。実際、本作のクオリティは紛れもなく過去最高・史上最高峰。公式DVDと比べても、画質は明らかに(それも格段に)上であり、圧縮のないリニアPCMで収録されたサウンドも極めて素晴らしいオフィシャル・サウンド。プレスDVDとしても大評判となった人気作をギフトDVDRでもご紹介することになったのです。

 そのクオリティで描かれる『LIVE BETWEEN THE EYES』の素晴らしさと言ったら! すでに目に焼き付き、耳タコな映像ではありますが、見たことのない映像美で描かれるとまったく新鮮。何と言っても、この映像の旨みと言ったら“元気なリッチー”。カメラを意識したようなアクションの連発しており、その激しさは他のどの映像でも味わえないもの。いかにホームビデオ隆盛期とは言え、かつてのカリフォルニア・ジャムでカメラを無視し、破壊したリッチーがこうも変わるとは……。もちろん、ジョー・リン・ターナー、ボビー・ロンディネリ、ディヴィッド・ローゼンタールの“米国人トリオ”も若々しく煌びやかですし、「Spotlight Kid」で客席を睨みつける「デカ目」も、デカい頭を振り乱して叩きまくるドラムソロも史上最高峰クオリティで味わえるのです。

 また、長らく封印されていたDEEP PURPLE(の断片)が散りばめられているのも1982年ならでは。「All Night Long」のイントロで演奏される「Lazy」や「Woman From Tokyo」ほか、「Stone Cold」に先立つキーボードソロの「Child In Time」。もちろん、そうしたフレーズに観客も大喜びとなるわけですが、その反応を見ていると「DEEP PURPLE再結成をめざすのも無理ないな……」と思ってしまう。この「Stone Cold」や「Power」は『FINYL VINYL』にも収録されましたが、本作はその公式盤を凌駕するサウンド。切れ味も厚みも段違いのクオリティで楽しめます。
 そして最大のクライマックスは何と言ってもギター・クラッシュ! ショウ最大の見せ場と言うだけでなく、本作最大のポイントでもある。公式DVDとは大きく違うカメラ・アングルなのです。細かいカット割りからして違うのですが、一番はリッチーの間近アングル。ステージ直下、リッチーのすぐ近くから狂乱のパフォーマンスを目撃できるド迫力ショットなのです。 
 
 思い返すに、1982年ほど“観て楽しいRAINBOW”はなかったかも知れません。アメリカ侵攻をめざして音楽を変え、メンバーにアメリカ人を迎え、ショウアップしていった虹。当店では無数のライヴアルバムでレポートしてきましたが、その真価はやはり目で見なくては。その史上最高峰盤が本作。オフィシャル品さえも超える、“頂点”の1作です。もはや文化遺産とも言えるRAINBOWの究極映像。新名盤たる本編プレスCDの誕生を祝うボーナスとして、これ以上ない1枚。ぜひ、併せてたっぷりとお楽しみください。
 
(74:56)
1. Introduction / Over The Rainbow 2. Spotlight Kid 3. Miss Mistreated 4. Can't Happen Here
5. Tearin' Out My Heart 6. Lazy / Woman From Tokyo 7. All Night Long
8. Keyboards Solo / Stone Cold 9. Power 10. Blues 11. Difficult To Cure 12. Guitar Solo
13. Drum Solo 14. Long Live Rock 'n' Roll 15. Kill The King / Long Live Rock 'n' Roll (reprise)
16. Maybe Next Time 17. Smoke On The Water
 
Ritchie Blackmore - Guitar Joe Lynn Turner - Vocals Roger Glover - Bass
David Rosenthal - Keyboards Bob Rondinelli - Drums
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.75min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・宅配便では配達時間指定がご利用いただけます。(ネコポスは不可)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 92人
・送料:宅配便全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
・送料:ネコポス全国一律200円※ネコポスの利用には制限がございます。詳しくはご利用案内の送料ページをご覧ください。
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
世界中で大流行真っ只中、終息の気配が全く…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷予定日より7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.