洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 大雪や荒天にともなうお
届け遅延について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DEFINITIVE COSTA MESA 1992
  DEFINITIVE COSTA MESA 1992 / BLACK SABBATH w/ROB HALFORD
商品の説明
商品名 DEFINITIVE COSTA MESA 1992
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 3CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★ロブ・ハルフォード&BLACK SABBATHの最高傑作/NOV.14+15.1992/AUD//BONUS DVDR[COSTA MESA 1992: PRO-SHOT EDITION]PRO SHOT/NTSC 46min

通常価格 ¥4,500 (45P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の120枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『COSTA MESA 1992: PRO-SHOT EDITION』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。
 
BLACK SABBATH with ROB HALFORD - DEFINITIVE COSTA MESA 1992(3CD)
plus Bonus Bonus DVDR COSTA MESA 1992: PRO-SHOT EDITION"* Numbered Stickered Edition Only
Pacific Amphitheater, Costa Mesa, CA. USA 14th & 15th November 1992 TRULY PERFECT SOUND(UPGRADE)
 
 鉄鋼の街バーミンガムで誕生した英雄BLACK SABBATHと鋼鉄神ロブ・ハルフォード。究極のコラボレーションを最高峰クオリティで体験できるプレス・タイトルが2作同時リリース決定です!

 その第一弾となる本作に刻まれているのは「1992年11月14日+15日:コスタメサ公演」。究極の共演でも名演として知られる2公演を極上サウンドでフル収録したオーディエンス録音です。サバスとロブの共演は50年に及ぶ歴史の中でたった3夜だけ。まずは同時リリースの『DEFINITIVE CAMDEN 2004(Zodiac 379)』と合わせ、奇跡の3公演を振り返ってみましょう。
 
●1992年(オジー引退興行の前座)
・11月14日:コスタメサ公演 ←★本作DISC 1★
・11月15日:コスタメサ公演 ←★本作DISC 2-3★
●2004年(オジー病欠の代打)
・8月26日『DEFINITIVE CAMDEN 2004』
 
 これがロブ+サバスの全3公演。1992年は引退を表明したオジー・オズボーンのサヨナラ公演であり、その前座としてBLACK SABBATHが友情出演が決まりました。当時のフロントマンはロニー・ジェイムズ・ディオだったのですが、彼は「誰の前座もやるつもりはない」と固辞。当初はトニー・マーティンを呼び戻すことが発案されましたが、タイミング的にマーティンのビザ取得が間に合わない。そこでアイオミ、オジー、シャロンの3人のミーティングで名前が挙がったのがロブだったのです。持ちかけられたロブは1秒もかからず決意したものの、「友情を壊したくない」との思いからロニー&ウェンディ・ディオにも連絡。快諾を得て夢のコラボが実現したのです(ちなみにウェンディは「マーティンの参加は認めない!」と息巻いていたそう。HEAR ’N AIDで親交のあったロブならば……という事なんでしょうか)。

 ともあれ、そうして実施されたコスタメサ公演は2日連続。初日(11月14日)が「SEPULTURA→ロブ・サバス→オジー・ソロ」、2日目(11月15日)は「SEPULTURA→ロブ・サバス→オジー・ソロ→オリジナル・サバス」という構成でした。本作は、そのうち「ロブ・サバス」と「オリジナル・サバス」のステージを完全収録した3枚組なのです。
 
【DATクローンの最高峰マスターをブラッシュ・アップ】
 メタルの創始者サバスと鋼鉄神の共演は世界中から注目を集め、当時からオーディエンス録音が大定番となりました。しかし、本作はそれとはまったく異なる。昔ながらの有名盤はオーディエンス・ショットの音落としだった(接触不良しまくる2日目の「The Mob Rules」がカットされているやつ)のですが、本作の大元は2015年になって登場した新マスター。それも名門「Krw_co」が発掘したDATクローンなのです。その新発掘マスターは『COSTA MESA 1992 THE LEGENDARY MASTER(以下、前作)』として大評判を呼び、瞬く間に完売・廃盤。本作は、あの大名盤をブラッシュ・アップ&ボーナス追加でアップグレードした決定盤なのです!

 そのサウンドは、まさに最高峰。前作の段階から芯の極太感もダイレクト感もビデオ落としとは次元が違っていましたが、本作はさらに力強く、艶やか。実のところ、当初は音のヌケを良くするだけのつもりだったのですが、ここで1つ問題がありました。恐らくは左右PAの中央で録っていたのでしょう、原音はちょっと特殊でステレオ感が極端。パンが端から端まで飛び交っていたのです。それはそれで欠点には思えないかも知れませんが、結果として広がりすぎたステレオ感が不安定感や距離感にもなっており、音ヌケの改善で不自然さが際立ってしまったのです。そこで本作では芯をグッと中央に寄せた(もちろん、モノラルではなく自然な幅のステレオ感はあります)。これにより芯は更に力強くなり、録音ポジションそのものが10メートルくらいグッと近くなったように聞こえ、まるで“Crazy S.”氏の名録音かのようです(もちろん、本当は別人録音ですが)。このようにサバス本来の出音を熟知し、録音の個性にも細心の注意を払ったからこその最高峰更新サウンドを実現したのです。
 
【ロニー時代のドラマティック・ナンバーも歌う鋼鉄神】
 そんなサウンドで描かれるのは、まさに鋼鉄音楽の理想郷。1992年のロブはあくまでロニーの代役であったため、『HEAVEN AND HELL』以降の様式ナンバーも歌っているところがポイント。ここで2日分まとめて整理しておきましょう。
 
●オジー時代(6曲:9テイク)
・BLACK SABBATH:N.I.B.
・MASTER OF REALITY:Into The Void/Children Of The Grave(2日のみ)/Sweet Leaf(2日のみ)
・VOL. 4:Supernaut(初日のみ)
・SABOTAGE:Symptom Of The Universe
●ロニー時代(6曲:11テイク)
・HEAVEN AND HELL:Children Of The Sea/Die Young/Heaven And Hell/Neon Knights
・MOB RULES:The Mob Rules
・DEHUMANIZER:Computer God(初日のみ)
 
……と、このようになっています。2日分で合計12曲・20テイクの「ロブ版サバス」が聴けるわけですが、同時リリースの『DEFINITIVE CAMDEN 2004』と被っているのは3曲「N.I.B.」「Into The Void」「Children Of The Grave」のみ。サウンドボードの存在しない様式美サバスのロブ・バージョンがたっぷりと楽しめるのです(ちなみに、リハーサルではロブが「トニー・マーティンの曲もやろう」と提案しましたが、アイオミが遠慮したそうです。まったく、彼はどこまで真のサバス・ファンなのでしょう)。

 しかも、これがめちゃくちゃロブに似合う。そもそもロブ自身が「サバスが発明したメタルをJUDAS PRIESTがスピードアップした」と語っていたくらいで、快走する「Symptom Of The Universe」や「Die Young」「Neon Knights」「The Mob Rules」はまるでプリースト。もちろん、メロディもドラマティックな「Children Of The Sea」「Heaven And Hell」もピタッとハマり、ロニーとはまったく異なるヒロイック・ヴォイスがとんでもなくカッコイイ。しかも、当時のロブはまだ41歳であり、脂の乗ったハイトーンも冴え渡っているのです。
 
【貴重なロブSABBATHのFMインタビューもボーナス収録】
 そんなロブ・サバスに続くディスク3は、2日目(11月15日)のラスト。オジーを迎えたオリジナル再結成ステージです。オジーの『LIVE & LOUD』にも「Black Sabbath」が収録されましたが、本作は4曲フルが楽しめます。

 そして、ディスク3ではさらに美味しいボーナス・トラックを追加収録。コスタメサ公演の翌日(11月16日)に出演した“ROCKLINE RADIO”のFMサウンドボード録音です。アイオミ、ギーザー、ヴィニーに加えてロブも出演しており、インタビューや視聴者の質問に応えています。ロブがサバスの一員として話しているだけでも貴重ですが、内容も濃い。インタビュアは『DEHUMANIZER』ロブと共演する事になった経緯も聞きだしていますが、視聴者はさらに遠慮がなく、ロニーやJUDAS PRIESTの今後など、答えづらそうなこともド直球に質問してくるのです。

 歴史を紐解けば、『SEVENTH STAR』でも共演するはずだったロブ・ハルフォードとトニー・アイオミ。両雄が遂に音を重ねた歴史的なショウを最高峰サウンドで楽しめる最高傑作です。マルチカメラ・プロショットの見応えでは同時リリースの『DEFINITIVE CAMDEN 2004』には及びませんが、ショウの中身は圧倒的に本作が上回る。きちんとリハーサルを行い(「Children Of The Grave」で入り損ねるのはご愛敬:笑)、気持ちよく伸びるハイノートで綴られるBLACK SABBATH。まさに“ヘヴィメタルの夢”を味わえるライヴアルバムの最高峰。どうぞ、永久保存プレス3CDで、いつでも、いつまでもお楽しみください!

Live at Pacific Amphitheater, Costa Mesa, CA. USA 14th November 1992
Disc 1(58:53)
1. E5150
2. The Mob Rules
3. Computer God
4. Children Of The Sea
5. Symptom Of The Universe
6. N.I.B.
7. Die Young
8. Into The Void
9. Heaven And Hell
10. Supernaut
11. Neon Knights
 
Live at Pacific Amphitheater, Costa Mesa, CA, USA 15th November 1992
Disc 2(61:03)
1. E5150
2. The Mob Rules
3. Children Of The Grave
4. Children Of The Sea
5. Symptom Of The Universe
6. N.I.B.
7. Die Young
8. Into The Void
9. Heaven And Hell
10. Sweet Leaf
11. Neon Knights
 
Tony Iommi - Guitar
Rob Halford - Vocals
Geezer Butler - Bass
Vinny Appice - Drums
Geoff Nicholls - Keyboards
 
Disc 3(53:34)
ORIGINAL REUNION
1. Introduction
2. Ozzy Introduction
3. Black Sabbath
4. Fairies Wear Boots
5. Iron Man
6. Paranoid
 
Bonus Track
Rockline Interview, West Hollywood, CA, USA 16th November 1992
7. Radio Intro
8. Interview
9. Q&A #1
0. Q&A #2
 
★★特別企画
 
★ロブ・ハルフォード&BLACK SABBATHの最高傑作『DEFINITIVE COSTA MESA 1992』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、豪華共演の現場を目撃できる映像作品『COSTA MESA 1992: PRO-SHOT EDITION』が特別に付属致します。
 
BLACK SABBATH with ROB HALFORD - COSTA MESA 1992: PRO-SHOT EDITION(Bonus DVDR)
Pacific Amphitheater, Costa Mesa, CA, USA 15th November 1992
 
 本編プレス3CDは鋼鉄のカリスマ共演という貴重度だけでなく、絶頂期のロブ・ハルフォードだからこその大名演を史上最高峰クオリティで永久保存した最高傑作です。その解説でも触れましたが、夢の共演ステージはオーディエンス・ショットが有名だったりしますが、実はプロショットでも残されていました。究極の名盤誕生を祝うべく、プロショット版の最高峰マスターもボーナス付属決定です。

 そんな本作に収められているのは、大きく分けて3つのプロショット。「1992年11月15日:コスタメサ公演」の「ロブ・サバス」をメインに同日の「オリジナル・サバス」、さらにハリウッドの「ロックウォーク」に殿堂入りした際の受賞セレモニーです。それでは、それぞれご紹介していきましょう。
 
【11月15日:コスタメサ公演のロブ・サバス】
 まず登場するのは、貴重極まる“ロブ・ハルフォード&BLACK SABBATH”のプロショット映像。もっとも、プロショットとは言っても普通イメージするようなマルチカメラではなく、ワンカメで撮影されたもので音声もマイク収録。カンタンに言うとMTVの現場レーポートがそのままライヴまで撮影しているような映像で、それも「N.I.B.」「Die Young」「Into The Void」「Symptom Of The Universe」の4曲で合計18分ほどです。

 ハッキリ言って有名なオーディエンス・ショットの方がフルなだけ偉かったりするのですが、その18分間の光景は絶大。カメラピットに乗り込んでいるからこそのドアップが連発で、威風堂々たるアイオミも、一心不乱に髪を振り乱すギーザーも、DIOそのままに歯を食いしばるようにビートを刻むヴィニーも表情が画面いっぱいになるほど超接写。もちろん、最大の見どころはサバスのフロントマンとして熱唱しているロブであり、その妖しい佇まいも表情のドアップもたっぷり。正直言ってオーディエンス・ショットでは「お辞儀する電球」にしか見えなかったアクションが神々しくさえ映る。なぜ、なぜこのままフルショウを撮影してくれなかったのか。今さら28年前の怨み言まで甦ってきてしまう超接写映像なのです。

 しかも、そんなライヴの前後には当日バックステージの様子も収録。ライヴ前にはロブ+アイオミ+ギーザーの3人にオジーやビル・ワードまで交えて伝説のバーミンガム野郎共が集ったフォト・セッション、ライヴ後にはヴィニーも交えた4人で汗だく状態のまま答えるインタビュー。どちらも神々がバンド然とした雰囲気で並ぶ貴重な姿をプロショットで観られるのです。
 
【11月15日:コスタメサ公演のオリジナル・サバス】
 そんなロブ・サバスの後には、同じ日に実現したオリジナル・サバスの再結成ステージから「Black Sabbath」もプロショット収録。この演奏はオジーの『LIVE & LOUD』でも観られるわけですが、本作は完全別バージョン。ロブ・サバスと同じように突撃取材したようなワイルドなワンカメ・ショットで伝説復活の瞬間を楽しめるのです。
 
【11月18日:ロックウォークの殿堂入りセレモニー】
 そんなコスタメサ公演の後は、3日後に行われた“ハリウッド・ロックウォーク”の模様です。引退に伴ってオジー個人とBLACK SABBATHの手形が路地に刻まれたわけですが、型を取るセレモニーがテレビ中継。そのプロショットです。そして、そのプレゼンターを務めたのが、3日前にサバスのフロントマンでもあったロブ・ハルフォード。彼がオジーやサバスの偉業を語るスピーチやインタビューもプロショットで観られるのです。
 
 敬意も相性もバツグンな究極の重金属コラボレーション、ロブ・ハルフォード&BLACK SABBATH。その初めての共演となったコスタメサ公演や周辺行事をプロショットで目撃できる1枚です。

 本作だけでも奇跡ユニットの見どころ満載ですが、さらに本編プレス3CDと本作を併せることで、“11月14日・15日”の共演ライヴ→“11月16日”のROCKLINE出演→“11月18日”のロックウォークと「ロブとサバスの1週間」を隅から隅まで楽しめるわけです。本編プレス3CDのイマジネーションを数倍にハネ上げ、さらにコレクションも完璧にしてくれる映像傑作。どうぞ、併せてたっぷりとご堪能ください!
 
(45:48)
Pacific Amphitheater, Costa Mesa, CA, USA 15th November 1992
BLACK SABBATH with ROB HALFORD
1. Photo Session
2. N.I.B.
3. Die Young
4. Guitar Solo
5. Into The Void
6. Symptom Of The Universe
7. Backstage Interviews
 
ORIGINAL BLACK SABBATH REUNION
8. Black Sabbath
 
ROCK WALK INDUCTION
Hollywood’s RockWalk Induction, Hollywood, CA, USA 18th November 1992
9. RockWalk Ceremony
10. Rob Halford Interview
11. Ozzy, Tony & Geezer Interviews
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.46min.
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 110人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.