洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > LOS ANGELES 1978: MIKE MILLARD SECOND GENERATION TAPES
  LOS ANGELES 1978: MIKE MILLARD SECOND GENERATION TAPES / KINKS
商品の説明
商品名 LOS ANGELES 1978: MIKE MILLARD SECOND GENERATION TAPES
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★流石のミラード録音。超高音質です。/JUN.25.1978/AUD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
THE KINKS - LOS ANGELES 1978: MIKE MILLARD SECOND GENERATION TAPES(2CD)
Universal Amphitheatre, Los Angeles, CA, USA 25th June 1978 TRULY PERFECT SOUND
 
マイク・ミラードが遺した音源はどれだけ我々を驚かせてくれ続けるのでしょうか?先週もJEMSの手によって驚きのミラード音源が公開されました。それが1978年6月25日のLAはユニバーサル・アンフィシアターで行われたキンクスのコンサート。何とミラードがキンクスまで録音していたとは。ところがそれだけではありません、彼が録音していた時期というのが大変に貴重なもの。この年のキンクスはニューアルバム「MISFITS」を引っ提げて5月からツアーを開始したのですが、そもそも1978年のステージを捉えたアイテムというのがLP時代から無いに等しい。

前年はそれまでのレイ・デイヴィスによるコンセプト・アルバム路線から一転してストレートなロック路線に回帰してアメリカで大ヒットを記録した「SLEEPWALKER」の成功を反映するかの如く、一年を通してライブ音源に恵まれた時期。それどころか年末には定番であるロンドンはレインボー・シアターでのライブ映像すら存在する。実際にUXBRIDGEレーベルからも1977年2月のサウンドボード・アルバム「LIFE GOES ON」に「NIGHT STAKER」、さらに大成功だった一年の終盤をダン・ランピンスキー録音の名作オーディエンス「JUKE BOX MUSIC」といったタイトルがリリースされていました。

そうした充実の77年とは対照的なのが今回の78年という訳ですが、この年のキンクスが前作の成功を受けて一気にストレートなロック路線へと突き進むかと思いきや、意外にも落ち着いたサウンドや曲調にまとめられた隠れた名作「MISFITS」をリリース。とこrがセールス的には足踏み、それが音源やアイテムが皆無という状況に反映されているかのよう。
 
それだけにミラードがキンクスを捉えてくれたのが1978年6月だったというのは幸運だったとしか言いようがありません。おまけに彼が向かったのはLAのユニバーサル・アンフィシアター。ミラードは既にこの月の前半にもこの会場を訪れており、そこで行われていたボブ・ディランの連続公演をこれぞ「奇跡がデフォ」と言うべき衝撃のクオリティで捉えてくれ、それらが限定プレスCDにてリリースされたことは多くのマニアが覚えておられるかと。つまり、ユニバーサル・アンフィシアターは78年6月のミラードにとって勝手知ったる会場だった。

そうなればキンクスのステージも卓越したクオリティで録音されることは約束されたようなもの。ミラードの録音キャリアからすれば縁遠いグループだったこともあってか、今回JEMSが入手したのはセカンド・ジェネレーション・コピーのテープ。恐らくはこの段階のテープしか存在しないのでしょう。幸いにもロージェネレーションの範疇なコピーですので、これでも音質は余裕で極上クオリティであり、先の理由から録り慣れた会場での仕事ぶりを反映し、ここでもサウンドボード・レベルの凄まじい音像。

今回の限定プレスCDリリースに際しては、冒頭3曲だけに生じていたピッチの狂いをしっかりとアジャスト。これで驚異的なクオリティのミラード録音をプレス盤で安心して聞ける状態へと昇格。それ以外は今回も実に素晴らしい音質ですので、イコライズなどは一切施していませんし、施す必要もありませんでした。
 
そんなミラードの極上クオリティで楽しめる78年キンクスのステージというのがあまりに貴重。まず何といっても特筆すべきは、77年の段階ではコンセプト時代の名残として帯同していたコーラス隊とホーンセクションが遂に外されたこと。来るべき1979年以降の大ブレイクに向け、ストレートなロックを奏でるバンド・フォーメーションがこのツアーで完成していたのです。それでいて79年以降の直球で分かりやすいが、一方で大味さも見え隠れするサウンドと違い、まだ重厚さも兼ね備えたサウンドや構成がとても魅力的。

当然「MISFITS」からのナンバーを大々的にフィーチャーしているのがリリース直後のツアーらしくデイヴ・デイヴィスがリードボーカルを取る曲というのが同アルバムからの「Trust Your Heart」というのが貴重であると同時に、このツアーの性質を物語っている。それ以上に凄いのが彼のギタープレイ。今となっては触れられることもなくなってしまいましたが、1960年代イギリスのビート・グループのギタリストとしては、唯一ハードロックあるいはヘビメタ的なスタイルに転身できたのがデイヴ。例えば「Mr. Big Man」や「Hey Fever」では彼のテクニカルで洗練されたハードロック・ギターが炸裂。

それ以上に卓越したショーマンぶりを発揮するのが兄のレイ。以降のキンクスのライブでは恒例行事となる「Lola」のじらしが始まったのが正にこのツアーだったという。ここでは二回も煽って演奏するそぶりをみせておきながら、ショー中盤においてようやく三度目の正直として演奏されており、当然観客は大喜び。

そんなレイの見事なショーアップ術を前にアンフィシアターの観客の盛り上がりは凄まじいものがあり、その臨場感も見事なバランスで捉えられている。名曲「Sunny Afternoon」で合唱するのは当たり前、キンクスのショーではいつも余興のノリで歌われる「Alcohol」の後、絶好調のレイがほとんどアカペラな状態でコンセプト期のナンバー「Ducks on the Wall」を歌い出してみれば、それを観客が見事に合唱で歌い継ぐという盛り上がりぶり。とどめはリリースされたばかりのアルバムから「Live Life」でも凄まじいまでのコール・アンド・レスポンスという最高の場面が捉えられている。

そしてアンコールの前では70年代キンクスを支えたベーシストのジョン・ダルトンが観に来ていることが告げられ、会場がなんともあたたかい雰囲気に。もちろん「You Really Got Me」に「All Day And All Of The Night」といった不朽の名作もハイパーな勢いで演奏。前年の成功で息を吹き返したキンクスがアメリカでの大ブレイクを控え、アンフィシアターで熱演を繰り広げた「MISFITS」モードのステージをミラードが最高の音質で捉えてくれました。キンクス・マニアはもちろん、全ロックファンに自信を持って推せる最高のオーディエンス・アルバム!
 
(リマスターメモ)
★冒頭3曲のみ半音の30%前後スロープ状に高いので調整。
★全体の音圧を上げたのと、冒頭の小さめの音圧を上げました。
 
Disc 1 (57:39)
1. Intro
2. You Really Got Me Intro
3. Life On The Road
4. Sleepwalker
5. Mr. Big Man
6. Waterloo Sunset
7. Misfits
8. Permanent Waves
9. Hay Fever
10. Lola
11. Celluloid Heroes
12. Well Respected Man
13. Death Of A Clown
14. Sunny Afternoon
 
Disc 2 (44:39)
1. Band Introductions
2. Trust Your Heart
3. You Really Got Me
4. Slum Kids
5. Demon Alcohol
6. Rock & Roll Fantasy
7. All Day And All Of The Night
8. Live Life
9. Hello John Dalton
10. Juke Box Music
 
Ray Davies - vocals, guitar
Dave Davies - lead guitar, vocals
Mick Avory - drums, percussion
Jim Rodford - bass, backing vocals
Gordon Edwards - keyboards, backing vocals
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 75人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.