洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 大雪や荒天にともなうお
届け遅延について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > FUJI ROCK 2001: DAT MASTER
  FUJI ROCK 2001: DAT MASTER / OASIS
商品の説明
商品名 FUJI ROCK 2001: DAT MASTER
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1CDR
CONDITION M+
SOURCE JUL.27.2001/AUD//BONUS CDR[INDIANAPOLIS 2001]JUN.1.2001/AUD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の140枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り「INDIANAPOLIS 2001」が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


OASIS - FUJI ROCK 2001: DAT MASTER(2CD)
plus Bonus CDR "INDIANAPOLIS 2001"* Numbered Stickered Edition Only
Naeba Ski Resort, Yuzawa, Japan 27th July 2001 PERFECT SOUND(from Original Masters)
 
 解散から10年が経過しても日本でなお根強い人気を誇るオアシス。もはや全ての来日公演が何らかのアイテムとしてリリースされている感があるほどなのですが、実のところぽっかりと空いてしまった穴のように忘れ去られていて、なおかつアイテムがほとんど存在しない来日があるのです。それが2001年のフジロックへの出演。当時いくつかのCD-Rがリリースされたっきり、あれから20年近い歳月を経てしまった現在、マニアでもこの時のステージを聞いたことがないという人の方が多いのでは。

 そもそも2001年のオアシスの活動自体が今となっては完全に忘れ去られてしまった感があり、翌年の「HEATHEN CHEMISTRY」リリース以降からのオアシス安定期が始まる前の過度期という風に捉えられがち。あれから20年近い歳月が経過した今、この忘れ去られた来日を聞いてみると驚くほど新鮮に聞こえ、とても楽しめてしまうのです。

 そんな過度期の来日公演をひっそりと録音してくれていたのは、何とキニー。もちろん2001年当時にリリースされていたCD-Rアイテムに使われた音源とは全く別のオーディエンス録音。ステージから若干距離感のある音像なのですが、おかげで周囲にざわつくオーディエンスがほとんどおらず(それにしても曲間では観客が随分と咳込んでますね…今では考えられません)演奏を聞きこむにはむしろ好都合。「まるでサウンドボード」と形容されるような録音状態ではありませんが、今まで眠っていたDATマスターだけのことはあり、鮮度は素晴らしい。これなら限定プレスCDにてリリースするに十分なクオリティというもの。
 
 この年のオアシスはブラジルのフェス出演から活動を始めましたが、本格始動となったのはブラック・クロウズとのジョイントで5月から6月にかけて行われた「兄弟愛」ツアー。ところが、その開始に際してドラマーのアラン・ホワイトが長年のライブ活動から生じた手の故障を訴えてツアーに参加できず、代わりに兄のスティーブが代役を務めて完遂されました。これがまた2001年が過度期とみなされる所以でしょう。

 ところが日本のファンにとってラッキーだったのは「兄弟愛」ツアー中の静養が功を奏したアランが復帰してくれたということ。これで本来のオアシスに戻ったというだけでなく、彼のドラムが随所で気を吐いているのが圧巻。特に「Morning Glory」はハードなヒットが決まりまくってもうキレッキレ。

 また2001年ツアーの目玉の一つが1995年でアラン・ホワイト加入前だった春以来の演奏となる「Fade Away」だったのですが、日本人にとっては1994年以来の復活に思わず歓声が沸き上がる。しかも「兄弟愛」ツアーでは先のようにスティーブ・ホワイトがドラムを叩いていた訳ですが、フジロックでは同曲をアランのドラムで聞けたのもラッキーでしょう。おまけにここでの彼のドラミングがまたハイテンション。バンドに戻れたことが嬉しくて仕方がないかのよう。
 
 そんな気迫のこもったアランのプレイだけでなく、この日の演奏自体が非常に素晴らしい。何といっても「兄弟愛」ツアーの終了から一か月以上が経過し、なおかつ7月で唯一のステージだったこともあり、リアムの喉は絶好調。その上、声質自体がまだ2000年にあった若さを保っており、どの曲でもメロディをしっかり歌い切っている。

例えば「Cigarettes & Alcohol」はジミヘンがジャムで好んで弾いていたビートルズの「Tomorrow Never Knows」を基にしたメロディから影響を受けたフレーズをノエルが弾くところから始まって最後がZEPの「Whole Lotta Love」で終わるという2000年パターンなのですが、絶好調のリアムと一緒に歌うノエル、そしてここでもキレッキレなアランのドラムが合わさって壮絶なバージョンに。

さらにこの日の大きな魅力としては、日本で唯一披露された「Step Out」の場面を良好な音質で聞けるということ。「Don't Look Back In Anger」カップリングに収録されて2000年からレパートリーに加わったノエル・ボーカル曲ですが、前年の来日時にはまだセットインしていなかっただけに、これが現在に至るまで日本で唯一のライブ演奏となっています。それにここでもアランのドラムが凄まじく、前年のバージョンよりも倍速な演奏(エンディングに至っては速すぎ)に圧倒されるばかり。

何かと見過ごされていた2001年の来日ですが、実のところ演奏内容はアランの張り切りすぎなドラミング(笑)を始めとして一級品。それでいて「Slide Away」や「Champagne Supernova」をやり直すという微笑ましい場面まで。そんな幻の一夜を初めて限定プレスCDにてリリースするという快挙!

Disc 1 ((56:58)
1. Intro (Fuckin' in the Bushes)
2. Go Let It Out
3. Who Feels Love?
4. Columbia
5. Morning Glory
6. Supersonic
7. Fade Away
8. Acquiesce
9. Gas Panic!
10. Cigarettes & Alcohol
11. Step Out
 
Disc 2 (35:40)
1. Slide Away (Interrupted)
2. Slide Away
3. Champagne Supernova
4. Don't Look Back in Anger
5. Live Forever
6. I Am the Walrus
Liam Gallagher - vocals, tambourine
Noel Gallagher - guitar, vocals
Gem Archer - guitar
Andy Bell - bass
Alan White - drums
 
★★特別企画
 
★オアシス「FUJI ROCK 2001: DAT MASTER」の初回限定ナンバー入りステッカー付に限り、フジロックから約2か月前の6月1日のインディアナポリスでのライブを高音質オーディエンス録音で完全収録した限定ボーナス・ディスク「INDIANAPOLIS 2001」が特別に付属致します。
 
(この時はドラマーのアラン・ホワイトが手に不調を訴えて療養中で、代わりに彼の兄でポール・ウェラーのバンドのドラマーだったスティーブ・ホワイトが叩いていた時期です。)
 
OASIS - INDIANAPOLIS 2001(Ltd Bonus CDR)
Verizon Wireless Music Center, Noblesville, IN, USA 1st June 2001 PERFECT SOUND
 
 2001年のオアシスがフジロックの前に行っていたツアーがブラック・クロウズとのジョイントでした。その名も「兄弟愛」と名打たれたツアーは英米の二大兄弟バンドが共演ということで当時それらの国では話題を呼んだのですが、世間的にはオアシスが停滞と捉えられた時期でしたので、日本のマスコミに取り上げられる頻度は少なく、なおかつリリースされたアイテムが極端に少なかった。

 またツアー開始時にはアラン・ホワイトが手の不調を訴えて参加できないというハプニングが起きてしまい、急遽代役として白羽の矢が立てられたのがアランの兄、スティーブ・ホワイトでした。彼は長年ポール・ウェラーのバンドのドラマーとして活動して名声を築いており、何よりアランの代役としてはこの上ないプレイヤー。そして何よりドラマーに関しても「兄弟愛」が貫かれたことになります。

 そんなツアーから今回の初回納品分ボーナス・ディスクに選ばれたのは6月1日のインディアナポリス公演。当時から日本では注目を浴びることがなくアイテムが極端に少なかった「兄弟愛」ツアーの中にあって音質も非常に良好なオーディエンス録音。もしこれが2001年当時であれば余裕でプレスCDにてリリースされたであろうレベル。音像の近さやクリアネスなども申し分なく、初心者からマニアまで楽しんでもらえることかと。
 
 しかし、何より驚かされるのがその演奏内容の素晴らしさ。まずリアムの声が絶好調でして、このツアーから唯一のまともなアイテムがリリースされていた二週間前のデンバーのウェブキャストよりもずっといい感じに歌えている。その絶好調さから勢い余って「Fade Away」の歌詞を忘れかけるもノエルが歌って思い出させるという、正に「兄弟愛」を感じさせる場面まで。

 そしてこのツアーと言えば代役スティーブのドラミングな訳ですが、当然アランとはまるでフィーリングが違う。リズムが軽やかに跳ねる弟に対し、兄はひたすらストレートでヘヴィー。それが「Fade Away」からおかず多めなスティーブのプレイが爆発。中でも「Gas Panic !」のテンポアップする後半パートなどは完全に別のバンドと化すほど壮絶な展開を見せています。

しかしノエルの歌う「Step Out」になると原曲の疾走感が失われてしまい、軽やかな曲になるとスティーブのプレイは過剰に映ってしまう。しかし「Cigarettes & Alcohol」終盤の「Whole Lotta Love」が始まると弟よりもヘヴィーな分ボンゾ感が出ているのが面白い。音質が良いだけでなく演奏内容の充実ぶりは素晴らしく、なおかつフジロックにおける弟のプレイとの聞き比べが出来てしまう貴重音源ときた。これは是非とも初回納品分で入手してください!
 
(69:47)
01. Go Let It Out
02. Columbia
03. Morning Glory
04. Fade Away
05. Acquiesce
06. Gas Panic !
07. Cigarettes & Alcohol incl. Whole Lotta Love
08. Step Out
09. Slide Away
10. Champagne Supernova
11. Don't Look Back In Anger
12. I Am The Walrus
 
Liam Gallagher - vocals, tambourine
Noel Gallagher - guitar, vocals
Gem Archer - guitar
Andy Bell - bass
Steve White - drums
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 108人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.