洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > FINAL WINTERLAND 1969 2ND NIGHT : SOURCE 2
  FINAL WINTERLAND 1969 2ND NIGHT : SOURCE 2 / LED ZEPPELIN
商品の説明
商品名 FINAL WINTERLAND 1969 2ND NIGHT : SOURCE 2
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★音源に恵まれなかった69年最後のアメリカ・ツアーから「まずはこれ」という定番の誕生!!/NOV.7.1969.SAN FRANCISCO

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の240枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


LED ZEPPELIN - FINAL WINTERLAND 1969 2ND NIGHT : SOURCE 2(2CD)
Winterland Ballroom, San Francisco, CA, USA 7th November 1969
 
 今年に入ってからZEPの新音源がコンスタントに発掘される状況には驚かされるばかりですが、家で過ごす時間が増えた分、世界中のマニアが音源整理に勤しんでくれているのでしょう。1969年の新音源と言えば「ATLANTA POP FESTIVAL 1969」が記憶に新しいところですが、今度は11月7日のウインターランドが発掘されたのです。マニアならご存じの通り、この日は古くからオーディエンス録音が存在していましたが、それとはまったくの別録音。従来の音源「recorder 1」は音像が近い割に音がモコモコにこもっているというビンテージ・オーディエンス丸出しな状態で、マニアをもってしても「もう少し音が良ければ…」と思わせるような音質でした。そのせいでアイテムのリリース数も限られていたほど。それどころか2010年代を迎えてからは一切のリリースがなく、完全に見過ごされた音源という状況にまで堕ちてしまいました。

 しかし今月発掘された「recorder 2」は録音状態がまるで違う。「recorder 1」のような音像の近さの代わりに奥行きのある音像であり、なおかつ50年以上に渡って眠っていたとは思えない鮮度とクリアーな質感。しかも驚いたことにステレオで録音されており、これがまた奥行きやクリアーさと相まって非常に聞きやすく感じる。演奏のディティールだけなら「recorder 1」の方が近かったにもかかわらず、トータルな聞きやすさは今回の音源が圧勝。
 
 また「recorder 1」はカット個所が多く、中でもライブ終盤の「How Many More Times」でプラントが「The Hunter」パートを歌い始めると録音が終わってしまうという大きな欠点がありました。今回の音源はカットそのものが少ない上、「How Many More Times」は遂に完全収録。まだ「Whole Lotta Love」がレパートリーとして本格投入される前の時期ですので、その分この曲のメドレー展開がエスカレートするという69年後半らしい演奏。それは「recorder 1」と比べて倍近い収録時間となっており、20分を超えるもの。
 
この「How Many~」完全収録というだけでも世界中のマニアを驚かせるに十分な快挙だったのですが、今回の音源の真価は別のところにあった。同曲を終えた後にフィナーレとして別の曲が演奏されていたのです。69年最後のアメリカ・ツアーと言えば前日のウインターランドがもっとも収録時間が長く、なおかつ聞きやすい音源としてマニアに認知されています。そこではエディ・コクランのカバーがフィナーレに演奏されており、この日もカバーで締めくくり…かと思いきや、披露されたのは何と「Bring It On Home」!これまで69年のライブ演奏が一切存在しておらず、ステージ・レパートリーに加えられたのが翌年だとばかり思われていた曲が何と69年の内に演奏されていたとは。

秋のツアーからはセカンド・アルバムのリリースに伴い新曲が徐々に投入されていったのですが、始めからレギュラー扱いだったのは「Heartbreaker」に「What Is And What Should Never Be」、そして「Moby Dick」の三曲だけ。後にライブを締めくくる定番と化す「Whole Lotta Love」はどのようにレパートリーに取り込むかの思案中であり、「Bring It On Home」まで69年に投入されているとは到底考えられなかったのです。

その演奏にも驚きを禁じえません。既にライブのアレンジが完成されていて、イントロは始まるとすぐに観客の手拍子を求めるあのスタイル、そして何より演奏の後半でボンゾとジミーの掛け合いとなる展開が既に仕上がっている。そこから推測するに、本曲はこの日より前からステージで演奏されていたのではないか。

というのも秋のアメリカ・ツアーは元から音源の存在が希少で、なおかつライブのフィナーレまで捉えた音源となると先に触れた6日のウインターランドだけ。それ以前の公演で存在しない音源、あるいはフィナーレまで録音されていない音源を合わせるとトータルで11公演となります。それらのどれか一日でも「Bring It On Home」が試されていたとしても何ら不思議はない。そんな風に勘ぐってしまいたくなるほど今回発掘された最古のライブ演奏の完成度は高いものでした。
 
こうした大きなトピックがあったことからライブ終盤の内容を先に触れてしまいましたが、今回の録音はZEPの前座を務めたアイザック・ヘイズの演奏で客席からの録音を試している断片から始まっているのも貴重。ZEPも短期間でしたが後に彼の「黒いジャガーのテーマ」を盛り込んだ時期があった訳で、ある意味貴重な邂逅と呼べるのでは。

それに69年の初頭にアメリカをツアーしていた時期にはカバーも含めてブルース色の強い演奏を披露していたバンドがセカンド・アルバムのリリースを機にハードロック寄りなレパートリーやサウンドへと変化し始めた様子をステレオかつクリアーな音質で捉えてくれているのもポイントが高い。そうした変化を表すかの如く「Babe I'm Gonna Leave You」はこの日が最後の演奏となっただけでなく、69年初頭の演奏と比べ明らかにハードに演奏されている点もサウンドの進化を物語っている。

そして「Heartbreaker」に「What Is And What Should Never Be」といったセカンド・アルバムからの新レパートリーは実に初々しい演奏ぶりで、特に前者は「お約束感」のまったくない雰囲気をこれほどの高音質で聞かれるのが実に貴重。音質だけでなくカットが少ない点でも長けた今回の音源に生じたカットがもう一つの新レパートリーでドラムソロの「Moby Dick」だったというのは不幸中の幸い(笑)ですが、そこは「recorder 1」をパッチしてありますので、なおさら今回の音源のずば抜けた鮮度とクリアーさを実感してもらえるでしょう。世界中のマニアを驚かせる「新ソース」の発掘というだけでなく、音質が良くてしかも歴史的に貴重な場面まで捉えた衝撃の発掘。なかなか音源に恵まれなかった69年最後のアメリカ・ツアーから「まずはこれ」という定番の誕生でもあります!
 
Disc 1 (58:25)
1. Walk On By (Isaac Hayes)
2. Intro
3. Good Times Bad Times (intro)/Communication Breakdown
4. I Can't Quit You Baby
5. Heartbreaker
6. Dazed and Confused
7. White Summer/Black Mountain Side
 
Disc 2 (63:48)
1. Babe I'm Gonna Leave You
2. What Is And What Should Never Be
3. Moby Dick
4. How Many More Times
5. Bring It On Home ★★★
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 103人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.