洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BALTIMORE 1995: DAT MASTER
  BALTIMORE 1995: DAT MASTER / OASIS
商品の説明
商品名 BALTIMORE 1995: DAT MASTER
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1CDR
CONDITION M+
SOURCE ★特殊なポジションから録音されたであろうことは周囲の状況だけでなく、ノエルのギターの音がPAではなくアンプから出された音を拾ったかのような音色であることからも推測できます。「まるでサウンドボード」と形容される域の音像にまでは及ばないものの、周囲が大人しいので本当に聞きやすい。/OCT.10.1995/AUD//BONUS CDR[Nantes 1995]NOV.14.1995/AUD

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の100枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、[Nantes 1995]が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


OASIS - BALTIMORE 1995: DAT MASTER(1CD)
plus Bonus CDR "NANTES 1995"* Numbered Stickered Edition Only
Hammerjacks, Baltimore, MD, USA 10th October 1995 TRULY PERFECT SOUND
 
 先月は2000年のツアーでノエルが一時離脱した際にマット・デイトンに加わってもらった助っ人期サウンドボード・アルバム「MARSEILLES 2000」をリリースしましたが、今週もまたオアシスの助っ人期ライブ音源をリリースいたします。そもそもオアシスのライブにおける「助っ人期」というの自体が貴重な時期なのですが、その最初の例が1995年に起きています。この年はセカンドアルバム「MORNING GLORY」をリリースしたことで大成功の一年という印象が強いのですが、実は波乱万丈な一年でもありました。ここで1995年の途中まで振り返ってみましょう。
 
・1月末-3月アメリカ#1(30公演)
・4月下旬短期ヨーロッパ&初アリーナ
・トニー・マッキャロル脱退→アラン・ホワイト加入
・6月-7月フェス回り&REMの前座
・8月ジャパン・ツアー(94年に次いで二回目)
 
 今振り返ってみれば60年代や70年代のアーティストほどスケジュールが強行軍だった訳ではないのですが、それでも「MORNING GLORY」リリースに伴う人気の爆発によって6月から忙しくなったのは事実。この状況に翻弄させられたのがベースのギグジーで、来日公演後、一時的に脱退しています。ところが既にニューシングル「Wonderwall」のMV撮影から始まって10月からは再びツアーが待ち構えていた。バンドが上昇気流に乗った中でスケジュールを変えるということはマネージメント的にありえない話であり、ギグジーの代わりとなるベーシストを急遽雇い入れます。そこでヤーヤーズというバンドにいたスコット・マクラウドに白羽の矢が立てられました。
 
 問題は彼が加入して行われた10月からのツアー。まず母国で二回ほどウォーミング・アップ的なギグが行われ、そこから95年二回目のアメリカ上陸。ところが当時のメンバーがまだ若く仲間意識の強い状況であり助っ人スコットはバンドになじめず、何より演奏に支障を来してしまいます。おまけに右も左も分からないアメリカに放り込まれたせいでみるみるホームシックに。遂には10月16日のピッツバーグ公演を終えると逃げるようにイギリスへ戻り、スコットのあまりに短命な助っ人期が強制終了したのです。

 結局ギグジーが復帰することで文字通り元のさやに納まった訳ですが、このスコット助っ人期はギグの本数そのものが少ない上にアイテムが輪をかけて少ない。特にアメリカに関してはリアムがステージに上がった段階で既に調子が悪く、挙句の果てに途中からノエルが引き継いだというハプニングがラジオで放送されてしまったボストン公演が定番となっていました。

 それ以外にオーディエンス録音で唯一リリースされていたのが10月10日のボルチモア公演。驚くほど音質の良いオーディエンス録音が「GETTING HIGH」というタイトルでリリースされていたものの、何故か3曲カットされた不完全収録な代わりにオフィシャルのシングルB面曲コピーで埋められた不思議な内容だったという。非常に貴重な時期を良好な音質で収録していたにもかかわらず、そのような収録状態は大減点でした。しかし元音源は以前からトレーダー間やネット上に出回っており、今回はそれを元に初の完全版リリースが実現するのです。
 
 この音源を聞いて何より驚かされるのは、アメリカのオーディエンス録音とは思えないほど周囲の静かな録音状態。もしかして盛り上がっていないのでは?と錯覚しそうなほどの臨場感なのですが、遠くで盛り上がっている様子も伝わってきますし、左側には健気に声援を送る女性ファンもいる。彼女が「Some Might Say」を求めて曲目を叫んだ直後にノエルが同曲をコールして彼女が大喜びする場面は素敵。

よって特殊なポジションから録音されたであろうことは周囲の状況だけでなく、ノエルのギターの音がPAではなくアンプから出された音を拾ったかのような音色であることからも推測できます。「まるでサウンドボード」と形容される域の音像にまでは及ばないものの、周囲が大人しいので本当に聞きやすい。

ただし1990年代半ばのDATオーディエンス録音らしく高音が目立つバランス感が否めず、そこに関しては今回のリリースに際して若干のイコライズを加えて緩和させています。この変化はホワイティのシンバルの響き辺りから実感してもらえるかと。さらにDATの経年により「Cigarettes & Alcohol」の冒頭で生じていたデジノイズも目立たなくなる処理を施しています。
 
 周囲の静かなおかげもあり、この日はリアムの声が少し荒れていた…つまりアメリカ・ツアー初日から既に完ぺきではなかった様子も伺える。それが4日後のボストンでのラジオ放送であそこまで悪化してしまった訳ですが、幸いにもこの日はそこまでエスカレートせず踏みとどまって最後までちゃんと歌い切っている。むしろ「Roll With It」辺りから通常営業に近づいているほど。何せボストンがあのような結末でしたので、このツアーでリアムが最後までステージにいた日を高音質で捉えてくれているというのも価値が高い。

 そして皮肉なことに、音質が秀でているせいでバンドに溶け込めていないスコットの様子まで聞き取れてしまう。まず「Cigarettes & Alcohol」で彼は構成を間違えてしまった様子が聞き取れますが、それ以上に深刻だったのが「Champagne Supernova」。

 ノエルがギターソロを弾いている最中にスコットは構成を見失って音を外した挙句、遂には弾くのを止めてしまいます。他のメンバーは当然ドン引き状態となり、ノエルが彼のミスに気を取られて音を外してしまいそうになっただけでなく、リアムまで歌に戻るタイミングが遅れてしまいます。この場面から「あいつ大丈夫か?」というスコットへの不安がありありと感じられるという。

 この時期は珍しくフィナーレの「I Am The Walrus」がセットリストから外されており、代わりに「Rock 'n' Roll Star」で締めくくるというパターンとなっていたのですが、この点に関しても「I Am~」がスコットには難しいのでは?という配慮があったのかもしれません。
 
 それだけに足手まといなベーシスト(苦笑)に惑わされないノエル弾き語りコーナーの説得力は素晴らしく、なおかつ音像がさらに近くなっていよいよ聞きやすくなっています。ここだけ聞いてもノエルが鳴らすエレアコっぽい響きをリアルに捉えており、やはり特殊な位置から録音されたであろうことを伺わせてくれる。それに加えて演奏の向こうで観客が熱狂的な反応を見せている様子もちゃんと垣間見られます。

 そして既発「GETTING HIGH」で聞かれなかった終盤になるとリアムはすっかり復調してギグを最後までこなしてくれたのですね。やはりこのパートが収録されないというのは片手落ちでした。こうして内容面と音質面の両方で充実し、なおかつ貴重な時期の優良オーディエンスが初めて完全版にてリリース!
 
(76:54)
01. The Swamp Song
02. Acquiesce
03. Supersonic
04. Hello
05. Roll With It
06. Shakermaker
07. Some Might Say
08. Slide Away
09. Cigarettes & Alcohol
10. Champagne Supernova
11. Wonderwall
12. Cast No Shadow
13. Don't Look Back In Anger
14. Live Forever
15. Rock 'N' Roll Star
 
Liam Gallagher - lead vocals, tambourine
Noel Gallagher - guitar, vocals
Paul Arthurs - guitar
Alan White - drums
Scott McLeod - bass★
 
★★特別企画
 
★オアシス「BALTIMORE 1995: DAT MASTER」の初回限定ナンバー・ステッカー付きに限り、1995年11月14日のフランスのナントで行われたシアターギグでの貴重なライヴ音源を収録したボーナス・ディスク「NANTES 199」が特別に付属致します。
 
OASIS - NANTES 1995(Ltd Bonus CDR)
La Trocardiere, Nantes, France 14th November 1995 TRULY AMAZING SOUND
 
 ギグジーが戻って元の鞘に収まった1995年11月のオアシスはアールズ・コートで栄光の二日間のギグを開きました。よって一般的にはビッグネームの仲間入りした印象の強い時期(日本でもアールズ・コート二日間については大々的に報じられていました)と思われがちですが、それはあくまでイギリス国内での話。世界規模で言えばまだまだ、という状態でして、実際にアールズ・コートから10日後にはフランスでシアタークラスの会場でギグを行っています。今となってはアールズ・コートの印象が強すぎて95年11月の音源と言えばアイテムもそれら二日間に集中している感すらありました。

 リアルタイムではいくつかアールズ・コート後の音源を収録したアイテムもリリースされていましたが、それも今は昔。今回「BALTIMORE 1995 DAT MASTER」の初回納品分に付く貴重音源は何と!フランスのナントで(すいません苦笑)行われたシアターギグのオーディエンス録音を収めているのです。
 
 いかにも当時のカセット・ウォークマンで録られたようなオーディエンス録音であり、当時台頭していたDATオーディエンスのようなクリアネスは望むべくもありません。ちょっと荒くれ録音だと言ってもいいかもしれません。ところが意外なほど音像が近く、中でもリアムの声とノエルのギターは驚くほどオンな音像ですので、マニアならむしろ楽しんでいただけるのでは。

 何よりあのアールズ・コートから10日足らずというタイミングに、ここまでアットホームな雰囲気のギグを行っていたというのがとても面白い。オープニングからしてノエルが「最初の曲は’Swamp Song’だ」と曲名を紹介してからインストゥルメンタルを始めるという場面が珍しいもの。その反面「Cast No Shadow」では既にノエルとオーディエンスがコールアンド・レスポンス状態となっており、アルバム「MORNING GLORY」がリリースされて一か月以上が経過し、ファンの間に浸透していた様子を伺わせてくれる。

 しかし曲間ではしつこいくらい絶叫する(というか悲鳴レベル)女性ファンもいて会場自体は盛り上がっていたようです。「ようです」と申し上げたのも、先のような兄弟が出す音のバランスが大きくて演奏中は周囲の音がまったく拾われないところからすると、一見「盛り上がっていないのでは?」と錯覚しそうになってしまうから。

 それにしても「MORNING GLORY」リリースにアールズ・コート二日間といった栄光に溢れた時期の中、ここまでハコっぽい雰囲気のライブを繰り広げていたというのが本当に面白い。よってあの時のようなハイテンション・パフォーマンスとは違うのですが、バンドも程よい大きさの会場でくつろぎながらステージに挑んでいる様子が伺え、冒頭で聞かれたノエルの曲紹介の場面などはその最たる例でしょう。
 
 そしてリアムもこの日は絶好調で、やはりくつろいだ雰囲気の中で伸びやかな歌声を聞かせてくれます。正に「MORNING GLORY」モードの歌声で攻めまくる。やはり同アルバムリリース後、1995年の残り数か月というのは特別な時期だったように思えます。このカッコイイ歌声を前にしてナントに集まったオーディエンスは絶叫で応えているいるのかもしれません。

 確かにDAT録音的な優等生オーディエンスとは違う荒くれ録音(AMラジオ的と言えるかも)ではあるものの、先のような音像の近さが功を奏して十分に楽しめる1995年11月のレア・ライブ音源。よってマニア向け音源ではありますが内容は最高!
 
(80:00)
01. The Swamp Song
02. Acquiesce
03. Supersonic
04. Hello
05. Some Might Say
06. Shakermaker
07. Roll With It
08. Cigarettes & Alcohol
09. Live Forever
10. Champagne Supernova
11. Wonderwall
12. Cast No Shadow
13. Morning Glory
14. Don't Look Back In Anger
15. Whatever
16. I Am The Walrus
 
Liam Gallagher - lead vocals, tambourine
Noel Gallagher - guitar, vocals
Paul Arthurs - guitar
Paul McGuigan - bass
Alan White - drums
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 88人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.