洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 クレジットカード決済の
エラー現象につきまして
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DEFINITIVE GET BACK (With Let It Be & 16 Other Songs)
  DEFINITIVE GET BACK (With Let It Be & 16 Other Songs) / BEATLES
商品の説明
商品名 DEFINITIVE GET BACK (With Let It Be & 16 Other Songs)
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 4CD
CONDITION M+
SOURCE ★オフィシャル・リリースが実現したことによって、むしろ69年版と70年版それぞれが資料として必要になってしまいました。しかもライナーノーツの中ではグリン・ジョンズがいかに重要な役割を果たしたかということが詳細に触れられていたのですが、そこに登場するアセテートまで網羅しているのが本タイトルの便利なところ。それを読みながら聞けばどっぷり浸れることでしょう。

通常価格 ¥5,000 (50P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の240枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


THE BEATLES - DEFINITIVE GET BACK (With Let It Be & 16 Other Songs)(4CD)
 
話題沸騰の幻のアルバム「GET BACK」の最新決定盤が満を持しての登場です!
 
今から二年前、ビートルズの未発表アルバムのバージョン違いの集大成「GET BACK COMPLETE EDITION」がリリースされた際「これからもオフィシャルでアルバムそのものがリリースされることはないでしょう」と申し上げたのですが、ご存じのように今月そのアルバムが遂にオフィシャルでリリースされることと相成りました。その日が訪れるとはね。

 これにてLPでもCDでも数え切れないほどリリースされてきた「GET BACK」アイテムがお役目御免になる日がやってきたのか…とマニアが思いを馳せようと思っていたところ、どうやらリリースされるのは「1969年版と70年版の混成」であり、中でも世界中のマニアを狼狽させたのはリリース前のプレビューとして「For You Blue」が配信された際、それが70年版ミックスだったという事実。いかにもオフィシャルで起きそうな事態ではないでしょうか。

 ところがこれで話は終わらず、いざリリースされてみれば日本盤にはしっかりと69年版ミックスで同曲が収録されていたという。それでいて海外版やLPでは70年版のままというバージョンもあり、何とも一筋縄ではいかない様相を呈しています。少なくとも69年版と70年版の間でもっともミックスの違いが現れていた「For You Blue」が日本盤では正しく収録されていた点は不幸中の幸いかと。さらには曲間のおしゃべりだけ突然ヒスノイズが入ったりと明らかに複数ソースを継ぎ接ぎした痕跡が多々あるという有様でした。
 
 こうした状況によって、今回のリリースを境にてっきり価値が半減すると思われていた各種「GET BACK」アイテムは皮肉なことに生き長らえる状況となってしまいました。少なくとも今回のオフィシャルが大なり小なり69年版と70年版の折衷という状態でリリースされた訳で、となると各年代をコンプリートに収めたアイテムはそれだけで価値が色褪せない。この現状に打ってつけなアイテムが2019年にリリースされた先の「GET BACK COMPLETE EDITION」であり、今こそ必要とされるアイテムでもある。

ところが本タイトルはSold Out。しかし今回の状況の中で「GET BACK」の集大成たる名盤だった本作が手に入らない状況などありえない…ということで再リリースが決定しました!

 二年前、ディスク四枚に渡ってまとめ上げた「GET BACK」の集大成ですが、もちろん単なる再発にはとどまらない、今回の状況を踏まえた内容の見直しを行っています。まず一枚目ですが、メインに収録されていた1月30日製作のアセテートだけに内容を絞り、ボーナスとして収録されていた「Beatles Sunday」と呼ばれたオールディーズ・ジャムをまとめたアセテートのパートをカット。

よってグリン・ジョンズが1月26日と27日にまとめ、30日のルーフトップ・コンサート終了後に彼が作成した通称「Get Back Mark 1」だけを収録しました。これが後に「KUM BACK」方面のLPアイテムの元となっていたのですが、アセテート固有のノイズを奇麗に取り払ってみせた驚異の仕上がりは今回も健在。Mark 1はこれが永久ベストソースとなるでしょう。
 
 今回の再リリースにおいてもっとも内容の刷新を行ったのは二枚目のディスク。前回はビートルズ最初期のアンダーグラウンドLPだと言われる「O.P.D.」を収録していましたが、今年に入ってから同LPを収録した新たなアイテムが登場していることもあり、今回は同LPを収録する代わりに、同LPの元になったと思われる「GET BACK」完成前のアセテートの内容を再現したバージョンを作り上げたのです。

 「O.P.D.」と言えば各「KUM BACK」アイテムには収録されず、なおかつ後の完成版「GET BACK」よりも収録時間の長い「Dig It」を収録していることがマニアの間で知られていますが、そのアセテートは69年の5月初旬に作られたもの。この時点でほとんど完成版「GET BACK」に内容は近づいていたのですが、そこに無いパートの一つが長い「Dig It」でした。もう一つは「Get Back」を終えた後の場面も長く収録されている。

 残念なことにこの5月初旬にジョンズが作った完成直前のアセテートの現物は発掘されていません。また、「O.P.D.」は元のステレオミックスのLchの音しか入っていないという大きな欠点もありました。そこで同盤にだけ収録されていたDig Itのパートを「Beatles Sunday」のアセテートから、Get BackのイントロはMark 1のアセテートから、さらにそれでも足らないGet Back演奏後のチャット部分だけ映画「LET IT BE」(あるいは来月公開される「GET BACK」)の撮影班が録音した、モノラルのいわゆるナグラ音源からパッチして片チャンネル欠落の欠点も無いGet Back Mark 2を復元するという今までにない斬新なコンセプトでまとめました。つまり「O.P.D.」の大元になったアセテートの完全再現ということ。

今回のオフィシャルのライナーでも触れられていた、アセテートの流出の原因がジョンによるものという説(おまけに本人も否定せず)がある中、もしかしたら彼がジャーナリストに渡したのはこのバージョンだったのかもしれません。
 
 そして三枚目と四枚目には各年代の「GET BACK」を今回も収録。どちらも若干ながら遅かったピッチをアジャスト。さらにまた若干ながらイコライジングをやり直しており、どちらもウォーミーさが増しています。また70年版に関しては「Let It Be」の演奏終了時、キーボード類の減退音がヨレて(左チャンネルを注意して聞いてみてください)さらに微妙に余韻が欠けてしまう箇所を補修。ピッチを正確にアジャストした事で現存するアルバム・マスターのテープボックスに記されたランニングタイムと本盤のディスク4は完全に一致しており(テープボックスの写真はジャケット内側をご参照ください)、マニアックなポイントではありますが、このことからも単なる再発に留まらない徹底した見直しを図ったことが解ってもらえるかと。

 これまた皮肉なことに、今回のオフィシャル・リリースが実現したことによって、むしろ69年版と70年版それぞれが資料として必要になってしまいました。しかもライナーノーツの中ではグリン・ジョンズがいかに重要な役割を果たしたかということが詳細に触れられていたのですが、そこに登場するアセテートまで網羅しているのが本タイトルの便利なところ。それを読みながら聞けばどっぷり浸れることでしょう。今回の事態によって、その再発は必然でした…オフィシャルでは物足りないあなたに!
 
Disc 1(38:15)
[Get Back: Mark 1]
[Glyn Johns 30th January 1969 Mix]
1. Get Back
2. Teddy Boy
3. Two Of Us
4. Dig A Pony
5. I've Got A Feeling
6. The Long And Winding Road
7. Let It Be
8. Don't Let Me Down
9. For You Blue
10. Get Back
11. The Walk
 
Disc 2(43:28)
[Get Back: Mark 2]
[Glyn Johns 7th-9th May 1969 Mix]
1. One After 909
2. Link, Rock 'n' Roll, Chat
3. Don't Let Me Down
4. Dig A Pony
5. I've Got A Feeling
6. Get Back
7. For You Blue
8. Teddy Boy
9. Two Of Us
10. Maggie Mae
11. Dig It
12. Let It Be
13. The Long And Winding Road
14. Get Back (Reprise)
 
Disc 3 (42:47)
[Get Back: Mark 3]
[Glyn Johns 28th May 1969 Mix]
1. One After 909
2. Link, Rock 'n' Roll, Chat
3. Don't Let Me Down
4. Dig A Pony
5. I've Got A Feeling
6. Get Back
7. For You Blue
8. Teddy Boy
9. Two Of Us
10. Maggie Mae
11. Dig It
12. Let It Be
13. The Long And Winding Road
14. Get Back (Reprise)
 
Disc 4(43:48)
[Get Back: mark 4]
[Glyn Johns 5th January 1970 Mix]
1. One After 909
2. Link, Rock 'n' Roll, Chat
3. Don't Let Me Down
4. Dig A Pony
5. I've Got A Feeling
6. Get Back
7. Let It Be
8. For You Blue
9. Two Of Us
10. Maggie Mae
11. Dig It
12. The Long And Winding Road
13. I Me Mine
14. Across The Universe
15. Get Back (Reprise)

(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
11月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 99人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.