洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DEFINITIVE SURRENDER DOCUMENTS
  DEFINITIVE SURRENDER DOCUMENTS / RAINBOW
商品の説明
商品名 DEFINITIVE SURRENDER DOCUMENTS
レーベル DARKER THAN BLUE◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD
CONDITION M+
SOURCE AUGUST 28 1981, TOKYO/SBD

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★名盤・名音源、再紹介(2010年10月リリース)
 
RAINBOW - DEFINITIVE SURRENDER DOCUMENTS(1CD)
Live at Budokan, Tokyo, Japan 28th August 1981 STEREO SBD(UPGRADE!!!)(from Original Masters)

 記念すべきDARKER THAN BLUEレーベルの第一弾として、登場するや否や全てのRAINBOW / リッチー・ブラックモアファンにセンセーショナルな話題をもたらしたサウンドボード音源が、5年の時を経た今、新たな生命を得て堂々の復活で す!RAINBOWの'81年来日公演から最終日となる8月28日の武道館公演は、先日リリースされた「TOTAL SURRENDER」でその全貌が明らかとなり、早くもファンの間で大好評を頂いております。その8月28日の模様は、かつて「SURRENDER DOCUMENT」としてサウンドボード音源が登場した事で現代に蘇り、すぐに「この来日公演を知る上で必要不可欠なライヴ」としてファンに広く知られる ようになりました。今回はその「SURRENDER DOCUMENT」の素材となったテープよりもさらに上位のマスターを新たに発掘し、さらに最新の技術でトリートメント作業を施すこと で、"Definitive"の名を冠するに相応しく、傑作の品位と共に数段階上へのアップグレードを果たしています。

 旧盤「SURRENDER DOCUMENT」は、その衝撃性もさることながら、リッチーの軽い指慣らしまでもがクリアーかつダイレクトに聴こえた圧倒的な高音質が、現在でもファン の間で語り草となっています。そのため「あれ以上音が良くなるはずは無い」と不審に思われるかも知れませんが、そちらと今回登場の本盤とを聴き比べれば音 の違いは明らかで、マスターの違い・進歩したリマスター技術による音質の向上は、特に「Lazy」や「Catch The Rainbow」におけるヒスノイズ含有量の低減ではっきりと感じ取れます。非常に細かく専門的な比較と思われるかも知れませんが、本盤を聴いた後に旧作 を注意深く振り返ると「ここにも、いやあそこにも」といった調子で、傑作とされた前作にもノイズや音の曇りが意外なほど多かった事に気付かされるでしょ う。音質補正の効果もまた明瞭で、全体的にパタパタとしていた低音はバシッと締まりのあるヘヴィサウンドへと、もともと抜けが良かった高音は音の切れ端ま でもが研ぎ澄まされ、この時代のカラフルで透明感のある楽音をより引き立てる音像にリファインされています。音色一つをとっても"オフィシャル級"という 表現が陳腐に思えるほど、本作は卓越した超高音質でこの特別な一夜を切り取っています。RAINBOWファンが本作を聴かないで、一体何を聴くというので しょう!?

 聴く者全てを虜にするリッチーのギターはもはや改めて述べるまでもありませんが、旧盤における「Spotlight Kid」や「Love's No Friend」ではややオフ気味だったボビー・ロンディネリのドラムも彼らしいプレイと存在感を取り戻しており、後半のドラムソロなどは彼への見方が変わ りそうなほど物凄い迫力で繰り広げられています。 ジョーの瑞々しい歌声は「I Surrender」や「Man On The Silver Mountain」、さらにRAINBOWにとって最後になった「Lost In Hollywood」で、よりしなやかな若々しい魅力を感じさせます。また「TOTAL SURRENDER」ではやや聴き取りづらかったロジャー・グローヴァーのベースノートも「Catch The Rainbow」に「Can't Happen Here」で、そのプレイを目の前へ鮮やかに描き出してくれます。この来日公演が事実上RAINBOWにおける最後の大仕事になったドン・エイリーのキー ボードは、本作の音質で聴くとよりいっそう華やかな色彩を帯びて聴こえ、「Catch The Rainbow」のファンタジックな世界観に「Lost In Hollywood」前後のスペーシーな音空間の創出など、彼がRAINBOWで果たした貢献の大きさは、歴代シンガーに並び称されるものだと断言できま す。特に「Difficult To Cure」におけるキーボード捌きは絶品というほか無く、きらびやかな音色と歴戦のキャリアに裏付けられた技術の冴えは「やはりRAINBOWに相応しい キーボードはドン・エイリーしかない!」と、改めて唸らされるでしょう。

 今回発掘されたマスターも前回同様「Long Live Rock 'N' Roll」の途中で録音が終了している事から、残念ながらこれ以降の素材は失われていると考えざるを得ません。しかし既発ではマスター段階でフェイドアウ トしていた「Long Live Rock'N'Roll」ラストが、今回の素材はテープ終了まで継続して録音されていました。 本作ではそれを尊重し、音盤化に当たってもフェイド処理を 施さず、素材のまま収録しました。曲の途中でパタッと演奏が消える事に戸惑われるかも知れませんが、これによって若干ではありますが、前回よりも収録時間 が伸びています。

 RAINBOWの武道館公演サウンドボードといえば、ロニー時代の'76年を収めた永遠のマスターピース「WHEN EVENING FALLS」が思い出されます。本作はそちらと音楽的な方向性こそ変わっているものの、同じ「七色の虹」の色合いの一つとして、かつての大傑作に引けを取 らない輝きと魅力を放っています!また高品位オーディエンス録音の「TOTAL SURRENDER」が'81年8月28日ドキュメントの「客席編」だとすれば、本作はそれと対を成す「ステージ編」に位置づけられます。「TOTAL SURRENDER」で聴き取れた観客の叫びや声を思い浮かべながら、眼前で繰り広げられるバンドの熱演に耳を傾けるのもまた一興です。むしろこのように 双方を比較しながら聴く事で、この武道館最終日公演についてより濃密な理解ができるでしょう。
 この武道館サウンドボード音源を未聴の方にはもちろんの事、旧盤をお持ちの方にも全く新しい一本に接する思いで本作に触れて頂きたいと思います。ハードロック史にその名を刻む歴史的音源が、完全限定プレスCDにてリリース決定です!

★beatleg誌 vol.126(2010年11月号)のレビュー要約です。ご参考まで。

2004年にリリースされた『SURRENDER DOCUMENTS』(DARKER THAN BLUE : 1CD)に使用されたテープよりもマスター・テープに近いテープをリマスターしたものがプレスCD化され、1981年8月に行なわれた日本公演-最終日 -28日の東京-日本武道館でのステージが再び、最高の音質のステレオ・サウンドボード録音のテープから蘇った。
1981年、ヴォーカルにジョー・リン・ターナーが加入したRAINBOWの4度目となった日本公演の最終日である、この日のステージを、オープニングを 飾る「Spotlight Kid」からまるでオフィシャルのようなクリアでリアルなサウンドで聴かせてくれて驚かされる。新加入のジョーのヴォーカルやバンドのプレイを全てクリア に聴くことが出来るが、やはりリッチーの指がフィンガーボードを滑るようなノイズまで聴くことが出来るのがオーディエンス録音に慣れた耳には新鮮であり素 晴らしい。バンドのプレイするスピードをもどかしく感じるのか、ともすれば走り気味なソロを展開するリッチーに迸るようなエナジーを感じる。「Man On The Silver Mountain」ではリッチーがお約束の「Lazy」を弾いてから、イントロをスタート。ここでもブレイクでタイミングを計りつつ、再びキーを上げて弾 き始めるシーンが最高だし、ギター・ソロも前半はギリギリのレベルで破綻せずに弾いているのがわかる。ロニー時代の「Catch The Rainbow」も70年代に比べれば短くなったとは言え、それでも10分を超える熱演が嬉しい。この年がRAINBOW在籍時としては最後となったド ン・エイリーのソロから、「Lost In Hollywood」がプレイされるが、バッキングでのリッチーは、いかにも、らしいとしか言いようのないフレーズを織り交ぜながら、まるでソロを弾くか のようなプレイを聴かせてくれる。続く、ソロではリッチーの凄まじいソロのサウンドが左右にパンしてステレオ・サウンドボード録音の素晴らしさを堪能出来 る。ソロから「A light In The Black」がひとしきりプレイされ、「Difficult To Cure」に続く展開も今聴くと懐かしい。ボブのドラム・ソロから、ラストに収録されている「Long Live Rock'n'Roll」はイントロにおいてリッチーらしいフレーズを絡ませて弾いているし、ギター・ソロでもオリジナルのメロディを生かしながら弾いて いるが、後半で惜しくもフェイド・アウト。完全収録ではないが、これ以上のものは求められないだろうし、この日のステージを最高の音質で収録したアイテム の最終形として是非、聴いて欲しい。

1. Land Of Hope And Glory 2. Over The Rainbow 3. Spotlight Kid 4. Love's No Friend 5. I Surrender
6. Lazy Intro 7. Man On The Silver Mountain 8. Catch The Rainbow 9. Can't Happen Here
10. Keyboard Solo 11. Lost In Hollywood 12. Guitar Solo 13. Difficult To Cure 14. Jam/Drum Solo
15. Long Live Rock 'n' Roll

Ritchie Blackmore - Guitar Joe Lynn Turner - Vocal Roger Glover - Bass
Don Airey - Keyboards Bob Rondinelli - Drums

STEREO SOUNDBOARD RECORDING
〈メーカーインフォによる〉
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・宅配便では配達時間指定がご利用いただけます。(ネコポスは不可)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 31人
・送料:宅配便全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
・送料:ネコポス全国一律200円※ネコポスの利用には制限がございます。詳しくはご利用案内の送料ページをご覧ください。
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
世界中で大流行真っ只中、終息の気配が全く…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷予定日より7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.