洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 降雪や強風による荷物の
お届け遅延について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > GLASGOW 1982
  GLASGOW 1982 / OZZY OSBOURNE
商品の説明
商品名 GLASGOW 1982
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CDR
CONDITION M+
SOURCE DEC.19.1982/AUD

通常価格 ¥1,500 (15P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
OZZY OSBOURNE - GLASGOW 1982(1CDR)
Live at Apollo Theatre, Glasgow, Scotland 19th December 1982 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND
 
 ブラッド・ギルスに加え、ピート・ウェイも在籍していた1982年末期のOZZY OSBOURNE BAND。その激レア・ラインナップを楽しめる貴重なライヴアルバムが登場です。

 そんな本作に収められているのは「1982年12月19日グラスゴウ公演」。その傑作オーディエンス録音です。
 
FASTWAY結成のためにUFOを脱退したピートでしたが、契約問題のためにFASTWAYも断念。WAYSTEDへ移行する前の一時だけオジー・バンドへ加入しました。その期間に行われたライヴは7公演のみ。本作は、そんな超貴重な時期を伝えるライヴアルバムなのです。また、この時期をオジー側から見るとブラッド時代の末期でもある。ランディ・ローズ死去からジェイク・E・リー加入までの流れを振り返り、ショウのポジションを確かめてみましょう。
 
・1月1日-3月18日:北米#1(44公演)
《3月19日ランディ死去→バーニー・トーメ参加》
・4月1日-10日:北米#2a(7公演)
《ブラッド・ギルス参加》
・4月13日-6月28日:北米#2b(51公演)←※公式映像
・7月9日-15日:日本(5公演)
・8月1日-8日:北米#3(3公演)
《ドン・エイリー離脱》
・9月26日+27日:北米#4(2公演)←※公式ライヴ盤
《ピート・ウェイ/リンジー・ブリッジウォーター参加》
・12月10日-20日:英国(7公演) ←★ココ★
《ブラッド&ピート離脱→ジェイク&ドン・コスタ参加》
 
 これが1982年のオジー・オズボーン。ブラッド時代と言えば、公式ライヴ盤/映像作『SPEAK OF THE DEVIL』が有名ですが、サバス曲だけのライヴ盤は「北米#4」、通常セットの映像版は「北米#2b」でした。その後、ピート・ウェイとリンジー・ブリッジウォーターを迎え、試運転とばかりにミニツアー「英国」を実施。本作のグラスゴウ公演は、その6公演目にあたります。もっとも、この7公演だけでブラッドもピートも脱退。(一時はジョージ・リンチに決まるものの、ライヴもせずに気が変わり)ジェイクを迎えて新時代が幕を開けるわけです。

 さて、そんなブラッド時代の最末期、ジェイク時代直前のショウを記録した本作は、密着感がありながら灼熱リアルでもあるオーディエンス録音。えらくクッキリとしたオジーの歌声が真っ直ぐ空間を貫き、トミー・アルドリッチのドラミングも1打1打が輪郭も鮮やかに轟くのですが、同時に盛大な拍手や合唱も記録されている。不思議なのは、そのバランス。普通は喝采が盛大に記録されていると演奏や歌声には距離感があるものですが、本作はそうではない。サウンドボードと間違えるほどではなくとも、鳴りに距離感がなく、客録ならではのスカスカ感がない。図太い芯の演奏とぶ厚い大合唱が同時に押し寄せるダイナミック録音なのです。

 そのサウンドで描かれるのは、激レア・ラインナップによるフルショウ。ブラッド時代と言えば何よりも公式作『SPEAK OF THE DEVIL』が基準ですので、比較しながら整理してみましょう(もちろん、サバス曲だけのライヴ盤ではなく通常セットの映像版の方です)。
 
●サバス・ナンバー(4曲)
・Sweet Leaf(★)/Iron Man/Children of the Grave/Paranoid
●ブリザード・オブ・オズ(7曲)
・Mr. Crowley/Crazy Train/Revelation (Mother Earth)/Steal Away (The Night)/Suicide Solution/Goodbye to Romance/I Don't Know
●ダイアリー・オブ・ア・マッドマン(3曲)
・Over the Mountain/Believer/Flying High Again
※注:「★」印は公式映像『SPEAK OF THE DEVIL』では聴けない曲。
 
……と、このようになっています。基本的には固定セットで曲順まで同じなのですが、その中で耳を惹くのは「Sweet Leaf」でしょうか。当時はアルバム版『SPEAK OF THE DEVIL』がリリースされたばかりでもあり、ドラムソロ用の曲としてセット入りしています。

 そして、重要なのはセットを演じるショウそのもの。まず、超貴重なピート。「Sweet Leaf」など、ところどころでワイルドなラインを挟む辺りピートらしくもありますが、さすがに7公演で辞めるだけあって個性全開とまでは行かない。演奏以上に存在感を放つのは、観客のノリでしょうか。母国の英雄であったUFOの要であり、その派手なステージングは人気絶大。本作でも開演早々「ピート・ウェイだ!」と驚く声も入っており、盛り上がりぶりが尋常ではありません。

 もちろん、演奏自体も必聴。特に凄いのは、やはりブラッドのギターでしょう。彼のアーミングで染め変えられたランディ曲は公式映像でもお馴染みなわけですが、練度がまるで違う。加入直後だった公式映像よりも明らかにこなれており、アーミングでの味付けも堂に入っている。特に「Mr. Crowley」のソロの素晴らしさと言ったら……。アーミングも違和感が消えてピタッとハマり、繊細なメロディとブラッドだからこそのダイナミズムが見事に溶け合う。ブラッドはアーミング奏法で名を成したギタリストではありますが、それは単に奇異なのではなく、音楽的に意味があるから。独特でありつつ、感動的な旋律をより深めるためのアーミング。才人の冴え渡るセンスが随所で感じられ、その練度も実感できるライヴアルバムなのです。
 
 本作の翌日であるリバプール公演を最後にブラッド・ギルスもピート・ウェイも脱退。ジェイク・E・リー時代が幕を開けます。ランディ亡き後、新たな答えを探すかのように英雄達が激しく出入りしていた1982年のオジー。その中でも飛びっきりレアなラインナップをダイレクト・サウンドで楽しめる傑作です。どうぞ、存分にご堪能ください。
 
(78:15)
1. Diary of a Madman
2. Over the Mountain
3. Mr. Crowley
4. Crazy Train
5. Revelation (Mother Earth)
6. Steal Away (The Night)
7. Suicide Solution
8. Guitar Solo
9. Sweet Leaf ★
10. Drum Solo
11. Sweet Leaf (Reprise)
12. Goodbye to Romance
13. I Don't Know
14. Believer
15. Flying High Again
16. Iron Man
17. Children of the Grave
18. Paranoid
 
Ozzy Osbourne - Vocals
Brad Gillis - Guitar★
Pete Way - Bass★
Tommy Aldridge - Drums
Lindsey Bridgwater - Keyboards★
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 40人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.