洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > SESSION TAPE 1991: FIRST WEEK
  SESSION TAPE 1991: FIRST WEEK / COZY POWELL
商品の説明
商品名 SESSION TAPE 1991: FIRST WEEK
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD
CONDITION M+
SOURCE CD: OCT&NOV.1991,UK/SBD

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
Recorded at Monnow Valley Studios, Rockfield, Monmouthshire, Wales, UK October & November 1991 STEREO SBD(from Original Master)

Taken from the original DAT master tape(TDK DA-R 90) titled "Session Tape: Monnow Valley First Week" belonged to Cozy Powell
 
The Earliest Session Tape for "The Drums Are Back"

 あの"コージー・テープス"より驚きの音源が、またしても完全限定プレスCDでリリース決定! コージーの4thソロ「THE DRUMS ARE BACK!」製作過程より、最初の一週間に当たる1991年10月末から11月初めに記録された秘蔵のデモ/セッションが、ここに完全世界初登場です!  コージーの後期キャリアにおいて、今もなお謎のベールに包まれた1991年。その"ミッシング・リンク"へ一筋の光を当てる本作は、全てのコージー・マニ ア必聴必携です!

 様々なバンド活動の傍ら、コージーが残したソロアルバムは計5枚。そのうち'80年代の諸作品は名盤として高い評価を受け、5作目 「ESPECIALLY FOR YOU」も、遺作として特別な位置づけにあります。しかし'92年の「THE DRUMS ARE BACK!」は、当時から何故か低評価に甘んじ、コージーが関与した作品中でも一段低く扱われています。しかしコージーのキャリアを眺めた時、この'91 年から'92年にかけては未解明な部分が今なお存在し、マニアの関心を集める時代でもあります。

 その"謎"を解き明かすツールこそが"コージー・テープス"です。この時代におけるコージー音源は、これまでもBLACK SABBATHの「DEHUMANIZER」セッション音源や、「THE DRUMS ARE BACK ROUGH MIX」,「BACK TO WIN: Tour Rehearsals 1992」が登場し、そのいずれもがファンを驚かせてきました。今回登場するのは「THE DRUMS ARE BACK!」プログレス音源の第三弾! アルバム製作が始まった最初の一週間に記録されたという、極初期セッションの貴重な音源を、今回もコージー秘蔵の オリジナルDATマスター(ラベルに"Session Tape: Monnow Valley First Week"と記載。もちろん全てが完全新発掘音源)より音盤化。サバス脱退とソロでの再起という狭間にあって、コージーがどんなプレイや音を考え、それを 形にしたのか・・・・・・それが芽生えていく瞬間を、優れたサウンドで蘇らせます!
 以下ではディスクを再生しながら、楽曲単位で眺めていきましょう。


1. Tuesday Drum Sound
 本DATマスターで最初に録音されていたものは、コージーのドラムソロでした。このまま公式の素材にもなりそうな、生々しくもクリアでリアルなサウンド には、どんな聴き手も感動するでしょう。手慣らしのプレイが徐々に熱を帯び、ラウドにドラマティックに展開していくプレイはコージーならでは。途中で 「Dance With The Devil」でお馴染みのプレイが出てくるパートも要注目! 本作冒頭にして最大の聴き所と言えるでしょう。セッションの手始めとして、コージーの「よ し、やるぞ!」という気合を感じるテイクです。

2. The Anthem (Drums Only)
 ジェフ・ニコルズによるBLACK SABBATH風のキーボード・サウンドが「THE DRUMS ARE BACK!」でも異彩を放った同曲の、ドラムのみのベーシック・トラックです。この曲はジェフのキーボードが無くても「Headless Cross」そのものといえるドラム・パターンは、コージー自身も最初からこの曲を「サバスのように仕上げてやろう」と考えていたのかも知れません。

3. Somewhere In Time #1
 構成は完成版と異なるものの、セッション初期にして早くも形が見えている楽曲。このテイクではコージーのドラムだけでなくキーボードとベースも加わり、ギターのインプットを待つという状況です。

4. Ride By Night (Ride To Win)
 この曲もドラム,キーボード,ベースにより曲の体裁が固まっており、ギターのみが入っていないという状況です。同曲と「Somewhere In Time」は、どちらもブライアン・メイが関与した楽曲という共通点があります。ブライアンに手渡すため、早く形にする必要があったのかも知れません。

5. Dance With The Devil #1
 コージーはこの時期「Dance With The Devil」のリメイクを考えていました。レコーディングもマリオ・パーガやニール・マーレイを迎えて行われたものの、アルバムに収録された同種テイクは タイトル曲「The Drums Are Back!」に発展したという経緯があります(マリオ・パーガによるリメイク・テイクは「BEST OF THE TAPES」に収録)。コージーにとって「お手の物」といえる曲だけに、セッション初期段階でも体裁は整っています。

6. Return Of The 7
 構成が異なる初期テイク。アルバムではスティーヴ・ルカサーがギターソロを入れていましたが、ここではまだルカサーのソロは入っていません。代わりにコージーとドンによるプレイの応酬へ焦点が絞られ、ラストもフェイドアウトせずにきっちり確認できます。

7. Dance With The Devil #2
 5トラック目の「Dance With The Devil #1」とほぼ同様ですが、本テイクではそちら以上に、コージーのドラムがクリアかつダイナミックな音色で確認できるのが嬉しいポイントです。

8. The Rocket
 本音源中でも特に完成版へ近いテイクです。ドラムとベースのリズムだけでなく、リード・ギターもすでにインプットされ、かなり洗練されています。完成版ではラストにインサートされたジョン・ロードのハモンドが無く、代わりにギターソロがフィーチャーさえれています。

9. The Drums Are Back
 こちらもすでに曲の構成がほぼ出来上がっていますが、完成版で聴けたものとイントロが異なります。また完成版で聴けたベースソロやギターソロは無く、ハンド・クラップやパーカッションがフィーチャーされているなど、細部に聴くべき違いが多々存在します。

10. Somewhere In Time #2
 3トラック目の「Somewhere In Time #1」にギターが被せられたバージョン。完成版と比べてまだ構成は異なりますが「あともう一歩」の段階まで仕上がっています。

11. I Wanna Hear Your Shout(Drums Only)
 こちらは2トラック目の「The Anthem」同様、ドラムのみのリズム・トラックです。まずはドラム・テイクを録り、そこへ肉付けしていくという、コージーの曲作りを垣間見るテイクです。

12. Classical Gas Intro
 レイ・フェンウィックがプログラムした同曲のイントロ部分。ギターやベースは入っていませんが、キーボード部分のみでも興味深いものがあります。

13. Classical Gas #1
 トラック12のイントロで完成していた同曲のキーボード・パートに、コージーがドラムを載せたテイク。ドンのキーボードにコージーが応酬した 「Return Of The 7」と異なり、オーケストラのテープをバックにコージーがソロをプレイする、という印象。その意味では「1812 Overture」や「633 Squadron」を連想させます。

14. Classical Gas #2
 コージーが同曲のバッキングにプレイを載せるため、タイミングを取る様子を収めたテイク。トニー・アイオミは近年のインタビューで「コージーはクリック にしっかり合わせてプレイしていた」と答え、あまりの几帳面さに違和感すら覚えたといいます。このテイクはそんなコージーのプロフェッショナルな側面を感 じられるでしょう。

15. Cozy Singing Melody
 ラストに収められたのは、コージーが手拍子を取りながらメロディを口ずさみ、曲を構想しているテイク。楽曲以前の段階ではありますが、コージーの肉声と 手拍子がこうして残された事は、ファンやマニアにとって感慨深いでしょう。彼の姿が目に浮かぶような50秒弱を最後に、テープは終了します。


 この「THE DRUMS ARE BACK!」からは、前述した「THE DRUMS ARE BACK ROUGH MIX」の他にも、プレスCD2枚組の「THE DRUMS ARE BACK SESSIONS: DAT MASTERS ARCHIVE」や、同作のボーナス・ディスク「ALBUM MIXES」が存在し、アルバムの製作過程を細かく検証する事が可能です。本作の約50分間はその最初期段階を最上級のサウンドで再現し、'91年後半の コージーに関する深い考察を引き出すでしょう。もちろんエンターテイメントとしても、本作オープニングの「Tuesday Drum Sound」は必聴の一言。コージー・マニアならば絶対必携の一本が、海外より完全限定プレスCDで入荷決定! "コージー・テープス"最新作をどうぞお 見逃しありませんように!

(47:38)
1. Tuesday Drum Sound 2. The Anthem (Drums Only) 3. Somewhere In Time #1
4. Ride By Night (Ride To Win) 5. Dance With The Devil #1 6. Return Of The 7
7. Dance With The Devil #2 8. The Rocket 9. The Drums Are Back 10. Somewhere In Time #2
11. I Wanna Hear Your Shout(Drums Only) 12. Classical Gas Intro 13. Classical Gas #1
14. Classical Gas #2

Bonus Track
15. Cozy Singing Melody
 
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 133人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.