洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 クレジットカード決済の
エラー現象につきまして
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > COMPLETE WITNNESS FESTIVAL 2002
  COMPLETE WITNNESS FESTIVAL 2002 / OASIS
商品の説明
商品名 COMPLETE WITNNESS FESTIVAL 2002
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+2CDR
CONDITION M+
SOURCE JUL.14.2002.IRELAND/SBD//BONUS CDR[INSBURY PARK 2002 1ST NIGHT]JUL.14.2002/SBD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の120枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、[INSBURY PARK 2002 1ST NIGHT]が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


OASIS - COMPLETE WITNNESS FESTIVAL 2002(2CD)
plus Bonus 2CDR "FINSBURY PARK 2002 1ST NIGHT"* Numbered Stickered Edition Only
Fairyhouse Racecourse, County Meath, Ireland 14th July 2002 STEREO SBD
 
 2002年に「HEATHEN CHEMISTRY」をリリースした際、オアシスはアルバムのプロモーションに対してそれまで以上に力を入れていました。その結果としてテレビ、ラジオ両方への露出も積極的でツアーの本数も多めという攻めの姿勢が極めて印象的な時期となりました。アルバムが6月26日にリリースされるとライブの多くがラジオで放送され、音源的にも非常に恵まれた時期でもある。それに何と言っても意気揚々とライブをこなしており、そんな彼らに対して大いに熱狂したオーディエンスの反応と相まって、名演が量産された文句なしの絶頂期。

 この時期の最重要音源と言えばフィンズベリー・パークの最終日でしょうが、7月はその後もいくつかのギグがラジオで放送されています。そうした恵まれた状況の中において、意外なほど見過ごされているのが14日のアイルランドで行われたウィットネス・フェスティバルではないでしょうか。そこで今回は2002年ツアーで見過ごされたステレオ・サウンドボード音源を代々木と同時にリリースいたします。

 前日のT・イン・ザ・パーク・フェスなどは放送が45分程度だったにもかかわらず当時プレスCDにて(他の公演との抱き合わせで)リリースされたのに対し、ウィットネス・フェスティバルの方はそれより音質が良く放送時間も長かったにもかかわらず、まともなアイテムがリリースされなかったという悲運の放送でした。
 
 放送に際して「Hello」だけがカットされたという欠点があったのは事実ですが、それでもなおT・イン・ザ・パークよりはるかに収録時間が長い。にもかかわらず当時プレスCDでリリースされた「WITNNESS - THE CHEMSITRY」は放送から三曲がカットされ、代わりに6月末のダブリン公演の放送からの抜粋が収録されるという意味不明な編集。その点「WITNNESS FESTIVAL 2002」は放送を完全に収録していたものの、今度はCD-Rでのリリースという落ちが付いたのです。

 「HEATHEN CHEMISTRY」期のライブ音源の中でも無敵の時期と呼べる2002年7月、その中で実現していたラジオ放送のステレオ・サウンドボード録音の中では信じられないほどに不遇の扱いを受けていたのが今回のウィットネス・フェスティバル。困ったことに新たなアイテムが登場する気配もなく、フィンズベリー・パークが2002年の最高傑作として重版されたり新たなアイテムが生み出されたりして普及していったのとは対照的に、それの陰に隠れてしまった音源だと言えるかもしれません。
 
 その後もウィットネス・フェスティバルが再評価されるようなことはなく時は流れ、むしろマニア以外には完全に見過ごされてしまったのではないか?と思えるほど同放送の印象が薄れてしまいます。この放送から20年近い歳月を経た2021年、ようやくマニアが重い腰を上げてくれました。

 先に触れたように、この放送ではオープニングのBGM「Fuckin' In The Bushes」からの「Hello」という流れがカットされてしまいました。そこでマニアが同日のオーディエンス録音からこの部分をパッチして、今までありそうでなかったウィットネス・フェスティバルの完全版をアップロードしてくれたのです。しかもその作業を行ったのは今回同時リリースとなる代々木最終日のサウンドボードとオーディエンスのマトリクス・バージョンを作ってくれたのと同一人物。

 もっとも使われたオーディエンス録音は2002年オアシスの野外録音にありがちな音質で、クオリティ的にはまずまずといったところか。しかしここで聞かれる「Hello」が面白い。フィンズベリー・パークを始めとしたこの時期の演奏と比べると妙にレイドバックした演奏で、そのせいで放送からカットされてしまったという推測が出来そうなほど、ちょっと異色な演奏が印象的なのです。
 
 その後の放送本体はマニアには定評の高いもので、2002年ツアー最強の時期だけのことはあり、勢いに溢れた演奏が素晴らしい。この時期のラジオ放送は正規のライブアルバムと違って大なり小なり荒々しい仕上がりであったことも魅力なのですが、例えばフィンズベリー・パークが会場の盛り上がりも大きく盛り込んだミックスであり、曲によってはリアムやノエルのボーカルが演奏に押されているようなバランスの個所もありました。ところがウィットネス・フェスティバルの放送では彼らのボーカルが前面に押し出されているというのも大きな魅力。

 それにフィンズベリー・パークという大一番をやり遂げた後だからでしょうか、ノエルが歌うアンコール「Force Of Nature」が始まった際、まだ出番でないはずのリアムが出てきてイントロの最中に観客に向けて語りかけるわ、そのノエルも「Don't Look Back In Anger」のエンディングで語りかけた挙句に吹き出すといった、いい意味での余裕が感じられるのも楽しい。7月に入ってからの意気揚々とした雰囲気の中で全開唱法を続けたせいでリアムがライブ終盤になるとさすがに苦しそうな場面も見受けられますが、それでも勢いで乗り切ってしまうところがこの時期ならでは。

 やはりこの日も7月ならではの覇気と勢いに溢れた演奏は格別であり、あっという間に駆け抜けるような演奏ぶりが圧巻。それでいて音質もステレオ・サウンドボードで抜群。こんな優良音源が長い間見過ごされていたとは驚きでしかありません。でも、そんな不遇の扱いも今週まで。この忘れ去れていた2002年の名音源を初の全長版にて心ゆくまでお楽しみください。
 
Disc 1 (49:55)
1. Hello
2. The Hindu Times
3. Hung In A Bad Place
4. Go Let It Out
5. Columbia
6. Morning Glory
7. Stop Crying Your Heart Out
8. Little By Little
9. Cigarettes & Alcohol
10. Live Forever
11. Better Man
 
Disc 2 (37:46)
1. She's Electric
2. Born On A Different Cloud
3. Acquiesce
4. Force Of Nature
5. Don't Look Back In Anger
6. Some Might Say
7. My Generation
8. Wonderwall (outro)
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
★★特別企画
 
★オアシス「COMPLETE WITNNESS FESTIVAL 2002」の初回限定ナンバー・ステッカー付に限り、7月最大の名演フィンズベリー・パークの初日を収めたボーナス・ディスク「FINSBURY PARK FIRST NIGHT」が特別に付属します。
 
OASIS - FINSBURY PARK 2002 1ST NIGHT(Bonus 2CDR)
Finsbury Park, London, UK 5th July 2002 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND
 
 「WITNESS FESTIVAL 2002 COMPLETE」の初回納品分には7月最大の名演フィンズベリー・パークの初日を収めたCD-R「FINSBURY PARK FIRST NIGHT」が付属します。フィンズベリー・パークと言えば、それだけで2002年オアシスの名演だと思い浮かぶほど有名な時期。都合三日間行われた2002年のフィンズベリー・パークですが、もっとも有名なのはラジオ放送が行われた最終日でしょう。

 残りの二日間に関してはオーディエンス録音が存在していますが、それらも2002年当時にCD-Rがそれぞれリリースされており、初日に関しては懐かしのMASTERPORTレーベルがその名も「FINSBURY PARK FIRST NIGHT」としてリリースしていたもの。今回付属するのは、その復刻版ということになります。

 広大な野外広場でのギグですので、二日間の音源はどちらも典型的な野外オーディエンス録音といった感じの音質なのですが、聞きやすさという点では初日の方が明らかに上。特にリアムの歌声の音像はオンなバランスであり、それでいて野外での録音にありがちな会場からの出音が風に流されるといった現象が少ないのも聞きやすさの秘密。またオアシスのギグでは恒例だった大合唱が演奏より奥のバランスで捉えられているというのも聞きやすさに拍車をかけており、辛うじて合唱が耳障りな個所が「Moring Glory」辺りしかなく、それとて右側に追いやられているといったバランスなのも幸いかと。

 むしろ最終日のラジオ放送が捉えていた怒涛のような盛り上がりと比べ、何とものどかな臨場感に映るほど。
 
 そして何と言っても2002年のオアシスにとって大勝負だったフィンズベリー・パーク、その初日となれば演奏内容は悪いはずがない。リアムのテンションの高さは壮絶なレベル。もう声が出まくっていて、彼が攻めまくる姿は聞いていてゾクゾクするほど。最終日もあれほどまで素晴らしい演奏内容だった訳ですが、この日もまた素晴らしい演奏ぶりであったことが実感してもらえるでしょう。

 最終日はノエルが歌う「She's Electric」でも凄まじい合唱が起きていましたが、この日はそれほどでもなく(苦笑)、やっぱり「Don't Look Back In Anger」の方で合唱が白熱する。その臨場感を嫌味のないバランスで捉えていくれているのも魅力的。そしてフィナーレの「My Generation」はノエルが急逝したジョン・エントウィッスルに捧げると述べてから始まり、終了後にはリアムが「カモン!」と叫ぶなど、最後までフィンズベリー・パークらしいハイテンションさが輝きを放つ。意外なほど聞きやすく、なおかつ意外と入手し辛くなっているフィンズベリー・パーク初日。ぜひナンバー・ステッカーステッカー付の初回納品分にてこの名演をお試しください!
 
Disc 1 (45:42)
1. Fuckin' In The Bushes
2. Hello
3. The Hindu Times
4. Hung In A Bad Place
5. Go Let It Out
6. Columbia
7. Morning Glory
8. Stop Crying Your Heart Out
9. Little By Little
10. D'You Know What I Mean?
 
Disc 2 (49:12)
1. Cigarettes & Alcohol
2. Live Forever
3. Better Man
4. She's Electric
5. Born On A Different Cloud
6. Acquiesce
7. Force Of Nature
8. Don't Look Back In Anger
9. Some Might Say
10. My Generation
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
11月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 105人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.