洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BBC SESSIONS 1969-1972
  BBC SESSIONS 1969-1972 / DAVID BOWIE
商品の説明
商品名 BBC SESSIONS 1969-1972
レーベル THE DAVID BOWIE ARCHIVE SERIES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ULTIMATE ARCHIVE SERIES SBD

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の160枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


DAVID BOWIE - BBC SESSIONS 1969 - 1972(2CD)
Ultimate Archive Series STEREO SBD
 
 ボウイの超極上アーカイヴ・シリーズ“DBAS”の第2弾。10代を集成した第1弾に続くのは、お蔵入りした幻のオフィシャル・アルバム。60年代・70年代のBBCセッションをコンピレーションした『BBC SESSIONS 1969-1972』です。
 ボウイ初期のBBCと言えば、公式作品『BOWIE AT THE BEEB』が浮かびますが、もちろん本作は別物。実は、1996年にも同種のBBCアーカイヴ計画があり、そのサンプル盤『BBC SESSIONS 1969–1972 (Sampler)』までリリースされました。しかし、その後ライセンスに問題が生じて発売中止。お蔵入りとなったのです。その4年後に『BOWIE AT THE BEEB』が発売されたわけですが、実は中身が異なっていた。『BOWIE AT THE BEEB』は各セッションから選曲されたベスト編集でしたが、発売予定として出回った曲目を見ると『BBC SESSIONS 1969-1972』は収録セッションが完全形でした。しかも、それ以上にサウンドが異なっていた。先述のサンプル盤と『BOWIE AT THE BEEB』では音質が異なっており、同じテイクでもサンプル盤の方が音が良かった。そのため、世界のマニアは本来リリースされるはずだったオリジナルの『BBC SESSIONS 1969-1972』を切望していたのです。

 そう、それが本作。『BOWIE AT THE BEEB』以上にナチュラルなサウンドであり、なおかつ各セッションを完全形で収録した決定盤なのです。とは言っても、本作はあくまでお蔵入りのオフィシャル作品であり、BBCセッションのコンプリート盤ではありません。良い機会ですので、ボウイが出演した60年代・70年代の全12回分のBBCセッションを総ざらいしてみましょう。
 
・1967年12月18日:TOP GEAR(5曲)
・1968年5月13日:JOHN PEEL IN TOP GEAR(5曲)
●1969年10月20日:D.L.T. SHOW(3曲+α)
・1970年2月5日:THE SUNDAY SHOW(15曲)
●1970年3月25日:SOUNDS OF THE 70s(4曲)
●1971年6月3日:IN CONCERT(9曲)
●1971年9月21日:SOUNDS OF THE 70s(6曲)
・1972年1月11日:SOUNDS OF THE 70s(4曲)
●1972年1月18日:SOUNDS OF THE 70s(5曲)
●1972年5月16日:SOUNDS OF THE 70s(5曲)
●1972年5月22日:JOHNNIE WALKER LUNCHTIME SHOW(4曲)
●1972年5月23日:SOUNDS OF THE 70s(4曲)
※注:日付は放送日ではなく録音日。1979年にDJを務めた特番“STAR SPECIAL”は省略しています。
 
 これが70年代までのBBC出演で、「●」印が本作収録のセッション。全12回のうち8回まで完全収録しています。1972年までですが、その後は90年代まで出演はありませんでした。公式『BOWIE AT THE BEEB』には、本作にない「1968年5月13日」「1970年2月5日」も(部分的に)収録されているので軽々に「BOWIE AT THE BEEBの拡大版」とは言えないのですが、本作は収録されたセッションがすべて完全版。そのため本作の方が時間も曲数も長大で綿密なのです。それでは、本作収録の8セッションをご紹介していきましょう。
 
【ディスク1:1969年10月20日:D.L.T. SHOW】
 まず登場するのは『スペイス・オディティ』リリース直前に出演した“DAVE LEE TRAVIS SHOW”。『BOWIE AT THE BEEB』にも2曲「Let Me Sleep Beside You」「Janine」が収録されていましたが、本作はさらに激レアな「Unwashed And Somewhat Slightly Dazed」が多く、さらに名物司会者ブライアン・マシューによるインタビューも収録されている。実のところ、公式リリース予定の『BBC SESSIONS 1969-1972』にインタビューはなかったのですが、本作は“TOP OF THE POPS”のトランスクリプション・ディスクから追加。放送の完全版を実現しています。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク
インタビュー、「Unwashed And Somewhat Slightly Dazed」
 
【ディスク1:1970年3月25日:SOUNDS OF THE 70s】
 盟友ミック・ロンソンやトニー・ヴィスコンティとも出会い、THE HYPEをバックにしたセッション。『BOWIE AT THE BEEB』では1曲「The Wild Eyed Boy From Freecloud」だけでしたが、大幅増の4曲完全版です。『世界を売った男』の制作直前にあたりますが、すでに「The Width Of A Circle」「The Supermen」を初期バージョンで演奏しています。

 その「The Supermen」は、放送ではカットされたテイク。公式リリース版の『BBC SESSIONS 1969-1972』にも収録されない予定でしたが、本作では追加収録し、セッションの完全形となっています。しかも、これも公式トラック。『BOWIE AT THE BEEB』の4枚組アナログ盤のみに収録されていた最高峰テイクです。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク
「I'm Waiting For The Man」「The Width Of A Circle」「The Supermen(未放送)」
 
【ディスク1:1971年6月3日:IN CONCERT】
 3つめは『ハンキー・ドリー』制作直前に出演したジョン・ピールの“IN CONCERT”。9曲もまとめて演奏する大掛かりなもので、『BOWIE AT THE BEEB』より4曲多い完全版です。しかも、この放送は激レア曲の宝庫。初演だった「Looking For A Friend」「Kooks」「Song For Bob Dylan」だけでなく、「Bombers」「Almost Grown」「It Ain't Easy」の3曲は、この放送しか記録に残っていない激レア・パフォーマンスです。

 ただし、全曲ボウイが歌うわけではなく、THE SPIDERS FROM MARSの面々をバックにしつつ、多彩なゲストと共演。「Almost Grown」はジェフリー・アレキサンダー、「Song For Bob Dylan」はジョージ・アンダーウッド、「Andy Warhol」はダナ・ギレスピーがリード・ヴォーカル。「It Ain't Easy」はボウイ→ジェフリー→ジョージと3人で歌い回すテイクです。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク
「Queen Bitch」「The Supermen」「Song For Bob Dylan」「Andy Warhol」
 
【ディスク1-2:1971年9月21日:SOUNDS OF THE 70s】
 いよいよ『ジギー・スターダスト』制作も目前となった1971年9月。ミック・ロンソンとデュオで出演したボブ・ハリスの“SOUNDS OF THE 70s”です。『BOWIE AT THE BEEB』では2曲でしたが、本作は3倍の6曲。しかも、2曲分は未放送テイクです。いずれも2人だけのシンプルなアンサンブルが心に染み渡る素晴らしく、この日が初演だった「Eight Line Poem」も「Oh! You Pretty Things」とのメドレーで演奏されます。

 前半3曲がディスク1、後半3曲がディスク2に分かれていますが、各曲がキッチリ分かれたスタジオ・セッションなので違和感はありません。本来リリースされるはずだった『BBC SESSIONS 1969-1972』はCD3枚組だったのですが、それはこのセッションを分けずに収録するため。本作は、その全曲を漏らさず収録(どころか2テイク増量)しています。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク
「Kooks」「Fill Your Heart」「Amsterdam(未放送)」「Andy Warhol(未放送)」
 
【ディスク2:1972年1月18日:SOUNDS OF THE 70s】
【ディスク2:1972年5月16日:SOUNDS OF THE 70s】
【ディスク2:1972年5月22日:JOHNNIE WALKER LUNCHTIME SHOW】
 続いては『ジギー・スターダスト』の制作末期からリリース直前にかけての3セッション(14曲)。いずれも『BOWIE AT THE BEEB』でお馴染みのものであり、追加曲などはありません。しかし、サウンドは別物。『BOWIE AT THE BEEB』も流石のオフィシャル・クオリティで不足は感じなかったのですが、本作はの鳴りはより自然。比べてしまうと公式盤には(マスタリングによるものか)歪みが感じられ、本作の方がグッと美しい。これこそが世界中のマニアが求めてきた“本物の音”なのです。

 そして、『ジギー・スターダスト』完成前後だけあって、演奏はあの大名盤の世界。バックはTHE SPIDERS FROM MARSの面々が固め(5月セッションにはニック・グラハムも参加)、「Hang On To Yourself」「Ziggy Stardust」「Moonage Daydream」「Suffragette City」「Starman」といった名曲群が遂に登場。いずれも初演でこそないのですが、2・3回目というフレッシュな演奏が聴けるのです。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク:なし
 
【ディスク2:1972年5月23日:SOUNDS OF THE 70s】
 70年代最後のBBCセッションも『ジギー・スターダスト』リリース前夜。上記“JOHNNIE WALKER LUNCHTIME SHOW”の翌日に連続収録されたボブ・ハリスの“SOUNDS OF THE 70s”です。これも3曲は『BOWIE AT THE BEEB』で聴けましたが、本作は「White Light / White Heat」もあるセッション完全版。「Rock 'N' Roll Suicide」も登場し、貴重な「Lady Stardust」も楽しめる。上記セッションから日が近いこともあり、メンバーもTHE SPIDERS FROM MARS+ニック・グラハムです。

★公式『BOWIE AT THE BEEB』未収録テイク
「White Light / White Heat」
 
 以上、2時間30分・41テイクによる秘宝集です。『BOWIE AT THE BEEB』を超えるサウンドと各セッションを完全形でまとめた幻のオフィシャル・アルバム。“DBAS”の第1弾『1964/66 THE BIG ATTRACTION』は初期すぎてややマニアックでしたが、本作は『ジギー・スターダスト』までの超黄金期。マニア/コレクターに止まらず、すべての方に全力でお薦めしたい文化遺産級の超傑作。永久保存プレス2CDで堂々の登場です。
 
Disc 1 (76:53)
D.L.T. (Dave Lee Travis)
Studio 2, Aeolian Hall, New Bond Street, London
Recorded: Monday 20th October 1969 / Broadcast: Radio 1, Sunday 26th October 1969 (10:00-12:00)
Producer: Paul Williams / Engineers: Pete Ritzema / Dave Price
 
1. Interview with Brian Matthew
2. Let Me Sleep Beside You
3. Unwashed And Somewhat Slightly Dazed
4. Janine
 
David Bowie: Vocals / 12-String Acoustic Guitar
with Juniors Eyes:
John Cambridge: Drums
John Lodge Bass
Mick Wayne: Guitar
Tim Renwick: Rhythm Guitar
 
Sounds Of The 70s: Andy Ferris
The Playhouse Theatre, Northumberland Avenue, London
Recorded: Wednesday 25th March 1970 / Broadcast: Radio 1, Sunday 6th April 1970 (18:00-19:02)
Producer: Bernie Andrews / Engineers: Nick Gomm / Paddy Kingsland
 
5. I'm Waiting For The Man
6. The Width Of A Circle
7. The Wild Eyed Boy From Freecloud
8. The Supermen [Not Broadcast]
 
David Bowie: Vocals / Guitar
With The Hype / The Tony Visconti Trio:
John Cambridge: Drums
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Tony Visconti: Bass
 
In Concert: John Peel
BBC Paris Studio, Lower Regent Street, London
Recorded: Thursday 3rd June 1971 / Broadcast: Radio 1, Sunday 20th June 1971 (9:00-20:00)
Producer: Jeff Griffin / Sound Balance: Chris Lycett / Assistant: John Etchells
 
9. Queen Bitch
10. Bombers
11. The Supermen
12. Looking For A Friend
13. Almost Grown
14. Kooks
15. Song For Bob Dylan
16. Andy Warhol
17. It Ain't Easy
 
David Bowie: Vocals / Guitar / Keyboard
Dana Gillespie: Vocals
Geoffrey Alexander (Geoff MacCormack): Vocals
George Underwood: Vocals
Mark Carr-Pritchett: Guitar
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Mick Woodmansey: Drums
Trevor Bolder: Bass
 
Sounds Of The 70s: Bob Harris
Studio T1, Transcription Service, Kensington House, Shepherd's Bush, London
Recorded: Tuesday 21st September 1971 / Broadcast: Radio 1, Monday 4th October 1971 (22:00-00:00)
Producer: John F. Muir / Engineers: John White / Bill Aitken
 
18. The Supermen
19. Oh! You Pretty Things / Eight Line Poem
20. Kooks
 
David Bowie: Vocals / Guitar / Piano
Mick Ronson: Bass / Guitar / Vocal

Disc 2 (73:32)
Sounds Of The 70s: Bob Harris
Studio T1, Transcription Service, Kensington House, Shepherd's Bush, London
Recorded: Tuesday 21st September 1971 / Broadcast: Radio 1, Monday 4th October 1971 (22:00-00:00)
Producer: John F. Muir / Engineers: John White / Bill Aitken
 
1. Fill Your Heart [Not Broadcast]
2. Amsterdam [Not Broadcast]
3. Andy Warhol [Not Broadcast]
 
David Bowie: Vocals / Guitar / Piano
Mick Ronson: Bass / Guitar / Vocal
 
Sounds Of The 70s: Bob Harris
Studio MV5, Maida Vale, Delaware Road, London
Recorded: Tuesday 18th January 1972 / Broadcast: Radio 1, Monday 7th February 1972 (22:00-00:00)
Producer: Jeff Griffin / Sound: Chris Lycett / Assistant: John Etchells
 
4. Hang On To Yourself
5. Ziggy Stardust
6. I'm Waiting For The Man
7. Queen Bitch
8. Five Years
 
David Bowie: Vocals / Guitar
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Mick Woodmansey: Drums
Trevor Bolder: Bass
 
Sounds Of The 70s: John Peel
Studio MV4, Maida Vale, Delaware Road, London
Recorded: Tuesday 16th May 1972 / Broadcast: Radio 1, Tuesday 23rd May 1972 (22:00-00:00)
Producer: Pete Ritzema / Engineer: Nick Gomm
 
9. White Light / White Heat
10. Moonage Daydream
11. Hang On To Yourself
12. Suffragette City
13. Ziggy Stardust
 
David Bowie: Vocals / Guitar
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Mick Woodmansey: Drums
Nicky Graham: Piano
Trevor Bolder: Bass
 
Johnnie Walker Lunchtime Show
Studio 2, Aeolian Hall, New Bond Street, London
Recorded: Monday 22nd May 1972 / Broadcast: Radio 1, Monday 5th - Friday 9th June 1972 (13:00-15:00)Producer: Roger Pusey / Engineer: Nick Gomm
 
14. Starman
15. Space Oddity
16. Changes
17. Oh! You Pretty Things
 
David Bowie: Vocals / Guitar
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Mick Woodmansey: Drums
Nicky Graham: Piano
Trevor Bolder: Bass
 
Sounds Of The 70s: Bob Harris
Studio MV5, Maida Vale, Delaware Road, London
Recorded: Tuesday 23rd May 1972 / Broadcast: Radio 1, Monday 19th June 1972 (22:00-00:00)
Producer: Jeff Griffin / Sound: Chris Lycett / Assistant: John Etchells
 
18. Andy Warhol
19. Lady Stardust
20. White Light / White Heat
21. Rock 'N' Roll Suicide
 
David Bowie: Vocals / Guitar
Mick Ronson: Guitar / Vocals
Mick Woodmansey: Drums
Nicky Graham: Piano
Trevor Bolder: Bass
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
1月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 166人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.