洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > L.A. FORUM 1988: MIKE MILLARD FIRST GENERATION TAPES
  L.A. FORUM 1988: MIKE MILLARD FIRST GENERATION TAPES / JIMMY PAGE
商品の説明
商品名 L.A. FORUM 1988: MIKE MILLARD FIRST GENERATION TAPES
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★ミラードとしては異色なモノラル・オーディエンスではありますが、それ故スピーカーから爆音で鳴らすとすごい迫力/OCT.7.1988/AUD

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の180枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


JIMMY PAGE - L.A. FORUM 1988: MIKE MILLARD FIRST GENERATION TAPES(2CD)
The Forum, Inglewood, CA, USA 7th October 1988 TRULY PERFECT SOUND
 
 現在に至るまでジミー・ペイジ唯一のソロ・ライブであった1988年のアルバム「OUTRIDER」ツアー。彼自身もそのツアーやアルバムに関しては誇りに思っているようで、今月ジミーのFacebook上においても「1988年の9月からツアーがスタートしたんだ」と投稿していたほど。実際にアメリカ・ツアーは大盛況かつ大盛り上がりで、一般的には振り返られることもなくなってしまった感が否めませんが、マニアの間では高く評価されている時期でもあります。

このツアーの素晴らしいところは、ZEP解散後のジミーが初めて「その気になった」時期の記録であるということ。当時ですらザ・ファームの活動はジミーのパフォーマーやアーティストとしてのリハビリ期であった感は否めず、ライブ・エイドやアトランティック40周年イベントにおけるZEP再結成もその範疇にカウントしていいかもしれません。

その点アルバム「OUTRIDER」はジミーの卓越したプロデュース能力が遺憾なく発揮されており、彼ならではのリフを中心とした楽曲と当時のエイティーズ・ロック的な要素がうまく噛み合った隠れた名作でした。いかにもバンドギタリストがソロアルバムを作ってみました…的な次元とはまるで違う、見事なロック・アルバムだったのです。
 
アルバムがリリースされた後のライブ・ツアーに関しても、ジミーのプロデュース能力がいかんなく発揮されており、これまたギタリストのソロ・ツアーどころか1988年に登場したジミー・ペイジ率いる新たなバンドの優れたライブ・ショーとして高い完成度を誇っています。基本的には自身のキャリアを振り返るような選曲となっていたのですが、目玉となるZEPナンバーに関してはバンドが演奏したことのない曲(=「Custard Pie」)などを導入しており、初のソロ・ツアーに際してジミーの意欲がはっきりと伝わってくる構成もまた素晴らしいものでした。それにジェイソン・ボーナムがドラムを務めたことで、ZEPナンバーの説得力も増していたのです。

このツアーに関しては「OHIO 1988」が決定版となっているラジオ放送、さらにMTVがニュース用に撮影したアリゾナでのワンカメ・プロショット映像という二大定番が存在しますが、どちらもショー完全収録からは程遠いという問題がありました。それだけならまだしも、アリゾナでの映像に関してはフルライブ収録を前提としていなかったことからアングルが単調な上、所々で撮影が止められてカットが入るという欠点もありました。そして何よりアメリカ・ツアーにおける大盛況ぶりやオーディエンスの盛り上がりが伝わって来なかったという点に歯がゆさを感じさせたのです。

むしろマニアであれば、このツアーにあった凄まじい盛り上がりを体験すべくオーディエンス録音へと走ったもの。90年代には細々とこのツアーからオーディエンス・アルバムがリリースされていましたが、1988年という年代の割に、スカッと音のいいアイテムが存在しなかったのは事実。そうした状況を21世紀に入って打ち破ってくれたのが名盤「PRISON BLUES」でしょう。こちらはアメリカ・ツアー後に行われた短期イギリス・ツアーの模様を捉えていましたが、アメリカ・ツアーの後でベールに包まれていた時期を極上音質にて解き明かしてくれた名盤だと言えるのでは。そうなるとアメリカ・ツアーの極上オーディエンスを聞きたくなるというのがマニアというもの。そんなマニアの思いに応えるかのごとく、ZEPをこよなく愛したマイク・ミラードもこのツアーをしっかり録音してくれていたことが先週JEMSによって明らかとなりました。
 
彼が録音してくれていたのは、お膝元でもあるLAフォーラムでのショー。「OUTRIDER」ツアーでのLAフォーラムと言えば、古くからのマニアには懐かしのアナログ・ブート「THE RETURN OF THE LED GREMLIN」がリリースされてことを覚えておられるかと。あのTMOQでおなじみケン・ダグラスによってリリースされたLPは音質もよく、何よりジミーがプレイすることを愛したLAフォーラムで別格の盛り上がりと張り切る彼の姿を捉えた名盤としてマニアに評価されたもの。

ところが、そこはマイク・ミラード。当時としてはかなり上質な音質であった懐かしのLPに使われたオーディエンス録音をも軽く上回るクオリティで1988年の名演を捉えてくれたのです。ただし不運なことに、この日のミラードは開演直後にマイクの音量調整を行った際に片方の接続が不安定となってしまい、ステレオ録音としては問題を抱えたまま録音が続いてしまった。そのせいで彼の存命時にはトレーダー間にも流されなかった音源だったのですが、今年に入ってからのJEMSリサーチによって埋もれていたテープを発掘。

公開に際しては接続トラブルのない無傷なチャンネルを生かし、ほぼモノラル化な状態にてアップロードされました。これは現在のテクノロジーだからこそ可能であったレストアでしょう。
 
そして怪我の功名というべきか、モノラルの骨太サウンドによって、この日の絶好調なジミーや盛り上がりまくるフォーラムのオーディエンスの様子がリアルに記録されることにもなったのです。先にも触れた冒頭のマイク調整時に欠けてしまったパートに関しては、例の「THE RETURN OF THE LED GREMLIN」に使われた音源をパッチさせたのですが、そこを聞くことでミラード音源のオンな音像ぶり思い知らされます。

何しろこの日のオーディエンスはソロ・アーティストとして初めてフォーラムに降臨したジミーを前に大熱狂。それでいてインスト「Midnight Moonlight」の中で現れる「Black Mountain Side」や「Kashmir」のフレーズが登場すると大喜び。演奏をよく聞いている。それでいてこのインストをZEP時代のように長大な尺で演奏せず、コンパクトにまとめ上げているのがエライところ。ジミーはちゃんと80年代を見据えていました。

一方で珍しいハプニングにも見舞われていて、「Writes Of Winter」の終盤ではエレキの弦が切れてしまい、続けて演奏されるはずの「Tear Down The Walls」に行かず、いったん演奏を止めている。あるいはアルバム・バージョンと同じキーで演奏されるのが魅力な「In My Time Of Dying」が6分を過ぎたところでジミーのギターの音が出なくなっても、彼は腐ることなく曲に戻っていました。

確かにジミーのプレイは粗さが見え隠れしていて、この日も「Wasting My Time」の構成を間違えそうになったりしています。しかしZEPラストツアー以降から続いていた、文字通り「精彩を欠いた」プレイぶりから一転してイキイキと弾きまくっており、フレーズもまたイキイキと。これこそ「OUTRIDER」ツアーがマニアに愛される理由なのです。ミラードとしては異色なモノラル・オーディエンスではありますが、それ故スピーカーから爆音で鳴らすとすごい迫力。LAフォーラムで輝きを取り戻したジミーの姿が!

Disc 1 (46:55)
1. Intro
2. Who's To Blame ★0:23 - 0:30 / 0:39 - 0:43 同日別音源補填
3. Prelude
4. Over The Hills And Far Away
5. Liquid Mercury
6. Wanna Make Love
7. Band Introductions
8. Writes Of Winter
9. Tear Down The Walls
10. Emerald Eyes
11. Midnight Moonlight incl. Black Mountain Side
 
Disc 2 (78:32)
1. In My Time Of Dying
2. City Sirens
3. Drum Solo
4. Someone To Love
5. Prison Blues
6. The Chase
7. Bow Solo / Dazed And Confused
8. Wasting My Time
9. Blues Anthem
10. Custard Pie
11. Train Kept A-Rollin'
12. Stairway To Heaven
 
Jimmy Page - Guitar
John Miles - Vocal, Keyboards
Jason Bonham - Drums
Durban Laverde - Bass
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
9月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 251人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.