洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BBC 2000
  BBC 2000 / DAVID BOWIE
商品の説明
商品名 BBC 2000
レーベル THE DAVID BOWIE ARCHIVE SERIES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★公式版を遙かに超える完全版。モービル・フィデリティ盤やニンバス・スーパーカット盤などと同じ次元で語られるべき銘品中の銘品です。/JUN.27.2000/SBD//BONUS DVDR[BBC RADIO THEATRE 2000: THE VIDEO]PRO SHOT/NTSC 59min

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の160枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、[BBC RADIO THEATRE 2000: THE VIDEO]が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。

DAVID BOWIE - BBC 2000(2CD)
plus Bonus DVDR "BBC RADIO THEATRE 2000: THE VIDEO"* Numbered Stickered Edition Only
BBC Radio Theatre, Broadcasting House, Portland Place, London, UK 27th June 2000 STEREO SBD(UPGRADE!!!!)
 
 オフィシャル作品をも超えた伝説の完全版サウンドボード・アルバムがアップグレード。永久保存プレス2CDで登場です。

 そんな本作に刻まれているのは「2000年6月27日ロンドン公演」。BBCラジオ・シアターで番組用に行われた特別公演のステレオ・サウンドボード録音です。また、このショウは“MINI Tour”の一幕としても知られています。その名の通り、通常のコンサート・ツアーとは趣の違う特別な時期であり、その記録は当店でもご紹介してきました。まずは“MINI Tour”の概要からショウのポジションをイメージしてみましょう。
 
・6月16日『ROSELAND BALLROOM 2000 1ST NIGHT』
《6月17日:ニューヨーク公演(中止)》
・6月19日:ニューヨーク公演(振替)
・6月25日『GLASTONSTONBURY FESTIVAL 2000』
・6月27日:BBC RADIO THEATRE ←★本作★
 
 以上、全4公演。30年ぶりに出演した“グラストンベリー・フェスティバル”が主眼となっており、その前にウォームアップ的なニューヨーク公演を2回、フェスの後にTV出演ライヴを1回実施しました。本作は、その「フェス後の1回」にあたるコンサートなのです。
 
【大元オークション・マスターから再デジタル化された究極盤】
 前述の通り、このショウは放送を前提でして約1時間のTV放送プロショットがお馴染みですし、さらにはコンピレーションCD『BOWIE AT THE BEEB(の3枚組版)』として公式リリースも実現。“MINI Tour”を代表する記録として愛されてきました。そうした従来物はショウの不完全版ばかりでしたが、その状況が一変したのはボウイの没後になってから。突如としてネット・オークションに完全版サウンドボード・マスターが出品され、一気にスタンダードを塗り替えたのです。

 当店でも完全版『THE LONDON BOY: BBC 2000』が大人気となったのですが、本作も同じ完全版サウンドボードでありつつ、更なるアップグレード・バージョンなのです。そのポイントは「再デジタル化」。当店では世界的なボウイ研究家に監修を受けてサウンドボードの最高峰版を数多くご紹介してきましたが、本作はその研究家が自らオークションに出品された完全版マスター現物から再トランスファーしたもの。実のところ、『THE LONDON BOY』も工程自体は同じだったのですが、今回は精度が格段にアップしているのです。

 実際、そのサウンドは極めてナチュラル。『THE LONDON BOY』では公式『BOWIE AT THE BEEB』を意識したかのようにエッジはシャープに仕上げられてピークもリミッター寸前のギリギリな感じでしたが、本作にはそうした作為が感じられない。もちろん、それでショボい音だったら意味がないのですが、ディテールアップしているから素晴らしい。それはもう1曲目の頭からハッキリ分かる。『THE LONDON BOY』では「Wild Is The Wind」がハイ落ち気味の不安定感があり、特にサビの「Yooooou touch me♪」のロングトーンでは明らかに揺れている。ところが、今回のマスターではそうした不安定感がなく、ビシッと安定したまま綺麗に流れていくのです。

 さらに大きいのはピッチ(音高)とテンポ(速度)。アナログ録音では2つの要素は不可分なものの、デジタルでは2つの要素を個別に調整できるようにもなった。そのせいかは不明なのですが『THE LONDON BOY』では音高は良かったものの、テンポは本来のステージよりも遅めになっていたのです。その点、今回は研究家が当日のあらゆる記録から現場の演奏を割り出し、ピッチもテンポも史実通りに再現しているのです(そのため、尺は『THE LONDON BOY』より短くなっていますが、内容にカットはありません)。
 
【公式版を圧倒する曲数ボリュームと伝説に残る迷演】
 そうして究極形で蘇ったのは、セットも内容も特別すぎるフルショウ。まずはいかに完全版が充実しているのか、公式盤『BOWIE AT THE BEEB』と比較しながら整理してみましょう。
 
●60年代/70年代クラシックス(13曲)
・70年代アルバム曲:Wild Is The Wind/Always Crashing In The Same Car/The Man Who Sold The World/Fame/Stay/Cracked Actor/Ziggy Stardust(★)/The Jean Genie(★)/Starman(★)/“Heroes”(★)
・その他:The London Boys(★)/I Dig Everything(★)/All The Young Dudes(★)
●80年代/90年代(9曲)
・80年代アルバム曲:Ashes To Ashes/Let's Dance
・90年代アルバム曲:Seven/Survive/Little Wonder/Hallo Spaceboy/I'm Afraid Of Americans
・その他;This Is Not America/Absolute Beginners
※注:「★」印は公式盤『BOWIE AT THE BEEB』では聴けない曲。
 
……と、このようになっています。『BOWIE AT THE BEEB』では「最新のボウイ」をフィーチュアしたかったのか、美味しいクラシックスを中心に大胆にカットされていたかが実感していただけるのではないでしょうか。

 そして、もう1つカットの理由として考えられるのが、この日の不調ぶり。実は、このショウはボウイ史上最悪コンディションとしても知られているのです。ショウの冒頭から調子があまり良くない事はうかがえるのですが、後半になると悪化。「Ziggy Stardust」では声が出ずにやり直し、それでも何とか歌いきったものの、続く「All The Young Dudes」も中断。ボウイが休む間、バンドはインストで「The Jean Genie」を演奏するのです。その後、ボウイがステージに戻ってきて「All The Young Dudes」をやり直し、満身創痍でショウを完遂する。これらの曲はさすがに厳しすぎたのか、TV放送でも『BOWIE AT THE BEEB』でもカットされてきた。ショウ後半と言えば、クrシックスで盛り上がるパートですから、ここがカットされた事で公式盤は最新曲重視になっていったのかも知れません。
 
 オフィシャルを遙かに超える完全版サウンドボード・マスター、その最高峰更新版です。今回のアップグレードは、いわゆるブートレッグ基準のものではありません。もともと究極だったマスター鮮度を最大限に引き出すためのトランスファー精度の追究。これはオフィシャル名盤のマスターサウンドをいかにCD化するかというのに似ている。つまり、「モービル・フィデリティ」や「ニンバス・スーパーカット」と同じような視点で語られるべきものなのです。
 そんな次元まで追究され、磨き上げられた究極クオリティの2枚組。どうぞ、永久保存プレスCDで存分にお楽しみください。
 
★「2000年6月27日BBCラジオ・シアター」公演の超極上ステレオ・サウンドボード録音。『BOWIE AT THE BEEB』として公式リリースもされていますが、本作は公式版を遙かに超える完全版。世界的なボウイ研究家が大元マスターの現物からダイレクトにデジタル化しており、マスター鮮度もトランスファー精度も究極。従来版のハイ落ち感や不安定さも一掃され、極めてナチュラルなマスター・サウンドを実現。オフィシャル名作のモービル・フィデリティ盤やニンバス・スーパーカット盤などと同じ次元で語られるべき銘品中の銘品です。
 
Disc 1 (69:34)
01. Mike Garson Introduction: A Foggy Day
02. Wild Is The Wind
03. Ashes To Ashes
04. Seven
05. This Is Not America
06. Absolute Beginners
07. Always Crashing In The Same Car
08. Survive
09. The London Boys
10. I Dig Everything
11. Little Wonder
12. The Man Who Sold The World
 
Disc 2 (65:33)
01. Fame
02. Stay
03. Hallo Spaceboy
04. Cracked Actor
05. Band Introductions by David Bowie
06. I'm Afraid Of Americans
07. Band Introductions by Gail Ann Dorsey
08. Ziggy Stardust [Breakdown]
09. Ziggy Stardust
10. All The Young Dudes [Breakdown]
11. The Jean Genie [Band Only]
12. All The Young Dudes
13. Starman
14. “Heroes"
15. Let's Dance
 
David Bowie: Vocals
Earl Slick: Guitar
Emm Gryner: Clarinet / Keyboards / Vocals
Gail Ann Dorsey: Bass / Clarinet / Guitar / Vocals
Holly Palmer: Percussion / Vocals
Mark Plati: Bass / Guitar / Musical Director
Mike Garson: Keyboards / Piano
Sterling Campbell: Drums
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
★★特別企画
★完全版サウンドボード・マスターの可能性を最大限に引き出した究極アップグレード・アルバム『BBC 2000』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じショウの映像版の最高峰プロショット『BBC RADIO THEATRE 2000: THE VIDEO』が特別に付属致します。
 
DAVID BOWIE - BBC RADIO THEATRE 2000: THE VIDEO(Bonus DVDR)
BBC Radio Theatre, London, UK 27th June 2000 PRO-SHOT
 
 本編プレス2CDは、オフィシャル化もされたステレオ・サウンドボードの完全版。その最高峰を更新する決定盤です。その解説でも触れましたが、このショウは音声だけでなくマルチカメラで撮影され、TV放送も実現していた。そこで新名盤ライヴアルバムの“向こう側”に広がる光景を目撃できる映像版もボーナス付属決定です。

 と言うわけで、本作に収められているのは本編プレス2CDと同じ「2000年6月27日BBCラジオ・シアター公演」。そのマルチカメラ・プロショットです。当時から“MINI Tour”を代表するプロショットとして定番となってきた名映像ですが、本作はその最高峰版。本編プレス2CDと同じ研究家が厳選した現在知られるベスト・マスターです。実際、その映像美はオフィシャル級。時代柄アナログ録画ではあるものの、ダビング痕も色あせもテープヨレもまったく見られない画面は瑞々しく、極めて艶やか。約1時間の放送枠に沿った編集のため、フルショウどころか『BOWIE AT THE BEEB』の特典ディスクよりも短いのですが、映像美はデジタル全盛の現代の眼にも眩しい極上品なのです。

 そのクオリティで描かれるショウがまた素晴らしい。“MINI Tour”は30年ぶりのグラストンベリー出演をメインとしていたためにボウイも『HUNKY DORY』時代を思わせるダンディな出で立ちなのですが、その姿も極上クオリティで描かれる。本編の解説でも触れたようにボウイは絶不調で出ない声は痛々しくもあるのですが、だからこ振り絞る表情は真剣そのもの。とは言え、悲壮感は微塵もなく、アクションはノリにノリ、バンドとのアイコンタクトも笑顔。現場には約250人の観客が集っているのですが、苦戦しながらも目の前の観客を楽しませる事を忘れないエンターテイナーぶりもしっかりと刻まれているのです。
 
 このショウは苦しげな歌声も強烈な個性として伝説化しており、本編プレス2CDはそんな歌声を非情なほどの極上クオリティで刻まれています。しかし、現場のボウイは悲壮に暮れるのではなく、全力でショウを楽しみ、楽しませていた。こればかりはいかな極上サウンドボードであっても、映像がなければ伝わりません。本作自体が“MINI TOUR”時代を代表する極上プロショットではありますが、本作を一度でも体験すれば、ともすると苦しげに聞こえる本編プレス2CDまで楽しいムードに変わる。そんな魔法のような映像作品。どうぞ、極上・完全版サウンドボードと併せ、たっぷりとお楽しみください。
 
1. Wild Is The Wind
2. Ashes To Ashes
3. This Is Not America
4. Absolute Beginners
5. Little Wonder
6. The Man Who Sold The World
7. Fame
8. Stay
9. Hallo Spaceboy
10. Cracked Actor
11. I'm Afraid Of Americans
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.59min.

(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 125人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.