洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BBC 2002
  BBC 2002 / DAVID BOWIE
商品の説明
商品名 BBC 2002
レーベル THE DAVID BOWIE ARCHIVE SERIES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★クオリティはオフィシャル作品でも歴史的名盤級の素晴らしさ。初めて生演奏された「The Bewlay Brothers」や激レア「Alabama Song」も超極上サウンドで楽しめます。/JUN.27.2002/SBD//BONUS DVDR[FRIDAY NIGHT WITH JONATHAN ROSS: BBC TV 2002 & 2003]SEP.12.2003/PRO SHOT/NTSC 64min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の140枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り[FRIDAY NIGHT WITH JONATHAN ROSS: BBC TV 2002 & 2003]が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


DAVID BOWIE - BBC 2002(1CD)
plus Bonus DVDR "FRIDAY NIGHT WITH JONATHAN ROSS"* Numbered Stickered Edition Only
BBC Maida Vale Studio 3, London, UK 18th September 2002 STEREO SBD*UPGRADE
Studio TC4. BBC Television Centre, White City, London, UK 27th June 2002 STEREO SBD*UPGRADE
 
 久々の本格ツアーで「ボウイ復活」を知らしめた『HEATHEN』時代。その最中に出演したFMサウンドボード・アルバムが登場です。

 そんな本作に刻まれているのは2つのBBC放送。「2002年9月18日」収録の“LIVE AND EXCLUSIVE”をメインに、「2002年6月27日」収録の“FRIDAY NIGHT with ROSS and BOWIE”をボーナス追加したステレオ・サウンドボード録音です。2つの番組は“HEATHEN Tour”の真っ最中に行われたもの。まずは、そのスケジュールと照らし合わせながらポジションを整理しておきましょう。
 
《6月11日『HEATHEN』発売》
・6月11日+15日:ウォームアップ(NY2公演)
・6月27日:“FRIDAY NIGHT WITH ROSS”出演 ←★後半4曲★
・6月29日:MELTDOWN FESTIVAL出演
・7月1日ー18日:欧州#1(9公演)
・7月28日ー8月16日:北米#1(12公演)
・9月18日:“LIVE AND EXCLUSIVE”出演 ←★前半10曲★
・9月22日ー10月2日:欧州#2(6公演)
・10月11日ー23日:北米#2(7公演)
 
 これが2002年のデヴィッド・ボウイ。本作の2番組はどちらもロンドンでの収録なのですが、メインの“LIVE AND EXCLUSIVE”はアメリカから帰国して「欧州#2」へ突入する4日前。一方、ボーナスの“FRIDAY NIGHT WITH ROSS”は、逆に極初期のウォームアップ期で、『LOW』『HEATHEN』全曲ライヴで話題をさらった“MELTDOWN FESTIVAL”の2日前の収録でした。

 どちらの番組もハイクオリティなサウンドで知られ、『HEATHEN』時代でも屈指の有名サウンドボードとして君臨。当店でもボーナス・タイトルやプレス4枚組『THE FINAL NIGHT AT HAMMERSMITH 2002(の一部)』としても愛されてきました。本作は、そんな大定番サウンドボードのリマスター再発。。。。では、ありません。当店では、世界的なボウイ研究家の監修を受けて定番サウンドボードの最高峰マスターを永久保存してきましたが、本作はその最新弾なのです。

 実際、今回のマスターは初公開となるもの。放送自体はこれまでと同じですし、やはりエアチェック・マスターなのですが、これまで研究家仲間の間でのみトレードされてきた秘匿のマスターなのです。実際、そのクオリティは過去最高峰。従来マスターもいつもの基準なら「完全オフィシャル級」と呼べるものなのですが、今回のマスターは精度が違う。放送当時のハイエンド機材が使用され、FMチューナーからダイレクトにCD化したもの。カセットもDATも介さずにデジタル化されており、2002年の放送当時から劣化ゼロ。しかも、受信状態や配線にも気を配られており、ノイズレスな美しさもビシッと揺るぎない安定感も絶大なのです。これまで「ベスト」とされてきたマスターと比較しても艶がまるで違い、手応えまで感じる密度もシャープなのにトガらないエッジも美しければ、ベースの重低音ヴァイヴの細やかさも圧倒的。ひと口に「オフィシャル級」とは言っても実はピンキリだったりするのですが、本作の立つ地平は「オフィシャル名盤級」。それもモービル・フィデリティ盤やニンバス・スーパーカット盤のように「マスターテープの音」を感じさせてくれる次元なのです。

 そんなエアチェックの常識外となるサウンドで描かれるのは、貴重ナンバーも飛び出す『HEATHEN』時代の生演奏。2つの番組で合計14曲分が放送されているのですが、被っているのは「Everyone Says 'Hi’」のみ。実に多彩なレパートリーが楽しめるのです。ここでちょっと整理しておきましょう。
 
●ヒーザン(6曲・7テイク)
・Sunday/Cactus/5:15 The Angels Have Gone/Everyone Says 'Hi’[2テイク]/Heathen (The Rays)/Slip Away
●その他(7曲)
・70年代:The Bewlay Brothers(★)/Ziggy Stardust/Rebel Rebel(★)/Look Back In Anger(★)
・80年代以降:Fashion/Alabama Song(★)/Survive(★)
※注:「★」印は傑作サウンドボード『OLYMPIA 2002』『MONTREUX 2002』『TORONTO 2002』のどれでも聴けない曲。
 
……と、このようになっています。『HEATHEN』の新曲群も貴重なのですが、やはり美味しいのはクラシックス。当店では『OLYMPIA 2002(Wardour-227)』『MONTREUX 2002(Wardour-193)』『TORONTO 2002(Wardour-264)』といった“HEATHEN Tour”の名作サウンドボードを永久保存してきましたが、そこでも聴けない曲がたっぷり。特にお宝なのは「Alabama Song」と「The Bewlay Brothers」。「Alabama Song」は12年ぶりに実現したまさかの復活ですし、「The Bewlay Brothers」に至っては発表から31年を経て初めて披露された生演奏なのです。当時からファンのド肝を抜き、この放送を伝説にしてきた両曲。それを「オフィシャル名盤級」クオリティでいつでも、いつまでも楽しめるライヴアルバム……それが本作なのです。

 それにしても素晴らしいサウンド。同じ放送であっても、こだわり抜いた研究家が録音するとこうまで違うのか……そんな畏怖さえ覚える超極上のステレオサウンドボード・アルバムです。お馴染みのライヴを未体験クオリティで永久保存した1枚。どうぞ、じっくりと噛みしめてください。
 
★2つのBBC番組「2002年9月18日LIVE AND EXCLUSIVE」+「6月27日FRIDAY NIGHT with ROSS and BOWIE」をカップリングしたステレオ・サウンドボード録音。どちらの番組も大定番で知られていますが、本作は最高峰クオリティを更新する初登場マスター。ボウイ研究家の仲間内だけでトレードされていた門外不出のマスターで、放送当時のハイエンド機材が使用され、FMチューナーからダイレクトにCD化したもの。そのクオリティはオフィシャル作品でも歴史的名盤級の素晴らしさ。初めて生演奏された「The Bewlay Brothers」や激レア「Alabama Song」も超極上サウンドで楽しめます。

(73:43)
Everything’s Hunky Dory BBC Radio 2
Live and Exclusive
BBC Maida Vale Studio 3, London, UK 18th September 2002
Broadcast: BBC Radio 2 on 5th October 2002
01. Jonathan Ross Introduction
02. Sunday
03. Look Back In Anger
04. Cactus
05. Survive
06. 5:15 The Angels Have Gone
07. Alabama Song
08. Everyone Says 'Hi'
09. Rebel Rebel
10. The Bewlay Brothers
11. Heathen (The Rays)
12. Jonathan Ross - Closing Comments
 
Friday Night with Ross and Bowie
Studio TC4. BBC Television Centre, White City, London, UK 27th June 2002
Broadcast: BBC One on 5th July 2002
13. Fashion
14. Slip Away
15. Everyone Says 'Hi'
16. Ziggy Stardust
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
David Bowie: Vocals / 12-String Acoustic Guitar
Catherine Russell: Backing Vocals / Keyboards / Acoustic Guitar
Earl Slick: Lead Guitar
Gail Ann Dorsey: Bass / Vocals
Gerry Leonard: Lead Guitar
Mark Plati: Rhythm / Acoustic Guitar
Mike Garson: Keyboards
Sterling Campbell: Drums / Percussion
 
★大定番サウンドボードの最高峰を更新する秘蔵の初登場マスター『BBC 2002』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、『HEATHEN』『REALITY』時代の極上TVプロショット『FRIDAY NIGHT WITH JONATHAN ROSS』が特別に付属致します。
 
DAVID BOWIE - FRIDAY NIGHT with JONATHAN ROSS(Bonus DVDR)
BBC One Terrestrial Broadcast 5th July 2002 and 12th September 2003 PRO-SHOT
 
 本編プレスCDは通常のコンサートとは違う、メディア出演だからこその生演奏を超極上クオリティで味わえるサウンドボード・アルバムです。もちろん「メディア出演」と言ったらラジオだけでなく、テレビも重要。そこで、同じくBBCコレクションから「本編の映像編」とも言うべき1枚もボーナス付属させる事に致しました。

 そんな本作に収められているのは2種のテレビ放送で、どちらも同じ“FRIDAY NIGHT with JONATHAN ROSS”。そう、本編プレスCDにボーナス収録された「2002年7月5日放送回(6月27日収録)」と、「2003年9月12日放送回」です。この番組はタイトル通りジョナサン・ロスを司会にしたトーク番組で、現在も“THE JONATHAN ROSS SHOW”として放送中。毎回、さまざまな著名人がゲストに迎えられ、ロック関係でもポール・マッカートニーやロン・ウッド、レニー・クラヴィッツ、オジー・オズボーン等々、多彩な顔ぶれが出演しています。本作は、そんな名物番組にボウイが登場した2回の出演コーナーを極上クオリティで収録したものです。

 目玉はもちろん、マルチカメラ・プロショットのスタジオライヴ。ロスとはソファに座ってトークしますが、そのすぐ隣にバンドが控えており、特設セットとソファを行ったり来たりしながら番組は進んでいくスタイル。2002年分では4曲「Fashion」「Slip Away」「Everyone Says "Hi”」「Ziggy Stardust」、2003年分では2曲「New Killer Star」「Modern Love」を演奏しています。いずれも局内セットでの収録ではありますが、マイムではなく生演奏。観客を前にした通常ステージとは違って曲のムードに浸りきって歌うボウイの姿がオフィシャル級プロショットで楽しめる。特に「Everyone Says "Hi”」は“A REALITY TOUR”でも演奏されなかった当時ならではのレパートリー。それがオフィシャル級クオリティで目撃できるのです。

 そして、そんなパフォーマンスの合間にトークも見どころ。軽妙なジョークを交わしながら、ジギーを創造していった時の想い出や、ポップヒットを重ねていた時代に「フィル・コリンズの観客に向かって歌ってるみたいだ」と思った事、スタイロフォン(子どものオモチャとして開発された電子楽器。「Everyone Says "Hi”」で実際に演奏にも使ってます)を使い始めたときの事などを語っていく。その語り口はあくまでジョーク。ボウイもノリノリで「なんで、なんでジギーを殺したんだぁ!」と嘆く演技を交えながら爆笑を誘うのです。

 極めつけは、コメディアン:ケニー・エヴァレットの番組に出演した際のエピソード。1979年の話なのですが、ケニーが露出狂に扮し、ボウイと屋根の上で喧嘩するというコントを演じたのです。本作では当時の映像も流される。ケニーは前はスーツ、後ろはブラジャーとタイツという出で立ちでボウイを挑発し、ボウイはそんなケニーに激昂してバイオリンをへし折る……。若干22歳だったボウイの無表情な寸劇はなかなかの見物です(ちなみに、この番組とは関係ありませんが、ケニー・エヴァレットはフレディ・マーキュリーの友人。フレディと組んでダイアナ妃をゲイバーに連れて行ったことでも話題になった人です)。
 
 本編プレスCDの向こう側に佇む「スタジオのボウイ」を実際に目撃できるプロショット作品です。ジョークにトボけた表情で困惑するボウイだけでも面白いのですが、さらにスタジオ・ライヴや貴重なコント映映像まで……それらすべてが約1時間のオフィシャル級の極上プロショットで味わえる。本編プレスCDのイメージを広げてくれるだけでなく、本作自体が貴重で面白い映像傑作。どうぞ、併せてたっぷりとご堪能ください。
 
(63:28)
5th July 2002 Broadcast
1. Introduction
2. Fashion
3. Interview
4. Cut Up
5. Slip Away
6. Stylophone
7. Kenny Everett
8. Everyone Says "Hi"
9. Ziggy Stardust
 
12th September 2003 Broadcast
10. Introduction
11. New Killer Star
12. Interview
13. Modern Love
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.64min.
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 127人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.