洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 メーカーお取り寄せ商品
につきまして
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > KILLER GIG WITH DICKINSON
  KILLER GIG WITH DICKINSON / IRON MAIDEN
商品の説明
商品名 KILLER GIG WITH DICKINSON
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE 本タイトルはこれにて終了となりますので、オーダーの方はお早めにお願い致します。OCT.30.1981,ITALY/AUD//BONUS DVDR[FIRST GIG WITH DICKINSON]OCT.26.1981,ITALY/NTSC 51MIN

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★名盤・名音源、再紹介(2015年12月リリース)
 
★最初の240枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、「FIRST GIG WITH DICKINSON」が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


IRON MAIDEN - KILLER GIG WITH DICKINSON(2CD)
plus Bonus DVDR "FIRST GIG WITH DICKINSON"* Numbered Stickered Edition Only
Live at Palalido, Milan, Italy 30th October 1981 TRULY PERFECT SOUND
 
 IRON MAIDEN史上、“極めて特別”なライヴアルバムがプレス2CDで登場です! そもそも計画性の高いIRON MAIDENは、毎晩のショウの完成度も高く、サプライズなゲストやセットリストの変更が極端に少ない。ほとんど“特別”なライヴがないバンドです。しかし! 本作はそんな中でも例外中の例外。ブルース・ディッキンソンが「Purgatory」を、「Twilight Zone」を、「Innocent Exile」を歌う! 彼が「鋼鉄の処女」&「キラーズ」の曲“だけ”を歌うフル・ライヴアルバムなのです!!
 本作最大のポイントは、そのサウンドとライヴにあるわけですが、その前にこの特別なライヴの背景をご紹介しましょう。事の発端は1981年8月。ポール・ディアノがアメリカを含む初めてのワールドツアーをプレッシャーに感じ、酒に溺れるようになってしまった。ポールでは長いツアーに耐えられないと判断したバンドは、彼とヨーロッパを巡りつつ、後任の人選を開始。8月29日“レディング・フェスティバル”でSAMSONのブルース・ディッキンソンに白羽の矢を立てます。その後、9月10日コペンハーゲンまでツアーしたところでポールは脱退、ブルースが加入するのです。
 ブルースを迎えた新生IRON MAIDENは、ブルースとのコンビネーションを完璧なものにすべく、5日間のイタリア・ツアーをブッキングしました。本作は、そのイタリア・ツアー最終日「1981年10月30日ミラノ公演」を収めたオーディエンス・アルバムで、ツアー最高音質&最長録音の1本なのです。このイタリア・ツアーは“KILLER WORLD TOUR 1981”の一環であり、当然セットリストも「鋼鉄の処女」「キラーズ」というディアノ時代のレパートリーだけ。それをSAMSON時代そのままのブルースが野獣モードで吠えまくるライヴだったのです。このイタリア・ツアーは全5公演。ここで、その日程を確認してみましょう。
 
・1981年10月26日ボローニャ公演 (ブルース初ステージ)
・1981年10月27日ローマ公演
・1981年10月28日フィレンツェ公演
・1981年10月29日パドヴァ公演
・1981年10月30日ミラノ公演   【本作】
 
 この5日間は、いずれも優れた客席録音が残っていますが、本作のミラノ公演は古くから有名で、一部でサウンドボードとしても取引されていた録音。「BREAKING IN BRUCE」「THE NUMBER OF THE KILLERS(日付はクレジットミス)」「INNOCENT EXILE」「INCOMING」「DEFINITIVE YEARS IV」等々、幾多の既発を生み、愛されてきた定番でもある。本作は、その大決定盤なのです! 近年になって発掘されたロウ・ジェネレーションのアナログテープからダイレクトにデジタル化されたもので、鮮度も長さも格段にアップグレード! 既発にはテープスピードを遅くしたり、水増しして2枚組にしているタイトルもありましたが、本作はライヴ本編だけでも84分超の最長版。「The Ides of March」から「I've Got The Fire」まで、ショウの総てを完全録音しています。もちろん、長さだけでなく、サウンドも過去最高。冒頭の「The Ides of March」こそ、やや音の丸みも感じますが、生演奏が始まるやサウンドボードと間違われるのも無理はない強力なダイレクト感とクリアさが一気に広がる。既発からして素晴らしいサウンドでしたが、そこにロウジェネならではの鮮度と瑞々しさまで加わった。このイタリアツアー5公演は、異常とも言えるほどのハイクオリティ録音がそろっているのですが、その中でもズバ抜けて素晴らしい! ブルースだけでなく、ポール時代を含めても80年代初期屈指の高音質なのです(先日、キニーのオリジナルカセットから起こされた日本公演「TOKYO 1981 1ST NIGHT(ZODIAC 159)」「TOKYO 1981 AFTERNOON SHOW(ZODIAC 161)」が発掘されたため、軽々に「ツアーNo.1」とは断言できなくなってしまいましたが……)。特に後半は客席録音だと分かって聴いていても、サウンドボードに思えてくる。シンバルの鳴り1つとってもダイレクトで鋭く、しかも、その響きがまったく歪まない。輝く金属光沢のようなサウンドなのです。
 そんなサウンドで描かれるのが、ブルース加入から5回目のショウ。まだ「魔力の刻印」の曲は書かれておらず、全編「鋼鉄の処女」&「キラーズ」のブルース・バージョンで塗り固められている。特に「Purgatory」「Twilight Zone」「Innocent Exile」の3曲は“BEAST ON THE ROAD 1982”以降には演奏されず、ブルース・バージョンは超・貴重。特に「Purgatory」は、ブルースが歌う(現在のところ)最後のパフォーマンスです。しかも、単に貴重なだけでなく、ショウ全体の世界観が素晴らしい。演奏はポール時代そのままにファストでアグレッシヴ。関係者から“パンクメタルだった”と言われたIRON MAIDENに、野獣モードのブルースが叫ぶ、叫ぶ! 叫ぶ!! そのパッションは客だけでなくバンドメンバーにも向けられており、「こいつらに俺の力を証明してやる」と言わんばかりの絶唱。超大作をドラマティックに歌い上げることもブルースの魅力ではありますが、ここでは徹底的に攻めのシャウトで突き抜ける。「IN ROCK」時代のイアン・ギランもかくやの大迫力です。
 もちろん、ブルースに煽られっぱなしにはならないバンド側の熱演も究極的なら、イタリア人の熱狂ももの凄い。ダイレクトな楽音を遮ることはないのですが、曲間になろうものなら、猛烈な声援が津波となって押し寄せてくる。現場となった“パラリード”は、5,000人クラスの中規模会場なのですが、その盛り上がりはMONSTERS OF ROCKかROCK IN RIOかといった様相。特にアンコール待ちのシーンは、「放送局がオーバーな口笛をダビングしすぎた?」と思うほど。もちろん、客席録音ですからオーバーダブなどあるはずもなく、それが本生100%の熱狂。既発では大幅にカットされていたシーンですが、まさかこれほどの熱狂が巻き起こっていたとは……。IRON MAIDENの、いえ、本生ライヴ音源数あれど、ここまで超クリアな楽音&超熱狂が同居している録音など聴いたことがありません………いやホント、もの凄い。まさに、Killer Gig!
 ライヴ本編だけで長くなってしまいました。本作には、さらにブルースのオーディション・テープ「Twilight Zone」「Wrathchild」「Killers」の3曲をボーナス収録しました。もちろん、ブルースにとってIRON MAIDEN初録音。これまた古くから有名な録音ではありますが、こちらも幾多の既発を問題外にする過去最高クオリティです。
 ブルースを迎え、世界の扉を大きくこじ開けることになるIRON MAIDEN。本作は、生まれかわりの刹那を捉えた大傑作です。身体に染みこんだNWOBHMの薫りを猛烈に発散させつつ、その限界をアグレッションで食い破らんとするヘヴィメンタル・モンスター。たしかにブルース・バージョンの「Purgatory」「Twilight Zone」「Innocent Exile」こそが目玉ではありますが、そんなこともすっかり忘れるほど超絶ライヴです。激レア曲があり、歴史の転換点であり、猛烈な熱演と観客………その総てが過去最高峰のサウンドで聴けるライヴアルバム。IRON MAIDEN全史でも2つとない絶対特別な超強力盤。全身全霊の喜びをもってご紹介します!

Disc 1(60:32)
1. The Ides of March 2. Sanctuary 3. Purgatory 4. Wrathchild 5. Twilight Zone
6. Remember Tomorrow 7. Genghis Khan 8. Killers 9. Another Life (incl. Drums Solo)
10. Innocent Exile 11. Running Free 12. Murders In The Rue Morgue 
13. Phantom Of The Opera 14. Iron Maiden 
 
Disc 2(34:24)
1. Transylvania 2. Guitar Solo 3. Drifter 4. Prowler 5. I've Got The Fire
Bonus Tracks - Dickinson's Audition Tapes
6. Twilight Zone 7. Wrathchild 8. Killers
 
Bruce Dickinson - Vocal Steve Harris - Bass Dave Murray - Guitar Adrian Smith - Guitar
Clive Burr - Drums
 
★★特別企画
 
★ディアノ時代の曲“だけ”をブルース・ディッキンソンが絶唱するスーパーライヴ盤「KILLER GIG WITH DICKINSON」。そのナンバー入りステッカー付きに限り、ブルース加入後の初ステージを収めた貴重映像「FIRST GIG WITH DICKINSON」が特別に付属いたします。
 
IRON MAIDEN - FIRST GIG WITH DICKINSON(Special Bonus DVDR)
Live at Palasport, Bologna, Italy 26th October 1981
 
 あまりにも特別なブルース・ディッキンソン加入直後のイタリア・ツアー。本編プレス2CD「KILLER GIG WITH DICKINSON」は、その頂点録音たる大決定盤です。そんな新名盤の誕生を祝うボーナスには、同じイタリア・ツアーの初日(=ブルースの初ステージ)を収めた貴重映像を贈ります。まずは、本編プレスと併せ、このイタリア・ツアーの日程をもう一度確認してみましょう。
 
・1981年10月26日ボローニャ公演 【本作】
・1981年10月27日ローマ公演
・1981年10月28日フィレンツェ公演
・1981年10月29日パドヴァ公演
・1981年10月30日ミラノ公演 「KILLER GIG WITH DICKINSON」
 
 このように、本作が撮影されたのは「1981年10月26日ボローニャ公演」。本作には、同じ撮影を2つのマスター「SOURCE 1」「SOURCE 2」から収録しており、それぞれ7曲分で記念すべきブルース初ステージを目撃することができます。そのクオリティは正直に申し上げて「貴重映像」でイメージされるもの。もちろん、かつて出回った「なんかメンバーらしきものが動いてるな……」といったビデオマスターからは遙かに(比較にならない!)向上してはいるのですが、残念ながら「撮影マスターそのもの」というレベルには達していない。サウンドはクリアながら画面にノイズが入る「SOURCE 1」、ノイズはないものの、ダビングを経た丸みのある「SOURCE 2」といったところでしょうか。
 しかし! そんな画質を問題外にするのがアングル。ステージ左側(デイヴ・マーレイ側)からアップたっぷりの(多分)オーディエンス・ショット。「多分」と書いたのは、あまりにもステージに近く、やたらと安定しているのです。1981年当時のビデオカメラは巨大で、隠し撮りは遠景が多い。ステージ近くからだと不安定で視界も限られたものになりがちです。ところが、前方3列目くらいから撮影している本作は、カメラを隠そうするそぶりもなく、各メンバーを自在にズーム。視界いっぱいに激近なステージが広がるのです。もしかしたら、ブルースのパフォーマンスをチェックするためのスタッフ撮影なのかも知れません。
 そして、パフォーマンスこそが凄い。本編プレス2CDのミラノ公演ももの凄かったですが、初日の本作もブルースが猛烈に叫ぶ、叫ぶ! 「SOURCE 2」の丸みのあるサウンドでも、ブルースのシャウトは真っ直ぐに突き抜けてくる。現在でも見事な技巧と美声が素晴らしいブルースですが、ここでの彼は若さ任せ、勢い任せ、体力任せで、まさに“野獣”。しかも、単なる絶叫だけでなく、真っ直ぐ伸びるハイノートはどこまでも美しく、ヴィブラートもダイナミック。「ブルースはSAMSONに限る」という古参のNWOBHMマニアの方も、本作の絶唱には満足していただけることでしょう。
 もちろん、その歌声だけでなくパフォーマンスを目撃できるからこその映像。これが初ステージとは思えない堂々としたブルース、若々しいスティーヴ・ハリスもさることながら、休みなく身体全体でヘドバンし続けるマーレイもえらくアグレッシヴ。今は亡き、クライヴ・バーの姿も本生100%のオーディエンス映像で観られるのは貴重です。
 IRON MAIDEN史上でも、頂点的なパフォーマンスが轟くプレス2CD「KILLER GIG WITH DICKINSON」。しかし、この映像を観る前と後では、本編プレス2CDのリアリティがまるで違ってくるのです。貴重なブルースの初ステージの記録にして、本編プレス2CDのイマジネーションを数倍に跳ね上げてくれる傑作映像。ぜひ、あなたもブルースMAIDENが第一歩を刻んだ記念碑ステージの目撃者となってください!
 
Source 1 (25:28)
1. Purgatory 2. Wrathchild 3. Twilight Zone 4. Remember Tomorrow 5. Killers
6. Running Free 7. Murders In The Rue Morgue
Source 2(25:30)
1. Purgatory 2. Wrathchild 3. Twilight Zone 4. Remember Tomorrow 5. Killers
6. Running Free 7. Murders In The Rue Morgue
 
COLOUR NTSC Approx.51min.
 
Bruce Dickinson - Vocal Steve Harris - Bass Dave Murray - Guitar Adrian Smith - Guitar
Clive Burr - Drums
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
3月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 83人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
QUEEN DEFINITIVE LIV…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.