洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 [重要]メールマガジン
不着について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > 1988
  1988 / NIRVANA
商品の説明
商品名 1988
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE JAN.23+JUN-SEP+OCT.30.1988,USA/SBD

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の80枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


NIRVANA - 1988(2CD)
Reciprocal Recording: Seattle, WA. USA 23rd January 1988 STEREO SBD
Community World Theater, Tacoma, WA. USA 23rd January 1988 STEREO SBD
Reciprocal Recording: Seattle, WA. USA June-September 1988 STEREO SBD
Dorm K208: The Evergreen State College. Olympia, WA. USA 30th October 1988 STEREO SBD
 
 “80年代のNIRVANA”を赤裸々に綴る極音源集の第2段が登場です。先日は、バンド誕生の直後にスポットライトを当てた『1987(ZODIAC 193)』が大好評を賜りましたが、本作はそれに続き1988年のスタジオ&ライヴ・トラックを4種コンパイルしたもの。ちょうどバンド名が“NIRVANA”に固まろうとしていた時期で、いよいよ名盤『BLEACH』の姿が透けてくるグランジ・サウンドが吹き荒れる2枚組です。それでは、早速4種の音源を詳しく見ていきましょう。
 
【1988年1月23日:RECIPROCAL RECORDINGスタジオ】
 まず登場するのは、デビュー作『BLEACH』が制作されたことで知られる“RECIPROCAL RECORDING”でのスタジオ録音。プロデューサーにはスタジオのオーナーで『BLEACH』も手がけたジャック・エンディノが就いたレコーディングで、ボックス『WITH THE LIGHTS OUT』や『INCESTICIDE』、さらには初回プレス盤『BLEACH』等々の公式作品にも採用されてきたセッションです。公式トラックはバラバラに散らばっていましたが、本作ではオフィシャル化されていない「Spank Thru」も含め、セッションの全トラックをベスト・サウンドで網羅しています。このセッションには“AFTER HOURS MIX”と“ONE HOUR MIX”の2種が知られていますが、「If You Must」「Pen Cap Chew」が“AFTER HOURS MIX”で、他8曲が“ONE HOUR MIX”です。
 ドラマーもデイル・クローヴァーであり、まさに「プレBLEACH」と呼ぶに相応しい原石の輝きがたっぷりと味わえるわけですが、その輝きを一層眩しくするクオリティも素晴らしい。『1987』は、世界的なNIRVANA研究家がマスター監修したコンピレーションでしたが、本作も同じマニアが丹念に編み上げたもの。単にかき集めたのとはわけが違い、1トラック1トラック出自にも品質にもこだわったコレクションです。
 
【1988年1月23日:タコマ公演】
 先述のスタジオ録音とまったく同じ日のライヴ。これまた公式ボックス『WITH THE LIGHTS OUT』に3曲「Downer」「Floyd The Barber」「Erectum / Moby Dick」が収録されていたステレオ・サウンドボード音源なのですが、去年になって約40分・10曲の長尺マスターが発掘。本作にも収録されました。
 この長尺マスターは、長さだけでなくクオリティも一級品。ボックスの公式トラックにも引けを取らない極上ステレオ・サウンドボード。先述のスタジオ・トラックが「プレBLEACH」だとすれば、これはそのライヴ編。もちろん、こちらのドラムもデイル・クローヴァーです。
 
【1988年6月-9月:RECIPROCAL RECORDINGスタジオ】
 3つめの音源は再び“RECIPROCAL RECORDING”でのスタジオ・レコーディング。ディスク1には「Love Buzz (Early Vocal Take)」「Big Cheese (Rough Mix)」の2トラック、ディスク2には残り4トラックが配されています。
 ここからドラマーがチャド・チャニングに代わっており、もちろんプロデューサーはジャック・エンディノ。『BLEACH』のメイン録音は「1988年12月-1989年1月」なので、それよりも前の録音。しかし、ほとんどが『BLEACH』収録曲ということもあり、こちらは「プレBLEACH」というより「BLEACHの別テイク」もしくは「BLEACH用リハ」といった印象のスタジオ・トラックです。
 
【1988年10月30日:学生寮ライヴ】
 最後に収録されているのは、エバーグリーン州立大学の学生寮“DORM K208”でのパーティ・ライヴを約1時間収めたもの。これのみマイクによる録音なので分類上は「オーディエンス録音」になるのですが、そのクオリティは普通の客録とは別次元。なにしろ、狭い学生寮ですからスタジオ内と同じくらいにマイクが近く「ライン録音か否か」の区別が無意味なくらいのド直球サウンド。轟音ギターも粘っこいビートも、もちろんカート・コバーンの歌声も、ディテールまで超鮮明な耳元サウンドで鳴り響くのです。
 そのサウンドで描かれるライヴの熱さが凄い。セットリストもお馴染みの曲が大幅に増え、そこにLED ZEPPELINやSMACKのカバーを織り交ぜ、グッとエンターテインメント色の強くなったライヴがたっぷりと味わえる。『1987』や初期デモがややマニアックに感じられた方にとっても、十分以上に楽しめるのではないでしょうか。その上に来て、“学寮”ならではの手作り感が面白い。先ほどの述べた通り、サウンド自体はサウンドボードと大差ないド迫力ぶりですが、その影から沸き上がる観客の盛り上がりは学生ノリ丸出し。それを前にしたNIRVANAの面々も一層ワイルドで、「思いっきりキメてんだろうなぁ」と、思わず微笑ましくなるライヴアルバムなのです。
 まさに革命前夜。『BLEACH』前夜祭。デビュー後にも増してラフでワイルドではあるものの、“あのNIRVANA”サウンドがすでに全開になっているスタジオ録音&ライヴの大傑作です。NIRVANAの革命サウンドがどんな空間で生まれ、育まれていったのか。それを現場リポートしてくれる初期音源集の第2段。革命前夜の熱い躍動、今週末あなたのお手元にお届けいたします。

Disc 1 (78:09)
Reciprocal Recording: Seattle, WA. USA 23rd January 1988 / Producer: Jack Endino
01/10: 'After Hours' Mix / 02-09: 'One Hour' Mix
1. If You Must 2. Downer 3. Floyd the Barber 4. Paper Cuts 5. Spank Thru 6. Hairspray Queen
7. Aero Zeppelin 8. Beeswax 9. Mexican Seafood 10. Pen Cap Chew
Community World Theater, Tacoma, WA. USA 23rd January 1988
11. If You Must 12. Downer 13. Floyd The Barber 14. Paper Cuts 15. Spank Thru 16. Aero Zeppelin
17. Mexican Seafood 18. Pen Cap Chew 19. Annorexorcist 20. Erectum / Moby Dick (Jam)
Reciprocal Recording: Seattle, WA. USA June-September 1988 / Producer: Jack Endino
21: Love Buzz (Early Vocal Take) 22: Big Cheese (Rough Mix)
 
Disc 2 (75:03)
Reciprocal Recording: Seattle, WA. USA June-September 1988 / Producer: Jack Endino
1. Blew (Early Take) 2. Blandest (Rough Mix) 3. Mr. Moustache (Rough Mix)
4. Sifting (Instrumental)
Dorm K208: The Evergreen State College. Olympia, WA. USA 30th October 1988
5. Audience Ambiance 6. School 7. Love Buzz 8. Floyd The Barber 9. Spank Thru 10. Big Cheese
11. Hairspray Queen 12. Mr Moustache 13. Sifting 14. Mexican Seafood 15. Aero Zeppelin
16. Run, Rabbit, Run 17. Immigrant Song 18. Blew
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
Kurt Cobain: Guitar / Vocals Krist Novoselic: Bass
Dale Crover: Drums / Backing Vocals (Disc One: 01-20)
Chad Channing: Drums (Disc One: 21/22 / Disc Two)
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の13時以降(10/1より12時以降)~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
13時まで(10/1より12時まで)のお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
9月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 200人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.