洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー(年末
年始含む)
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DESTROYER II
  DESTROYER II / LED ZEPPELIN
商品の説明
商品名 DESTROYER II
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 3CD
CONDITION M+
SOURCE APR.28.1977,CLEVELAND

通常価格 ¥4,500 (45P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の180枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


LED ZEPPELIN - DESTROYER Ⅱ(3CD)
Live at Richfield Coliseum, Cleveland, OH. USA 28th April 1977
 
 1977年アメリカ・ツアー、4月のクリーブランドと言えば誰もが思い出すのは永遠のスタンダード「DESTROYER」こと27日の公演。LP時代から現在に至るまで、揺るぎない定番音源と化したサウンドボード録音、当店からもベスト・バージョンの誉れ高き「1st Gen Reels」がリリースされたのは記憶に新しいところ。同じようにLP時代からの定番として、28日の公演も有名なもの。こちらはオーディエンス録音ながらも十分に良好な音質であり、あの定番音源の翌日、しかも同じ場所での公演ということから「DESTROYER II」の名が冠されて現在に至っています。
 27日がどっしり、スッキリの77年基本グルーブ感を捉えた名音源だとすれば、翌日はツアー開始後、初めていい感じに弾けるZEPの姿を捉えたものだと例えられるでしょう。77年アメリカ・ツアーはそれまで以上に連日の長時間演奏が確約された構成で連日のショーが繰り広げられました。4月に関して言うと、75年を最後にライブ・ツアーから離れていたZEPがツアーを再開させた時期ということに加え、先の長時間構成が序盤から導入されたことから、少なからず「おっかなびっくり」な雰囲気が伺えました。
 例えばツアー最初の連続公演となったシカゴでは翌日が地元のホッケー・チームに会場を明け渡さなければならないことから短縮ショーで行われた7日、ところが今度ペイジの体調不良にてショーが打ち切られてしまった9日といった具合で、順調な滑り出しとはお世辞にも言えません。恐らくは、未だに音源が発掘されていない時期である12日のミネアポリスや15日のセント・ルイス辺りからツアーが調子を掴んだのではと推測されます。4月が20日を過ぎるとZEPは波に乗り、過去に当店がリリースした23日のアトランタ公演「HOW MANY MORE YEARS GONE WITH THE WIND」(TCOLZ) からもそれがはっきりと伺えたものです。
 
 27日のクリーブランドになると77年ツアーらしさというものが確立され、今回リリースされる28日でZEPがいよいよ躍動してみせたのです。前日のようなクリアネスに長けたサウンドボードでなくとも、この日の演奏が序盤から勢いたっぷりにスタートしていたことがはっきりと伝わってくるのが素晴らしい!まずは「Nobody’s Fault But Mine」でZEPが最初の頂点に達します。中でもプラントが聴かせる気合たっぷりのシャウトは壮絶。さらに今度はペイジが主人公となる「Since I've Been Loving You」の切れ味。77年ツアーの中でも、特にこの日のペイジは「弾けて」いるのが伝わってくるでしょう。それを支えるボンゾが合間で爆裂ヒッティング・ドラムをかましてくれるのがまた77年らしい。
このことからも解るように、ボンゾはLAのぶっ飛び感とは違ったナチュラルな爆裂ドラミングですし、何よりもプラントが上機嫌。よっぽど気分が乗っていたのか、彼の大好きなプレスリー・ナンバー「Surrender」を曲間で歌い出すと、ボンゾがそれに合わせるという愉快な場面まで現れます。ここまでの前半部分でも非常に素晴らしい演奏が連続していたのですが、「No Quarter」ではジョンジーが「Nutrocker」をプレイしてバンドも会場もヒートアップ。ここでもボンゾのドラムが随所で爆裂していますが、LAの時ほどぶっ飛んだ調子でなく、それでいて存在感をいかんなく発揮してくれているのがポイント。
ショー中盤を告げる「Ten Years Gone」ではジョンジーの弾くサブ・ギターの音が非常によく聴こえます。前日のSBDと比べてみても、よりくっきり前面に押し出されている。4月のツアーでは後の名物となるジョンジーのトリプル・ネックが導入されておらず、代わりにオベーションの12弦エレアコをプレイ(前日などはそれを弾く姿が写真で残っています)。PAシステムから増幅させるには、5月のレグから導入されるトリプル・ネックより容易であったことは、この会場に鳴り響いた12弦サウンドを聴けば一目瞭然でしょう。
歌パートがメインとなるアコースティック・セットでは再びプラントがご機嫌。「Black Country Woman」の前では、自身がお気に入りのナンバーだと公言していた「Dancing Days」をほのめかし、ペイジも少しだけ合わせてあげています。観客はそれだけでも大きに盛り上がってみせたのですが、これがもう少しまともなスタイルで演奏されるのは一か月後のランドーバーまで待たなければなりません。
ライブ後半がまた素晴らしく、ボンゾが相変わらず冴えわたっています。「Rock And Roll」での盛り上げ方などは壮絶の一言。やはりここでも彼の派手ながらも行き過ぎないドラミングに好感を覚えます。そしてアンコールの「Trampled Underfoot」はちょっとスローな雰囲気で始まるのが面白く、前日の同曲と聴き比べるとなおさら楽しめるかと思います。全体を通しての自然な勢いは、あの暴走気味だった6月のLAとはまた違った魅力が随所で輝きを放っているのです。
 
 音源自体には問題もあり、カットが頻繁に見受けられます。中でも「No Quarter」や「Stairway To Heaven」のカットは致命傷だと言えるもの。また「Nobody’s Fault But Mine」イントロのカットをコピペ編集にて隠蔽したアイテムなども存在していました。マニアの方は懐かしさを覚えることでしょう。
それでもなお、文句なしに名演と呼べる内容に加え、1977年4月のオーディエンス録音としてはモノラル音質ながらベストの部類にクオリティを誇ることから、これまで何度もリリースされてきたものです。ところが、ほとんどのアイテムがピッチの遅さという問題を放置しており、しかもそれが微妙に変動する状態であったことから、なおさらおざなりにされていました。
もう一つはテープの鮮度にも問題があったのです。CDの時代に入っても平気でジェネ落ち音源を元にしたアイテムがリリースされていたのですが、今回はファースト・ジェネレーションという血統書付きのコピーから限定のプレスCD化。正確にアジャストされたピッチと合わさって、過去にリリースされた数多くのアイテムを一蹴してしまうクリアネスと聴きやすさを実現してみせました。同じくロー・ジェネレーション音源を元にした前日の決定版「1st Gen Reels」サウンドボードに次いで、77年アメリカ・ツアー4月が生み出した名演の決定版をお届けします。
 
Disc 1 (60:19)
1. Intro. 2. The Song Remains The Same 3. Sick Again 4. Nobody's Fault But Mine
5. In My Time of Dying 6. Since I've Been Loving You 7. No Quarter
 
Disc 2 (42:19)
1. Ten Years Gone 2. Battle of Evermore 3. Going to California 4. Black Country Woman
5. Bron-Y-Aur Stomp 6. White Summer / Black Mountainside 7. Kashmir
 
Disc 3 (60:29)
1. Moby Dick 2. Guitar Solo 3. Achilles Last Stand 4. Stairway to Heaven
5. Rock and Roll 6. Trampled Underfoot
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
12月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 112人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
AT BUDOKAN : EARLY C…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.