洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > ORLANDO 1971
  ORLANDO 1971 / LED ZEPPELIN
商品の説明
商品名 ORLANDO 1971
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE AUG.31.1971/SBD

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の240枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


LED ZEPPELIN - ORLANDO 1971(2CD)
Live at Sports Stadium, Orlando, FL. USA 31st August 1971
 
 今週当店からのZEPリリースは1971年8月31日のオーランド公演を捉えたサウンドボード録音となります。と来れば「ああ、FLORIDA SUNSHINEのSBDね」…その通りです。既に15年に渡ってそれが市場を席巻した感のあるSBD音源。そちらのタイトルを持っておられるマニアも多数であるかと思われます。何故、この有名SBDを今更?と思われることでしょうが、今回は近年ネット上に現れたバージョンを元にし、改めて同日のオーディエンス録音とハイブリッドに組み合わせたバージョンのリリースとなるのです。

もちろん今回も「Celebration Day」以降に生じていた録音の欠損などは全く変わらない。これに関してはPAアウトからのSBD録音に際し、スタッフが一本目のカセットが終わった後での掛け替えを忘れていたことから起きたハプニングであることは明白かと。そもそもがリリースを前提とした録音行為ではなく、あくまでPAのチェックや記録用としてカセットに収めていたもの。そういった欠損があるのは当然ですし、77年の「DESTROYER」における「The Song Remains The Same」の冒頭部分と同じように、そこが今後発見されることは永遠にあり得ません。これはPAアウトのSBD音源において宿命とも言える現象でしょう。

それでもなお、今回のバージョンは限定のプレスCDにてリリースされるべき価値を大いに含んだもの。それというのも、今回のSBDパートはネット上でおなじみKRW_COが自身の所有するテープ・コレクションから、さる7月に公開したもの。KRW_CO言えば1979年コペンハーゲンのベスト・バージョンをネット上にアップロードしてくれ、しかもそれを当店が「COPENHAGEN 1979」としてリリースしてみせたのも記憶に新しいところ。

 そんな彼でも今回のオーランドSBDは「ジェネレーション不明」とのことですが、どっこい明確なアッパー感が感じられる素晴らしい状態。それというのも「FLORIDA SUNSHINE」がリリースされた時代はまさにイコライズ・ウォーズと呼ぶべき時期。それ加えて71年アメリカ・ツアーからの初登場SBDともなれば、イコライズが施されてしまうのも致し方ありません。さらには音像の次元がまるで違うオーディエンス録音と複合させなければならないのだから、少しでも格差を緩和させる為にはイコライズが必須であったのは当然というもの。
 
 一方でリリースから15年が経過した現在、そのイコライズに違和感を覚えるのも当然のこと。その点、今回のKRW_COバージョンのナチュラルで俄然ウォーミーな味わいは聞き比べてみれば一目瞭然。オーランドSBDの登場によって71年アメリカ・ツアーはトロントとハンプトンの三羽烏状態となりました。当店からのリリースが記憶に新しいハンプトンは粗さをたたえた質感だったのに対し、トロントは暗さすら感じさせるほどの、しっとり録音。オーランドSBDはその間を行く音質だと例えられるもの。それが今回のKRW_COバージョンのナチュラルな味わいによって、より一層際立つ結果となりました。

 しかもSBDですので、1971年までのボンゾのスネア・ドラムの特徴であった高音が抜けるように響く音色も実に生々しく捉えてくれる。この音色が72年以降から変わり、よりヘヴィネスを強めた質感に変わったことで、あのボンゾ・ドラムのイメージが定着したのです。そういった意味では、ここで聞かれる71年特有のスネアの響きが今回のナチュラルな状態によって、より一層リアルに伝わってくるのも大きな魅力でしょう。

 さらにオーディエンス録音による欠損箇所の補填に関しては、オーランド公演を世に知らしめた懐かしのアイテム「WELCOME TO DISNEYLAND PARTS 1 & 2」を流用。実はこれがナチュラルな状態であったということが最大の要因です。これら二種類の音源どちらもイコライズに頼らない、あくまでナチュラルな状態を活かした編集を施した結果、かつてないほど素直な音質でオーランド公演を楽しめるようになりました。もう一つ付け加えておかなければならないのは、それぞれの音源が抱えていたピッチの狂いもまた、かつてないほど正確にアジャストされているということ。

 SBDの方は録音が再開された「What Is and What Should Never Be」以降にピッチの上昇があったかと思えば、今度は「Organ Solo」においてピッチが下がってしまいます。AUDの方はと言えば、これがもうぐちゃぐちゃ。よって単なる音源のナチュラルな状態だけにとどまらず、二種類の音源がどちらも終始安定したピッチで収録されているという点も今回のリリースの大きなアドバンテージであるのです。
 
 そうした安定の状態で聞けるオーランド公演は本当に素晴らしい!71年アメリカSBD三羽烏の中において、もっとも暴走気味な演奏が聞かれるという点は当初から定評がありましたが、オープニングから演奏は明らかにワイルド。この一端を担うのはペイジ。基本的にフレーズが滑らかだった71年の中においても、音数の多さが一層際立ちます。いつも「Heartbreaker」の合間で爪弾くのが当たり前なバッハの「Bourree」を「Dazed And Confused」の弓弾き時にまで奏で、さらにはエンディングで「White Summer」まで弾き出すというハッスルぶり。71年ならではと言うべきプラントのスクリーミング・ボイスと共に爆発する「Black Dog」至っては、文字通り勢いが余って演奏の行方が怪しくなってしまうほどですが、それがまた爽快に映るのがまた71年ならでは。

 それだけにオーランドSBDの持病と呼べる「Celebration Day」以降のカット(オーディエンス録音の方もカットが起きてしまう)が悔やまれてならないのですが、AUDパートにおいてもペイジがキンクスの「You Really Got Me」リフを弾き出す様子が聞かれ、さらにSBDに戻った「Whole Lotta Love」の冒頭では「How Many More Times」の後半っぽいリフを弾くといった、いつになくご機嫌で余裕たっぷりなプレイが捉えられています。永遠の名演929をいよいよ一か月後に控え、アメリカでも爆裂するZEPの様子を捉えた定番SBDの新たなアッパー版がここに登場。これはとにかく聞いてみてほしい!
 
★★修正ポイント(追記)
★What Is and What Should Never Be~Whole Lotta Love途中にかけて、若干ながらランダムに速かったピッチを修正。
★Organ Soloから最後迄かなり遅かったピッチを修正。
★AUDはグチャグチャに狂っているピッチをなるべく修正し、ラウド過ぎてヒスが多いのでパッチした時に違和感が有るので、イコライズして補填。
★That's the WayからDisc 2だとオーディエンス録音からのスタートになるのでディスク割を変えました。

Disc 1 (52:30)
1. Intro. 2. Immigrant Song (incl. Bourree) 3. Heartbreaker 4. Since I've Been Loving You
5. Dazed and Confused (incl. Mars, The Bringer Of The War) 6. Black Dog
 
Disc 2 (79:25)
1. MC
2. Stairway to Heaven 3. Celebration Day 4. That's the Way 5. Going to California
6. What Is and What Should Never Be 7. Moby Dick
8. Whole Lotta Love (medley incl. Let That Boy Boogie, My Baby Left Me, Mess of Blues)
9. Organ Solo 10. Thank You 11. Stage Announcements
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
7月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 195人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.