洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > PARIS 1974
  PARIS 1974 / ERIC CLAPTON
商品の説明
商品名 PARIS 1974
レーベル BEANO◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE DEC.2.1974/AUD

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の100枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


ERIC CLAPTON - PARIS 1974(2CD)
Live at Park des Expositions, Paris, France 2nd December 1974
 
イギリス在住の重鎮テーパーより提供された、久々のエリック・クラプトンの完全未発表マスターの登場です!「ええっ?まだこんな日の音源があったの?!」とマニアが驚かれること間違いなしの1974年12月2日パリ公演の完全収録モノラル・オーディエンスソースです。この直後にイギリス、ロンドンに凱旋し、12月4日、5日のハマースミス・オデオンでの連続公演でこの年の「461オーシャンブールヴァード・カムバック・ツアー」を完遂したのはファンならご存知かと思いますが、本盤に収められているのは、その直前、12月2日のパリ公演、これまでまったく存在しないと思われてきた日の音源を重鎮テーパーは所有していたのでした。74年のカセット録音のため音質はドンピカのクオリティとは言えないもので、オーディエンス録音としては「中」レベルのものですが、ボーカル、ギター、ドラム、ベースが意外にもくっきりと収録されているので、聴き易いという印象を持っていただけると思います。本盤のセットリストはエリック・クラプトンの公式ファンサイトWHERE'S ERIC!のツアー・アーカイブで表記されているこの日のセットリストとは異なっているため、この前日のアントワープ公演の可能性も残りますが、重鎮テーパーのマスターの日付は「Paris 2nd December 1974」であるため、当店はそれを信じてパリ公演としてリリース致します。いずれにせよ、44年ぶりに日の目を見た初登場音源には違いありませんので、是非ご注目いただきたいと思います。
さて、ここでこの日の公演がクラプトンのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。
 
・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫ 
・1974年8月~9月:アルバム「THERE'S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー 
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:短期ヨーロッパ・ツアー
   11月26日:ドイツ、ハンブルグ公演
   11月27日:ドイツ、ミュンヘン公演
   11月28日:ドイツ、ラディグシャフェン公演
   11月29日:ドイツ、エッセン公演
   11月30日:オランダ、ロッテルダム公演
   12月1日:ベルギー、アントワープ公演
   12月2日:フランス、パリ公演 【本作】
   12月4日、5日:イギリス、ロンドン公演
 
6月からのカムバック全米ツアーの大成功で気を良くし、キャリアの再出発に自信を持ったクラプトンは、製作意欲に溢れ、早々と次のアルバムのレコーディングまで完了し、またすぐにツアーに出たことが分かります。早くファンに新曲を聴かせたかったのでしょう。本公演ではLittle Rachel、The Sky Is Crying、Singing The BluesとBetter Make It Through Todayと、何と4曲も披露しています。特にマーティンとブラッキーで通した1回目の全米ツアーに対し、このヨーロッパ・ツアーではアコースティック・ナンバー披露後のエレクトリック・セットでは新たに入手した1957年製ギブソン・エクスプローラのテールカットモデルというレアなヴィンテージギターをを全面的に使用しました。このギターはその後のジャパン・ツアーでもお披露目されましたので、記憶しているオールドファンも多いことでしょう。このギター特有の粘りと艶のあるトーンを聴かせているのが特徴的です。面白いのは、クラプトンがこの日、相当酔っ払っていたことで、悪評高かった全米ツアーの体たらくがここでも繰り返されていた事が分かります。ご機嫌にヘラヘラと笑っているのですが、この日のオーディエンスの騒ぎ具合が気に入らなかったのか、Let It Growのイントロを弾き出しているのに「シャラップ!」と言い放ち、Little Rachelの演奏後も再び「シャラップ!」、Little Wingの曲中にもまた「シャラップ!」と叫んでいます。I Shot The Sheriffの冒頭ではわざわざ「頼むから馬鹿騒ぎは止めてくれ。全員静かにしてくれないか。」とアナウンスしているほどです。酔っ払いの気紛れと言うしかない状態ですが、騒ぎたくもなるパリのオーディエンスの気持ちも分かります。なにせ、これ以前にクラプトンがパリで公演したというのは、1967年6月1日のパレ・デ・スポルト公演で、クリームとしての公演でした。その後波乱万丈のバンド歴を重ね、ソロ・アーティストとして初めての、7年ぶりの公演ともなれば、フランスのクラプトンファンが沸き立つのも無理からぬ事だったでしょう。それを言下に「うるさい!」と吐き捨てるクラプトンは、今からは考えられない「若気の至り」だったと言えます。しかし、これほどの塩対応をされながら、フランスのオーディエンスはレギュラーセット終了後には怒涛のアンコールを求めるのです。なんと涙ぐましいことでしょう。それほど彼らはクラプトンを待望していたのでしょうか。そしてこの泥酔状態でパフォーマンスのクオリティも酷かったのかと言えば、そこがまたクラプトンらしいところで、ダレることなくきちんとプレイしているのです。ブルースメドレーではバンドに転調するキーを叫びながら味のあるソロを決めていますし、Little Wingでは伸びやかなフレーズでジョージ・テリーとの織り成すツインリード構成を見事に演出しています。そしてSingin' The BluesとLaylaでは、クラプトンらしいキラーソロが炸裂します。このツアーでのクラプトンは「演奏は別物」と考えていただいた方がいいでしょう。セットリストはこの時期特有のもので、先述しましたように「THERE'S ONE IN EVERY CROWD」からのナンバーを多く組み込んでいる上に、その他はアルバム「461」のナンバーをいい感じで散りばめながら、Tell The Truth、Blues Power、Little Wing、Laylaでデレク&ザ・ドミノス時代を思い起こさせてくれる心憎いセットになっています。Laylaには、その後の日本公演で定例化した、エヴァリー・ブラザーズのスタンダードナンバー「All I Have To Do Is Dream」をジョイントし、ピアノコーダの代わりに演奏しています。この日のクラプトンのルックスは、珍しく黒無地のタートルシャツにジーンズという出で立ち。そこに映えるエクスプローラのコリーナ材のブラウンカラー。かっこいいの一言です。この時点ではバックバンドに女性ボーカルのマーシー・レヴィが参加していました。この後何年にも渡ってクラプトンをサポートし、イヴォンヌ・エリマン脱退後は紅一点で奮闘した彼女の最初期のステージがこのツアーでもありました。突如公開された重鎮テーパーの秘蔵マスター。当店では、経年劣化で低くなっていたピッチを矯正し、さらにマスタリングによって音質を聴き易くしてお届けします。初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。
 
Disc 1 (63:05)
1. Introduction 2. Smile 3. Let It Grow 4. Can't Find My Way Home 5. Tell The Truth
6. Willie And The Hand Jive 7. Get Ready 8. Little Rachel 
9. The Sky Is Crying / Crossroads / Have You Ever Loved A Woman
 
Disc 2 (68:10)
1. Blues Power 2. Little Wing 3. I Shot The Sheriff 4. Singin' The Blues
5. Layla 6. All I Have To Do Is Dream 7. Better Make It Through Today 8. Little Queenie
 
Eric Clapton - Guitar, Vocals George Terry - Guitar Dicks Sims - Keyboards
Carl Radle - Bass Jamie Oldaker - Drums Yvonne Elliman - Backing Vocals
Marcy Levy - Backing Vocals
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
5月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 68人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
ROLLING STONES LICKS…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.