洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 G20サミットに伴う交
通規制の影響によるお届
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > 1964-66 THE BIG ATTRACTION
  1964-66 THE BIG ATTRACTION / DAVID BOWIE
商品の説明
商品名 1964-66 THE BIG ATTRACTION
レーベル THE DAVID BOWIE ARCHIVE SERIES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE THE COLLECTION OF BOWIE'S PRE-DERAM SINGLES//BONUS DVDR[TONIGHT 1966]17min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の120枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『TONIGHT 1964』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


DAVID BOWIE - 1964/66 THE BIG ATTRACTION(1CD)
plus Bonus DVDR "TONIGHT 1966"* Numbered Stickered Edition Only
The collection of Bowie's pre-Deram singles, plus acetates and interviews
 
 17歳だったディヴィー・ジョーンズ少年からデヴィッド・ボウイへ。希代のカリスマがまだ10代だった頃の極初期録音を総まとめにした決定盤が誕生。ボウイの貴重音源をアーカイヴする新レーベル「DBAS」の第一弾が登場です。
 そんな記念すべき第一弾は、ボウイにとっても第一歩となる音源集。ボウイ・コレクションで“THE EARLY DAYS”と言えば、一般に『SPACE ODDITY』以前の全般であり、1967年にDeramからリリースされた1stアルバム『DAVID BOWIE』周辺がメインです。しかし、本作のテーマはもっと初期。ディヴィー少年が組んだ最初のバンド:THE KONRADSの幻音源から、“DAVID BOWIE”に改名したばかりの1966年シングルまで。Deramレーベルと契約する以前のあらゆるシングル盤、アセテート盤、インタビュー等を網羅したコンピレーションです。監修したのは、当店で数々の名盤を手がけてきたボウイ研究の世界的権威。これまでも様々な初期音源コンピ盤が存在しましたが、クオリティ面でもコレクション面でもここまで徹底したものはなかった。まさに、史上最高峰となる1枚なのです。
 そんな本作は、大きく4つのセクションに分かれています。それぞれ個別にご紹介していきましょう。
 
【極初期シングル(12曲)】
 まず登場するのは、若干17歳だった1964年から1966年までの極初期シングル。整理しますと……
 
●1964年:DAVIE JONES AND THE KING BEES名義
『Liza Jane』
●1965年:THE MANISH BOYS名義
『I Pity The Fool』
●1965年:DAVY JONES (with THE LOWER THIRD)名義
『You've Got A Habit Of Leaving』『Can't Help Thinking About Me』
●1966年:DAVID BOWIE (with THE BUZZ)名義
『Do Anything You Say』『I Dig Everything』
 
……の以上6枚です。それぞれカップリング曲も収録した全12曲。ほとんどはオフィシャルの初期コンピCD『EARLY ON 1964-66』を元にしていますが、公式盤はいくつかの曲が別テイク/ミックスに差し替えられていました。本作では、オリジナルシングル・バージョンで統一し、そのベスト・マスターで収録しています。
 また、THE MANISH BOYSのシングルには若き日のジミー・ペイジも参加。「I Pity The Fool」でリード・ギター、「Take My Tip」ではリズム・ギターを弾いています。
 
【極初期シングルの別バージョン(5曲)】
 次のセクションは、上記シングルの別バージョン集。『EARLY ON 1964-66』関係は3曲で、ピッチが狂っていたデビュー曲「Liza Jane」の正常バージョンやヴォーカルが別テイクの「Take My Tip」「I Pity The Fool」を収録しています。「You've Got A Habit Of Leaving」は当時のプロデューサー:シェル・タルミーによるコンピレーション『MAKING TIME』に収録されていたバージョンで、正規シングルとはギター・テイクが異なる。最後の「Do Anything You Say」は別ミックス・バージョンです。
 いずれも盤起こしではなく、廃盤・激レアな公式CDがソース。針パチなどに悩まされることもない最高峰クオリティでお楽しみ頂けます。
 
【デモ/アセテート盤テイク(7曲)】
 ここからはさらにマニアックなデモ/アセテート盤から発掘されたテイク。ここも整理しますと……
 
●1965年:ソロ(3曲)
「That's Where My Heart Is」「I Want My Baby Back」「Bars of the County Jail」
●1965年:DAVY JONES (with THE LOWER THIRD)(4曲)
「I’ll Follow You」「Glad I've Got Nobody」「Baby That's A Promise」「Silly Boy Blue」
 
 最後の2曲「Baby That's A Promise」「Silly Boy Blue」以外はシェル・タルミーのプロデュースによる録音で、『EARLY ON 1964-66』のCD版や更に音の良いカセット版から厳選収録。その「Baby That's A Promise」「Silly Boy Blue」はブートレッグ盤のベスト・テイクからセレクトされています。
 
【インタビュー&ボーナス(3トラック)】
 最後のセクションはヒストリカルな記録音源。1964年と1966年に行われたインタビュー音声と、ボウイ最古となる1963年のTHE KONRADSの幻音源「I Never Dreamed」です。THE KONRADSはボウイにとって最初のバンドで、デイヴ・クルック(ドラム)とネヴィル・ウィルズ(ギター)によって1962年の初めに結成。その後、ジョージ・アンダーウッド(ヴォーカル)が加わったところでジョージの親友でテナーサックスも吹けたディヴィーが誘われました。
 その後、彼らはメンバーチェンジを重ねつつ、1963年のリハーサルを録音。その全貌は未だ判然としておりませんが、BBCのニュース番組に12秒だけ使用されました。本作は、その12秒間をボーナス・トラックとして収録しています。
 以上、20曲・27トラックの秘宝集です。ビート系やブルース丸出しな曲想はいかにも60年代中期の薫りが漂い、その歌声には10代の若者らしい先人への素直な憧れが滲み出している。これこそが希代のカリスマ、デヴィッド・ボウイの原点なのです。後の姿とは違うからこそ面白く、若々しい声にはすでに原石の輝きが宿っているから嬉しくなる。サウンド面でもボリューム面でも『EARLY ON 1964-66』の拡大・完全版ともなる決定盤。どうぞ、永久保存プレスCDで存分にお楽しみください。

(67:45)
1. Liza Jane 2. Louie Go Home 3. I Pity The Fool 4. Take My Tip 5. You've Got A Habit Of Leaving
6. Baby Loves That Way 7. Can't Help Thinking About Me 8. And I Say To Myself
9. Do Anything You Say 10. Good Morning Girl 11. I Dig Everything 12. I'm Not Losing Sleep
13. Liza Jane 14. I Pity The Fool 15. Take My Tip 16. You've Got A Habit Of Leaving
17. Do Anything You Say 18. That's Where My Heart Is 19. I Want My Baby Back
20. Bars of the County Jail 21. I'll Follow You 22. Glad I've Got Nobody
23. Baby That's A Promise 24. Silly Boy Blue 25. Interview - BBC 1964 (Complete)
26. Interview - Radio London 1966 27. I Never Dreamed
 
★下記はトラック毎の詳細です。
THE SINGLES
Davie Jones and The King Bees
Decca Studios. Broadhurst Gardens, West Hampstead. London. May 1964
Producer: Leslie Conn / Engineer: Glyn Johns
Released: June 5, 1964. Vocalion Pop/Decca Records - V.9221
01. Liza Jane
02. Louie, Louie Go Home
 
The Manish Boys
IBC Studios, Portland Place, London. January 15, 1965
Producer: Shel Talmy / Engineer: Glyn Johns
Released March 5, 1965. Parlophone / EMI - R5250
03. I Pity The Fool
04. Take My Tip
 
Davy Jones (with The Lower Third)
IBC Studios, Portland Place, London. July 1965
Producer: Shel Talmy / Engineer: Glyn Johns
Released: August 20, 1965. Parlophone / EMI - R5315
05. You've Got A Habit of Leaving
06. Baby Loves That Way
 
David Bowie (with The Lower Third)
Pye Studios, ATV House, Marble Arch, London. November 25, 1965
Producer: Tony Hatch
Released: January 14, 1966. Pye Records - 7N 17020
07. Can't Help Thinking About Me
08. And I Say To Myself
 
David Bowie (with The Buzz)
Pye Studios, ATV House, Marble Arch, London. March 7, 1966
Producer: Tony Hatch
Released: April 1, 1966. Pye Records - 7N 17079
09. Do Anything You Say
10. Good Morning Girl
 
David Bowie (with The Buzz/Session Musicians)
Pye Studios, ATV House, Marble Arch, London. July 5, 1966
Producer: Tony Hatch
Released: August 19, 1966. Pye Records - 7N 17157
11. I Dig Everything
12. I'm Not Losing Sleep
 
ALTERNATE TAKES / MIXES
Davie Jones and The King Bees
Decca Studios. Broadhurst Gardens, West Hampstead. London. May 1964
Producer: Leslie Conn / Engineer: Glyn Johns
13. Liza Jane [Pitch Corrected]
 
The Manish Boys
IBC Studios, Portland Place, London. January 15, 1965
Producer: Shel Talmy / Engineer: Glyn Johns
14. I Pity The Fool [Alternate Vocal Take]
15. Take My Tip [Alternate Vocal Take]
 
Davy Jones (with The Lower Third)
IBC Studios, Portland Place, London. July 1965
Producer: Shel Talmy / Engineer: Glyn Johns
16. Youe Got A Habit of Leaving [Alternate Lead Guitar Take]
 
David Bowie (with The Buzz)
Pye Studios, ATV House, Marble Arch, London. March 7, 1966
Producer: Tony Hatch
17. Do Anything You Say [Alternate Mix]
 
ACETATES
Davy Jones / Solo Demos
Location Unconfirmed. May/June 1965
Producer: Shel Talmy
18. That's Where My Heart Is
19. I Want My Baby Back
20. Bars of the County Jail
 
Davy Jones (with The Lower Third)
IBC Studios, Portland Place, London. Mid 1965
Producer: Shel Talmy / Engineer: Glyn Johns
21. I'll Follow You
22. Glad I've Got Nobody
 
Davy Jones (with The Lower Third)
R.G. Jones Studios, Morden, Surrey. August 31, 1965
23. Baby That's A Promise
24. Silly Boy Blue
 
INTERVIEWS
'The Society for the Prevention of Cruelty to Long-Haired Men'
Tonight. BBC Studios, Lime Grove. London.
Recorded/Broadcast: November 12, 1964. BBC2 Television.
25. Interviewed Guest: Davy Jones / Interviewer: Cliff Michelmore [Complete]
 
The Marquee, Soho. London.
Broadcast: The Elida Show. Radio London 266 MW. September 24, 1966
26. Interviewed Guest: David Bowie / Interviewer: Johnny Moran
 
BONUS:
The Konrads
R.G. Jones Studios, Morden, Surrey. June/July 1963
27. I Never Dreamed [BBC News Online / 12 Second Fragment]
 
★★特別企画
★デヴィッド・ボウイの10代録音を総ざらいしたコンピレーションの決定盤『1964/66 THE BIG ATTRACTION』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、ボウイ最古のメディア出演を特集した映像集『TONIGHT 1964』が特別に付属致します。
 
DAVID BOWIE - TONIGHT 1964(Special Bonus DVDR)
David's first TV appearance at the age of 17 *Best Quality EVER!!!
 
 本編プレスCDは、10代のデヴィッド・ボウイをコンプリートする一大決定盤。もちろん、ボーナスなど不要な大名盤です。しかし、それだけの極初期には映像も残されている。そこで、若かりしボウイの姿に出逢える極上映像集もボーナス付属決定です。
 本作に収められている映像は2種。テレビ初出演となるBBC番組『TONIGHT』と、映画初出演となる『THE IMAGE』。どちらもベスト・マスターによる史上最高峰クオリティで収録した決定版です。それでは、それぞれ個別にご紹介していきましょう。
 
【1964年:テレビ初出演インタビュー】
 まず登場するのは、ボウイがブラウン管に初めて映った記念碑映像。1964年11月24日に収録されたBBC番組『TONIGHT』です。当時のボウイはTHE KING BEESからTHE MANISH BOYSに移行した頃。すでにデビュー・シングル『Liza Jane』していましたが、実のところ演奏シーンではなくインタビュー。本編プレスCDにも17歳当時の肉声として収録されていますが、本作はその姿まで目撃できる最古の映像なのです。
 その内容がまた素晴らしい。コア・マニアから「Long Hair Interview」として知られる有名映像で、メインテーマは「長髪」。当時のイギリスでは若い男性の長髪が反抗のシンボルとして問題視されており、バッシングも強かった。そんな世情に対してボウイは“長髪男性に対する虐待防止のための協会(SOCIETY FOR THE PREVENTION OF CRUELTY TO LONG-HAIRED MEN)”を立ち上げた。この映像は、そんな若者文化を紹介するBBCインタビュー。いかにもビートルズに影響された若者の代表然とした17歳当時のボウイがモノクロ映像で楽しめるのです。
 インタビュアとの会話にはビートルズやローリング・ストーンズの名も挙がりますし、17歳のディヴィー・ジョーンズ少年も「僕たちは長髪が好きだし、なぜ赤の他人が長髪を理由に僕たち攻撃してくるのか分からない」と訴えている。そのメッセージや話題そのものが60年代中期の薫り満点ですが、この映像の真価はちょっと違う。日本の『若者の主張』のような生真面目/棒読みとは異なり、その語り口はユーモアに溢れている。決してふざけているわけでもないものの、英国特有のシニカルさがシリアスとユーモアの境界を行き来する。現代では時代錯誤となったメッセージそのものより「ボウイは若い時分からメディアの活用が巧かった」という証拠映像として語られているのです。
 
【1967年:映画初出演のショートフィルム】
 続いて登場するのは、“映画人ボウイ”の第一歩となった超貴重映像。オフィシャルでもDVD化されていない初出演ムービー『THE IMAGE』です。
 マイケル・アームストロング監督による13分ほどのモノクロ・フィルムで、台詞はナシ。マイケル・バーンが演じる若い画家が想像で男性(ボウイ)を描いていると、突然実在の人物として目の前に現れる。恐怖に駆られた画家は、その男性(ボウイ)を殺してしまうが、何度殺しても蘇って画家の前に現れる。襲い来る恐怖に精神の錯乱した画家の机の上には………というホラーストーリー。
 当時はポルノ映画2本立ての合間に上映され、ポルノを期待した観客をからかうような作品だったようです。必見なのは、その演技。公開当時ボウイはちょうど20歳。前述のように台詞は一切ないものの、その表情、眼差し、立ち居振る舞いで見事に恐怖を表現している。出演している事実もさることながら、当時から視角要素や虚構演出に対しての高い意識がうかがえるのです。しかも、台詞ナシとは言っても完全なサイレント・フィルムではなく、効果音やBGMもしっかりと入った映像作品となっている。本作はボウイ・マニア向けのリリースではありますが、そのクオリティはヴィンテージ映画ファンも溜飲を下げる銘品なのです。
 
 17歳のテレビ初出演インタビューと、20歳の映画初出演。その双方を極上クオリティで収録した1枚です。本編プレスCDで歌う若きディヴィー・ジョーンズ少年が動いている姿だけでも鮮烈ですが、それ以上にボウイ自身の映像に対する情熱が透ける1枚でもあります。そして、ボウイの息子のダンカン・ジョーンズが映画監督となり、ハリウッドの新星として注目を集めている現代においては、世代を超えた出発点でさえある。
 もちろん本編プレスCDのイメージを何倍にも膨らませてくれますが、それだけでなく本作自体がヒストリカルで歴史的な映像作品なのです。どうぞ、決定的な本編プレスCDと併せ、心ゆくまで“60年代のボウイ”をご堪能ください。
 
Tonight (1964)
David's first TV appearance at the age of 17
Interviewed by Cliff Michelmore for the BBC's Tonight programme
The Image (1967)
David's first big screen appearance in The Image, A Short horror film starring the 20 yearold singer...
 
B&W NTSC Approx.17min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
6月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 30人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
今回はプレゼントアイテムに魅力的な商品が…
■お支払い方法------------------------------ ■お取置き期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取り置き、お取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.