洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 9月12日配信予定のメ
ールマガジンについて。
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > WILMINGTON 2012
  WILMINGTON 2012 / UK
商品の説明
商品名 WILMINGTON 2012
レーベル VIRTUOSO◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★入荷遅延★9/13(金)メーカー入荷、9月17日(火)当店入荷となりました。/あまりにパーフェクトなステレオ・サウンドに仰天すること間違い無しです!!・9月15日(日)23:59まで「NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012」が付属致します。/MAY.7.2012/SBD//BONUS DVDR[NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012]NTSC 61min

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の160枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り「NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012」が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


UK - WILMINGTON 2012(2CD)
plus Ltd Bonus DVDR "NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012"* This Weekend Only
Live at World Cafe Live at the Queen, Wilmington, DE, USA 7th May 2012 STEREO SBD
 
バンドが活動停止してから4年が過ぎ去ったU.K.。ホールズワースとウェットンも世を去って2年が過ぎ去り、ジョブソンもライブ活動の引退を表明した事で事実上U.K.は音楽界から消滅した訳ですが、そんな彼らが最後に本物の輝きを見せたのはジョブソン、ウェットン、ボジオによる第2期U.K.のリユニオンが実現した2012年でしょう。" NIGHT AFTER NIGHT 2012 "と銘打って5月1日からスタートしたツアーでは6月にここ日本にもその勇姿を見せた訳ですが、それももう7年前の話です。
しかし今年2019年の夏、未だバンド消滅を惜しむ世界中のU.K.ファンを狂喜と驚嘆の渦に巻き込んだウルトラ級の超・高音質ステレオ・サウンドボード音源が突如ネット上にアップロードされた事を御存知でしょうか。それはリユニオン第2期U.K.が再始動してから僅か7日目の2012年5月7日に行われたウィルミントン公演、これを超高音質の完璧なステレオ・サウンドボードで完全収録した録音が出てきたのです。オフィシャルでもリリースされなかったこの時期のボード録音が出てきただけでも驚き(※ 恐らく史上初でしょう)なのですが、このソースがまた強烈で、何と当日収録されたステレオ・サウンドボード・マスターからDAT直に劣化ゼロでデジタル・クローンされているという、やや異常とも言えるウルトラ級の高音質ソースだったのです。これはまさに世界中のプログレ・ファンにとって今夏一番となる現在も進行中の" 事件 "であり、これを世界最速でプレス音盤化したものがこの最新作『WILMINGTON 2012』なのです!!
ディスクスタートするといきなり浮上してくる低音...当然「Alaska」の導入部である訳ですが、ここで開始3秒もしないうちにこれが10年に1枚の超高音質盤である事が実感出来る筈です。左右チャンネルに振られる低音が次第にステレオ感を増し、アンサンブルが始まるとドラム、ベース、キーボードの3つのサウンド・レイヤーが圧倒的な解像度で重なる音像は近年稀に見る興奮を伴うでしょう。「Night After Night」でウエットンのボーカルが入ってくるとその伸びと艶が全方位に広がり、粒立ちの良いキーボード・サウンドがそれを包み込む。ボーカルに部分的なエコーが掛けられる箇所も素晴らしい音の拡散があって、どこでそのスイッチングをしているかまで手に取る様に分かるのです。「Thirty Years」では" こんなところにこんな音を入れていたのか! "というテリーの細かな仕事が随所で確認出来るのもトピックですし、アンサンブルが動き出す3:53からも奥行きと空間性が感じられるキーボードの海の中、ゴリゴリしたベースと超絶技巧のドラムが眼前で、しかもステレオ・サウンドで対話するのですからもうここで卒倒者続出でしょう。
「Rendezvous 6:02」は前年にジョブソンとウェットンがアンコールの必殺チューンとしてピアノとボーカルのデュオで聴かせていましたが、ここではやはりテリーが主役である事を再認識されると思います。通常のAUD録音や凡庸なボード録音では録り切れないであろうかなり微細な打音まで明瞭に拾っており、ベースもウェットンの歌声を潰さない最良の按配でゴリゴリ響くのです。そして圧巻なのは「Carrying No Cross」。導入部の歌声の艶と伸び、全体を包み込むシンセの音色、3人が放つ全ての音色がパーフェクトなバランスで進行するのですが、特にドラムはタムが中央に、ハイハット類が右側、フロアタムやクラッシュシンバルが左側という感じで少なくとも3方向から立体的に音を録っていた事が伺え、単に記録用の録音とは考え難い音の構築をお感じになるでしょう。トラック(7)はジョブソンが自身のソロ・アルバム『THEME OF SECRETS』の中から「Inner Secrets」及び「Memories Of Vienna」でお馴染みの跳ねる硬質な球体のSEをバックにインプロヴァイズする様子がどこまでも澄み切った音色で駆け抜け、そのサウンド・シネマがステレオで徐々に形を成してゆく様子に知の好奇心が揺り動かされると思います。テリーのドラム・ソロも音程の異なるタムが右から左へ、また中央から右へと移動する様子が驚異的な至近距離で飛び出してきます。
「Danger Money」ではミキサー卓で取り込まれた原音の色彩が劣化ゼロで鮮やかに解き放たれ、そのサウンドの威力は響きと音色の軌跡まで見えるほど高解像で鋭く輝きます。これもあまりに音質が極上過ぎるため、ほぼ100%の方が非公式音源である事を忘れてしまうのではないでしょうか。「In the Dead of Night」は「Presto Vivace and Reprise」から雪崩れ込む短縮形の展開ですが(※ 御存知の通り5月1日の初日公演では「By The Light Of Day」も含むフル・バージョンで演奏していたものを、2日目以降はそれを省いた短縮形にしていました)、各楽器のシャープな粒立ちの良さとウェットンの歌声の直撃感はここでもたまらないものがあり、3人が個々でどの様に動いてどの様にこの演奏が形成されていたのかという情報量が凄まじく多い事に仰天される筈です。中盤に入るシンセサイザーのソロ(= ホールズワースによるギター・ソロの代行)にしても主旋律の音色とその周囲に充満させている別の音色とでハッキリと出音の差が確認出来ますし、その驚異的な音色の陶酔は全てのファンが初体験する過去からの贈り物と言えそうです。
「Caesar's Palace Blues」も音色の表情が耳元でダイナミックに変わってゆく姿が完璧過ぎるサウンドで記録されており、ピチカートで入れるヴァイオリンの生々しい感触、炸裂感満点なドラムの躍動(※ 使い分けているバスドラのアタック感も凄いです)、そして勿論ブリブリ・ゴリゴリと唸りまくるウエットンならではのベースが一丸となってコーダのキメをパーフェクトに迎えてゆく姿が至高の絶品音質で報告されます。クリムゾンの「Fallen Angel」も2人がその音楽的な煌きを丁寧に綴り、描いてゆく姿が圧倒的な音像で登場しますし、「The Only Thing She Needs」も冒頭のドラムがリアル・ステレオで入ってくる至福の恍惚に眩暈を覚えると思います。更にここは伸びやかに冴え渡る高域感度の良さもトピックで、3:51から突入してゆく中盤から終曲に掛けての怒涛の演奏は各楽器の表情を完璧に捉え切りながら音色を微塵も濁さないという見事なボリューム感で収
録されており、その演奏力だけでなく当日のエンジニアが残した音響芸術の技巧にも驚くばかりです。
当然ながら既発盤などありません。史上初登場の第2期トリオU.K.リユニオンによる衝撃のオリジナル録音ソース、しかもそうして見事にミックスされた完璧なステレオ・サウンドボードで開演から終演までノーカット完全収録となれば、これが" 事件 "でなくて何でしょう。ステレオ・サウンドボード・マスターからDAT変換したものだけに優れた音質なのは当たり前ですが、これはもうブートレッグという枠を軽く凌駕したプロフェッショナル・レコーディングそのものですし、このまま業務用にも使用可能な驚異的解像度のサウンドとその仕上がりは、完成度の高い音を望むミュージシャン達が残した非公式な音源記録としては孤高にして無上のものでしょう。言い換えればこれは、その役目を終えて時の彼方へ旅立ったU.K.が2012年に遺していた不滅の記録であり、最後の地上の記憶です。生涯手放せない魂の宝物になること確実の絶品タイトルですので、初めて聴かれる際は是非心して御体験下さい!!
 
★ 通常の家庭用コンポでも充分に愉しめますが、可能ならヘッドフォンでこれをお聴きになる事を強く推奨致します。あまりにパーフェクトなステレオ・サウンドに仰天すること間違い無しです!!
 
Disc 1(61:50)
1. Alaska
2. Night After Night
3. Thirty Years
4. Rendezvous 6:02
5. Carrying No Cross
6. Keyboard / Violin Solo
7. Drum Solo
 
Disc 2(39:57)
1. Eddie Jobson MC
2. Danger Money
3. Presto Vivace and Reprise
4. In the Dead of Night
5. Caesar's Palace Blues

Encore:
6. Fallen Angel
7. The Only Thing She Needs
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
John Wetton - Bass, Vocal Eddie Jobson - Keyboards, Electric Violin, Vocal
Terry Bozzio - Drums, Percussion
 
★★特別企画
 
UK - NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012(Ltd Bonus DVDR)*This Weekend Only
The Gesu Amphitheatre, Montreal, Canada 11th May 2012 plus various classic videos
 
★UK「WILMINGTON 2012」のボーナスとして、トリオUK再結成が大きな話題となっていた2012年当時、海外の熱心なファンが編集した高品質映像コンピレーション盤「NIGHT AFTER NIGHT 1979-2012」を週末限定で特別にお付け致します。後半に収録された、再編USツアー8公演目の、5月11日モントリオール公演を超高画質オーディエンスショットで収録した映像は必見!まさに目で見る「WILMINGTON 2012」です!
 
★このタイトルは一週間限定の特別ボーナスです。翌週からは付属致しませんので、ご希望の方はお早めにご用命をお願い致します。
 
21世紀のプログレ界にとって、最大の衝撃だったと言っても過言ではなかった、ウェットン、ジョブソン、ボジオによる再編ライブ。もう二度と蘇ることのない、そして見ることがかなわない、オリジナル3人の奇跡のリユニオン・パフォーマンスを、私たち日本のファンも間近で観戦できたのは、本当に幸運な出来事だったと思います。本盤は2012年当時、海外のマニアが作成したトリオUKの映像コンピレーション。熱心なファンがコンパイルしただけあって、そのクオリティは保証付き!一部、1978年のブラッフォード、ホールズワース時代のIn The Dead Of Nightも収録されていますが、基本的には1979年のトリオUKのプロモ高画質映像とOGWT生ライブ映像を前半に、そして後半には、再編USツアー8公演目の、5月11日、カナダはモントリオール公演を超高画質オーディエンスショット映像で収録したファン必携・必見の1時間プログラム。必見パートは、38分強収録されたモントリオール公演映像で、音質・画質・アングルと、文句なしの素晴らしさ!会場規模が小さいので、ボジオは日本公演で見せてくれた要塞のようなフルセット・ドラムではありませんが、演奏は迫力満点で、これを見れば、あの素晴らしかったライブが最良の記憶として蘇ってくることでしょう。ハンディカメラでの映像で微妙な揺れはありますが、ストレスを感じるほどでは無く、何より、クローズアップシーンが非常に美しく、その高品質な画面には、ファンならずとも目が釘付けになってしまう事、間違いありません。ライブ自体も8回目ということで、ツアー始めは荒かったバンドアンサンブルも、この段階ではかなり良くなっており、息の合った、パワフルかつドラマチックな演奏を楽しむことができます。残念ながら、完全収録ではなく、ダイジェスト的な内容ですが、40分弱の内容は見所満載で、見応えは十分にあり、ちょっとしたテレビ放送特番を見るレベルの満足感を観る者に与えてくれます。ボジオ参加期の再編UKの映像としては、ベストなアイテムだけに、ファンは間違いなく必携・必見です。傑作サウンドボードのプレス盤タイトル「WILMINGTON 2012」を映像から補填してくれる一枚。
 
1. Nothing To Lose(Promo) 2. In The Dead Of Night(Promo) 3. Rendezvous 6:02(Promo)
4. Night After Night (OGWT 1979) 5. Caesar's Palace Blues(OGWT 1979)
 
Live at The Gesu Amphitheatre, Montreal, Canada 11th May 2012
6. Alaska 7. Night After Night 8. Eddie Jobson MC 9. Carrying No Cross 10. Presto Vivace
11. In The Dead Of Night 12. The Only Thing She Needs
 
John Wetton - Bass, Vocal Eddie Jobson - Keyboards, Electric Violin
Terry Bozzio - Drums, Percussion
 
COLOUR NTSC Approx.61min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
9月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 108人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
今回は通常のプレゼントアイテムと違い、過…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.