洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 メールマガジン 10月
15日号
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > US FESTIVAL 83 THE COMPLETE SOUNDBOARD
  US FESTIVAL 83 THE COMPLETE SOUNDBOARD / OZZY OSBOURNE
商品の説明
商品名 US FESTIVAL 83 THE COMPLETE SOUNDBOARD
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★今年一番のハード・ロック・タイトルです★クオリティ・内容・歴史的意義……すべてにおいて超絶な完全版ステレオサウンドボード・アルバム!!/MAY.29.1983/SBD//BONUS DVDR[US FESTIVAL’83: UPGRADE THE VIDEO]PRO SHOT/NTSC 40min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の180枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『US FESTIVAL ’83: UPGRADE THE VIDEO』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


OZZY OSBOURNE - US FESTIVAL '83: THE COMPLETE SOUNDBOARD(1CD)
plus Bonus DVDR "US FESTIVAL’83: UPGRADE THE VIDEO"* Numbered Stickered Edition Only
Devore, San Bernardino, CA, USA 29th May 1983 STEREO SBD
 
 超ド級の衝撃! 世紀の一大イベントにして、ジェイク・E・リーの世界お披露目でもあった“US FESTIVAL ‘83”の完全版ステレオサウンドボード・マスターが新発掘!! もちろん無論、永久保存プレスCDで登場です!
 
【衝撃の完全版ステレオサウンドボード・マスター】
 とにかくビックリ。あまりにも有名な歴史的フェスだけに以前からサウンドボードやプロショットも知られてきましたが、それらはあくまで部分的。“完全版”を謳ったブートレッグにしても、放送サウンドボードをオーディエンス録音で補完したものばかりでした。しかし、本作はまったく異なる。全曲・全編が超ド級のステレオ・サウンドボードが新発掘。しかも、完全なる一気貫通マスターで歴史的なフルショウを味わえるのです! いかに大幅に増量したのか、ここで収録曲を整理してみましょう。
 
●従来のFMサウンドボード(6曲)
・TVでも放送:Mr. Crowley、Crazy Train、Paranoid
・Over The Mountain、Suicide Solution、Flying High Again
●FMでは聴けなかった曲(6曲+α)
・Diary Of A Madman(Opening SE)、Drum Solo、I Don't Know、Iron Man
・完全初登場:Revelation (Mother Earth)、Steal Away (The Night)、Fairies Wear Boots、Children Of The Grave
 
……と、このようになっています。このショウは放送もされましたが、TVは3曲、FMラジオは6曲止まり。数年前にはさらに2曲+α(開演を告げるDiary Of A Madmanとドラムソロ)の流出プロショットも発掘されましたが、それでもまだまだ不完全でした。それに対し、本作は演奏された全曲だけでなく曲間までもフル収録した完全版なのです。しかも、こうした従来マスターをツギハギしたわけではない。そのクオリティは超絶級でして、卓直結系らしく大歓声が左チャンネルだけから聞こえるなどFM放送とはミックスが異なりますが、全楽器がズカズカと脳内侵入してくるド級の密着感は絶大。もはや「オフィシャル級」の言葉ですら生ぬるい、ミックス卓直結系サウンドボードの最高峰サウンドで約70分のフルショウが貫かれているのです。
 それだけのマスターだけに今、この瞬間にも全世界のマニアが騒然となっているわけですが、本作はさらに作品感も添付。基本的に衝撃マスターの真実サウンドには手を加えていませんが、ピッチを正確に整え、音圧も調整。家庭用オーディオで再生するための最適化のみ行いました。
 
【激レアな“ジェイクが弾くサバス曲”入りの超名演】
 そんな超絶サウンドで描かれるショウは大名盤『月に吠える』を創り上げる事になる5人の猛烈なアンサンブル。その内容をご説明するためにも、まずはメンバー交代の激しかった当時を振り返ってみましょう。
 
●1983年 《ジェイク加入》
・1月12日-30日:欧州#1(13公演)
《ブリッジウォーター→エイリー交代》
・2月11日-4月5日:北米#1(34公演)
《コスタ→デイズリー交代》
・5月29日:US FESTIVAL ←★ココ★
《アルドリッチ→アピス交代》
《11月15日『月に吠える』発売》
・11月10日-12月22日:欧州#2(32公演)
●1984年
・1月10日-2月20日:北米#2(31公演)
《アピス→アルドリッチ交代》
・3月3日-6月10日:北米#3(61公演) ←※公式映像
・6月28日-7月7日:日本(8公演) ←流出SBD2種
・8月4日:プエルトリコ
・8月18日-9月2日:欧州#3(5公演)
●1985年
・1月16日+19日:ROCK IN RIO(2公演) ←※長尺プロショット
《ジェイク以外が離脱》
 
 これが「ジェイク時代の前期」とでも言える1983年-1985年の流れ。ジェイク加入後もリンジー・ブリッジウォーターやドン・コスタ、カーマイン・アピスなど、さまざまなミュージシャンが錯綜していました。『月に吠える』の5人と言えば、ソルトレイク・シティの公式映像や日本公演の流出サウンドボード『DEFINITIVE BARKS』『BARK AT THE TOKYO』、ROCK IN RIOといった大定番が溢れていますが、それらはすべて『月に吠える』リリース後。この5人がアルバム発売前に行ったショウは“US FESTIVAL ‘83”だけでした。
 そんな“US FESTIVAL ‘83”は一般に「ジェイクの初演」として知られていますが、本当の加入は何ヶ月も前。「初演」ではなく、あくまでも「世界へのお披露目」でした。そのためジェイクはすでに完全に馴染んでおり、“US FESTIVAL ‘83”直前に合流したボブ・デイズリーにしてもオリジネイターだけに楽曲は完璧に染み込んでいる。巨大フェスを前にしたエキサイトメントが大爆裂しながらも、不慣れ感一切なしの鉄壁なアンサンブルが炸裂しているのです。
 しかも、『月に吠える』ツアーではないためにセットも異なり、全曲が「ランディ時代+サバス」。比較的レアな「Over The Mountain」や上記したサウンドボード群では聴けない「Fairies Wear Boots」「Children Of The Grave」も超ド級ステレオ・サウンドボードで楽しめる。特にジェイクが弾くサバスの2曲は、『罪と罰』時代を通しても他に存在しない本作だけの激レア・サウンドボード。マニアの方は、この2曲だけで鳥肌が止まらなくなる事でしょう。
 とにかく衝撃。JUDAS PRIESTと並び「これがヘヴィメタルだ!」と全世界に知らしめた歴史的な“US FESTIVAL ‘83”の完全版・超絶級ステレオサウンドボード・アルバムです。これはもう、オジーのコレクションがどうこうという次元を超え、音楽文化“ヘヴィメタル”にとっての最重要作。まさに世界遺産となるライヴアルバムです。まさか、2019年にこんな衝撃と出逢おうとは……。この衝撃を永久に残すプレスCD、ここに堂々の誕生です!
 
★今年一番のハード・ロック・タイトルです。

(70:05)
1. US Festival Intro.
2. Diary of a Madman
3. Over the Mountain
4. Mr. Crowley
5. Crazy Train
6. Suicide Solution
7. Revelation (Mother Earth)
8. Steal Away (The Night)
9. Drum Solo
10. I Don't Know
11. Flying High Again
12. Fairies Wear Boots
13. Iron Man
14. Children of the Grave
15. Paranoid
16. Outro.
 
Ozzy Osbourne - Vocals
Jake E. Lee - Guitar
Bob Daisley - Bass
Tommy Aldridge - Drums
Don Airey - Keyboards
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
★★特別企画
★クオリティ・内容・歴史的意義……すべてにおいて超絶な完全版ステレオサウンドボード・アルバム『US FESTIVAL ’83: THE COMPLETE SOUNDBOARD』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、プロショット版の最高峰マスター『US FESTIVAL ’83: UPGRADE THE VIDEO』が特別に付属致します。
 
OZZY OSBOURNE - US FESTIVAL’83: UPGRADE THE VIDEO(Bonus DVDR)
Devore, San Bernardino, CA, 29th May 1983 PRO-SHOT
 
 本編プレスCDは、まさに空前絶後となる完全版ステレオ・サウンドボードの新発掘です。この“US FESTIVAL ’83”はテレビ放送もされ、そのプロショットも有名ですが、実は近年プロショット版も格段にアップグレードしています。そこで、ライヴアルバムもプロショットも“2019年の最先端クオリティ”でコレクトして頂けるよう、特別ボーナス付属決定です。
 そんな本作に収められているのは、もちろん本編プレスCDと同じ「1983年5月29日:US FESTIVAL」公演。その流出マルチカメラ・プロショットです。先述の通り、当時からTV放送のエアチェックが大定番となってきましたが、本作は長さもクオリティも大幅にアップグレードしたもの。近年になって発掘されたマスターで、タイムカウンターも入った編集段階のバージョンです。まずは、いかに長くなっているのか。本編解説でも触れましたが、ここで映像基準でまとめ直してみましょう。
 
●従来のTV放送(3曲)
・Mr. Crowley、Crazy Train、Paranoid
●TVではなかった曲(4曲+α)
・Diary Of A Madman(Opening SE)、Over the Mountain、Drum Solo、I Don't Know、Flying High Again、Iron Man
●まだ映像が未発掘の曲(5曲)
・Suicide Solution、Revelation (Mother Earth)、Steal Away (The Night)、Fairies Wear Boots、Children Of The Grave
 
……と、このようになっています。まだ全曲が発掘されたわけではありませんが、本作は未発掘の5曲を除く7曲+α(開演を告げるDiary Of A Madmanとドラムソロ)を収録しているのです。しかも単に長いだけではなく、クオリティもケタ違い。従来のTVエアチェックとはまったく異なり、超美麗の超極上。同じ日に出演したJUDAS PRIESTがデラックス・エディションで“US FESTIVAL ‘83”を公式化していましたが、それに匹敵するオフィシャル級クオリティ。さらにサウンドも超極上の上にステレオ(ミックスから察するにサウンドも本編プレスCDと同じ経路のようです)。実のところ、発掘元ロゴの透かしがデカデカと入るものの、モノラルでボケボケな従来のエアチェックとは根本の次元が違いすぎるのです((なぜか3曲「Over the Mountain」「Flying High Again」「Iron Man」ではロゴもカウンターも入らず、完全オフィシャル級です)。
 そのクオリティで描かれるショウは、まさに歴史的な超名演。何しろ“US FESTIVAL ‘83”と言えば、単に巨大なフェスという次元を超え、音楽ジャンル“ヘヴィメタル”にとって一大転換となった歴史的なショウ。4日間で67万人という膨大な動員を記録し、特に目玉の日曜日は“HEAVY METAL DAY”と題され、VAN HALEN SCORPIONS、TRIUMPH、JUDAS PRIEST、MOTLEY CRUE、QUIET RIOTといった面々が出演。「重金属とかいう新しい音楽」をアメリカ全土に叩きつけた。もちろん、それ以前からメタルは米国進出していましたが、それはあくまで“ロックファンにとって”の話。この一大フェスはTVやラジオ放送によってお茶の間にまで浸透させた。特に異様なレザー&スタッドのJUDAS PRIESTと入れ墨だらけの怪人オジーの邪悪なヴィジュアル・イメージはインパクト絶大で、理屈抜きで「ヘヴィメタルとは何者か」を見せつけたのです(後にPRIESTやオジーはPMRCの餌食にもなったわけですが、IRON MAIDENやBLACK SABBATHではなく彼らに目を付けたのも、それだけ両雄がお茶の間にも通じるアイコンだったからでしょう)。
 閑話休題。本作で目撃できるショウは、そんな歴史的なショウ。オジーの一挙手一投足に全米が「これがメタルか」と刮目し、ジェイクの引っ掻きギターが重金属のイメージに直結していった。そう、本編プレスCDや本作が立つ地平とは、「オジーの傑作」ではなく「ヘヴィメタルの象徴」なのです。
 この直後に核爆発を起こし、世界の一大潮流へと拡大していった音楽ジャンル「ヘヴィメタル」。その起爆のショウを超絶級ステレオ・サウンドボードで完全体験できる本編プレスCDと、光景の本作。TVやラジオ放送とはまったく違う次元にアップグレードした豪華セット。どうぞ、じっくりとお楽しみください。
 
1. Introduction
2. Diary Of A Madman 
3. Over The Mountain
4. Mr. Crowley
5. Crazy Train
6. Drum Solo
7. I Don't Know 
8. Flying High Again 
9. Iron Man
10. Paranoid 
11. Outro.
 
Ozzy Osbourne - Vocals Jake E. Lee - Guitar Bob Daisley - Bass
Tommy Aldridge - Drums Don Airey - Keyboards
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.40min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 38人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
今回購入の一枚が『Live at the…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.