洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > ALTAMONT 1969
  ALTAMONT 1969 / ROLLING STONES
商品の説明
商品名 ALTAMONT 1969
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE DEC.6.1969/UPGRADE

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の320枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


THE ROLLING STONES - ALTAMONT 1969(2CD)
The Altamont Speedway Free Festival
Altamont Speedway, Livermore, CA, USA 6th December 1969 UPGRADE!!!
 
 ストーンズが1969年アメリカ・ツアーの締めくくりとして行ったオルタモントでのフリー・コンサートは混乱続きの果てに死者まで出るという結果に終わり、おまけに映画「GIMME SHELTER」にドキュメントされたことによって、曰く「愛と平和の時代の終局」などと呼ばれて語り尽された感がある。ところがどっこいマニアは知っている。途中まで波乱含みだったストーンズのステージが途中から好転し、最後は普通にライブとして盛り上がって終えたことを。映画ではフリー・コンサートの間中に起きた混乱や死者が出た場面だけが捉えられており、普通に観たらネガティブな印象しか受けないであろう扱いとなっていました。こうしたドラマティックな部分を誇張するのが映画というもの。
 そんなオルタモントのステレオタイプのイメージをマニアの間で覆させたのは、同日のオーディエンス録音でした。あの混乱の会場でストーンズのステージのほとんどを捉えていたというだけでも驚きを禁じ得ませんが、ざらついた質感ながらも全体を通してオンな音像で彼らの演奏を捉えてくれていたという点においても驚くべき音源だったのです。そして何よりドキュメントとしての価値はあまりに高い。
 確かに万人受けするレベルのオーディエンス録音ではないかもしれない。だがしかし、多くのマニアにとっては大変に貴重な音源であり、それでいて十分に聞き込める録音状態ということから重宝されたもの。90年代初頭のCDバブル絶頂期にIMP系列からリリースされた「GIMME SHELTER」を皮切りとし、VGPの「KILLER FESTIVAL」など。さらにここ10年ほどはよりジェネレーションの低いバージョンの音源が登場し、そこへ加えて別音源なども出揃ったことから、やはりIMPの「ALTAMONT FREE CONCERT 1969」とDACの「IT'S JUST A SHOT AWAY」がオルタモントの両横綱という位置づけではないかと。
 ところが、それらのアイテムが出揃った後で本オーディエンスのさらなるファースト・ジェネレーション・コピーがネット上に現れていた(2012年)ことはマニア間でも意外なほど知られていません。ほとんど見過ごされていたと言っていいほど。
 この過去最高のバージョンを元にした上で、さらに映画の音声で存在するステレオ・サウンドボード録音を加えたもの。既に「ALTAMONT FREE CONCERT 1969」において、現存するSBDパートをオーディエンスにパッチさせてまとめるというコンセプトが実現していましたが、それらが演奏以外のパートにまで映画の音声を補填していたのに対し、今回のバージョンはあくまで演奏パートにのみ映画のステレオ音声を使用。とは言っても単にSBDを補填するのではなく、それらのパートでもオーディエンス録音をミックスし、音質(特に臨場感)の極端な変化を緩和させているのがポイント。
これは通常のコンサートではなく、あのオルタモントです。ある意味では周囲の騒がしさがあってこそ。おかげでSBDパートも俄然リアルな仕上がりになりました。もちろん「Gimme Shelter」SBDに関してはいにしえの名盤「A SHOT OF SALVATION」音源が元。
またメインのオーディエンス録音では演奏序盤において録音トラブルが発生していた「Jumping Jack Flash」と「Carol」はモノラルの別オーディエンス録音を使用することで、初めてどちらの曲もオーディエンス録音でありながら演奏が無傷な状態で聞けるようになりました。ストーンズ登場前のサム・カトラーによるイントロにもそれを使用。特に「Carol」がDAC盤では従来のキュルル・カットのまま、「Jumping Jack Flash」がIMPではニュース映像のモノラル・サウンドボードに切り替えという独特な編集でしたので、通しのオーディンス録音でライブ序盤が聞けるのは意外なメリット。
テープにカットが入る箇所は基本的に従来のリリースと変わらず、例えば「The Sun Is Shining」の演奏開始時におけるカットなどは今回も同様。「Midnight Rambler」のイントロが別ソースで補填されているのもまた同じ。
その反面、既発盤においては目立たないよう編集されていたと思われるカット箇所が今回はそのままの状態で聞かれます。例えば「Under My Thumb」が始まる前にミックが「So when you're sitting comfortably」と発した後。もっとわかりやすいのは彼が「Thank you very much」と発してから「Satisfaction」が始まるまでのわずかな合間。これらのカットが今までのアイテムはことごとく目立たなく処理されていたという。
しかし何と言っても今回のリリースで特筆すべきはメイン・ソースの見事なアッパー感でしょう。まず音質そのものがはっきり向上しているのです。IMP盤はジェネ落ち感をしのばせる盛大なヒスノイズがあり、DACは逆にイコライズ感と共にこもり気味な音質でした。その点、今回のバージョンは非常にスッキリ、しかもクリアーでナチュラル。この状態は冒頭二曲に使われたモノラル別音源にも当てはまります。
そして極め付きは、今まで演奏が終わる直前でジェネレーションが極端に落ちた音源に切り替わってしまっていた「Brown Sugar」。それが今回は演奏の最後まで高音質なメイン・ソースのままで聞けるという、あまりにも大きなアドバンテージ!ライブ初演にてリリース前かつレコーディング直後という、極めて歴史的な場面が音質の劣化なしで聞けるようになったのです。マニアにはこの箇所だけでも絶対に聞き逃せないアッパー・ポイントとなることでしょう。
さらに「Brown Sugar」が演奏された後で会場の雰囲気が一変したという点も聞き逃せません。それまでの惨憺たる状況とは明らかに違う。ここから曲が進むにつれてミックも観客もどんどん盛り上がり、特に「Satisfaction」と「Honky Tonk Women」では陽気さを感じさせる雰囲気にまで変わっていたのです。もしライブ後半部分の映像が残っているのであれば、是非とも見てみたいものですよね。それだけに歴史的な「Brown Sugar」オルタモント・バージョンの劣化箇所がないアッパー版の発掘は快挙。ストーンズ伝説のフリー・コンサートから50年目にして実現する衝撃の限定プレスCDリリース!

Disc 1(57:54)
1. Sam Cutler Introduction
2. Jumping Jack Flash *
3. Carol * 
4. Sympathy For The Devil [I]
5. Sympathy For The Devil [II] **
6. The Sun Is Shining
7. Stray Cat Blues
8. Love In Vain
9. Under My Thumb [I]
10. Under My Thumb [II] **
11. Brown Sugar
12. Midnight Rambler [Warm Up]
13. Midnight Rambler
 
Disc 2(47:54)
1. Live With Me
2. Gimme Shelter **
3. Little Queenie
4. Satisfaction
5. Honky Tonk Women
6. Street Fighting Man
7. 'Newswatch' Report, KRON-TV, San Francisco, CA. 8th December 1969
 
* The blends of the master audience tape and the another audience tape recorded for radio broadcast
** The blends of the audience and soundboard recordings
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
11月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 54人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
今回購入の一枚が『Live at the…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.