洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > SANTA MONICA 1971(6CD)
  SANTA MONICA 1971(6CD) / PINK FLOYD
商品の説明
商品名 SANTA MONICA 1971(6CD)
レーベル SIGMA◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 6CD
CONDITION M+
SOURCE ★eBayに突如出現した新発掘・初登場のリール・ソースをリマスターとステレオ・マトリクスで収録!!/OCTOBER 16 1971, SANTA MONICA/AUD

通常価格 ¥5,800 (58P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の240枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。
 
PINK FLOYD - SANTA MONICA 1971(6CD)
Live at Santa Monica Civic Auditorium, Santa Monica, CA, USA 16th October 1971
 
Turn back time, " 2010年代 "。ピンク・フロイドの音源史にとってそれは驚異的な超高音質盤が幾つも登場した10年であり、また長年の謎が遂に姿を現した大発掘の10年でした。中でも信じ難い程の超高音質で1970年11月21日のモントルー公演を収録したヴィクター音源、そして何と言っても71年8月6日・箱根アフロディーテ初日をノーカット完全収録した秘蔵音源の登場は、どちらも真に10年に1度と言える至高の超級音源だったと思います。しかし2020年代が間もなく訪れようとするこの時、その2010年代を締め括るに相応しい高音質・大発掘の初登場リール・ソースが登場します!!
それは1971年10月16日のサンタ・モニカ公演。盛夏の箱根アフロディーテで至高の演奏を放ち、フロイドによる" 音楽の奉納 "を行った伝説のポンペイ・レコーディングから僅か10日後のこの公演は、当Sigmaから『SANTA MONICA 1971 (Sigma 50)』として長らく親しまれていた" オーディエンス "音源が存在していました。ところが今年2019年の晩夏、オークションサイトeBayで" Santa Monica 1971 soundboard reel to reel "と題された未知の" サウンドボード "によるリール・テープが出品され非公式音源ファンがこれを獲得、その現物リールを精査リマスターした音源が11月にネット公開され現在大変な事になっているのです。
 
公開されたのはその初登場リールテープ(※ 以降" eBayリール "とします)を母体にして制作された3バージョンのリマスター・ソースなのですが、これらを並べてみますと...
 
1. eBayリール収録原音のリマスター・バージョン
2. Low genカセットによるオーディエンス・ソース
(※ 上記Sigma 50盤にも使用されたソース)のリマスター・バージョン
3. 上記1と2を融合させたステレオ版マトリクス・バージョン
 
...となっており、このどれもが驚異的なクオリティを誇っているのでした。そう、これらを全て1音も逃さず
にプレス盤6枚組(!!)で纏め上げ、音盤化したものが本最新作『SANTA MONICA 1971 (Sigma 237)』なのです!!

【PA Recorder : 史上初登場の特級サウンド】
ディスク1と2にはアップローダーによって" PA Recorder "と題された史上初登場のeBayリール・リマスター版が降臨します。前述の通りこれはeBayに出現した" Pink Floyd Santa Monica 1971 soundboard reel to reel" と題されたリールテープの収録音をリマスターしたものですが、実際にその音を聴いてみると卓に直結したプラグ・インのサウンドボードではなく、おそらく正面またはメインPAスピーカーの非常に近い位置に配置したマイクで演奏音を直録りした録音である事が伺えるのです。「なんだ、それならオーディエンス録音じゃないか」と思うのは早計で、卓にプラグ・インこそしていないもののメイン・スピーカーから音を超至近距離で直接キャプチャしているため解像度が異常なほど高く、そこに明瞭な" サウンドボード・クオリティ "が聴いて取れる訳です。確かに出品者がこれをサウンドボード (※ 以降SBD)と記して出品した事は厳密に正しいとは言えませんが、しかしPAスピーカーから恐らく1メートルも離れていないであろう位置に置かれたこの収録音が限りなくSBDの様に聴こえるのは紛れも無い事実で、これをSBDと勘違いするのも無理からぬほどの特級サウンドなのです。
 
ちなみに収録は両方のチャンネルにモノラル・プログラムを備えた1/4” 7”のオープンリールで行われており、その音像には左チャンネルに深刻な劣化が存在していました。しかしもう一方の右チャネルには信じ難いほどに強力な(= そしてこれまで誰も知らなかった)超高解像サウンドが息衝いており、このリマスター版はその高音質・高品質を維持していた右チャンネルを元に復元されています。このサウンドがもう本当にミラクルで、冒頭の「Careful With That Axe, Eugene」からリールテープ特有の豊かなエネルギーが漲り、演奏の表情がダイナミックに移り変わってゆく姿が驚異の鮮明さ飛び出してくるのです。「Fat Old Sun」は所どころでサーッとヒスノイズが走る箇所があるものの、その透明感と骨太な響きはSigma 50盤とは桁違いの格差があり、役者の違いを痛感するでしょう。11:27~40で音質が急に変化するのはeBayリールの収録が「Fat Old Sun (part 1)」「(part 2)」に分割されている為で、欠落しているこの13秒間は同日のAUDテープ(※ Sigma 50でも使用されたもの)で補填しています。しかしそれ以外は眩くゆらめきながら放射される音色の深さにリール・テープならではの威力が存分に発揮されています。
 
「Atom Heart Mother」はギターの音色の眩さとタムの弾け具合に炸裂感があり、曲想の壮大なスケール感が圧倒的な興奮を伴いながら運ばれてきます。ハーモニーの純度も驚異的な高さで、ギルモアとロジャーのガイドボーカルで進行する区間も音域全体にエネルギーが充満し、むせかえるような音色の陶酔に充ちているのです。「The Embryo」では演奏音は勿論のこと、子供達の声のSEがここまで高い解像度で出ている点にPAマイク直録りの効果がよく現れています。僅かな間に多様な変幻を遂げてゆく音響エネルギーの移り変わりがこれほど間近で実感出来る音像は滅多に耳に出来ないでしょう。またこの日の「Blues」も別格の響きの浮遊感を伴って登場。僅か2分程度で録音が途切れてディスクエンドになるものの、それがここでは20分にも値する特級の音色の軌跡で捉えられており、耳にした誰もがその至高の響きにときめかれる筈です。
 
【Audience Recorder : Sigma 50から237への跳躍】
ディスク3と4には" Audience Recorder "と題されたLow genカセットによるAUDソースのリマスター・バージョンを収録しています。使われている母体ソースは既発盤『SANTA MONICA 1971 (Sigma 50)』で使われていたものと同一ですが、低音域がやや強調され過ぎだったそのSigma 50盤と比べバランス重視の自然な音像にリマスターされているのが特徴です。特に中~低音域の印象がSigma 50と随分と違っているのですが、サウンドが自然な芯の強さを取り戻した事で演奏が遥かに聴き易くなっており、ソースの価値を下げないようSigma 50とは別のアプローチでリマスターした事が伺える最新ソースとなっています。
 
その効果が最初に感じられるのは「Careful With That Axe, Eugene」のスクリーム後の展開でしょうか。ここはAUDソースの質感を最大限活かしながら新たにスケールアップを図っている様子が垣間見え、自然でいながら迫力あるサウンドが無視出来ない聴き応えを残しています。「Fat Old Sun」は7:30付近~9:41付近までの約2分間でベースが激しくうなり続ける展開に違いを感じるでしょう。この部分、Sigma 50では低音のブーストが効き過ぎて音の混濁が激しい印象がありましたが、ここでもまろやかなラウドさでアンサンブル全体が俯瞰し易くなっています。更に「Set The Controls For The Heart Of The Sun」ではAUDソースならではの溶け落ちる様な残響の陶酔があり、ゆっくり漂う音の去来にリマスターの醍醐味が感じられるでしょう。
 
「Echoes」では相変わらずギルモアの歌声が大変良く聴こえておりますが、Sigma 50にあった低音域のブーストが無くなった事でシンプル且つストレートな音の姿で甦っているのが魅力でしょう。11:16付近からベースが存在感を現すシーンもラウドさを伴った音で出るのではなく芯の強さを持ったマッシヴな音として出ており、この印象の違いに双方のリマスターの狙いが感じられる筈です。「A Saucerful Of Secrets」も低音の混濁感が無くなった事で4:00ジャストから突入してくるドラムの乱打や、これに絡むピアノとギターが放つ響きの交差の姿が掴み易くなりました。特にドラムは11:33から等間隔で入れられるハイハットの音色も明瞭感が挙がり、やや霞掛かった音色でこれが出ていたSigma 50とは雲泥の差があります。

【2 Recorders Stereo Matrix : そして次世代の特級サウンドへ】
SBD同等のクオリティを誇るeBayリールのディスク1と2、そして従来のサウンドが見直されたAUDソースのディスク3と4。これをマトリクスし、更にステレオ化したものが本タイトル最大の聴きどころであるこのディスク5と6です。細かい事を言えばPAレコーダー(= eBayリールの右チャンネル)が勿論チャンネル右側、そしてセンターのすぐ左にも15%配置され、ドラムが中央に、AUD録音はおよそ65%の割合で全体をバックアップしているのですが、その響きのダイナミックさと音像の奥行きと立体感・音域の拡大はまさに桁違いの聴き応え!! 間もなく訪れる2020年から先の10年はこのマトリクス・サウンドがこの日の定番となること確実の、真に驚異的な71年サンタモニカ・ソースとなっているのです!!
ディスク冒頭から出る音像の膨らみと透明度の高さ・そして演奏音の近さとダイナミックさには、思わず身を乗り出さずにいられない筈。耳にした100人中100人が圧倒されるレベルで濃密な鮮明音が洪水の様に溢れ出し、SBD級の音とAUDそれぞれの良い部分がパーフェクトに補強し合ったサウンドに驚嘆されるに違いありません。「Fat Old Sun」も音の芯がズンと太くなり音域の拡大感が圧倒的。曲想のまろやかさを最大限発揮しながらもサウンドの輪郭はクッキリと明瞭そのもので、全ての音が細部に至るまで前に出たその音密度の濃さに仰天すると思います。尚、eBayリールがそうなっているためディスク1同様にここでも11:50~12:03の13秒間はAUDサウンドが登場しますが、しかしこれもその音像差にどれだけこのマトリクスの威力があるかが伺えるでしょう。凡庸な録音で聴くと単調に聴こえがちな「Set The Controls For The Heart Of The Sun」もここでは立体的でグラマラスな音の配列が実感出来ますし、「Atom Heart Mother」はどの音もエネルギッシュな緊張感を発揮しながら互いに溶け込み、どの小節も明瞭で眩い推進力に満ちています。スライド・ギターが縦横無尽に炸裂しまくる3:31~5:11もその音色の艶と響きの拡散が圧倒的で、格別の聴き応えと音の余韻を誇っています。
 
「Cymbaline」はギルモアの歌声がグッと前に出て更に聴き応えが増していますが、何より音群移動装置による効果を実感出来る点が特記されるでしょう。これが判り易いのが足音のシーンで、透明で拡がりのある音像の中で左から右、右から左へとハイヒールが移動する様子がステレオ効果で現れ、当日の会場に木霊していた生々しい音が甦っています。「Blues」はギター単旋律の音艶と鮮明度がもはや驚異的ですが、残念ながらここでeBayソースの収録限界点を迎える為にこの至福の音色は2:06付近で終わり、その先は終曲までリマスターされたAUD録音にシフトしています。ただ興味深いのはこのAUD録音パートもマトリクス用に調整し直された音(※ 或いはeBayリールから別途トランスファーし直された音かもしれない)で出てくる事でしょう。ディスク2とは音の印象が少し変わっており、シフト後の違和感を殆ど感じない仕上がりになっている点は特筆されます。「Echoes」と「A Saucerful Of Secrets」はeBayリールに未収録であった為にリマスターAUDソースとなっていますが、これも前述の理由によってディスク4よりも+0.5ほど明瞭で+1ほど音圧が上がっている印象があり、そのぶん聴き応えがランクアップしています。つまりどちらもディスク2のリマスター・ソースを安易にコピペ収録しているのではなく、そこに更なる仕事が重ねられている事で最後まで品質への拘りが感じられるのです。
 
【2010年最後の遺産、そして2030年からの回顧】
...と、実はここまで書いてもまだ足りないくらい新鮮な驚きと発見がぎっしり詰まっているこの最新作。2010年代の最後に突如現れたこのeBayリールは次の10年間でも確実にその存在感を発揮し続ける筈ですが、こうした音質A級の秘蔵リールがこの節目の時期に登場した点に改めて2010年代の音源史が象徴されていると思います。2030年、私達フロイドの非公式音源ファンは一体どんなYEESHKUL !な驚きを携えて2020年代を振り返るのでしょう? そんな思いを未来に馳せるとこの71年サンタ・モニカの集大成は2010年代の終わりと20年代の幕開けに相応しいプレス盤6枚組だったと思う筈ですし、10年後、再び巡ってくる節目の時にこれを手にしていた事をきっと嬉しく想い出せるSigma最新作になっていると確信するのです。2020年を目前にした今この瞬間だからこそ出逢って戴きたい驚異の初登場リール・ソース、是非御体験下さい!!
 
PA Recorder
初登場  SBDソースのJimfisheyeリマスターバージョン
ebay で出現した"Pink Floyd Santa Monica 1971 soundboard reel to reel" をリマスター
Disc 1 (41:30)
01. Careful With That Axe, Eugene
02. Fat Old Sun
03. Set The Controls For The Heart Of The Sun
 
Disc 2 (43:44)
01. Tuning and announcement
02. Atom Heart Mother
03. The Embryo
04. Cymbaline
05. Blues

Audience Recorder
Low genカセットのAUDソースのJimfisheyeリマスターバージョン
Disc 3 (76:10)
01. Careful With That Axe, Eugene
02. Fat Old Sun
03. Set The Controls For The Heart Of The Sun
04. Atom Heart Mother
05. The Embryo
 
Disc 4 (67:21)
01. Cymbaline
02. Blues
03. Echoes
04. A Saucerful Of Secrets
 
2 Recorders Stereo Matrix
JimfisheyeがSBDソースとAUDソースをマトリクスしステレオ化したバージョン
Disc 5 (77:27)
01. Careful With That Axe, Eugene
02. Fat Old Sun
03. Set The Controls For The Heart Of The Sun
04. Atom Heart Mother
05. The Embryo
 
Disc 6 (67:31)
01. Cymbaline
02. Blues
03. Echoes
04. A Saucerful Of Secrets
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
2月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 1125人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.