洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 [重要]メールマガジン
不着について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BUDOKAN 1982
  BUDOKAN 1982 / JAPAN
商品の説明
商品名 BUDOKAN 1982
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★頂点的録音です。あの時代を生きた洋楽ファンにとって、まさに一生の一枚。/DEC.8.1982.TOKYO/SBD//BONUS DVDR[HAMMERSMITH 1982]NOV.1982/PRO SHOT/NTSC 57min

通常価格 ¥2,800 (28P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の220枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り『HAMMERSMITH 1982』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。
 
JAPAN - BUDOKAN 1982(2CD)
plus Bonus DVDR "HAMMERSMITH 1982"* Numbered Stickered Edition Only
Live at Budokan, Tokyo, Japan 8th December 1982 STEREO SBD(UPGRADE)*頂点的録音です。
 
 終焉の地となった1982年のジャパン・ツアー。その究極ステレオサウンドボード・アルバムがプレス2CDで永久保存決定です。
 
【日本洋楽史の伝説放送を永久保存】
 そんな本作に刻まれているのは「1982年12月8日:日本武道館」公演。その超極上サウンドボード録音です。この日は日本洋楽史において特別な輝きを放っている。何しろ、JAPAN自体が人気絶頂にあっただけでなく、衝撃の解散宣言。その最後の武道館公演というだけでなく、某有名ミュージシャンとの共演も実現し、その模様は某放送協会によるFMラジオ番組“JAPAN SPECIAL”で放送された。それこそ、日本中の洋楽ファンがこぞって録音に挑み、マニア同士で高音質を競うほどの熱狂を引き起こした。特に初回放送は再放送ではカットされた「Quiet Life」まで放送されたこともあり、日本のファンにとっては中途半端な公式盤『OIL ON CANVAS』よりも遙かに重みのある伝説の放送でした。もちろん、JAPAN伝説の象徴音源だけに数々の既発ブートレッグも生み出してきたわけですが、本作はその最高峰を極めた1本なのです。
 
【至高マスターを磨き込んだ究極クオリティ】
 その本作の大元になったのは、ある記録マニアによるマスター。このマニアは音楽番組のアーカイヴをライフワークとしており、80年代から時代時代でハイエンドの機材を更新しては録音/録画し続けた。配線や電波状況、さらにはマスター・カセットの保存環境にも気を配り、“最高の音”を現代まで残してきたのです(日本は放送局の管理が厳格で、海外のように原盤が流出することはまずありません)。当店では、このマニアから提供された極上マスターの数々をご紹介してきましたが、本作もその1つなのです。ここで、以前ご紹介したボーナス2CDR『JAPAN SPECIAL: BUDOKAN 1982』を思い出される方もいらっしゃるでしょう。既発群を一蹴するクオリティで衝撃を呼びつつ、わずか1週間の限定リリースで消えた幻の超名盤。そう、本作はあの衝撃マスターをプレスCD化したものです。

 ただし、そっくり同じではありません。通常リリースの妨げになっていたDJトークをすべて削除(デヴィッド・シルヴィアンのMCはしっかり残っています)して純粋なライヴアルバムとして構成し直し、細心マスタリングで磨き込んだ究極仕様なのです。そのマスタリングも無闇矢鱈なイコライジングで音圧稼ぎをしているわけではありません。極々微細な音揺れ、ノイズ等を徹底的に補修したのです。ボーナス盤を体験された方なら「どこかノイズあった?」と思われるかも知れませんが、これは普通に聴いていたら気づかない、もし聞こえたとしても瞬間の「プッ」以下で拍手かノイズが判明できないレベル。今回はそれらを波形で洗い出した上で、さらにフルボリューム再生のダブル・チェック。耳に入る可能性のある傷を徹底的に見つけ出し、可能な限り補正したのです。もっとも、それまでやっても100分以上で10カ所未満。いかに元マスターが優れていたかもご理解いただけるでしょう。
 
【文化遺産となるライヴアルバムの最高傑作】
 そうして究極形に引き上げられた本作から流れ出るのは、『OIL ON CANVAS』にさえ凌駕する名演。これだけの象徴サウンドボードを分析するのも気が引けますが、初めての方のためにもセットを整理しておきましょう。
 
●QUIET LIFE(2曲)
・Quiet Life
・OIL ON CANVASで聴けない曲:Alien
●GENTLEMEN TAKE POLAROIDS(5曲+α)
・Gentlemen Take Polaroids/Swing/Nightporter/Methods of Dance
・OIL ON CANVASで聴けない曲:Burning Bridges(SE)/Taking Islands In Africa(★)
●TIN DRUM(7曲)
・Sons of Pioneers/Cantonese Boy/Visions of China/Canton/Ghosts/Still Life in Mobile Homes/The Art of Parties
●その他(4曲)
・OIL ON CANVASで聴けない曲:Life in Tokyo(★)/European Son/Bamboo Music(★)/Good Night(★)
個目中:「★」印は共演曲。
 
……と、このようになっています。『OIL ON CANVAS』では聴けないレパートリーが6曲もある上、4曲では歴史上大変貴重なゲスト・ミュージシャンらとの共演も聴ける。しかも、単に珍しい・増量というのではなく、演奏自体も素晴らしい。『OIL ON CANVAS』は来日前の1982年11月に録音されましたが、本作は終焉の日本。ショウ全体で噛みしめるような熱演が繰り広げられる。そのすべてを完全オフィシャル級のクオリティで楽しめるのです。
 
 公式作品と並ぶのではなく、凌駕する1本。以前ご紹介したボーナス2CDRも放送そのままのラジオ・アルバムとして些かも価値は薄れていませんが、本作はそれとは違う「音楽作品」なのです。伝説の初回放送、既発とは次元の違うマスター、そして終焉までカウントダウンに入った熱演と歴史的な共演……。すべてが至高・究極の次元で揃った絶対の超名盤。どうぞ、永久保存プレス2CDでいつでも、いつまでもご堪能ください。
 
★頂点的録音です。あの時代を生きた洋楽ファンにとって、まさに一生の一枚。

Disc 1 (47:11)
1. Burning Bridges
2. Sons Of Pioneers
3. Alien
4. Gentlemen Take Polaroids
5. Swing
6. Cantonese Boy
7. Visions Of China
8. Nightporter
9. Ghosts
 
Disc 2 (56:00)
1. Still Life In Mobile Homes
2. Methods Of Dance
3. Quiet Life
4. European Son
5. The Art Of Parties
6. David Sylvian Introduction
7. Bamboo Music
8. Taking Islands In Africa
9. Life In Tokyo
10. Canton
11. Good Night
 
David Sylvian: lead vocals, keyboards
Mick Karn: fretless bass guitar, backing vocals
Steve Jansen: drums
Richard Barbieri: keyboards, synthesizers
 
STEREO SOUNDBOARD RECORDING
 
★★特別企画
 
★至高マスターを究極形に磨き込んだ超極上ステレオ・サウンドボード『BUDOKAN 1982』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じラストツアーの最高峰プロショット『HAMMERSMITH 1982』が特別に付属致します。
 
JAPAN - HAMMERSMITH 1982(Special Bonus DVDR)
Live at Hammersmith Odeon, London, UK November 1982 PRO-SHOT(TOP QUALITY)
 
 本編プレス2CDは、まさにJAPAN終焉の最高傑作となる超極上のライヴアルバムです。その解説でも触れましたが、ラストツアー“SONS OF PIONEERS”には公式作品『OIL ON CANVAS』にも残されています。ただし、この作品はライヴアルバムだけでなく映像版もありました。そこで、当時の彼らを目撃できるボーナスとして特別付属決定です。

 そんな本作が撮影されたのは「1982年11月ハマースミス・オデオン」公演。そのマルチカメラ・プロショットです。ライヴアルバム『OIL ON CANVAS』と同タイトルの映像編なわけですが、収録されたステージも同じ。まずは当時のスケジュールから当時の状況を振り返ってみましょう。
 
●1981年
《11月13日『TIN DRUM』発売》
“VISIONS OF CHINA TOUR”
・12月7日-27日:英国#1(17公演)
●1982年
“SONS OF PIONEERS TOUR”
・10月3日-11日:欧州(6公演)
・10月20日-11月29日:英国#2(30公演)←★ココ★
・12月3日+4日:香港(2公演)
・12月8日-16日:日本(8公演)
 
 これが『TIN DRUM』リリース以降のJAPAN。本作は、彼ら最後の母国ツアー「英国#2」の最終盤。ハマースミス・オデオンでは“11月17日-22日”の6連続公演であり、そこから編纂されたのです。この映像はアルバム編と同じ1983年にVHSでリリースされたものの、ほどなく廃盤。2006年には『THE VERY BEST OF』の一部としてDVD化されましたが、それも現在では入手困難となっている。“動くJAPAN”を目撃できる貴重作にも関わらず、あまりにも不遇な名作なのです。現在でもVHS起こしの粗悪なDVDが氾濫しておりますが、本作はそれらとは異なる最高峰クオリティ版です。

 その映像美は絶品。広く知られるように靄がかかったような画質は現場ステージを正確に捉えているとは言い難いのですが、これは意図的な演出。オリジナルの時点でわざわざ映像エフェクトをかけて製作されたものです。そして、その幻想感を忠実に再現するマスター鮮度こそが圧倒的。発色はまさに当時そのもので、ダビング劣化はもちろんテープの走行ヨレや白線ノイズもない。ステレオ・サウンドボードの音声も美美麗で、数々のVHS起こしとはまったくちがう映像美なのです。

 そのクオリティで描かれるのは、まさに「目で観るOIL ON CANVAS」。アルバム編ともちょっと異なるので、ここで整理してみましょう。
 
●GENTLEMEN TAKE POLAROIDS(3曲+α)
・Gentlemen Take Polaroids/Swing/Methods of Dance
・アルバム編で聴けない曲:Burning Bridges(SE)
●TIN DRUM(7曲)
・Sons of Pioneers/Cantonese Boy/Visions of China/Canton/Ghosts/Still Life in Mobile Homes/The Art of Parties
 
……と、このようになっています。アルバム編に収録されていた「Quiet Life」「Nightporter」がカットされていますが、その代わり開演パートの「Burning Bridges」を収録。曲順も実際のショウに準じたものになっている。全体のボリューム感はアルバム編に及ばないものの、ショウの再現感覚は本作の方が上なのです。

 そして、それ以上なのが動くメンバーの姿。セクシーな歌声を吐き出すデヴィッド・シルヴィアンの表情ドアップもたっぷりならスティーヴ・ジャンセンのスティックさばきもクールな表情でProphet-5を奏でるリチャード・バルビエリもマルチカメラでばっちり。そして、何と言っても必見なのがミック・カーン。フレットレス・ベースを自在に操る指使いもさることながら、伝説的なあの「カニ横歩き」もプロショットで目撃できるのです。

 絶頂期のJAPANを捉えた映像作品でありながら、歴史の影に隠れている不遇の映像作品『OIL ON CANVAS』。本作は、その最高峰版です。終焉の来日公演から生まれた本編プレス2CDと併せ、ぜひたっぷりとお楽しみください。

1. Overture (Burning Bridges)
2. Sons Of Pioneers
3. Gentlemen Take Polaroids
4. Swing
5. Cantonese Boy
6. Visions Of China
7. Canton
8. Ghosts
9. Still Life In Mobile Homes
10. Methods Of Dance
11. Art Of Parties
12. End Credit
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.57min.
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の13時以降(10/1より12時以降)~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
13時まで(10/1より12時まで)のお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
9月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 150人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.