洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > HAMMERSMITH ODEON 1979 LEGENDARY MASTER TAPES
  HAMMERSMITH ODEON 1979 LEGENDARY MASTER TAPES / QUEEN
商品の説明
商品名 HAMMERSMITH ODEON 1979 LEGENDARY MASTER TAPES
レーベル WARDOUR◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★英雄QUEENの「頂点ツアー」の「頂点録音」の「頂点マスター」……名門キニーのオリジナル・カセットから誕生した超名盤なのです!!/DEC.26.1979/AUD//BONUS DVDR[HAMMERSMITH ODEON 1979: THE VIDEO]PRO SHOT/NTSC 109min

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の320枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、[HAMMERSMITH ODEON 1979: THE VIDEO]が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。
 
QUEEN - HAMMERSMITH ODEON 1979 LEGENDARY MASTER TAPES(2CD)
plus Ltd Bonus DVDR "HAMMERSMITH ODEON 1979: THE VIDEO* Numbered Stickered Edition Only
The Concerts For The People Of Kampuchea
Live at Hammersmith Odeon, London, UK 26th December 1979 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters)*UPGRADE
 
 これは……これは凄い。幾多のQUEENタイトルを扱って参りましたが、今度ばかりは次元が違う。恐らく……いや、間違いなくQUEEN全史の最高傑作となるであろう超絶ライヴアルバムが誕生してしまいました!
 そんな補作に刻まれているのは「1979年12月26日ハマースミス・オデオン公演」。その超・極上オーディエンス録音……そう、あの大名盤『HAMMERSMITH ODEON 1979』の大元となる名門“キニー”のマスター・カセットが発掘されてしまったのです!!
 
【“名演しかない”奇跡ツアーの最高峰録音】
 いきなりテンションがぶっ飛んでしまって申し訳ありません。しかし、これは凄すぎる。既発『HAMMERSMITH ODEON 1979(Wardour-307)』をご存じの方でしたら、これがいかに歴史的な事なのかご理解いただけると思いますが、そうでない方のためにも、イチからご説明していきましょう。まず第一に、本作はツアーからして頂点的。マニア筋から「QUEEN全史のNo.1となる奇跡のツアー」と呼ばれる“CRAZY TOUR”の最終日なのです。アルバム・タイトルを冠していないので知名度は今ひとつですが、このツアーにはダメなショウが1つもない。いつもは波の激しいフレディが全公演で凄まじいノドを轟かせる「超名演しかないツアー」だったのです。ここで、そのツアー概要を確認しておきましょう。
 
●1978年
“JAZZ TOUR”
・10月28日-12月20日:北米(35公演)
●1979年
・1月17日-3月1日:欧州(28公演)
・4月13日-5月6日:日本(15公演)
《6月『THE GAME』制作開始》
・8月18日:SAARBRUCKEN OPEN AIR出演
《10月5日シングル『Crazy Little Thing…』発売》
“CRAZY TOUR”
・11月22日-12月26日:英国(20公演)←★ココ★
 
 これが奇跡の“CRAZY TOUR”の全体像。一番近いアルバムは『JAZZ』だったわけですが、実は“JAZZ TOUR”では母国イギリス公演がなかった。そのため、シングル『Crazy Little Thing Called Love』に伴い、母国のみの特別ツアーが組まれた。それが“CRAZY TOUR”でした。これだけなら普通の事ですが、その中身が凄かった。何しろ、フレディが連日連夜すべて絶好調。単にノドの調子が良いという次元ではなく、“LIVE AID”ばりのブッちぎれた爆テンションをブチかましたのです。もちろん、“LIVE AID”も奇跡中の奇跡ではありますが、それは約25分という短い時間に濃縮されたからでもありました。しかし、この“JAZZ TOUR”は、110分以上のフルショウでも勢いが衰えず、さらに全公演を駆け抜けてしまったのです。
 そして、そんな奇跡のツアーの最高峰ライヴアルバム……それが本作なのです。何が最高峰かと言えば、もちろん長さとサウンド。実のところ、“JAZZ TOUR”は超名演ばかりながらサウンド面では厳しいものばかり。その中で唯一の例外として名録音として知られているのが日本の名門“キニー”によるフル・オーディエンス録音なのです。
【名門キニーのオリジナル・カセットから甦った奇跡ツアーの現場】
 QUEEN頂点ツアーの最高峰録音……これだけでも伝説級ですが、本作は「これ以上はない」アップグレードを果たした究極盤。これまではそのジェネや経路違いで最高峰が競われていたわけですが、本作は名門“キニー”のオリジナル・カセットから直接デジタル化したもの。つまり、これ以上のジェネ更新はあり得ない頂点中の頂点なのです。
 オリジナル・カセットに吸い込まれていた音を1秒残らずデジタル化したために歓声パートも過去最長。しかし、それ以上にサウンドこそが圧倒的。従来盤でも“CRAZY TOUR”で随一の極上サウンドでクリアさもダイレクト感も絶大だったわけですが、本作はさらにリッチでさえある。ダビング過程のどこかでスポイルされてしまった鳴りの厚さが残されており、ディテールも超微細な機微までしっかり。その双方が相まって醸される“現実感”まで凄い。リッチな手応えからは「そこにQUEENがいる」という存在が感じられ、細やかな機微は「目の前にいる」というが実感になっている。しかも、オリジナル・カセットだからこそ加工する必要もなく、質感もバランスも極めてナチュラルなのです。
 そんな“美の音”で描かれるショウもまた絶品。実のところ、このショウは単にツアー最終日というだけでなく、ポール・マッカートニーの呼びかけによるカンボジア救済チャリティ・コンサート“CONCERT FOR KAMPUCHEA”の初日でもありました。その模様はテレビ放送されてプロショットも残されている(当店のプレスDVD『HAMMERSMITH ODEON 1979』でもお楽しみ頂けます)わけですが、そちらはカットも多い不完全版。ここでは比較しながらセットを整理してみましょう。
 
●プロショットが残されている曲
・SHEER HEART ATTACK:Killer Queen/Now I'm Here
・A NIGHT AT THE OPERA:Death On Two Legs/I'm In Love With My Car/You're My Best Friend/Love Of My Life/'39
・A DAY AT THE RACES:Somebody To Love/Tie Your Mother Down
・NEWS OF THE WORLD:We Will Rock You (fast)/Get Down Make Love/Sheer Heart Attack/We Will Rock You/We Are The Champions
・JAZZ:Let Me Entertain You/Don't Stop Me Now
・THE GAME:Save Me/Crazy Little Thing Called Love
・その他:Jailhouse Rock
●プロショットで観られない曲
・QUEEN:Keep Yourself Alive
・A NIGHT AT THE OPERA:Bohemian Rhapsody
・NEWS OF THE WORLD:Spread Your Wings
・JAZZ:If You Can't Beat Them/Mustapha
・その他:ギターソロ、ドラムソロ等
 
……と、このようになっています。TVプロショットでは観られない曲もタップリ……と書こうかと思いましたが、それどころじゃない。何しろ、本作のサウンドはTVプロショットのサウンドボード音声なんかより遙かに遙かに高音質。そのサウンドで一気貫通のフルショウを体験できるのですから。
 そして、もちろん超名演。テレビが入っているせいか常軌を逸した爆ノリというよりは完成度が高いタイプですが、それは種類の違いでしかない。惚れ惚れするヴォーカリゼーションもビシッとしたアンサンブルも凄まじい。もちろん、クリスマス時期だからこその「Silent Night」を盛り込んだギターソロや、観客の大合唱によって呼び戻される「Crazy Little Thing Called Love」等、このショウならではの名シーンの数々もさらなるアップグレード&ナチュラル・サウンドで楽しめるのです。
 とにもかくにも、歴史的な大発掘。英雄QUEENの「頂点ツアー」の「頂点録音」の「頂点マスター」……世界のどこかに存在しているとは思いましたが、それを現実に耳にできる日が来てくれるとは……。QUEEN最大の衝撃作と言えば『LIVE AID(Wardour-303)』でしたが、本作もまた同等以上の超傑作。同じく名門“キニー”のオリジナル・カセットから誕生した超名盤なのです。この新発掘の喜び、永久に残すプレス2CDで心ゆくまで存分に味わい尽くしてください。
 
★★キニー・マスターテープ(SONY AHF90X2本)と録音者のチケット(2階席J列27(10列目))を入手!既発「Complete Kampuchea Concert」(Gypsy Eye)の大元テープ。歴史的大発掘!!
 
★Disc1 テープ①面
 Disc2 1trk - 9trk 0:56 テープ②面
Disc2 9trk 0:56 - 最後まで テープ③面
★Disc1 イントロの歓声が17秒程度長く収録
Disc2 冒頭が2秒弱長く収録
 Disc2 9. Brighton Rock (Outro) ★0:56からの3秒程度が既発には未収録

Disc 1 (44:46)
1. Intro.
2. Jailhouse Rock
3. We Will Rock You (Fast)
4. Let Me Entertain You
5. Somebody to Love
6. If You Can't Beat Them
7. Mustapha
8. Death on Two Legs
9. Killer Queen
10. I'm in Love With My Car
11. Get Down, Make Love
12. You're My Best Friend
13. Save Me
 
Disc 2 (69:12)
1. Now I'm Here
2. Don't Stop Me Now
3. Spread Your Wings
4. Love of My Life
5. '39
6. Keep Yourself Alive
7. Drum / Guitar Solo
8. Guitar Solo (incl. Silent Night)
9. Brighton Rock (Ending) ★0:56 テープチェンジ
10. Crazy Little Thing Called Love
11. Bohemian Rhapsody
12. Tie Your Mother Down ★3:51 一時停止
13. Sheer Heart Attack ★3:36 一時停止
14. We Will Rock You
15. We Are the Champions
16. God Save the Queen

★★特別企画
 
★名門キニーの新発掘オリジナル・カセットによって究極アップグレードを果たした超名盤『HAMMERSMITH ODEON 1979 LEGENDARY MASTER TAPES』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じくショウを収録したマルチカメラ・プロショット『HAMMERSMITH ODEON 1979: THE VIDEO』が特別に付属致します。
 
QUEEN - HAMMERSMITH ODEON 1979: THE VIDEO(Bonus DVDR)
Live at Hammersmith Odeon, London, UK 26th December 1979
 
 本編プレス2CDは、伝説の名録音を名門キニーのオリジナル・カセットから復刻したライヴアルバム。QUEEN全史の最高傑作にもなり得る究極の超傑作です。本来であれば、ボーナスなど不要なのですが、このショウは何よりプロショット映像でも有名。そこで、現場の光景も併せてお楽しみ頂くべく、最高峰バージョンを特別にご用意しました。
 というわけで、本作に収められているのは本編プレス2CDと同じ「1979年12月26日ロンドン公演」。その流出マルチカメラ・プロショットです。このショウは当時テレビでも放送され、プロショットが大定番として知られてきました。本作は、そんなプロショット2種の最高峰版をカップリングしたものです。
 
【前半:長尺の流出プロショット】
 そんなショウは前述の通りテレビ放送が大定番となってきたわけですが、本作の前半に収められているのはちょっと違う。2012年に発掘された、編集前の関係者流出マスターなのです。これが衝撃だった。何よりも強烈なのは、テレビ放送では観られなかったナンバーが8曲。「Jailhouse Rock(一部)」「We Will Rock You (fast)」「Somebody To Love」「Death On Two Legs」「Get Down, Make Love」「Love Of My Life」「'39」「Tie Your Mother Down」が大幅増量。それでも当日のフルセットには及ばず、曲間に編集カットもあるのですが、それでも約74分に及ぶマルチカメラ・プロショットの登場はあまりにも衝撃でした。
 しかも、クオリティもテレビ放送版を遙かに凌駕していた。時たま微細な白線ノイズや音声の歪みもゼロではないので厳密には「オフィシャル級!」とは言えないものの、それらはあくまで瞬間的なもの。全編を覆い尽くす基本の画質・音質は公式級と呼んでもおかしくない。そんな映像美で「動くLIVE KILLERS」とも言える1979年の熱演が観られるのですから、まさに世界中のマニアが震撼するに十分な衝撃映像なのです。本作は、そんな流出プロショットでも最高峰。登場から8年が経って何種類かのマスターも出回りましたが、そのベストなものを厳選して収録しているのです。
 そして、そんなクオリティで描かれるショウがまた凄い。熱演ぶりは本編解説でも触れましたが、その覇気は光景だからこそビビッド。ダイナミックでキレのあるアクション、絶好調な歌声を振り絞るような表情、半ば暴力的なまでの大暴れ……フレディだけでなく、ロジャーもえらく気合いが入っているのがマルチカメラのド直近アングルで楽しめるのです。
 
【後半:日本放送プロショット】
 そして、後半に収録されているのは、同じショウのテレビ放送版『THE QUEEN SPECIAL』。イギリスBBCが制作して各国で放送されたのですが、本作はそのうち、“ヤング・ミュージック・ショウ”で放送された日本バージョンを収録しています。実のところ、日本はイギリス放送よりも10分ほど短かいものの、いずれにせよ上記の流出版の方が長い。その流出マスターにはない「Don't Stop Me Now」は日本放送でもしっかりと観られます。
 もちろん、クオリティは最高峰。国内の録画マニアから譲られたマスターでして、その映像美は絶品。オープニング15秒ほど劣化が見られるので流出マスターには及ばないものの、その後は肉薄。ダビング痕も見当たらず、絶品の映像美が番組終了までたっぷり味わえるのです。
 そして、そのクオリティで描かれる番組は流出マスターにはない「Don't Stop Me Now」だけでなく、滲み出る時代感も美味しい。番組冒頭ではナレーションが「日本中を席巻した」「アルバムを五千万枚も売った」「退廃的な無法者!」とまくし立て、曲間にはロンドンのあちこちで「クイーンはどうですか?」と聞いて回る。ファンがマジメに語ったりもしますが、中にはエリザベス女王(のモノマネ)に「陛下、クイーンファンですか?」と問い、パブの親父が「クイーン?がらくたロックだ。我々にはベートーベンがある。即刻止めさせろ!」と吠える。その安っぽいコントがいかにもイギリス臭い。こうした演出は英国制作なのですが、本作は日本放送だけに字幕も入り、珍妙な演出をビビッドに楽しめるのです。
 また、当日演奏していない2曲「Another One Bites The Dust」「Flash's Theme」はクリップなのですが、これが別バージョンなのも美味しい。どちらもお馴染みの演奏シーンではあるのですが、使用されているカットが違う。しかも「Another One Bites The Dust」は尺を切り詰めるために青空(なぜ?)シーンを交えながら豪快に切り貼り。テンポがまったく合わない凄い編集になっています。「Flash's Theme」は演奏シーンだけでなく、挿入される映画シーンもまったく異なりますし、曲の最後には映画のクライタス将軍まで登場。これも番組オリジナルで、惑星モンゴではなくロンドンで「クイーンこそ悪魔だ。邪悪な存在だ」と凄んでくるのです。
 もちろん、ショウこそが本命。『LIVE KILLERS』をイメージさせながらも当時の新曲「Crazy Little Thing Called Love」「Save Me」も盛り込まれ、しかも歌詞の対訳字幕付き。フレディの歌声も感動的な初期のライヴバージョンを満喫できます(「Save Me」のソロでブライアンが音を外してメチャクチャになってしまうのも初期らしさかも知れません)。
 『Crazy Little Thing Called Love』を全米No.1に送り込み、いよいよ大全盛を究めようとしていた1979年のQUEEN。そのハイライトの大熱演を2種のプロショットで目撃できる最高峰映像です。QUEENライヴアルバムの頂点に輝く本編プレス2CDと、その映像版である本作。まさに文化遺産となる超豪華セット。どうぞ、併せてたっぷりとお楽しみください。

1. Jailhouse Rock
2. We Will Rock You (fast)
3. Let Me Entertain You
4. Somebody To Love
5. Death On Two Legs
6. Killer Queen
7. I'm In Love With My Car
8. Get Down, Make Love
9. You're My Best Friend
10. Save Me
11. Now I'm Here
12. Love Of My Life
13. '39
14. Crazy Little Thing Called Love
15. Tie Your Mother Down
16. Sheer Heart Attack
17. We Will Rock You
18. We Are The Champions
19. God Save The Queen
 
THE QUEEN SPECIAL: Japanese Broadcast Version
Broadcast Date: 19th August 1981
20. Now I'm Here
21. Another One Bites The Dust
22. You're Are My Best Friend
23. Flash's Theme
24. Let Me Entertain You
25. Don't Stop Me Now
26. Killer Queen
27. I'm In Love With My Car
28. Crazy Little Thing Called Love
29. Sheer Heart Attack
30. Save Me
31. We Will Rock You
32. We Are The Champions
33. God Save The Queen
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.109min
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の13時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
13時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
8月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 192人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.