洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 携帯メールアドレス(キ
ャリアメールをご利用の
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > BETHLEHEM 1984
  BETHLEHEM 1984 / OZZY OSBOURNE
商品の説明
商品名 BETHLEHEM 1984
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★「最強のオジーバンド」との呼び声高きカーマイン・アピス時代の最高傑作。/JAN.17.1984/AUD//BONUS DVDR[ROCK POP 1983]DEC.17+18.1983/PRO SHOT/NTSC 29min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の160枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、"ROCK POP 1983"が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。

OZZY OSBOURNE - BETHLEHEM 1984(1CD)
plus Bonus DVDR "ROCK POP 1983"* Numbered Stickered Edition Only
Stabler Arena, Bethlehem, PA, USA 17th January 1984 TRULY PEFECT SOUND
 
 遂に、遂に、この日がやってきました。「最強のオジーバンド」を永久保存した最高傑作ライヴアルバムが誕生です!
 
【全員達人なカーマイン時代のオジーバンド】
 そんな本作に刻まれているのは「1984年1月17日ベツレヘム公演」。「最強バンド」とはジェイク・E・リーの他、ボブ・デイズリー、ドン・エイリー………そして、歴史的名手カーマイン・アピス(!)を迎えた5人組。公式作品を残す事のなかった幻ラインナップのフルショウを収めた豪腕オーディエンス録音です。

 『月に吠える』時代のスツールと言えば、トミー・アルドリッチの指定席なイメージもありますが、一時期だけカーマインも在籍していました。今回は入門にも最適なカーマイン時代の決定盤でもありますので、改めてツアー全景からご説明しましょう。
 
●1983年 《ジェイク加入》
・1月12日-30日:欧州#1(13公演)
《ブリッジウォーター→エイリー交代》
・2月11日-4月5日:北米#1(34公演)
《コスタ→デイズリー交代》
・5月29日:US FESTIVAL ←※THE COMPLETE SOUNDBOARD
《アルドリッチ→アピス交代/11月15日『月に吠える』発売》
*11月10日-12月22日:欧州#2(32公演)
●1984年
*1月10日-2月20日:北米#2(31公演) ←★ココ★
《アピス→アルドリッチ交代》
・3月3日-6月10日:北米#3(61公演) ←※公式映像
・6月28日-7月7日:日本(8公演) ←※ULTIMATE BARKS: TOKYO 1984
・8月4日:プエルトリコ
・8月18日-9月2日:欧州#3(5公演)
●1985年
・1月16日+19日:ROCK IN RIO(2公演) ←※プロショット
《アルドリッチ/デイズリー/エイリーが離脱》
※注:「*」印がカーマイン時代の日程。
 
 これがジェイク加入から『月に吠える』にまつわるツアーの全体像。カーマインは『月に吠える』発売直前に加入して「欧州#2+北米#2」のみ参加。その後は、再びトミー・アルドリッチが復帰しました。

 そんな泡沫のラインナップだったわけですが、ライヴの内容は強力無比でした。カーマインのドラミングは単にパワフルなのではなく、歴代の誰よりも歌心に溢れ、多彩でカラフル。もちろん、ボブの歌いまくるラインや華麗極まるドンのキーボードは言うに及ばず、ジェイクのギターも歴代で最も多弁。オフィシャル作品を残さなかったレア度や有名人だらけのスーパーバンドという次元を超え、「最強の演奏」がマニアの心を捕らえ、数々のオーディエンス録音が発掘されてきたのです。
 
【遂に発掘されたプレス級の極太録音】
 前置きだけですっかり長くなってしまいましたが、本作はそんな「最強時代」の新発掘ライヴアルバム。遂に登場した永久保存級の傑作オーディエンス録音なのです。そのサウンドは、まさに「最強」。ごく最近になって発掘された大元マスターからダイレクトにデジタル化されているのですが、何よりも凄いのはド密着で極太な芯。開演を告げるカルミナ・ブラーナで沸騰する現場感からサウンドボードと間違えたりはしませんが、その熱狂を一瞬にして制圧し、目の前に叩きつけるようなオンな演奏音は間違えてしまいそう。鳴りの端正さでは、これまでカーマイン時代の最高峰とされてきた『BARK ST THE PARIS(Shades 444)』の方が美しかったりもしますが、本作の密着感/目の前感は比較になりません。

 その豪腕サウンドで描かれるのは、カーマインの歌心ドラミングで彩られたオジー・クラシックス。カーマイン時代というと1983年ドルトムント公演のプロショットが有名ですが、あれは放送枠に沿った30分の短いもの。それに対し、本作は70分以上のフルショウをたっぷり味わえる。ここでは比較しながらセットも整理しておきましょう。
 
●クラシックス
・パラノイド:Iron Man/Paranoid
・ブリザード・オブ・オズ:I Don't Know/Mr. Crowley/Revelation (Mother Earth)(★)/Steal Away The Night(★)/Suicide Solution(★)/Crazy Train(★)
・ダイアリー・オブ・ア・マッドマン:Flying High Again(★)
●月に吠える
・Rock 'n' Roll Rebel(★)/Bark At The Moon/Center Of Eternity
※中:「★」印は大定番のROCK POP DESTIVALプロショットでも聞けない曲。
 
……と、このようになっています。『ROCK POP 1983』とは比較にならない大ボリュームなわけですが、それと同じくらい重要なのが時期。実のところ、カーマイン時代は1983年「欧州#2」よりも1984年「北米#2」の方が評価が高い。「欧州#2」では曲によって探りを入れるようなところもありましたが、32公演をこなして完全に把握。さらに年末年始でリハでも積んだのか、「北米#2」では独特のリズムパターンを考案したり、随所に遊びを入れたり。格段に完成度の高い演奏を聴かせるようになっている。「Crazy Train」の汽車を想起するビートを聴かせ、「Revelation (Mother Earth)」では全編ドラムソロのようにやりたい放題、続く「Steal Away The Night」ではほとんど「Burn」のイアン・ペイスばり。単に手数が多いのではなく、曲想に沿ったドラミング……いや、パーカッションが全開なのです。

 ギターやキーボードだけでなく、ベースやドラムまでメロディアス。しかも、全員が勝手な気ままようでありながらクラシカルな曲のドラマティシズムを極限まで引き出している……まさに「最強」「奇跡」のショウです。「カーマイン時代オジー」のフル・サウンドボードが存在しないのはロック史の損失以外の何物でもありませんが、これからは本作がある。なぜ世界のマニア達はカーマイン時代を愛するのか、なぜ「最強」とまで呼ぶのか。その答えを極太ダイレクト・サウンドで炸裂させる1枚。どうぞ、永久保存プレスCDで存分に思い知らされてください!
 
★「最強のオジーバンド」との呼び声高きカーマイン・アピス時代の最高傑作。「1984年1月17日ベツレヘム公演」の極太オーディエンス録音です。新発掘の大元マスターからデジタル化されたサウンドは、まさにゼロ距離でド密着な芯が強烈。「Crazy Train」の汽車を想起するビートを聴かせ、「Revelation (Mother Earth)」では全編ドラムソロのようにやりたい放題、「Steal Away The Night」ではほとんど「Burn」のイアン・ペイスばり……。ギターやキーボードだけでなく、ベースやドラムまでメロディアスという「スーパー・バンドの最強ショウ」をフル体験できる歴史的傑作です。

(71:28)
1. Carmina Burana
2. I Don't Know
3. Mr. Crowley
4. Rock 'n' Roll Rebel
5. Bark At The Moon
6. Revelation (Mother Earth)
7. Steal Away The Night
8. Band Introductions
9. Suicide Solution (tape flip edit at 00:41:27:10)
10. Center Of Eternity
11. Drum Solo
12. Flying High Again
13. Iron Man
14. Crazy Train
15. Paranoid
 
Ozzy Osbourne - Vocals
Jake E. Lee - Guitar
Bob Daisley - Bass
Carmine Appice - Drums
Don Airey - Keyboards
 
★★特別企画
 
★遂に誕生したカーマイン・アピス時代の最高傑作ライヴアルバム『BETHLEHEM 1984』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、同じく「最強のオジーバンド」を目撃できるマルチカメラ・プロショット『ROCK POP 1983』が特別に付属いたします。
 
OZZY OSBOURNE - ROCK POP 1983(Bonus DVDR)
Westfalenhalle, Dortmund, West Germany 17th/18th December 1983 PRO-SHOT(UPGRADE)
 
 本編プレスCDは、「最強」の誉れ高きカーマイン・アピス時代でも最高傑作となるフル・ライヴアルバム。その解説でも触れましたが、カーマイン時代は公式作品こそ残さなかったものの、「準オフィシャル」とも言うべき超・極上のプロショット映像は存在します。そこで新名盤と大定番プロショットを併せてお楽しみ頂くべく、最高峰マスターでボーナス付属決定です。

 そんな本作が撮影されたのは「1983年ドルトムント公演」。西ドイツの名物イベント“ROCKPOP IN CONCERT”シリーズとして放送されたマルチカメラ・プロショットです。このイベントは1978年から1989年にかけ、ZDF(第2ドイツテレビ)で放送される事を前提に実施されていたフェスで、1983年は5月・7月・12月に開催。このうち12月はヘヴィメタル大祭でJUDAS PRIESTやIRON MAIDEN、DEF LEPPARD、SCORPIONS、MSG、QUIET RIOT、KROKUSとヨダレが止まらなくなる凄まじい英雄達がこぞって出演していました。そして、そこに参加したオジー・バンドは偶然(?)にもカーマイン在籍時代だったわけです。

 ところで、当店ではカーマイン時代のオジー・バンドを数々の名作でアーカイヴしてきました。良い機会でもありますので、ここでそのラインナップも日程で整理しておきましょう。
 
●1983年《カーマイン・アピス加入》
・11月10日『SOUND OF ETERNITY: LEICESTER 1983』
・11月11日-15日(4公演)
《11月15日『月に吠える』発売》
・11月16日『BARK AT SHEFFIELD』
・11月18日『REBEL BARKS: NEWCASTLE 1983』
・11月19日-27日(6公演)
・11月29日『HAMMERSMITH ODEON 1983 1ST NIGHT』
・11月30日-12月15日(11公演)
・12月17日+18日:ドルトムント公演 ←★ココ★
・12月19日+20日(2公演)
・12月22日『BARK AT THE PARIS』
●1984年
・1月10日+12日(2公演)
・1月13日『BINGHAMTON 1984』
・1月15日:フィラデルフィア公演
・1月16日『PHILADELPHIA 1984 2ND NIGHT』
・1月17日『BETHLEHEM 1984』※本編プレスCD
・1月18日-2月20日(25公演)
《カーマイン・アピス離脱》
 
 これは本編解説の「欧州#2」「北米#2」をズームしたもの。本作のドルトムント公演は、1983年編の末期に当たるコンサートでもありました。そんなショウは6曲(+ドラムソロ)のダイジェストではありますが、テレビでも放送。本作は、その最高峰マスターで、文字通りの完全オフィシャル級。公式作のないカーマイン時代オジーにとって「オフィシャル代わり」となる1枚なのです。

 そんな超極上な映像美でカーマイン時代を目撃できるのは感無量。カーマインのフレーズ的には「北米#2」の本編プレスCDほど凝ってはいないものの、名手はやっぱり名手。単に「パワフル」だの「テクニカル」だのと表現したら侮辱になってしまいそうな歌心あるオカズが美味しい。そして、何よりも「最強の5人」が本当に揃って演奏している姿は、それ自体がド迫力。マルチカメラで映し出される1人ひとりが達人で、よけいな穴埋め人員はゼロな光景はまさにスーパーバンド。オーラで光り輝くステージを眩しい超極上プロショットで楽しめるのです。

 最強のショウを繰り広げながら、正式な作品を残せなかったカーマイン時代のオジー・オズボーン。そのフルショウを極太体験できる本編プレスCDと、オフィシャル代わりの本作。どうぞ、最強・最高のセットを存分にご堪能ください!
 
(29:18)
1. I Don't Know
2. Mr. Crowley
3. Bark At The Moon
4. Centre Of Eternity
5. Drum Solo
6. Iron Man
7. Paranoid
 
Ozzy Osbourne - Vocals
Jake E. Lee - Guitar
Bob Daisley - Bass
Carmine Appice - Drums
Don Airey - Keyboards
 
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.29min.
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
4月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 65人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.