洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > SAN BERNARDINO 1969
  SAN BERNARDINO 1969 / LED ZEPPELIN
商品の説明
商品名 SAN BERNARDINO 1969
レーベル UNKNOWN LABEL◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD
CONDITION M+
SOURCE ★爆音ジミーで知られた69年オーディエンス。驚きの聴きやすさ。素晴らしいアッパー盤です。/AUG.8.1969/AUD/UPGRADE

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の100枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


LED ZEPPELIN - SAN BERNARDINO 1969(1CD)
Swing Auditorium, San Bernardino, CA, USA 8th August 1969 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND*UPGRADE
 
 ZEP1969年のサンバーナーディーノと言えば「ああジミーのギターが爆音の音源ね」とマニアが思い浮かべる日。確かに本音源が捉えたジミーのギターの音量は飽和状態で、オープニングの「The Train Kept A Rollin'」に至っては完全に飽和状態。そうしたイメージからマニア向けな69年ライブ音源という印象が強かったのではないでしょうか。それを裏付けるように本音源のアイテムというのは多くなく、挙句の果てにはEmpress Valleyレーベルがリリースした1969年セントラルパークのおまけ扱として出されたことまであったという曰くつきの音源。

 確かにジミーのギターが歪んだ爆音で鳴り響く印象の強い音源ではあるのですが、そのいびつさを増幅させていたのがカセット・トレードによるジェネ落ちという問題でしょう。この音源に限らずカセット・トレードはダビングが繰り返されることで音が荒んでしまうという現象がどうしても起きてしまう。それが69年のサンバーナーディーノのような音源になると、完全に凶と出てしまうのではないかと。
 
 あらゆる意味で見過ごされがちな69年ライブ音源の一つだったのですが、今月に入って突如69年のサンバーナーディーノのロージェネ・バージョンがネット上に現れました。それをアップロードしてくれたのはトレーダー界ではおなじみKrw_co。これまでも数々のビンテージ音源を公開してくれた彼です。今年は69年夏のアメリカ・ツアーからの発掘が多いのですが、今回のサンバーナーディーノもこの流れに乗ってアッパー版が登場してくれるとは嬉しい驚き。

 さすがにこれまで出回ってきたジェネ落ちバージョンと比べて歴然とした鮮度の良さが際立っており、おかげでジミーのギターが飽和した状態なりにちゃんと聞きこめる状態へと進化してくれたことは特筆すべき点でしょう。こうした状態ですので、下手にイコライズなど加えると聞けたものではなく(これがまた過去にアイテムの少ない理由でもある)、むしろナチュラルな質感も保たれるべき音源の典型。それが今回のファースト・ジェネレーション・コピーという恩恵を受けて鮮度がはっきりと向上してくれたのです。当然カット個所も既発と比べて最小限。
 
 こうしてバージョンアップを遂げた新たなバージョンで69年サンバーナーディーノを聞いてみると本当に面白いですね。オーディエンス録音でジミーが鳴らない箇所ではしっかり歓声も聞こえるというのに、彼が弾き始めると途端にギターの音に支配されてしまう。いったいどのようなポジションから録音したのでしょうか?

幸いなことに69年夏のZEPのライブ構成のおかげで本音源もライブ全編がジミーのギターで覆われることはなく、緩急のある演奏になるとロバート以下、他の三人の音もちゃんと聞こえます。それ以上に幸いだったのが「I Can't Quit You」でジミーが愛機レスポールの弦を切ってしまい、場つなぎとして機転を利かせたブルースカバー「You Gotta Move」が3月のストックホルムのラジオ放送(その時もジミーが弦を切った)以来の登場を果たしてくれたこと。
ここではエンディングまで完全に三人で演奏されたことから、ジミーの音が大きい他の曲と違ってこの日のバンドの演奏というのを短い間ながらも楽しめるのがありがたい。それに場つなぎとは思えないほどカッコイイ演奏でもあり、さすがは69年のZEPならではと思い知らされる場面でもある。

この録音バランスでジミー独演の「White Summer」を聞かされるのはキツイかもと思っていたところ、ここでリールの掛け替えに当たったようで彼が弾き始めたところでカットとなってしまいます。皮肉にも災い転じて…といったところか。
 
演奏がさまざまな方向に展開することが功を奏し「How Many More Times」でもジミーが弾くのを止めると、そこでは意外な曲をロバートが歌い始めていて面白い。彼はこの日チャック・ベリーを歌いたい気分だったようで「Schooldays」と「Hail Hail Rock 'N' Roll」の一節を持ち出しているのがレア。また8月上旬はボンゾのステージセットにバス・ドラムを導入していた貴重な時期だったのですが、この曲のエンディングでは確かにツーバスを活かしたキックが聞かれるのも貴重。

そしてこの日のライブはジェルロ・タルとのダブルビルだったのですが、同じテーパーが残した二曲の演奏をボーナスとして収録。彼らの演奏まで含まれていることもロージェネ・バージョンの証と呼べるのでは。

今回のリリースに際し音質に関しては先の理由から一切の手を加えていませんが、徐々に狂ってゆくピッチに関しては緻密にアジャストしており、この部分だけでも既発より格段に聞きやすくなっています。それでいて音質自体もしっかりと向上。爆音ジミーで知られた69年オーディエンスを聞きこむハードルが遂に下がりました!
 
★驚きの聴きやすさ。素晴らしいアッパー盤です。

(66:02)
1. Intro
2. The Train Kept A Rollin' 
3. I Can't Quit You
4. You Gotta Move
5. Dazed And Confused
6. White Summer/Black Mountain Side
7. You Shook Me
8. How Many More Times (The Lemon Song / Schooldays / Hideaway / Hail Hail Rock 'n Roll)
 
JETHRO TULL
9. Intro
10. Fat Man
11. Dharma for One 
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
7月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 194人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.