洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 [重要]メールマガジン
不着について
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > DEFINITIVE MADISON 1984
  DEFINITIVE MADISON 1984 / VAN HALEN
商品の説明
商品名 DEFINITIVE MADISON 1984
レーベル ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE ★マスター・サウンドだからこそ成し得た「オーディエンスの美」を極めた最高傑作です。シンプルに「良い音のフル・ライヴアルバム」であれば本作が最終回答となるでしょう。
JUL.3.1984/AUD

通常価格 ¥3,800 (38P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の120枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


VAN HALEN - DEFINITIVE MADISON 1984(2CD)
Dane County Veterans Memorial Coliseum, Madison, WI, USA 3rd July 1984 TRULY PERFECT SOUND
 
 人気絶頂にありながらサウンドボードが一切存在しない永遠の秘境“1984 Tour”。その最高峰と呼ばれた伝説の名録音がアップグレード。マスター・サウンドを永久保存するプレス2CDで登場です。

 そんな本作に刻まれているのは「1984年7月3日マディソン公演」。その極上オーディエンス録音です。『1984』時代のライヴアルバム……これはまさに永遠の夢。VAN HALENにとって……いえ、アメリカン・ロックそのものの絶頂でありながら公式ライヴアルバムどころか放送サウンドボードの1つも残されなかった。その悔しさ、歯がゆさ故に多くのファンがコレクター界に足を踏み入れ、「一番のオーディエンス録音」を追い求める餓鬼道へと堕ちていった。ロック史に空いた大きな大きな落とし穴です。そんな「一番のオーディエンス録音」は候補がいくつもあるわけですが、本作はその最有力録音。しかも、カセット・マスターからダイレクトにデジタル化された最高峰盤なのです。

 その気になる内容の前に、まずはショウのポジション。アメリカンHRの頂点でもあったツアー・スケジュールから紐解いてみましょう。
 
《1月9日『1984』発売》
“1984 Tour”
・1月18日ー2月23日:北米#1(25公演)
・3月7日ー4月6日:北米#2(22公演)
・4月14日ー5月22日:北米#3(24公演)←※SAN DIEGO 1984 1ST NIGHT
・6月2日ー7月16日:北米#4(30公演)←★ココ★
“MONSTERS OF ROCK Tour”
・8月18日ー9月7日:欧州(7公演)←※STOCKHOLM 1984他
 
【長尺フルセットの全米レッグ】
 これが1984年のVAN HALEN。単独の全米ツアー“1984 Tour”と欧州のフェスツアー“MONSTERS OF ROCK Tour”に大別され、それぞれから頂点候補の名録音が発掘されています。しかし、特に重要とされるのは“1984 Tour”の方。“MONSTERS OF ROCK Tour”はフェス形式だけに出演時間がやや短め。上記の『STOCKHOLM 1984(Zodiac 297)』は例外的に2枚組ですが、ほとんどがCD1枚物だったりします。それに対し、“1984 Tour”は単独ツアーだけに堂々のフルセット。“1984 Tour”のナンバー1録音こそがVAN HALENの……いや、アメリカンHRのNo.1ライヴアルバムたり得るのです。そして、本作のマディソン公演は“1984 Tour”の方。その最終盤である「北米#4」の21公演目にあたるコンサートでした。
 
【「オーディエンスだけの美」を極めた最高傑作】
 そんなショウで記録された本作は、まさに輝きの極上録音。“MONSTERS OF ROCK Tour”は野外フェスのために反響ゼロの骨太サウンドが多いのですが、本作はそれとは真逆。ホール鳴りが演奏に厚みと凄まじいダイナミズムを生み出している。もちろん、鳴りによってディテールが隠されたら元も子もありませんが、本作にその心配はなし。空気感が透き通っており、重低音のヴァイヴから高音の伸びまで超鮮やか。むしろ、鳴りがあるからこそキラキラと輝いて聞こえるのです。

 さらに聴き逃せないのが芯に突進力。厚めの鳴りをブチ破ってくる芯はどこまでも力強く、その密度が演奏の細部の細部までパンパンに充ち満ちている。おかげで鳴りがあってもスカスカ感がまるでなく、逆に突き破ってくるからこその爽快感すら漂わせている。本作は「まるでサウンドボード」よりは「オーディエンスだからこそのダイナミック・サウンド」というタイプの名録音です。

 そして、その美点を最大限にまで引き出しているのが、マスター・クオリティ。実のところ、この録音自体は以前から知られていましたが、マスター・ダイレクトではありませんでした。本作のようなタイプの場合、たとえ1stジェネでもダビング痕が残ると大きく聞き劣ってしまう。わずかでもディテールが潰れればキラキラとした輝きが失われ、ホンの少しでも鳴りが歪めば濁りとなって一気に汚くなってしまう。それでも従来は「こういう物」として聞いてきましたが、大元マスターは、丸っきり異なる別次元の美を記録していたのです。
 
【マスター・サウンドで甦る頂点の現場】
 そんな輝きのマスター・サウンドで描かれるのは、アメリカンHRの至極となるフルショウ。前述のように“MONSTERS OF ROCK Tour”よりも長いフルセットですので、比較しながら整理しておきましょう。
 
●1984
・Hot For Teacher/House Of Pain/I'll Wait/Girl Gone Bad(★)/1984/Jump/Panama
●クラシックス
・炎の導火線:On Fire/Runnin' With The Devil/Jamie's Cryin’(★)/You Really Got Me/Ain't Talkin' 'Bout Love(★)
・暗黒の掟:Everybody Wants Some!!
・戒厳令:Unchained
・ダイヴァーダウン:Little Guitars/Cathedral(★)/(Oh) Pretty Woman
※注:「★」印は“MONSTERS OF ROCK Tour”では演奏していない曲。
 
 この豪華絢爛のセットに、全盛真っ直中のブッちぎれた演奏、そして会場中が爆発するような大熱狂。まさに志向のライヴ、究極の現場です。本作は、ロック史上でも2つのない「極みの刹那」を極上サウンドで真空パックしているのです。

 「長いけどホール鳴りが避けられない米国録音」「野外のタイト・サウンドだけど短い欧州録音」……『1984』時代は、これまで一長一短で王者が決まりませんでした。しかし、本作は「鳴り」を欠点ではなく、最大の武器に転化することで一気にトップに躍り出た。マスター・サウンドだからこそ成し得た「オーディエンスの美」を極めた最高傑作なのです。もし「サウンドボード感」にこだわるならヨーロッパ録音の探求も必須ですが、シンプルに「良い音のフル・ライヴアルバム」であれば本作が最終回答となるでしょう。そう確信できる極みの美音を永久保存したプレス2CD。ここに堂々の誕生です。
 
★「1984年7月3日マディソン公演」の極上オーディエンス録音。以前から知られる名録音で、本作はその大元カセット・マスターからダイレクトにデジタル化された最高峰盤。空気感が透き通っており、重低音のヴァイヴから高音の伸びまで超鮮やかでホール鳴りが演奏に厚みと凄まじいダイナミズム、さらにキラキラとした輝きまで宿らせています。フェスツアーだった欧州レッグでは演奏しなかった「Girl Gone Bad」「Jamie's Cryin’」「Ain't Talkin' 'Bout Love」も美味しいフルセットを味わえる最高傑作の誕生です。
 
Disc 1 (67:47)
1. Intro
2. Unchained
3. Hot For Teacher
4. Drum Solo
5. On Fire
6. Runnin' With the Devil
7. Little Guitars
8. Cathedral
9. House of Pain
10. Bass Solo
11. Jamie's Cryin'
12. I'll Wait
13. Everybody Wants Some
14. Girl Gone Bad
 
Disc 2 (42:37)
1. 1984
2. Jump
3. Guitar Solo
4. Oh, Pretty Woman
5. Panama
6. You Really Got Me
7. Ain't Talkin' 'bout Love
 
David Lee Roth - Lead Vocals
Eddie Van Halen - Guitars, Vocals
Michael Anthony - Bass, Vocals
Alex Van Halen - Drums

(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:火~金(土日月祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:火~金(土日月祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
10月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.