洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 ★重要★ 定休日変更に
ついて<再度のお知らせ
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > OLD GREY WHISTLE TEST 1977: BBC MASTER
  OLD GREY WHISTLE TEST 1977: BBC MASTER / ERIC CLAPTON
商品の説明
商品名 OLD GREY WHISTLE TEST 1977: BBC MASTER
レーベル BEANO◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE ★BBC保管の究極マスターで聴く「OGWT」公式映像の音声とは比較にならない程、超クリアー。これぞマスターの底力!!
APR.26.1977/SBD//BONUS DVDR[OLD GREY WHISTLE TEST 1977 UPGRADE]PRO SHOT/NTSC 61min

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★最初の200枚のみ、ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
★初回ナンバー入りステッカー付きに限り、『OLD GREY WHISTLE TEST 1977 UPGRADE』が特別に付属致します。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。


ERIC CLAPTON - OLD GREY WHISTLE TEST 1977: BBC MASTER(1CD)
plus Bonus DVDR "OLD GREY WHISTLE TEST 1977 UPGRADE"* Numbered Stickered Edition Only
BBC TV Theatre, Shepherds Bush, London, UK 26th April 1977 STEREO SBD*UPGRADE(from Original Masters)
*BBC master audio from OGWT show in 1977. It includes Bob Harris' introduction which has never appeared on CD before. Sound quality is the best ever.
 
【定番ライブ番組の大元サウンドボードマスター!】
 エリック・クラプトンの秘蔵音源では当店お馴染みの、イギリス在住の重鎮テーパーから、また新たなマスターがもたらされました。1977年4月26日に、有名なイギリスBBCのライブ番組「オールド・グレイ・ホイッスル・テスト」(以下OGWT)にクラプトンが出演した際の、サウンドボードマスターです。クラプトンの「OGWT」と言えば、VHSとレーザーディスクの時代にメディア上では初のライブ映像として公式リリースされた記念すべき作品で、ファンならば観たことがない人はいないくらい有名なものです。従って、音源としてはこのライブは珍しくないものなのですが、今回重鎮テーパーから提供されたのは、当時BBCが映像収録とは別にレコーディングしていたサウンドボードマスターのダイレクトコピーだったのです。つまり、既発の公式映像メディアから音声部分だけを抜き出した「副産物」CDとは一線を画す、究極の高音質を誇るマスターなのです。その証拠に、冒頭に入っていた番組司会のボブ・ハリスのMCから収録されています。アーティストのライブパフォーマーとしての実力を鑑賞、判断するには、やはり「音」のみを聴く必要があります。この映像のリリース当時、彼のキャリア上初めての「動くクラプトン」が観られるメディアということで、大いに宣伝され、盛り上がったものですが、実際に観てみると、アルコール中毒進行中の時期だったこともあって、明らかに酔っていることが判る佇まいで、それはバックシンガーのイヴォンヌ・エリマンのフィーチャリングナンバーを紹介する際のMCで「エヴェンヌ・オリマン」とやってしまったことでも証明されてしまいました。そして記念すべき初リリース映像にもかかわらず、大名曲のLaylaをやっていない。「期待したのに、イマイチだった。」という意見がファンの大半を占めました。しかし本作リリースの意義は、BBC保管のロウマスターの超高音質でこの音源を再点検し、その評価に再検討を加えていただくことにあります。映像作品ではどうしても「画」の方に注意が払われ、「音」である演奏に集中できないという傾向がありますが、本作で「音」に集中して、このライブステージでのクラプトンの、プレイヤーとしての本質を見極めていただきたいと思います。
 
【好不調の波があったクラプトンの、後半の巻き返しが聴きどころ!】
 1977年と言えば、クラプトンがソロアーティストとしてのステイタスをほぼ確立し、リリースするアルバムも常にチャートの20位以内を堅持していた時期でした。ここで、この年のクラプトンの活動歴を見ていくことにしましょう。
 
・2月14日:故郷のイギリス、サリー州クランレーでのチャリティ・コンサートに出演(バンド名義は「エディ・アースクエイク&ヒズ・トレマーズ」)
・4月20日~29日:短期イギリス・ツアー ←★ココ★
・6月4日~20日:短期ヨーロッパ・ツアー
・8月5日:スポットでスペインのイヴィザで公演
・8月11日:続いてバルセロナでも公演
・9月26日~10月7日:ジャパン・ツアー
・10月9日、10日:ハワイ、ホノルル公演
 
 このスケジュールの狭間であった5月に、クラプトンは名盤「SLOWHAND」のレコーディングをロンドンのオリンピック・スタジオで行いました。そして完成させ、短期ツアーとスポットのスペイン公演を行いました。しかし4月時点で実施したツアーでのセットリストはそれまでと同様、前作「NO REASON TO CRY」収録曲がセットインしたものとなっていました。この「OGWT」は、短期ヨーロッパ・ツアーの合間を縫って出演したものでした。当然この日のセットリストも当該アルバムからの収録曲が組まれていて、序盤の2曲とDouble Troubleがそれに当たっていました。序盤2曲はアルバムどおりのカントリータッチのテイストを醸し出すいい演奏ですし、次曲のAlbertaもよくアコギで演奏していた時期です。この翌日、4月27日のロンドン、ハマースミス・オデオン公演のフルステージ音源はオフィシャル盤「SLOWHAND 35TH ANNIVERSARY EDITION」に収録されていますが、それを聴くと、ノリにノッたクラプトンの素晴らしいパフォーマンスが確認できます。従って「呑んべえ」状態であったとしても、クラプトンは彼のポテンシャルを十分発揮していた時期だったと言えます。この「OGWT」の序盤では主にマーティンのコードプレイしかしていないクラプトンだけに、中々本領発揮とはいかないわけですが、この理由は、酒に酔っていた上に、テレビでのライブ収録という設定環境が、クラプトン自身苦手だったことが挙げられます。一方で公式映像収録となると、普段以上に燃えて結果を出すストーンズとは真逆のアーティストだったわけです。そのため前半は緩い曲構成もあって、クラプトンらしいプレイが中々登場しませんが、ブラッキー・ストラトに持ち替えるTell The Truthあたりから、クラプトンの切れ味が戻り始めます。やはり彼の調子が出るのは、ギターソロを含むナンバーに限ると言えるでしょう。ブルースのDouble Troubleでリラックスし、I Shot The Sheriffで聴かせるソロは、正にクラプトンらしい流麗なもので、澱みなく流れるシャープなフレーズは、プレイに没頭している様を想起させます。Further On Up The Road~Badgeという代表的ナンバーでは、本来の調子を取り戻し、終盤に相応しい盛り上がりを見せています。蛇足ながら、なぜこのステージでは普段のオーラスナンバーだったLaylaをプレイしなかったのか?という点に言及しておきますと、一言で言えば、「公式映像に収められるだけの、完成形のライブバージョンではなかったから」と推察できます。74年のカムバック以降、ライブステージでは常にLaylaは演奏され、ステージのハイライトとなっていたわけですが、それはオリジナルバージョンとはかなり異なった印象を与えるものでした。当時のライブバージョンの特徴を挙げてみますと、①後半のピアノコーダをプレイせずに終わったり、時にはエヴァリー・ブラザーズのスタンダードAll I Have To Do Is Dreamをジョイントした変形バージョンにしていた(かつてのデレク&ザ・ドミノスのメンバーで、ピアノコーダを提供したジム・ゴードンに対してあまりいい感情を持っていなかったため、彼を想起させるこのパートを避けたのではないかと考えられます。ドミノスは彼とクラプトンの喧嘩で空中分解しましたから)、②特徴的な7連フレーズをセカンドギターのジョージ・テリーに任せていましたが、彼のフレーズのニュアンスが若干オリジナルとは異なっていた、③後奏では、クラプトンの調子次第で、ソロをテリーに譲ったり、クラプトン自身のソロも出たとこ勝負で好不調の波が激しかった、などです。従って、このテレビ収録日、クラプトンはLaylaを後世に残るソフトに収める自信がなかったということでしょう。その代わりに自信満々でBadgeをプレイして、ステージを締めくくっています(Badgeもオリジナルバージョンとはかなり印象が違いましたが、アレンジは固まっていましたから)。
 
 BBC保管の究極マスターで聴くクラプトンの「OGWT」。ザ・バンドとの共演盤「NO REASON TO CRY」のテイストを持ち込み、この時期ならではのステージングを見せた特別なライブで、クラプトンの魅力を再発見してください。
 
★公式映像の音声とは比較にならない程、超クリアー。これぞマスターの底力!!
 
(60:33)
1. OGTW Intro
2. Bob Harris' Introduction
3. Hello Old Friend
4. Sign Language
5. Alberta 
6. Tell the Truth
7. Can't Find My Way Home
8. Double Trouble
9. I Shot the Sheriff
10. Knockin' On Heaven's Door
11. Further On Up the Road
12. Badge
 
Eric Clapton - Guitar / Vocals
George Terry - Guitar
Dicks Sims - Keyboards
Carl Radle - Bass
Jamie Oldaker - Drums
Sergio Pastora Rodriguez - Percussion
Yvonne Elliman - Backing Vocals
Marcy Levy - Backing Vocals
 
★★特別企画
★エリック・クラプトン「OLD GREY WHISTLE TEST 1977: BBC MASTER」のナンバー入りステッカー付に限り、「OGWT」テレビ放送版映像のアッパー版を収録した「OLD GREY WHISTLE TEST 1977 UPGRADE」が、特別に付属致します。
 
ERIC CLAPTON - OLD GREY WHISTLE TEST 1977 UPGRADE(Bonus DVDR)
BBC TV Theatre, Shepherds Bush, London, UK 26th April 1977 PRO-SHOT(UPGRADE)
 
今回、本作をオーダーいただいた方には、レビュー本文でも触れた「OGWT」の映像版のアップグレード盤をボーナスとして進呈致します。見ていただければ、即、お判りになりますが、画質も音質も、これまでの公式ヴァージョンを遥かに上回るスーパー・クオリティで収録されています。内容はCDの解説に譲りますが、この時期ならではの魅力的な演奏を、素晴らしいクオリティの画像で楽しめます。本作で「音」を先に聴くも良し、ボーナスDVDで「画」を先に観るも良し。70年代の代表的ルックスだったクラプトンのライブをお楽しみください。
 
(60:30)
1. OGTW Intro
2. Bob Harris' Introduction
3. Hello Old Friend
4. Sign Language
5. Alberta 
6. Tell the Truth
7. Can't Find My Way Home
8. Double Trouble
9. I Shot the Sheriff
10. Knockin' On Heaven's Door
11. Further On Up the Road
12. Badge
PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.61min.

(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:火~金(土日月祝除く)
定休日前日の12時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
12時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:火~金(土日月祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
11月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
本日:
昨日:
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.