洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!
(一部地域は600円引き!)

合計 0円

全 商 品 商品検索 営業日カレンダー
おすすめ特集
レーベル
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > PRAISING GOD: BUDOKAN 1981
  PRAISING GOD: BUDOKAN 1981 / MICHAEL SCHENKER GROUP
商品の説明
商品名 PRAISING GOD: BUDOKAN 1981
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CD
CONDITION M+
SOURCE AUGUST 12 1981, TOKYO/AUD

通常価格 ¥2,800 (280P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★名盤・名音源、再紹介(2010年4月リリース)

THE MICHAEL SCHENKER GROUP - PRAISING GOD(2CD)
Live at Budokan, Tokyo, Japan 12th August 1981 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters)

 M.S.G.が'81年来日公演の初演としていきなり武道館の大舞台に上がった8月12日のライヴは、公式ライヴ作品「飛翔伝説」を初め、オフィシャ ル・アンオフィシャル、放送音源・オーディエンス録音と、様々な形式で聴く事が出来ます。もちろんひとつのライヴ作品としては「飛翔伝説」が最高峰なので すが、この作品の裏事情を考えた時、当日のステージにおける様子を偽り無く、全てを通して楽しませるオーディエンス録音もまた依然として大きな価値を持っ ています。その中でもこのプレスCD2枚組「PRAISING GOD」は、最高の音質と臨場感でライヴの模様を聴き手に追体験させてくれる逸品です。

 本録音はGARY MOOREの「PRAY FOR VICTIMS」等を手がけたテーパーによる収録で、当然ながらトレーダー間でも一切出回っていないオリジナル・マスター・カセットをダイレクトに使用。 ライヴ開演前の「ワルキューレの騎行」から、優れたライヴ・テープでなくては表現できない最高の臨場感と極上のサウンドを聴き手に味わわせてくれます。ラ イヴの序盤、「Armed And Ready」と「Cry For The Nations」ではマイクの向きによって一瞬音像が変化したり、アナログノイズが聞こえる場面もありますが、3曲目の「Attack Of The Mad Axeman」からは完全に安定し、以降は最後まで高品質なサウンドが貫かれています。マイケルのプレイは勿論、コージーのドラムもウルトラ・クリアに収 録されているのは嬉しいの一言。リアルでストロングなサウンドは武道館公演の真実を知る上で最上の素材だと断言します。同公演のオーディエンス録音として は同じShadesレーベルからリリースされた「TALES OF 1981」も優秀ですが、それすら凌駕する音質には言葉も出ないほどです!

 日本ツアー初日がいきなり大会場でのライヴである上に、セットリストはアルバム・リリースに先駆けて2ndアルバムからの楽曲を網羅しているなど諸々の 事情が重なったために、この日のライヴは必ずしも優れたステージとは言い切れません。前述の「Attack Of The Mad Axeman」は頭からマイケルがミストーンを出し、2分台ではポール・レイモンドがキーボードのコードを派手に間違えたりして、バンド・アンサンブルが 上手くかみ合わない個所が多々観られるのは事実です。ライヴを実際に観た・ラジオで聴いたという人が「飛翔伝説」との違いに驚き、同作を「作られたライ ヴ」の典型に考えてしまうのは頷けなくもないですが、本作に収められた武道館の熱気は紛れもない本物。会場に詰め掛けたファンは心からマイケルのギターや コージーのドラムに酔いしれ、それぞれの楽曲では大きな声援と惜しみない拍手を贈っています。セットリストは発表前の前の新曲中心で、ファンには馴染みが 薄いはずですが、盛り上がりでは1stアルバムの楽曲と差など感じません。演奏の出来はもう一つでも、「新曲が聴けて嬉しい」・「バンドの演奏をとにかく 聴きたい」というファンのポジティヴな気持ちが、この武道館公演を「伝説」とし、今に語り継がれる特別なライヴにしたのだと判ります。
 ライヴ中盤ではバンドも序盤の固さが抜けて、「Into The Arena」では当時のM.S.G.らしいスリリングなプレイをしっかりと楽しめます。同曲ではポールが曲名をコールした瞬間に会場全体が大きな喜びに包 まれ、中盤~後半の転調でもワッと盛り上がる歓声が堪りません。これらの臨場感は本作ならでは味わえないスペクタクル! 導入部分ではオフィシャルに入っ ていないコージーの肉声カウントも聞こえ、ここはファン必聴のポイントです。続く「On And On」の幻想的でメロディアスなムードも日本のファンにはすぐに受け入れられたようで、前奏部分での反応も上々。名曲がファンの前に初めて姿を現した瞬間 が、このような素晴らしい音質で残った事は奇跡的ですらあります。「Let Sleeping Dogs Lie」から「Tales Of Mystery」への流れはライヴ中のハイライト。「Let Sleeping Dogs Lie」後半で冴え渡るマイケルのアドリブ・ロングソロに、「633 Squadron」と「1812 Overtue」を組み合わせたコージーのドラムソロは大きな聴き所です。特にコージーのソロは会場の音響を生かしたビッグな音色が最高です。会場の様子 がまぶたに浮かんできそうなほどリアルに、ド派手に捉えられたこのドラムソロを楽しむだけでも、本作を聴く価値があるというものです(なお、本録音では 「Tales Of Mystery」にテープチェンジ欠落が存在するため、「TALES OF 1981」のマスターで補填され、完全収録を実現しています)。
 ライヴ後半も「Doctor Doctor」や「Are You Ready To Rock」など、メンバーのプレイにミスは存在しますし、「飛翔伝説」との差し替えも多く観られるのですが、ライヴの熱気に触れるうちに、聴き手も「そん な事はもうどうでも良い」と、ライヴにのめり込んでしまうのではないでしょうか? スタジオでしっかりと完成されたオフィシャルライブとは真逆で、整理さ れていないドタバタした演奏ぶりには驚きも覚えますが、これもまたライヴの真実であり、本作のようなオーディエンス録音が持つ「真実の記録」としての面白 さです。

 本作全体を包み込む抜群の臨場感は聴き手を「あの時代」にタイムスリップさせ、興奮と熱狂に包まれたM.S.G.の1981年武道館公演をありのままの 姿で全て体験させてくれるでしょう。オープニングBGMから終演アナウンスまで収録した100分間のドキュメントは、全てのマイケル・ファン、コージー・ ファン必携の一本だと断言します。今回同時リリースされる'81年の新発掘音源と併せて、ファンの皆さんにはこのスペシャルなライヴを、今一度味わいなお して頂きたいと思います!

★beatleg誌 vol.120(2010年7月号)のレビュー要約です。ご参考まで。

 MSGの1981年8月に行なわれた初来日公演から、オフィシャル・ライヴ・アルバム『ONE NIGHT AT BUDOKAN』としてもリリースされている日本公演-初日となった8月12日-東京・武道館でのステージが、序盤こそ録音が安定していないものの良好な 音質のオーディエンス録音で収録されたオリジナル・マスター・カセットからダイレクトにプレスCD化された。この日のステージは、オフィシャル・ライヴ・ アルバムのみならず、FM放送でもオン・エアされた為、オーディエンス録音も含めて色々な音源を収録したブートレグがリリースされている。とは言え、オ フィシャル・ライヴ・アルバムはオーヴァーダブが施されており、この日のステージのドキュメントを完全に収録したものはオーディエンス録音のものしかない ので、今回、既発と比較して、より良好な音質のオーディエンス録音で収録されており、しかもプレスCDでリリースされたことはコアなファンには嬉しさもダ ブルと言えるだろう。この日は日本公演初日でもあり、初の武道館でのステージということもあってか、バンドのパフォーマンスは曲によってはボロボロと言っ ても過言ではなく、そのドキュメントをリアルに聴けるのはファンにとっては、ある意味、自虐的でもあり、MSGの重要な歴史の1ページを確認出来る素晴ら しい時間でもある。「Cry For The Nations」のイントロにおけるマイケルのギターの外れたフィード・バック音や、続く、「Attack Of The Mad Axeman」でもマイケルはイントロでミス・トーンを出すし、つられたわけではないだろうが、ベテランのポール・レイモンドもキーボードでコードを間違 えるというドタバタぶりを露呈。その中でも、ゲイリーのヴォーカルの酷さは、オフィシャル・ライヴ・アルバムではどれだけ、オーヴァーダブしたのだろうと 苦笑させられる。それでも、この時代のMSGが最高であるという評価は下がることはないし、当日、体調が最悪だったコージーが素晴らしいドラム・ソロで素 晴らしいパフォーマンスを聴かせてくれるのは流石にプロと言える。ラストの「Doctor Doctor」は、当時、マイケルが日本で初めてプレイしたUFOの曲で、この日を待ち望んでいたファンが、イントロが聴こえた瞬間に大きな歓声を上げる シーンにはゾクゾクさせられる。ギター・ソロも、当然、ミス・トーンも含めて、この日の全てが聴けるし、この日、会場にいたファンは勿論、全てのファンに 聴いて欲しいアイテムだ。

Disc 1
1. The Ride Of The Valkyries 2. Armed And Ready 3. Cry For The Nations 4. Attack Of The Mad Axeman
5. But I Want More 6. Victim Of Illusion 7. Into The Arena 8. On And On 9. Never Trust A Stranger
10. Let Sleeping Dogs Lie

Disc 2
1. Tales Of Mystery 2. Drum Solo incl. 633 Squadron & 1812 Overture 3. Courvoisier Concert
4. Lost Horizons 5. Doctor Doctor 6. Are You Ready To Rock

Michael Schenker - Guitar Gary Barden - Vocal Chris Glen - Bass Cozy Powell - Drums
Paul Raymond - Keyboards
(メーカーインフォによる)
お支払いについて
クレジットカード、代金引換、銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。
※振込手数料、代引き手数料はお客様のご負担となります。
クレジットカード一覧
送料について
宅配便:600円(北海道、沖縄、離島1300円)+梱包手数料200円
ネコポス:200円+梱包手数料200円

※ご注文金額合計が5千円以上で梱包手数料が無料になります。
※ご注文金額合計が1万円以上の場合は送料無料(北海道、沖縄、離島は600円引き)となります。
配送について
当店ではヤマト運輸を利用しています。
商品発送日:月・水~金(火土日祝除く)
定休日前日の13時以降~定休日中にご入金いただきましたものにつきましては営業日に発送となります。
13時までのお振込で当日発送可能です(お取り寄せ商品を除く)
お問い合わせ
お問い合わせ先:yorozuya@kentjapan.com
※お問い合わせは必ずメールにてお願いいたします。(お電話は買取専用です。買取以外のお問い合わせにはお答えできません)

音楽萬屋Kent
営業日:月・水~金(火・土日祝定休日)
※当店はオンラインショップです。実店舗はございませんのでご了承下さい。
営業日カレンダー
8月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 19人
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示 

Copyright c 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.