洋楽ROCK買取販売専門店:ようこそ音楽萬屋Kentへ。当店は中古ロックコレクターズ専門店です。 ■USED ONLY■ □TO INTERNATIONAL CUSTOMERS□
はじめてのお客様へ
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
 
あと10,000円で
送料無料!

合計 0円

全 商 品 商品検索 ネコポス便導入に関する
ご案内
アーティスト一覧
音楽萬屋Kent DISCOGS店
TOP > 全ジャンル > > TOO LATE FOR TEARS: THE FINAL CONCERT IN JAPAN
  TOO LATE FOR TEARS: THE FINAL CONCERT IN JAPAN / RAINBOW
商品の説明
商品名 TOO LATE FOR TEARS: THE FINAL CONCERT IN JAPAN
レーベル SHADES◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 2CDR(WHITE LABEL)+1DVDR
CONDITION M+
SOURCE NOVEMBER 23 1995, CHIBA/CDR: AUD//DVDR: AUD SHOT/NTSC/120MIN.

通常価格 ¥2,500 (25P)
ご注文の場合は■印を上から順に選んでお進み下さい
■数量
曲目リスト
★名盤・名音源、再紹介(2012年10月リリース)
 
RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW - TOO LATE FOR TEARS: THE FINAL CONCERT IN JAPAN(2CDR, White Label + Ltd Bonus DVDR "FAREWELL NIGHT")
Live at Tokyo NK Hall, Chiba, Japan 23rd November 1995 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters)
 
 1995年11月に実現したRITCHIE BLACKMORE'S RAINBOWの来日公演より、ツアー最終日の11月23日・東京ベイNKホール公演が、トレーダー間でも一切知られていないオリジナルDATマスターを元に音盤化! ファンを大興奮させた'95年ジャパンツアーでも、意外性あるセットリストと充実した演奏で印象に残った最終日を、優良なオーディエンス・ソースで楽しめます。
 リッチー・ブラックモアがドゥギー・ホワイトら新たな(そして若い)メンバーを率い、1995年に結成されたRITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW。'75年から'84年まで約10年間続いたRAINBOWとは、その性格をやや異にする点があるのは事実でしょう。しかしDEEP PURPLEでは実践不可能だったリッチーの音楽的アイディアを新たな名曲として結実した事、かつてのRAINBOWを体験できなかった世代のファンに、長らく封印されていた名曲の数々をライヴで体験させた事など、実質2年という短い期間でも、このバンドが残した業績は大きなものがあります。
 何よりも重大なのは、このRAINBOWがリッチーにとって(現時点で)最後のハードロック・バンドとなっている点です。この編成で唯一のものとなった1995年のジャパンツアーはその意味からも、1976年のRAINBOW初来日と同様、もっと掘り下げて検証されるべきツアーでしょう。今回リリースされる本作では、その'95年来日公演でも特筆されるツアー最終日、11月23日・千葉の東京ベイNKホール公演を、優れたサウンドで完全収録しています。
この'95年ジャパンツアーからは先日、初日と二日目の東京公演を優れた録音でパッケージした4枚組「STRANGE THEM ALL」(Shades)が登場し、多くのファンを喜ばせたのは記憶に新しい所。本作はそちらと同一テーパーによる収録で、音像や質感も似通った部分があり、その続編といった印象で楽しめます。さらに同日音源としては、既発の定番タイトル「HUNTING GLORY」や「ELECTRIC EVER」が存在しますが、本録音のクリアネスや迫力はそれらにも負けてはいません。テーパーとステージが若干離れているようですが、楽音は充分以上のダイレクト感を持ち、場内のエコーも空気感と臨場感を程よく演出しています。
 この日のライヴは直前(22日)の横浜公演と同様に、「Spotlight Kid」ではなく新曲の「Too Late For Tears」からショウをスタート。連日のライヴでドゥギーには若干の疲れがあるようですが、リッチーは好調で、ストレートな「Too Late For Tears」や、「Black Night」に加えトラッド・ソングをインクルードした「Long Live Rock 'n' Roll」など、序盤からノリの良いプレイを連発しています。続く「Hunting Humans」では幻想的なムードが場内一杯に広がるようで、本録音の良さを味わえるでしょう。
 ライヴ前半の「Smoke On The Water」はこの日も踏襲され、本録音でもファンが驚き喜ぶ様子がはっきり確かめられます。「Wolf To The Moon」から「Difficult To Cure」を挟み、ドラムソロ入りの「Still I'm Sad」へ流れる中盤は大きな聴き所。さらに「Temple Of The King」・「Black Masquerade」はドゥギーの歌、リッチーのギターソロともに絶品で、感動と興奮の演奏を満喫できるでしょう。
 リッチーが自身の理想とする音楽を打ち出した「Ariel」は、多くのライヴで素晴らしい演奏を聴かせてくれました。この日は12分を越える熱演で、来日公演でも白眉と言えるテイクになっています。
 ドゥギーはライヴの随所で見事なトラッド・ソングを聴かせ、歴代のRAINBOWシンガーと異なる個性を披露しています。本録音でも「Hall Of The Mountain King」に先立って情感たっぷりに歌う「Farewell Song」(メンバー紹介も兼ねています)、アンコールで「Burn」の前に取り上げられる「Greensleeves」(プロモーターなど、日本ツアーでお世話になった人たちへの感謝の言葉が歌われます)など、彼ならではの魅力でしょう。ラストはNAZARETHのカヴァー「Love Hurts」が素晴らしいクリアさで歌い上げられ、ライヴを感動のうちにクロージングします(ラストの「Over The Rainbow」はもちろん、終演アナウンスまで録音されています)。
 この日はジャパンツアーの最終日と言うだけでなく、'95年ライヴの千秋楽に当たります。安定して無駄のない演奏はまさに長いツアーを経た成果。次々と繰り出される名曲、高品位なプレイの数々は、聴き手をライヴへ心地よく浸らせてくれます。
 この後リッチーは1997年5月までRITCHIE BLACKMORE'S RAINBOWを継続しますが、次第に「ルネサンス音楽こそが本当にやりたかった音楽だ」との思いを強くし、キャンディスとのBLACKMORE'S NIGHTに専念するようになります。この後もリッチーは来日公演を重ねてはいますが、ロックするリッチーを日本で楽しめたのは、この'95年11月23日が最後。そのステージをリアルに収録した本作は、ファンにとっても価値ある一本です。もっと評価されて然るべきライヴを、128分におよぶ迫真のドキュメントでじっくりとお楽しみください!
 
Live at Tokyo NK Hall, Chiba, Japan 23rd November 1995
Disc 1(68:33)
1. BGM(Jethro Tull) 2. The Land Of Hope And Glory 3. Over The Rainbow 4. Too Late For Tears
5. Long Live Rock 'n' Roll 6. Hunting Humans 7. Smoke On The Water 8. Wolf To The Moon
9. Difficult To Cure 10. Keyboard Solo 11. Still I'm Sad 12. Drum Solo
13. Man On The Silver Mountain 14. Temple Of The King 15. Black Masquerade
 
Disc 2(59:48)
1. Ariel 2. Since You Been Gone 3. Perfect Strangers 4. Farewell Song (Waltzing Matilda)
5. Hall Of The Mountain King 6. Greensleeves 7. Burn 8. Maybe Next Time 9. Street Of Dreams
10. Vocal Improvisation (Show Me The Way To Go Home, Traditional) 11. Love Hurts
12. Over The Rainbow
 
Ritchie Blackmore - Guitar Doogie White - Vocal Greg Smith - Bass Paul Morris - Keyboards
Chuck Burgi - Drums Candice Night - Vocal(on Ariel)

------------------------------------------------------------------------
 
★RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOWの2枚組「TOO LATE FOR TEARS: The Final Concert In Japan」には、同日のライヴを優れた安定感と見応えあるオーディエンス・ショットで収録した映像アイテム「FAREWELL NIGHT」が、ボーナス・タイトルとして付属します。この日の映像は既発がありますが、本作では文句なしに最上級と言えるマスターを用い、画質・音質・収録時間とも格段の向上を実現した、まさにプレスDVD級の一本です!
 
RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW - FAREWELL NIGHT(Bonus DVDR)
Live at Tokyo NK Hall, Chiba, Japan 23rd November 1995 AMAZING-SHOT with Master Audio!!!
 
 リッチーがドゥギー・ホワイトやキャンディス・ナイトらを従えて、RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOWとして行った1995年のジャパンツアーは、その全日程が優良なオーディエンス・ソースで残されています。'90年代も中盤になると、録音はすでにテープよりもDATが主流で、そのクリアネスや音の解像度は、同じRAINBOWでも'70年代や'80年代の比ではなくなっています(もちろん演奏はまた別の問題です)。
 その'80年代までと比べ、もうひとつ決定的に違うのが、優良なオーディエンス・ショットの存在。こちらも機材が優れているおかげで、RAINBOW名義での(現時点における)最後のジャパンツアーが、克明に記録されました。しかし中でも特別と言えば、やはり最終日の11月23日・東京ベイNKホール公演でしょう。今回登場する「TOO LATE FOR TEARS: The Final Concert In Japan」をはじめ、既発タイトルでも優秀なサウンドでライヴを楽しめましたが、この日は出来れば映像で、その一部始終を完全に知りたいものです。
 本作はその'95年最終公演を、新たに発掘された最上級のマスターよりダイレクトにデジタル化! かつて「ELECTRIC EVER」のディスク3として登場していたテイクも、当時としては優良と言える画質やサウンドでしたが、今回のマスターはそれすら比較にならないほどジェネレーションが若く、映像も音声も格段のアップグレードを果たしています(既発で気になった画面の揺れも、マスター・クオリティの本映像では問題なく再生されています)。
 
 ステージに向かって右手やや上方からの、ステージの人物を大きめに写しており、画面の迫力も充分。要領を得たカメラアングルは、ロング・レンジからステージを収めたときのテレビ映像のように秀逸です。マスター鮮度の高さは、発色の自然さや明瞭な輪郭を見れば、誰もが理解できるでしょう。
 リッチーは横浜公演でも着ていたTシャツ姿(熱心なファンによれば、これはトレーナーの袖を切り取ってTシャツらしく見せたものだとか)。それまでの来日では余り見せた事が無い出で立ちで、アグレッシヴにギターを弾くリッチーは若々しい印象すら受けます。カメラはそのリッチーのアップをメインに捉えており、各曲におけるソロや細かなプレイもしっかり確認できます。トラッド・ソング等でのドゥギーとの絡み、グレッグ・スミスと並んでギターを爪弾く様子なども明瞭な画面で楽しめます。
 もちろんサウンドも良質そのもの。リッチーのギターもしっかり楽しめるのは嬉しい限りです。最上級の映像と音声のコンビネーションで繰り広げられる「Hunting Humans」や「Black Masquerade」、さらに「Ariel」といった「STRANGERS IN US ALL」ナンバーは堪らないものがあります。
 もちろん定番曲も見応えたっぷり。フラッシュの中にリッチーの姿が浮かび上がる「Perfect Strangers」や、ド迫力の「Burn」、メロディアスな「Maybe Next Time」・「Street Of Dreams」は最高です。また随所に取り上げられるトラッド・ソングも見逃せません。特に「Greensleeves」は、ドゥギーの歌唱が見事(リッチーも手を叩いて満足そうな様子を見せています)。
 大きな見所はラストの「Love Hurts」の前で繰り広げられるフェアウエル・ソング。ここではキャンディスも含めたメンバー,スタッフが横並びして楽しげなムードが一杯。最終日ならではの本パートは、映像ならではの楽しさと感動があります! 「Love Hurts」で演奏を締めくくった後、会場のファンに感謝の意を表すリッチーの姿も印象的。本映像は最後の最後まで見逃せません!
 今まで登場してきた同日映像は全部で116分間でしたが、今回のマスターは、既発でカットされていたアンコール・ブレイクも余さず収めています。また、オープニングとエンディングも編集されていないため、より長く観ることが出来ます(合計で4分長い、ジャスト2時間の収録)。本作はあらゆる点から見て、既発よりも価値あるテイクだと断言します。
 「TOO LATE FOR TEARS: The Final Concert In Japan」と本作のパッケージは、'95年ジャパンツアーの最終日を、最上級の音源と映像の両面から完全網羅! このセットでそのままプレス化されても不思議は無い極上のマスターで、特別なライヴを心ゆくまでお楽しみください!
 
1. Over The Rainbow 2. Too Late For Tears 3. Long Live Rock 'n' Roll 4. Hunting Humans
5. Smoke On The Water 6. Wolf To The Moon 7. Difficult To Cure 8. Keyboard Solo
9. Still I'm Sad 10. Drum Solo 11. Man On The Silver Mountain 12. Temple Of The King
13. Black Masquerade 14. Ariel 15. Since You Been Gone 16. Perfect Strangers
17. Farewell Song (Waltzing Matilda) 18. Hall Of The Mountain King 19. Greensleeves
20. Burn 21. Maybe Next Time 22. Street Of Dreams 23. Vocal Improvisation 24. Love Hurts
 
Ritchie Blackmore - Guitar Doogie White - Vocal Greg Smith - Bass Paul Morris - Keyboards
Chuck Burgi - Drums Candice Night - Vocal(on Ariel)
 
COLOUR NTSC Approx.120min.
(メーカーインフォによる)
■配送・送料について------------------------------------------------------------------------
・商品の発送:月・水-金(祝日除く)
13時までのお振込みで当日発送可能!
・金曜日の13時以降~土曜日・日曜日のご入金分は月曜日発送、月曜日13時以降~火曜日のご入金分は水曜日発送
・配達日数:
こちらをご覧下さい
・配達時間指定がご利用いただけます。(ヤマト運輸利用)
※10000円以上送料無料サービスはお取り置き期限内のみ有効
12月 定休日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
本日:
昨日:
現在の閲覧者: 47人
・送料:全国一律600円(一部地域を除く。代引き手数料は別途300円)、ヤマト運輸使用で安心の厳重梱包でお届けします
(ご注文合計金額が5千円未満の場合、梱包手数料として別途200円ご負担いただいております)
詳しくはこちら 
ご注文について・お支払いに
ついてなど…お読み下さい。
お客様の声
今回購入の一枚が『Live at the…
■お支払い方法------------------------------ ■お支払い期限------------------------------
・中古商品の場合・・ご注文から7日間
・中古オーバービッド商品の場合・・
 落札のお知らせメールより7日間
・お取り寄せ商品の場合・・入荷お知らせメールより7日間
・クレジットカード決済の場合はお取りまとめはできません
※10000円以上送料無料サービスはお支払い期限内のみ有効
クレジットカード ■代金引換(現金) ■銀行振込
郵便振替

※ 振込手数料・代引き手数料はご負担頂いております。
お問い合わせの前にまずは
こちらをご覧ください。
記事をご覧ください。
詳しくはこちら  詳しくはこちら 
■個人情報の取扱いについて------------------- ■営業日のご案内-------------------
お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供することはございません。 音楽萬屋ケント
インターネット店営業日: 月・水~金(土日火・祝日定休)
詳しくはこちら 
ご利用案内お問い合わせFAQアクセス特定商取引に基づく表示古物営業法に基づく表示
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.