Email Address
Password
 
Can be shipped in
5,000 JPY more!

Total amount 0 JPY

ALL ITEMS SEARCH Recommend o
f new shipp
KENT'S RECOMMEND
LABEL
ARTIST
OUR DISCOGS BRANCH
TOP > ALL GENRE > > CALIFORNIA JAM 2 SOUNDBOARD
  CALIFORNIA JAM 2 SOUNDBOARD / AEROSMITH
DESCRIPTION
TITLE CALIFORNIA JAM 2 SOUNDBOARD
LABEL ZODIAC◆プレゼント対象品◆TARGET ITEM
SET 1CD
CONDITION M+
SOURCE ★これにて終了★
★REMASTERED BY GRAF ZEPPELIN
★精密にトリートメントされたサウンドは過去最高で、35万人を目の当たりにしたハイテンションまで脳内に流し込まれる歴史的サウンドボード・アルバムです。

MAR.18.1978/SBD

STD. PRICE 2,800yen(28P)

■Q'TY
PROGRAM LIST
★260枚限定のナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。
ご注文時メーカー完売の場合がございます。ご了承頂いたうえでのご注文を御願いします。

 
AEROSMITH - CALIFORNIA JAM 2 SOUNDBOARD(1CD)
The Ontario Motor Speedway, Ontario, CA, USA 18th March 1978 SBD(UPGRADE)
 
 35万人を動員した世紀の一大イベント“CALIFORNIA JAM 2”にトリ出演し、絶頂を極めた1978年のAEROSMITH。その歴史的なステージを脳内に流し込む象徴サウンドボードがブラッシュアップ。「GRAF ZEPPELIN」マスタリングによる最高峰サウンドを永久保存するプレスCDで登場です。

 そんな本作が記録されたのは「1978年3月18日オンタリオ・モーター・スピードウェイ」。そのサウンドボード録音です。1978年のライヴと言えば『LIVE! BOOTLEG』や映像作『LIVE TEXXAS JAM '78』にもなっている。その辺の状況を理解するためにも、当時の活動全景から振り返ってみましょう。
 
●1977年
・1月29日ー2月9日:初来日(7公演)
”DRAW THE LINE Tour”
・6月21日ー7月8日:北米#1(11公演)←※公式5曲
・8月13日ー27日:欧州(7公演)
・9月28日ー12月27日:北米#2(25公演)
●1978年
・1月7日:ジャクソン公演
・3月8日ー4月8日:北米#3(14公演)←★ココ★
・5月1日ー26日:北米#4(10公演)
・6月27日ー8月9日:北米#5(21公演)←※公式2曲/TEXXAS JAM '78
”LIVE! BOOTLEG Tour”
・9月27日ー12月16日:北米#6(44公演)
 
 これが1977年/1978年のAEROSMITH。「公式○曲」とあるのが『LIVE! BOOTLEG』の録音時期です。公式の伝統盤は一部1973年のテイクも使用されていましたが、おおよそは”DRAW THE LINE Tour”から製作。そのメインが「北米#3」であり、本作の“CALIFORNIA JAM 2”もその一幕でした。ここで「北米#3」をフォーカスし、さらに詳細に確認してみましょう。
 
●北米#3の詳細
・3月5日ー15日(5公演)
・3月18日:カリフォルニア・ジャムII ←★本作★
・3月23日:シカゴ公演 ←※公式2曲
・3月24日:コロンバス公演 ←※公式1曲
・3月26日:フィラデルフィア公演 ←※公式1曲
・3月28日『DEFINITIVE BOSTON 1978』&公式1曲
・3月29日:ボストン公演
・4月2日:デトロイト公演 ←※公式2曲
・4月7日:サンタモニカ公演
・4月8日:サンタモニカ公演 ←※公式1曲
 
……と、このように『LIVE! BOOTLEG』の大半が固めて録音されていたわけですが、“CALIFORNIA JAM 2”出演はその直前。「北米#3」の6公演目にあたるコンサートでした。歴史に名高い超巨大イベントだけにさまざまな記録が残されておりますが、その中でも最重要なのが90年代初期に流出した長尺サウンドボード。本作は、その最重要サウンドボードを精緻に復刻。「GRAF ZEPPELIN」の細密マスタリングで磨き直した最高峰更新盤なのです。

 ここでポイントなのは「長さ」か「完成度」か。熱心なコレクター諸兄なら近年、完全版サウンドボードが登場したこともご存知と思いますが、この完全版は完成度の点では今イチでした。ほとんどは90年代の流出サウンドボードながら、欠けていた数曲分だけを別サウンドボードでパッチしていました。ところが、この補填サウンドボードはクオリティ面で本編とかなりの落差があり、繋いでも自然なライヴアルバムとはならなかったのです。そこで、本作は「1枚のライヴアルバム」としての完成度にこだわり、補填はあえてなし。統一感ある流出サウンドボードのみをシンプルに磨き込んだのです。

 そして、そのサウンドこそが過去最高。作業的には「GRAF ZEPPELIN」のいつも通りでして、1/1000秒のズレも許さない精度のピッチや位相補正、帯域分析を経た上でのバランス調整、各種ノイズのトリートメント等々など。実のところ、サウンドボードの場合(特に本作のように卓直結のラフ感も活かす場合)は1つひとつの効能は分かりづらかったりもしますが、塵が積もった山の頂は高い。原音の持つ可能性を可能な限り引き出した完成度が味わえるのです。
 そんな中で一番分かりやすいのは「Lord Of The Thighs」演奏後の曲間処理でしょうか。流出マスターは30年以上前だったせいか、鮮度は良くても編集がやや雑。テープチェンジの箇所に同じパートがダブって収録されていました。本作はそうしたアラも逐一補正。シームレスなライヴアルバムとしての完成度を追求したのです。

 「完成度」は「作品感」と言い換えても良いでしょう。そんな作品然とした本作で楽しめるのは、70年代AEROSMITHの絶頂でもあったステージ。前述の通り完全収録ではないわけですが、最後にその内容も整理しておきましょう。
 
●飛べ!エアロスミス(4曲)
・Seasons Of Wither/Lord Of The Thighs(*)/Same Old Song And Dance/Train Kept A Rollin'(*)
●ドロー・ザ・ライン(4曲)
・I Wanna Know Why/Get It Up(*)/Draw The Line/Milk Cow Blues
●その他(8曲)
・闇夜のヘヴィ・ロック:Big Ten Inch Record(*)/Sweet Emotion/No More No More(★*)
・ロックス:Rats In The Cellar/Lick And A Promise(★)/Get The Lead Out
・その他:Dream On(★*)/Chip Away The Stone(*)
※注:「★」印は『DEFINITIVE BOSTON 1978』で、「*」印は公式映像『LIVE TEXXAS JAM '78』で聴けなかった曲。
 
 絶頂時代のフル・サウンドボードアルバムなら『DEFINITIVE BOSTON 1978(Zodiac 528)』こそが最高峰。それは今なお変わっていません。しかし、ショウ自体の重要度では“CALIFORNIA JAM 2”に勝るモノはありません。そんな極めつけのショウを(ツギハギ感のない)1つの音楽作品として楽しみたい。本作は、その想いが結晶になった1枚でもあるのです。

 妖しく、ヤバく、それでいてどこまでもカッコ良かった70年代AEROSMITH。本作は、そんな彼らがもっとも眩しく輝いた絶頂のライヴアルバムです。どうぞ、その輝きを永久に残すプレスCDで存分に味わい尽くしてください。77分、1枚でサクッと聴ける最強のライヴ・アルバムです。
 
----------------------------------------------------------------
REMASTERED BY GRAF ZEPPELIN
★位相修正
★一部の帯域若干調整
★一部重複カット部をノーカット復旧。その他音切れ等修正
----------------------------------------------------------------
 
★「1978年3月18日カリフォルニア・ジャムII」のサウンドボード録音。90年代初期に流出した長尺サウンドボードを精緻に復刻し、「GRAF ZEPPELIN」マスタリングで磨き直した最高峰更新盤です。1/1000秒のズレも許さない精度のピッチや位相補正、帯域分析を経た上でのバランス調整、各種ノイズのトリートメント等々など、精密にトリートメントされたサウンドは過去最高で、35万人を目の当たりにしたハイテンションまで脳内に流し込まれる歴史的サウンドボード・アルバムです。

(76:53)
01. Introduction
02. Rats In The Cellar
03. I Wanna Know Why
04. Big Ten Inch Record
05. Seasons Of Wither
06. Sweet Emotion
07. Lord Of The Thighs
08. Dream On
09. Chip Away At The Stone
10. Lick And A Promise
11. Get The Lead Out
12. Get It Up
13 . Draw the Line
14. No More No More
15. Same Old Song And Dance
16. Milk Cow Blues
17. Train Kept A Rollin'
 
Steven Tyler - Vocals, Harmonica
Joe Perry - Guitar
Brad Whitford - Guitar
Tom Hamilton - Bass
Joey Kramer - Drums
 
SOUNDBOARD RECORDING
 
(メーカーインフォによる)
Today:
Yesterday:
JUL. Holiday
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Customers voices
Top Quality! Superb …
About ordering and payment
Please check
Please check before inquiring
■Shipment ---------------------------------
We send your shipments by only EMS or SMALL PACKET or FedEx. We do not accept any other methods.
Shipping fees EMS SMALL PACKET FedEx 
When the total amount is under 10,000 JPY, we charge you 200 JPY as a packing fee.
When you order CD and vinyl at the same time, the shipping cost of FedEx would be more expensive.
Because the package would be bigger.
We can ship the package on the same-day when you make the payment by 13:00.

■Payment Method ---------------------------

Credit card (VISA, Master) ■Paypal
You should pat:
*Purchases amount
*Shipping or credit card commission: 5% of the sum
(purchases amount + postage)


■About the delivery address----------------
*We are sorry that we do not accept orders which vendorask us tosend article to customers directly from us.
We are only able to send to the resistered address of our membership.
However in some circumstances. we accept orders which general customer ask us to send article to unresistered address.
FedEx cannot be delivered to POBOX, so please give us your home address.
■Important information---------------------
●We accept your additional order only once.
 You can place additional order only once before you receive an invoice email from us.
●Regular SERVER maintenance.
 We do maintenance of the server at midnight in Japan time.
 You can not order during that time.(You can not access our website)
 Please acknowledge it.

■Our Business days-------------------------
(Kent Japan)
Fixed holiday: Saturday to Monday and National holidays
*Please check our business calender
Shop hours : 10:00 - 14:00 (JPN time)
 
Copyright © 2016 洋楽ロックの中古CD・DVD・コレクターズ専門店 音楽萬屋Kent, Japan. All rights reserved.